また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055432 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

坊主岳

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
登山口 -5℃ ほぼ無風
山頂 +2℃ 風5〜6m/S 気温はこの時期にしては高いが風は冷たい
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道・伊那ICから権兵衛峠経由30分くらい
道路に登山口の標識あり、ここを下れば数台停められる駐車場有。
雪の斜面が不安だったので500m舗装道路を下った路肩に駐車。数台P可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間39分
合計
6時間33分
Sスタート地点07:0707:15イノコ沢登山口07:2008:22小坊主岳08:2810:42坊主岳12:0312:52小坊主岳13:17イノコ沢登山口13:2413:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは登山口下の駐車場にあります。我々は長野県警へメール提出済み。

危険個所は特にありませんが、下部、上部と傾斜がかなり急です。
ピンクテープが誘導してます。ルートミスするとハマります。
基本的に尾根筋を忠実に詰めます。

雪の状態で難易度は変わります。今回は登りはほぼスノーシュー使用。
下部で積雪10〜20Cmくらい、山頂部で股くらい。ツボ足ではキツイです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ピッケル+アイゼン Wストック+スノーシュー
共同装備 ツェルト+レスキューシート 雪スコップ

写真

道路わきに登山口。わかり易いです。
2017年01月29日 07:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきに登山口。わかり易いです。
10分も登るとお社があります。
かなり古いものです。
2017年01月29日 07:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分も登るとお社があります。
かなり古いものです。
1
カラマツの林。
樹林帯の急登です。
2017年01月29日 08:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの林。
樹林帯の急登です。
ノートレースでした。
いや、上部でカモシカのトレースがリードしてくれました。
2017年01月29日 08:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノートレースでした。
いや、上部でカモシカのトレースがリードしてくれました。
1
スノーシューでガシガシ登ります。
2017年01月29日 09:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューでガシガシ登ります。
1800mの標識。
100mごとにあります。
2017年01月29日 09:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1800mの標識。
100mごとにあります。
2
御嶽山が見えてきました。
東側から王滝頂上〜剣ヶ峰〜摩利支天〜継子岳が並んで見えます。
2017年01月29日 09:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山が見えてきました。
東側から王滝頂上〜剣ヶ峰〜摩利支天〜継子岳が並んで見えます。
3
木曽駒も。
北側からの景色です。
2017年01月29日 10:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒も。
北側からの景色です。
1
お隣は佛谷。
登山道はありません。
2017年01月29日 10:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣は佛谷。
登山道はありません。
1
将棋頭〜木曽駒アップ
2017年01月29日 10:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棋頭〜木曽駒アップ
山頂手前は結構急傾斜。
2017年01月29日 10:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前は結構急傾斜。
1
山頂部は樹林切れ坊主頭。
2017年01月29日 10:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は樹林切れ坊主頭。
1
山頂のお社。
乗鞍を入れて。
2017年01月29日 10:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお社。
乗鞍を入れて。
お向かいの佛谷。
その背後に経ヶ岳の頭がのぞいてます。
2017年01月29日 10:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お向かいの佛谷。
その背後に経ヶ岳の頭がのぞいてます。
1
山頂雪原と乗鞍岳。
2017年01月29日 11:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂雪原と乗鞍岳。
2
風下側に雪を切ってランチの準備。
2017年01月29日 11:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風下側に雪を切ってランチの準備。
1
山頂標柱。
木曽駒をバックに。
2017年01月29日 11:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標柱。
木曽駒をバックに。
2
御嶽山。
山名板を入れて。
2017年01月29日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山。
山名板を入れて。
2
御岳〜乗鞍ツーショット。
2017年01月29日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳〜乗鞍ツーショット。
1
蓼科山〜八ヶ岳を遠望。
山を眺めてランチタイム。
2017年01月29日 11:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山〜八ヶ岳を遠望。
山を眺めてランチタイム。
1
お天気は下り坂のようです。
傘曇でしょうか。
2017年01月29日 11:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気は下り坂のようです。
傘曇でしょうか。
名残惜しいが下山します。
2017年01月29日 12:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが下山します。
1
サラバ、乗鞍。
2017年01月29日 12:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラバ、乗鞍。
1
サラバ、木曽駒。
2017年01月29日 12:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラバ、木曽駒。
1
サラバ、御嶽。
2017年01月29日 12:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラバ、御嶽。
1
アイゼンで下山。
重い雪で沈みます。
2017年01月29日 12:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンで下山。
重い雪で沈みます。
1
ツボ足で登ってきた我々のトレース。
登山口はもうすぐ。
2017年01月29日 13:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足で登ってきた我々のトレース。
登山口はもうすぐ。
1
登山口の注意書き。
下山しました。
2017年01月29日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の注意書き。
下山しました。
1

感想/記録
by funa84

中央アルプスで積雪期にアプローチしやすい坊主岳へ。展望も素晴らしいので積雪期の定番の山として三度目の登山です。

アプローチの道路はほとんど乾いてましたが、凍結しますので冬タイヤは必須です。
登山口から駐車スペースへ下る雪道がいやらしいので舗装路をダム側へ500m下った路肩に駐車しました。

最初ツボ足で登り始めましたが沈む雪に20分ほどでスノーシューに履き替えました。傾斜も急なのでスノーシューでもてこずりました。標高差約1000mですが、以前より時間かかってます。雪の状況で難易度はずいぶん変わりますね。

スタート時は寒かったですが、山頂は1月の山とは思えないほど気温上がってました(2〜3℃)。下山は雪が重かったです。

意外にも他に登山者はなし。我々二人だけで山頂の展望独占しました。
もっと登られてもいい山だと思います。
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ