ヤマレコ

記録ID: 1050714 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

2人をふかふかスノーシューの世界に(飯縄山北峰から東尾根下山)

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下山場所である飯縄スキー場第4リフト下の第3駐車場に停めた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
1時間39分
合計
7時間8分
Sスタート地点03:4704:24一ノ鳥居登山口05:59駒つなぎ場06:2707:29南・西登山道分岐07:3207:41飯縄山南峰07:4408:03飯縄山09:0810:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
深夜にスタート、トレースは付いているが勿論ラッセル。
駒つなぎからの冬道は激急だがトラロープがある。
飯縄山北峰からの東尾根は登山道ではありません。ルートファンディングが必要です。1564m地点から沢に降り、そのまま沢伝いに。地形を読み取る力は必要。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

13石仏の一番目の不動明王。
この後、石仏の雪を払って登った。
2017年01月22日 04:51撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13石仏の一番目の不動明王。
この後、石仏の雪を払って登った。
13番目の石仏のところで日の出!
山頂で日の出には間に合わなかった。
2017年01月22日 06:57撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13番目の石仏のところで日の出!
山頂で日の出には間に合わなかった。
1月8日もお会いしているバタヤンさん。追いつかれた後、先に行ってもらった。2番目は超〜〜〜〜〜〜楽!!
2017年01月22日 07:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1月8日もお会いしているバタヤンさん。追いつかれた後、先に行ってもらった。2番目は超〜〜〜〜〜〜楽!!
1
飯縄山山頂
2017年01月22日 08:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山山頂
トレマンの仲間2人を無理やり誘い⁉、東尾根を下る。
2017年01月22日 09:44撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレマンの仲間2人を無理やり誘い⁉、東尾根を下る。
1
沢っぽいところ。この後プチ滝(落差3m)の個所がある
2017年01月22日 10:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢っぽいところ。この後プチ滝(落差3m)の個所がある
1

感想/記録
by abu8kg

前日(土曜日)の夜11時に入浴。その後準備してそのまま自宅を出発夜の1時半過ぎ。
2時半ごろ、飯縄スキー場の駐車場に着く。広ーい駐車場にほかの車はナッシング(当たり前!!)
すぐ出発しようと思ったが、やっぱり寒いので少し仮眠して、3:47スタート。勿論ヘッドランプ点灯。
鳥居のところの除雪の壁を越えてしばしツボ足で行くが、林道を横切るところで無理と判断、スノーシュー装着。
ここから御一人ラッセル!! 
ラッセル好きですからいいんですけどね。(その後、一の鳥居のPの沢山の車停まっていたが、皆さんラッセル経験しましょうね!先頭でないと意味ないけどね)
冬道のところもしっかりとトレースがあるが、今日大き目のスノーシューを使っているので、こういう激坂は難儀なのね。ところどころにこぶが付いているトラロープを積極利用。(⇒上半身が筋肉痛)
後ろから後続者が来ているのがヘッドランプでわかる!!追いつかれてなるものか!!!〜〜〜、てま、無理だすね。すごい勢いで登ってくる。(それほど2番目が楽だってこと)
後続の人に追いつかれると、あれれ、1月8日の日にお会いしているバタヤンさん。
お互い、物好きだよね!!
この時点で『日の出』。
バタヤンさんに先頭を歩いてもらい、楽させてもらいました。
飯縄山頂に着いてから、2人で風下側にお互いに持って来ているスコップで穴を掘り、しばし休憩。お湯を沸かそうと用意したが、バタヤンさんのテルモスのコーヒーを頂きました。
トレマンさん御一行様の到着があるはずなんだけど、なかなか来ない!
もう寒いので、バタヤンさん南登山道で降りていきました。
自分は、少しうだうだしていたら、来ました来ました御一行様。まあなんといるわいるわの全部で何人なんだ?20人くらいいたかな?記念写真に自分も収まる。

『何人か東尾根下りませんか?』と誘うが、MさんとAさんの2人が下ることになった。
ガスっているので、GPSも積極利用。
本当は1564mピークの左にある尾根を下りたかったが、ルーファイ難しい。
お二人はどこも下っても初めてだろうから、1564mポイントに向けて下る。
1564ポイントから、右の沢に向けて激坂を尻セード!というかプチ雪崩れ状態。
その後沢沿いに行くが、ここは今回で4回目。登山道ではないが勝手知ったる道。
考えながら進むって慣れていない人は不安でしょうが、ある意味楽しい。

飯縄スキー場に合流し、ピステン(雪上車)で踏み均されたところを行くと、感触が変!ま、いままでフカフカを進んできたのでそんなもんか!

お二人を中社奥のPに送迎し、無事終了・・・・・じゃなくて、ここからが核心?
なんせあんまり寝ていない。眠い眠い、でも何とか居眠り運転せずに済みました。
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ