また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 103673 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ケ岳(千畳敷より)

日程 1999年10月23日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
駒ケ岳ロープウェーイを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

しらび平駅(8:15)〜中岳のコル(10:00/10:10)〜木曽駒ケ岳(11:00/11:30)〜千畳敷カール(12:35)〜しらび平駅

写真

駒ケ岳のピークも近い
中岳にて
2009年10月23日 15:10撮影 by EX-Z700 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳のピークも近い
中岳にて
南アルプスが広がる
駒ケ岳山頂
2009年10月23日 15:12撮影 by EX-Z700 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスが広がる
駒ケ岳山頂

感想/記録

 【 古い記録を整理 】

ゴンドラの窓から紅葉の始まった山腹を楽しみながら一気に千畳敷カールへ。

駅から外へに出ると流石に寒い、そこはもう冬だ。しかし目の前には圧倒的に迫る宝剣岳の岩壁〜伊那前岳の尾根に囲まれた千畳敷カールが広がり、
東には富士山を中央に南アルプス全山が姿を見せる。
幸い天気の崩れは心配ないので、家族と別れ息子と予定通リ駒ケ岳を目指す。
お湯、行動食、防寒具などをザックに詰め出発する。
極楽平へのコースを左に見送りカールの底へ明確な道を行く。
ガレ道から岩尾根の傾斜が徐々にきつくなり高度は確実に上がるが息も上がる。
やがて見上げていた宝剣岳山頂が左手目の高さに近くなる頃主稜線に立つ。
しかしここは風を遮る場所も無いので、小休止だけで宝剣山荘前を中岳とのコルへ向かう。
根雪になる前の初冬のコルを一息で中岳に登りつく。岩場で風を避けて素晴らしい眺望を楽しむ。すぐ左に御嶽・正面に駒ケ岳本峰、
さらに奥には槍〜穂高にはじまり、順に右へ巡らすと八ヶ岳から南アルプスなど360°すべてが名山だ。
熱いお茶とクラッカーで一息ついたので駒ケ岳に向け、雪の岩場を慎重にかつ一気に下る。
テント場を過ぎると最後の登りになるが傾斜は緩む。(付近は広いコルなので
霧にまかれた場合は要注意。)のんびり行くとやがてお社が見え駒ケ岳山頂に着く。すると今まで隠れていた乗鞍岳が正面に現れるが、風を避ける場所を探すのが先決だ。

山頂で展望とティータイムを楽しみたいが、残念だが体が冷えるので早々と下る。

カールで家族と合流し、駅舎で食事を摂り下りのロープウェーイを待つ列に並ぶ。

訪問者数:683人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ