ヤマレコ

記録ID: 1050259 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

高見山

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
たかすみ温泉駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間52分
休憩
21分
合計
3時間13分
Sたかすみの里07:2707:31平野登山口08:00高見杉08:25杉谷・平野分岐09:03高見山09:2109:50杉谷・平野分岐10:07高見杉10:1010:37平野登山口10:40たかすみの里G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

平野川に架かる丹ノ浦橋を渡って登山道に進みます。
2017年01月22日 07:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平野川に架かる丹ノ浦橋を渡って登山道に進みます。
登り始めから足下には雪が付いています。しばらく丸木階段の上り坂が続いた後、
2017年01月22日 07:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから足下には雪が付いています。しばらく丸木階段の上り坂が続いた後、
枝尾根の上を歩いてから、沢を渡って、
2017年01月22日 07:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝尾根の上を歩いてから、沢を渡って、
高見杉へ。
2017年01月22日 08:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見杉へ。
少し先の倒壊した小屋を過ぎると傾斜がきつくなり、ジグザグに登っていくと、
2017年01月22日 08:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し先の倒壊した小屋を過ぎると傾斜がきつくなり、ジグザグに登っていくと、
杉谷登山口から上がってきた道と合流します。
2017年01月22日 08:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉谷登山口から上がってきた道と合流します。
この先は日が挿し込んで明るい雰囲気となり、登るにつれて、木々も繊細な霧氷をまとい始めます。
2017年01月22日 08:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は日が挿し込んで明るい雰囲気となり、登るにつれて、木々も繊細な霧氷をまとい始めます。
国見岩を通過すると、
2017年01月22日 08:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岩を通過すると、
徐々に霧氷が増えてきて、北斜面の山肌は白く染まりますが、もう少し豪快な霧氷を見たいところ。
2017年01月22日 08:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に霧氷が増えてきて、北斜面の山肌は白く染まりますが、もう少し豪快な霧氷を見たいところ。
2
日当たりのよいところは、パラパラと霧氷が舞い落ち、霧氷の破片をザクザクと踏みしめながら揺岩に差し掛かります。
2017年01月22日 08:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりのよいところは、パラパラと霧氷が舞い落ち、霧氷の破片をザクザクと踏みしめながら揺岩に差し掛かります。
1
その先は、梢という梢が霧氷をまとい、さながら霧氷のプロムナード。青空に映えて美しい眺めに夢中で、自ずと歩みが遅くなります。
2017年01月22日 08:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、梢という梢が霧氷をまとい、さながら霧氷のプロムナード。青空に映えて美しい眺めに夢中で、自ずと歩みが遅くなります。
5
日を浴びるとキラキラと輝き、
2017年01月22日 08:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日を浴びるとキラキラと輝き、
3
四方八方に広げた枝先一面に霧氷の華を咲かせ、見事な眺めです。
2017年01月22日 08:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四方八方に広げた枝先一面に霧氷の華を咲かせ、見事な眺めです。
3
これも思いがけず恵まれたお天気の賜物。尾根の右手を進んで、
2017年01月22日 08:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも思いがけず恵まれたお天気の賜物。尾根の右手を進んで、
2
台高・大峰の山々の見晴らしの良い笛吹岩の岩頭に立つと、彼方に望む明神岳方面は雪が多そうです。
2017年01月22日 08:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高・大峰の山々の見晴らしの良い笛吹岩の岩頭に立つと、彼方に望む明神岳方面は雪が多そうです。
3
この先は吹き曝しの尾根となり冷風の洗礼を受けますが、その分、エビの尻尾が発達して、霧氷は豪華絢爛。
2017年01月22日 08:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は吹き曝しの尾根となり冷風の洗礼を受けますが、その分、エビの尻尾が発達して、霧氷は豪華絢爛。
3
なかなか見ごたえがあります。
2017年01月22日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか見ごたえがあります。
4
高角神社が鎮座する高見山の頂上に到着します。
2017年01月22日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高角神社が鎮座する高見山の頂上に到着します。
5
三角点が置かれた社殿の裏手に立つと、北面には霧氷がびっしりで何とも壮観。霧氷の彼方には兜岳、鎧岳や俱留尊山など特徴的な山容をした宇陀・曽爾の山々を見渡し、高見山地の稜線の先には三峰山を眺めます。
2017年01月22日 09:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点が置かれた社殿の裏手に立つと、北面には霧氷がびっしりで何とも壮観。霧氷の彼方には兜岳、鎧岳や俱留尊山など特徴的な山容をした宇陀・曽爾の山々を見渡し、高見山地の稜線の先には三峰山を眺めます。
3
続いて避難小屋上部の展望台に移動し、台高・大峰の山々をぐるりと見渡します。
2017年01月22日 09:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて避難小屋上部の展望台に移動し、台高・大峰の山々をぐるりと見渡します。
2
霧氷の彼方に目を凝らして、大峰の山々を。
2017年01月22日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の彼方に目を凝らして、大峰の山々を。
2
振り返ると、びっしりと霧氷をまとった木々が高角神社の社殿を覆い尽くす勢いです。
2017年01月22日 09:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、びっしりと霧氷をまとった木々が高角神社の社殿を覆い尽くす勢いです。
3
見事に張り出したエビの尻尾。今日は「リスの日」の翌日に当たりますが、いくらふさふさ尻尾が自慢のリスさんでも、
2017年01月22日 09:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事に張り出したエビの尻尾。今日は「リスの日」の翌日に当たりますが、いくらふさふさ尻尾が自慢のリスさんでも、
5
これだけ立派な尻尾を目の当たりにすると心中穏やかでいられないのではないでしょうか。
2017年01月22日 09:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけ立派な尻尾を目の当たりにすると心中穏やかでいられないのではないでしょうか。
2
彼方の大峰方面に雲が増え始めたのを見て、頂上を辞し、来た道を下り始めます。
2017年01月22日 09:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼方の大峰方面に雲が増え始めたのを見て、頂上を辞し、来た道を下り始めます。
2
霧氷がびっしりで、重たいくらい。
2017年01月22日 09:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷がびっしりで、重たいくらい。
2
お天気の心配は無用とばかりに、高見山の周辺は青空が広がります。
2017年01月22日 09:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気の心配は無用とばかりに、高見山の周辺は青空が広がります。
1
霧氷の破片を浴びながら下ります。
2017年01月22日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の破片を浴びながら下ります。
2

感想/記録

今日は午後からお天気が下り坂との予報に、最悪曇り空でも霧氷が眺められたら良しとしようと歩き始めたところ、思いがけず青空が広がる良いお天気に。道中暑いぐらいの陽気で、霧氷が融け落ちてしまいかと気をもむほどでしたが、さすがに高度を上げるにつれて霧氷は見事な姿を見せてくれ、頂上ではびっしりと霧氷をまとった木々が出迎えてくれ、眺めも申し分なし。短時間でしたが満足のいく一日となりました。
訪問者数:867人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

エビの尻尾 三角点 避難小屋 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ