また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

袴腰岳(はかまごしだけ)

最終更新:shun-s
基本情報
標高 707m
場所 北緯41度10分10秒, 東経140度34分42秒
2018年11月現在の状況
付近の林道は整備が一切されていないため、車が通行できるようなレベルではありません。
人の通行も、崩落や藪化など、安易に歩けるような状況ではありません。

また、山居山(オドシ山)側からの登山道も、若干刈払いが行われているのはタケノコ平付近までで、その先は一切人の手が入っていなく、背丈以上の笹藪が生い茂っています!
よって、それ以降の登山道の判別は難しく、さらに進むと一切登山道の気配が消えます。
登りは高い方に進めば何とかなるかもしれませんが、問題は下山です。
背丈以上の笹藪の中を、自分が進むべき方向に進める気力と体力、そしてそのスキル。
これを持ち合わせた人以外は、安易に入山するべきではないと思います。

なお、国土地理院の地形図も、既に廃道の道が表示されている、表示されている登山道が実際の物と尾根が一本ずれている、微妙な蛇行が逆ふくらみ、ピークを通過していないなどと、合っている部分が無いわけではありませんが、山行の際には完全に信頼できるような物ではありません。

 以上が2018年11月の状況ですので、状況に変化が生じた際は、どなたか修正願います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

湯ノ沢左岸尾根には平舘から登山道が整備されている。これとは別に湯ノ沢林道が丸屋形岳とのコルを越えて今別側に通じている。この道は時折土砂崩れで通行不能になるが、コル周辺から袴腰、丸屋形両山に登る道が最短の登山道。
南面は笹の急斜面で、スキー滑降に最適。
山頂は南北に細長い。
山頂
危険個所 登山道の藪化が激しく、道の判別が困難

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「袴腰岳」 に関連する記録(最新10件)

東北
  93    50 
komadorishun-snaritagajo, その他2人
2018年11月11日(日帰り)
未入力
  
2017年02月27日(日帰り)
東北
  99    17  2 
2015年10月12日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  36    15  2 
2015年10月05日(日帰り)
東北
  12    9 
2013年06月06日(日帰り)
東北
  38    12  2 
iga3, その他1人
2013年06月01日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  50     56  6 
2012年01月14日(2日間)
東北
  67    27  2 
2011年10月02日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  2     2  3 
yoneyama, その他3人
2009年05月26日(日帰り)
ページの先頭へ