ヤマレコ

記録ID: 1052038 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

武尊山 〜 川場スキー場トップからピストン 〜

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
◇川場スキー場の駐車場に駐車。
・無料。
◇スキー場のリフトを利用。
・2,300円(リフト4回分1800円+保証金500円)を、リフトに乗る前に支払い、ICカードを受け取ります。ICカードを返却すると、保証金500円が返金されます。
・二本のリフトに乗り、スキー場トップへ。
・リフト券購入時に登山届の提出が必要です。登山届の用紙はチケット売り場横の窓口に置いてありました。
・リフトの運行時間は、土日祝日は、8:00〜16:00.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
55分
合計
4時間6分
S川場スキー場ゲレンデトップ08:5009:26剣ヶ峰山09:2709:28装備変更地点09:4509:46剣ヶ峰山09:5211:08武尊山11:2011:28休憩地点11:4712:39剣ヶ峰山12:56川場スキー場ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▼多くの人が歩いており、トレースはバッチリでした。
▼雪庇の踏み抜きは要注意です。トレースの上を歩いているからと言って安心はできません。
▼唯一の危険箇所は剣ヶ峰山から山頂方面への下り。核心部は高さにして3〜5mほど。
▼剣ヶ峰山まではスノーシューとトレッキングポールの組み合わせで登り、剣ヶ峰山手前にアイゼンとピッケルに換装しました。
その他周辺情報☆桜川温泉ふじやまの湯で入浴&食事。
・入浴料、大人600円。
・加温してあるものの、温泉成分が十分に感じられる良いお湯でした。
・無色透明のアルカリ性単純温泉。
・川場丼は美味しかった。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

リフトを乗り継ぎ、スキー場のトップに向かいます。
谷川岳と違い登山者はアウェイ感があります。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトを乗り継ぎ、スキー場のトップに向かいます。
谷川岳と違い登山者はアウェイ感があります。(k)
4
そこそこ雪が深そうだったので、スノーシューで登ることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこ雪が深そうだったので、スノーシューで登ることに。
9
綺麗な青空の下、登っていく。
トレースバッチリで、楽をさせていただきました。先行者に感謝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な青空の下、登っていく。
トレースバッチリで、楽をさせていただきました。先行者に感謝です。
14
雪たっぷりですね♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪たっぷりですね♪
10
早くも谷川連峰が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも谷川連峰が見えてきました。
5
谷川岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳を拡大。
13
谷川主脈越しに苗場山もバッチリ見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川主脈越しに苗場山もバッチリ見えています。
10
トレースの感じはこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースの感じはこんな感じ。
8
この斜面が最も斜度がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面が最も斜度がありました。
8
ちょっとした急登を終え、楽しい雪山ハイクに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした急登を終え、楽しい雪山ハイクに。
5
剣ヶ峰山のピークが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山のピークが見えてきました。
17
剣ヶ峰山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を拡大。
9
遠くに見える山は巻機山でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見える山は巻機山でしょうか?
7
多少雪煙が舞っていますが、風は許容範囲でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多少雪煙が舞っていますが、風は許容範囲でした。
5
剣ヶ峰山のピークまで来ると、アイゼンを装着されている方がいました。
一気に切れ落ちているように見えたので、一度戻って、アイゼン、ピッケルに装備変更することにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山のピークまで来ると、アイゼンを装着されている方がいました。
一気に切れ落ちているように見えたので、一度戻って、アイゼン、ピッケルに装備変更することにしました。
15
この写真を撮った地点で、装備変更。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真を撮った地点で、装備変更。
7
ここが、ある意味、核心部。
少し渋滞していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが、ある意味、核心部。
少し渋滞していました。
20
再びお気楽雪山ハイクに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びお気楽雪山ハイクに。
3
アイゼンで歩いても、それほど沈み込みません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンで歩いても、それほど沈み込みません。
7
剣ヶ峰山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を振り返る。
19
なんとなくプードルに見えます。(u)
酉年だけに鳥に見えました。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなくプードルに見えます。(u)
酉年だけに鳥に見えました。(k)
14
正面に見えるピークが山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に見えるピークが山頂です。
6
再び振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び振り返る。
6
剣ヶ峰山があまりにカッコイイので、頻繁に振り返りながら、歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山があまりにカッコイイので、頻繁に振り返りながら、歩きます。
20
何処を見ても雪山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何処を見ても雪山です。
5
武尊山本峰はどっしりとしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山本峰はどっしりとしています。
4
事件はこの後すぐに起こった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
事件はこの後すぐに起こった。
7
ゴゴゴという音とともに足元が揺れ、突如クラックが入りました。
トレースの真ん中を歩いており、外側にはスキーのトレースもあったので、まさかという感じでした。
油断は禁物ですね。
後続の方にクラックが入ったことを伝えて、先に進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゴゴという音とともに足元が揺れ、突如クラックが入りました。
トレースの真ん中を歩いており、外側にはスキーのトレースもあったので、まさかという感じでした。
油断は禁物ですね。
後続の方にクラックが入ったことを伝えて、先に進みました。
13
少し戻ると亀裂が入っていました。
帰りには更に広がって落ちる寸前でした。
2017年01月22日 10:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻ると亀裂が入っていました。
帰りには更に広がって落ちる寸前でした。
9
青空に向かって登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に向かって登っていく。
9
雪原のような広々とした稜線を歩いていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪原のような広々とした稜線を歩いていく。
4
直登を避け、安全にゆったり登れるトレースとなっていました。
先頭の方はかなり雪山を歩きなれているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登を避け、安全にゆったり登れるトレースとなっていました。
先頭の方はかなり雪山を歩きなれているようです。
3
雲が増えてきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が増えてきています。
3
ここを超えると、山頂か!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを超えると、山頂か!?
5
山頂はまだ先でした。ほんの少しだけですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はまだ先でした。ほんの少しだけですが。
6
武尊山の山頂に到着!
山頂は少し風が強めでした。
70座目の百名山です。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山の山頂に到着!
山頂は少し風が強めでした。
70座目の百名山です。(u)
19
至仏山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山を拡大。
9
燧ケ岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳を拡大。
6
魚沼方面。
越後三山はガスに包まれているのでしょうか。
巻機山は見えていると思うのですが…。自信がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚沼方面。
越後三山はガスに包まれているのでしょうか。
巻機山は見えていると思うのですが…。自信がありません。
9
少し視点を西にずらして、谷川連峰まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し視点を西にずらして、谷川連峰まで。
7
谷川連峰を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川連峰を拡大。
6
剣ヶ峰からの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰からの稜線
17
剣ヶ峰山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を拡大。
7
中ノ岳、前武尊に続く稜線。
中ノ岳まで行こうかとも考えていましたが、雲行きが怪しくなってきたので、諦めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳、前武尊に続く稜線。
中ノ岳まで行こうかとも考えていましたが、雲行きが怪しくなってきたので、諦めました。
4
絶景を楽しんだので、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を楽しんだので、下山します。
5
雪のオブジェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のオブジェ
15
剣ヶ峰山は雪の要塞のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山は雪の要塞のようです。
16
クラックが大きくなっていました。
雪庇部分が落ちるのは時間の問題でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラックが大きくなっていました。
雪庇部分が落ちるのは時間の問題でしょう。
7
皇海山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山を拡大。
3
陽が陰りがちになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が陰りがちになってきました。
6
あと一登りすれば、後は下るだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一登りすれば、後は下るだけ。
5
件の核心部は、岩が露出している辺りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
件の核心部は、岩が露出している辺りです。
7
とうとう雪が降ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう雪が降ってきました。
1
リフト乗り場が見えて、一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト乗り場が見えて、一安心。
2
スキー場トップまで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場トップまで戻ってきました。
1
リフトを乗り継いで、下りてきました。
スキー場で下りのリフトに乗る虚しさは、何とも言えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトを乗り継いで、下りてきました。
スキー場で下りのリフトに乗る虚しさは、何とも言えない。
7
撮影機材:

感想/記録

フカフカの雪がたっぷり積もっている時期にと狙っていた武尊山。
午前中一杯は青空が持ちそうだったので、登ってみることにしました。

予報通り午前中は天気が持ち、青空の下、雪山歩きを楽しむことができました。
中でも剣ヶ峰山のピークから武尊山本峰へと続く稜線は美しく、短い時間ながらも、大満足の山行となりました。

感想/記録

「ドゴッ!!」という鈍い音とともに足元が揺れる。
一瞬何が起こったわからず、先行するusofuyuさんに地震かな?と声を掛けた。
正解は、歩いたルートの雪庇にクラックが入った時の衝撃でした。
お気楽登山で、多くの方のトレースを辿っていたので完全に油断していました。
大きく迂回する事もできたのに、雪庇に乗っている認識がなかったので難しいです。
雪山には少なからずリスクが付き物と、改めて認識させられました。
訪問者数:1249人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/21
投稿数: 1096
2017/1/25 23:51
 武尊山でしたか〜♪
usofuyuさん、kitainotoriさん、こんばんは!

武尊山に来られていたんですね。
私たちも八ヶ岳を諦めて上越方面を考えた時、武尊山も検討しましたが
結局は白毛門に行きました
武尊山へ行っていればお会いできたんですね

お二人には行程も短く歩き足りない感じだったかもしれませんが、
伸びやかで綺麗なな稜線はいいですよね〜。
次回はぜひ中ノ岳まで足を伸ばしてください。
中ノ岳から見る沖武尊がいい感じなんですよ
お疲れ様でした
登録日: 2012/8/21
投稿数: 177
2017/1/26 5:42
 Re: 武尊山でしたか〜♪
vino_rossoさん、おはようございます。

こちらから、vino_rossoさん達がいらっしゃった松ノ木沢ノ頭(白毛門)は見えていました。
ある意味、二重にニアミスでしたね
お会いできなかったのは、残念です。

中ノ岳から見る沖武尊はいい感じ、なんですね
なんだか、少し損をした気分です。
次に武尊山に登った時は、中ノ岳まで足を延ばしてみます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ