ヤマレコ

記録ID: 1047480 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

鍋割山

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:30頃に大倉バス停に到着。コインパーキングも数台空いてましたが、も少し先の大倉の家に500円で停めさせていただきました(^^)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
48分
合計
7時間18分
Sスタート地点07:5208:36黒竜の滝08:4108:55二俣09:10本沢渡渉点09:1109:16ミズヒ沢渡渉点09:1709:36後沢分岐09:3709:41後沢乗越09:4310:51鍋割山11:28鍋割山荘11:4112:06鍋割山稜12:0712:11小丸12:21小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)12:47金冷シ12:4912:53花立12:5513:01花立山荘13:0313:31天神尾根分岐13:42堀山の家13:4713:56堀山13:5714:03駒止茶屋14:0514:28見晴茶屋14:3614:42雑事場ノ平14:51観音茶屋14:5215:05大倉山の家15:07どんぐり山荘15:0815:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
後沢乗越あたりから積雪があり、チェーンスパイク履きました。
〜鍋割山〜金冷シ〜堀山の家あたりまで、凍結、積雪がありました。
小丸尾根は通行止めになっていました。
その他周辺情報大倉バス停から車で10分ほどの湯屋施設、湯花楽に寄りました。日曜日だったので?駐車場は地元ナンバーの車がたくさん停まっていましたが、中はそれほど混んでいませんでした(^^) 会員制度があるようです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック
備考 ホッカイロを持って行って良かったです。頂上で手が冷たくて痺れましたが、ホッカイロのお陰ですぐに暖まりそうました(^^)

写真

西山林道から見上げたとこ。良いお天気♪ 最強低気圧、でしたっけ?はこちらにまでは影響がないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山林道から見上げたとこ。良いお天気♪ 最強低気圧、でしたっけ?はこちらにまでは影響がないようです。
けっこうな積雪。踏み抜いているところもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうな積雪。踏み抜いているところもありました。
頂上付近はこんな感じの積雪でした。もうちょっと下の方は凍結していて危険でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近はこんな感じの積雪でした。もうちょっと下の方は凍結していて危険でした。
氷点下での熱々うどんは、身も心も温めてくれます(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷点下での熱々うどんは、身も心も温めてくれます(^^)
2
残念ながら富士山は裾野しか見えませんでした(T_T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら富士山は裾野しか見えませんでした(T_T)
1

感想/記録

 丹沢は2度目です。HOMEは高尾山、奥多摩なのですが、奥多摩と比較すると丹沢は若い人が多くて明るいイメージ♪ 茶屋や頂上に小屋があるので、私のような初心者や女性に良いですね(^^)安心感がありますね♪ 人気なのも納得!

 初めて丹沢に登らせてもらったのは、昨年の12月。まだ積雪はありませんでした。そのときは大倉から塔ノ岳のピストンでした。
 今回は、去年の秋から山をはじめたばかりの方(職場の年上の男性)からのリクエストで、鍋割山で鍋焼きうどんを食べたい、と。で、大倉から西山林道〜後沢乗越から直接、鍋割山に行きました。私も、鍋割山で鍋焼きうどんを食べるのは、登山をはじめてからの念願だったので
嬉しかったです♪(でも、まさか職場の○○さんと食べることになるとはw)
 
 頂上は氷点下で寒かったです。うどんは小屋内でいただきました。この日は予報では最強寒波到来と言われており、てんくらでもC(風速で)だったので、同行者の職場の方にも中止を提案されました(^^; 確かに頂上は寒かったですが、そこまでではありませんでした。残念ながら富士山は裾野のチラ見だけでしたが(笑)、概ね晴れ〜曇りの山行でした(^^)
 
 鍋割山でうどんをいただいた後、一応(笑)塔ノ岳を目指したのと、下山は大倉尾根からしたかったのでまずは、金冷シを目指しました。金冷シまで来た時点でガスってきたので、塔ノ岳に行っても眺望は望めないのと、同行者がかなり疲れていたのでそのまま下山を開始しました。(塔くんに会いたかったな。。でも、次の楽しみに♪)

 ほとんどの方が軽アイゼンやスノースパイクを履いていました。
積雪もありましたが凍結しているところもあり、下りで転倒している人もいました。特に下りは注意ですね(^^)
訪問者数:398人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ