また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055711 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳 スノーハイク(北横岳,縞枯山周辺)

日程 2017年01月28日(土) 〜 2017年01月29日(日)
メンバー
 matsudah(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間19分
休憩
36分
合計
2時間55分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅10:5111:11坪庭11:1311:43三ツ岳分岐11:48北横岳ヒュッテ12:0012:14北横岳(南峰)12:1812:22北横岳12:3012:33北横岳(南峰)12:43北横岳ヒュッテ12:5212:59三ツ岳分岐13:27坪庭13:2813:46縞枯山荘
2日目
山行
3時間22分
休憩
39分
合計
4時間1分
縞枯山荘07:4607:52雨池峠08:28縞枯山08:3608:49縞枯山 展望台08:5209:36茶臼山09:3811:20北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅11:4611:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
坪庭の縞枯山荘へのT字路の手前の急坂(夏は階段)が雪に埋まりすべり台状態
縞枯山、雨池峠からの急登 性能の悪いスノーシューは避けるべき
その他周辺情報玉宮温泉 望岳の湯に立ち寄った。茅野市民以外、600円。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー ピッケル アイゼン ストック
共同装備 スノーショベル ツエルト

写真

ロープウェイ山頂駅前
2017年01月28日 10:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅前
登山者が一杯
2017年01月28日 10:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が一杯
別世界の坪庭を歩きます
2017年01月28日 10:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別世界の坪庭を歩きます
1
第一休憩所がみえてきた。私はアイゼン、同行者2人は、スノーシューに履き替え
2017年01月28日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一休憩所がみえてきた。私はアイゼン、同行者2人は、スノーシューに履き替え
1
北横岳ヒュッテ着
2017年01月28日 11:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ着
もうすぐ、北横!
2017年01月28日 12:15撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ、北横!
1
南峰からの眺望
2017年01月28日 12:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰からの眺望
南峰からの眺望
2017年01月28日 12:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰からの眺望
ここは日本なのでしょうか。
2017年01月28日 13:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは日本なのでしょうか。
1
坪庭でスノーシューツアーの集団に遭遇
2017年01月28日 13:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭でスノーシューツアーの集団に遭遇
1
めざせ、縞枯山荘
2017年01月28日 13:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めざせ、縞枯山荘
縞枯山への急登。私、スノーシューからアイゼンに履き替え。
MSRライトニングとアトラスのアスペクトはそのまま登り切った。
2017年01月29日 08:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山への急登。私、スノーシューからアイゼンに履き替え。
MSRライトニングとアトラスのアスペクトはそのまま登り切った。
1
縞枯山山頂は特に何もなし
2017年01月29日 08:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山山頂は特に何もなし
1
展望台からの眺望
2017年01月29日 08:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
2
展望台からの眺望
2017年01月29日 08:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
1
展望台からの眺望
2017年01月29日 09:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
2
展望台からの眺望
2017年01月29日 09:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
茶臼山もとくになにもなし
2017年01月29日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山もとくになにもなし
1
茶臼山展望台。強風で今回の行程で一番寒かった
2017年01月29日 09:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山展望台。強風で今回の行程で一番寒かった
2
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
2017年01月29日 10:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
1
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
2017年01月29日 11:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
2017年01月29日 11:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五辻からロープウェイ山頂駅の途中
山頂駅がみえてきたぞ
2017年01月29日 11:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅がみえてきたぞ

感想/記録

念願の北八! スノーハイク。北横、縞枯山、茶臼山とすべての眺望箇所で好天に恵まれ、
絶景を味わうことができた。同行者2人はすべてスノーシューでこの行程を踏破したが、
北八とはいっても、歩行技術の無いもの、急斜面の性能が悪いスノーシューでは厳しい箇所が
何か所かあったので注意が必要である。私は半分アイゼン、半分スノーシューであったが、
まぁ十分スノーシューを楽しむことはできたと思う。





1日目:
【山頂駅〜坪庭】
ロープウェイ山頂駅をスタート。全員、ツボ足で歩き始める。坪庭の絶景に驚く。
第一休憩所で、私アイゼン、同行者二人はスノーシューを装着。
私のスノーシューは、平地ランニング用で急登には不向きのため。
同行者は、MSRライトニングとアトラスのアスペクト。

【坪庭〜北横岳ヒュッテ】
小さな橋を越えてから、本格的な登り。九十九折が続く。ツボ足でも大丈夫な斜度ではあった。ヒュッテで小休止。

【ヒュッテ〜北横岳】
ここからは斜度はきつくなる。ライトニングとアスペクトは楽勝。私はグリベルのG12なのでオーバースペックか。
6本爪、チェーンスパイクの登山者は苦しそう。技術がない登山者ほど脆弱なアイゼンをつけて苦しんでいるような
印象をうけた。登りであんなにズルズル滑っていてくだりはどうするのだろうか。
技術のある登山者ならば、この程度の斜度はツボ足のキックステップで十分登れるコンディションであった。

【北横岳】
南峰、北峰を踏む。360度見渡す限りの絶景。好天に恵まれ感謝。

【北横〜ヒュッテ】
同行者がスノーシューだったため、気を遣って、やや走り気味に下っていたところ、
右アイゼンを左足にひっかけて、前転した。安全な箇所だからよかったが死ぬときはこうやって
死ぬのだなとおもった。ひっかけたのは山人生初めてであるが、技術がないのは、私ではないか。

【ヒュッテ〜坪庭】
ここで私もスノーシュー(アトラス スノーレース)に履き替え。さくさく下るが、未だ登ってくる
登山者多し。

【坪庭〜T字路】
坪庭で、スノーシューツアーの軍団につかまる。20人以上はいただろう。異常に遅い。
最後のT字路にでる手前、手すりのある箇所。おそらく夏は階段であろうが、雪の滑り台に
なっていて、私はスノーシューでこわごわ降りた。今回の行程で一番、冷や汗をかいた。
それが坪庭とは・・・。

【坪庭〜縞枯山荘】
平地をてくてくあるいて、山荘到着

2日目:
【山荘〜縞枯山・展望台】
今日は私もスノーシューでスタートしたが、縞枯山の激登りでのぼれなくなり、結局アイゼンに履き替え。
茶臼山までアイゼンで通した。縞枯山には道標のみ。展望台までは結構遠い。
展望台からは、今日も好天で絶景。

【縞枯山展望台〜茶臼山】
茶臼山まで特に印象なし。茶臼展望台は強風で激寒。即その場を後にした。

【茶臼山〜五辻〜ロープウェイ山頂駅】
茶臼山にて私、スノーシューに履き替え。鞍部まで引換し五辻まで下りを楽しんだあと、五辻で小休止。
五辻から山頂駅までは結構長く単調な道のり。緩やかな登りが精神と体に堪えます。
登りに飽きてきたころ、傾斜が緩み山頂駅に到着。


訪問者数:422人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ