ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 称名滝展望台

称名滝展望台(しょうみょうだきてんぼうだい)

最終更新者 tanno1967
基本情報
標高 1060m
場所 北緯36度34分31秒, 東経137度31分10秒
展望ポイント

称名滝展望台の日の出・日の入り時刻

02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金) 03/04(土) 03/05(日) 03/06(月)
日の出 6時17分 6時16分 6時14分 6時13分 6時12分 6時10分 6時9分
日の入り 17時50分 17時51分 17時51分 17時52分 17時53分 17時54分 17時55分

称名滝展望台 (標高1060m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
0.1
平均気温
-3.9
最低気温
-9.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 3.2 時間/日
降水量 5.9 mm/日
最深積雪 178 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

称名滝展望台
称名滝の展望台
展望台から称名滝
称名滝第2展望台
称名滝第1展望台

山の解説 - [出典:Wikipedia]

称名滝(しょうみょうだき)は、富山県中新川郡立山町にある立山連峰を源流とする滝。弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込む。
称名滝は、350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝である。国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選に選定されている。名称は、法然が滝の轟音を「南無阿弥陀仏」という称名念仏の声と聞いたことに由来すると伝えられている。
雪解け水が多く流れ込む春などには、称名滝の右側にハンノキ滝が現れて、2つの滝が流れ落ちる。また、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れて、3つの滝が並んだ光景を見ることができる。
ハンノキ滝の落差は497 m(一般には500 mとされる)で、350 mの称名滝よりも大きいものの、いつも存在している滝ではないとして、日本一の落差の滝として認められないことも多い。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「称名滝展望台」 に関連する記録(最新10件)

剱・立山
  34    11 
shu-, その他1人
2016年10月23日(日帰り)
剱・立山
  102     39  12 
2016年10月21日(日帰り)
剱・立山
  15    7  2 
takenakano, その他1人
2016年10月15日(日帰り)
剱・立山
  16    19  2 
miluku, その他2人
2016年10月15日(2日間)
剱・立山
  23    10 
2016年10月10日(日帰り)
剱・立山
  52    18  2 
2016年10月09日(2日間)
剱・立山
  70    15 
2016年09月30日(3日間)
北陸
  20    9 
2016年09月27日(日帰り)
未入力
  
2016年09月25日(日帰り)
剱・立山
  171    30  9 
haru-315ado-yo, その他2人
2016年09月24日(2日間)
ページの先頭へ