また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1057974 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

快晴・強風の天狗岳

日程 2017年02月02日(木) 〜 2017年02月03日(金)
メンバー
天候2日間ともに快晴でしたが、強風でした。
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー
大阪からアルピコ交通のバスで茅野駅に向かい、バスで一緒になった方と渋の湯までタクシーを相乗りさせていただきました。
帰りのタクシーも、黒百合ヒュッテで知り合った方と相乗りさせていただきました。
茅野駅から渋の湯までのタクシーの料金は行きは7,400円、帰りは7,000円でした。

高速バス茅野・諏訪−大阪線
https://www.alpico.co.jp/access/express/suwa_osaka/

一人ですと自分で運転をしていくよりもかなり安いのでバスとタクシーにしましたが、相乗りをさせていただけたおかげで随分安くすみました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間29分
休憩
1分
合計
2時間30分
Sスタート地点08:0109:03八方台方面・渋の湯方面分岐09:36渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐09:3710:31黒百合ヒュッテ
2日目
山行
3時間56分
休憩
1時間58分
合計
5時間54分
黒百合ヒュッテ07:2207:28中山峠08:50天狗の鼻08:5208:56東天狗岳09:0009:02天狗の鼻09:0309:07東天狗岳09:0809:31天狗岳09:4109:56東天狗岳09:5710:00天狗の鼻10:0710:41中山峠10:46黒百合ヒュッテ12:1512:34渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐12:48八方台方面・渋の湯方面分岐12:5113:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
iPhone 7 で取得した GPS データです。
東天狗岳手前から時々ルートを踏み外している部分もありますので、参考程度にお願いします。
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
○ 渋の湯 - 黒百合ヒュッテ
特に問題ありませんん、締まっていて歩きやすい状態でした、つぼ足で十分でしたがアイゼンをつけてもいいかもしれません。

○ 黒百合ヒュッテ - 東天狗岳
樹林帯・風裏になっているところはふかふかの雪で膝の真ん中あたりまでのラッセルが必要でしたが、この距離はそう長くありません。
樹林帯を超えて少し上がると雪の状態としては締まっていてアイゼンもよく効き歩きやすいです。

○ 東天狗岳 - 西天狗岳
鞍部までは締まっていて歩きやすいですが、鞍部以降は膝下ラッセルは必要でした。
当日、西天狗岳までは私が2人目になり、強風のため先行者のトレースも消えている部分が多かったです。

【危険箇所】
○ 渋の湯 - 黒百合ヒュッテ
特になかったと思います。

○ 黒百合ヒュッテ - 東天狗岳
快晴でしたが樹林帯を超えると強風でした。
時折身体を持っていかれそうになるので常に風を意識する必要がありました。
バラクラバとゴーグルは必須です。
樹林帯を超えてしばらくはバラクラバを下ろしていたのですが、途中で痛くなってからでは手遅れでほっぺたが2箇所ほど軽く凍傷気味になってしまいました。

○ 東天狗岳 - 西天狗岳
鞍部を越えると嘘のように風が穏やかになりました、西天狗岳の山頂も風は穏やかだったのでおさまってきたのかと思えば、東天狗岳に戻ると相変わらずの強風でした。
雪の状態によっては雪庇や雪崩があるようですので注意が必要です。
その他周辺情報渋の湯
http://www.shibunoyu.com

駐車を考えられている方はルールの遵守が必須のようですね。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ヘルメット

写真

渋の湯です、今日も安全に下山できるように心がけて楽しみます。
2017年02月02日 08:00撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯です、今日も安全に下山できるように心がけて楽しみます。
2
登山口ですね。
2017年02月02日 08:04撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口ですね。
1
パノラマコース分岐までは比較的勾配があります。
いつものように最初はセーブしてゆっくりと登ります。
2017年02月02日 08:23撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコース分岐までは比較的勾配があります。
いつものように最初はセーブしてゆっくりと登ります。
高見石からの下山ルートにも興味があります。
2017年02月02日 08:29撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石からの下山ルートにも興味があります。
徐々に太陽の光が届き始めました。
2017年02月02日 08:34撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に太陽の光が届き始めました。
ここまでくればもうすぐ分岐ですね。
2017年02月02日 09:05撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくればもうすぐ分岐ですね。
パノラマコース分岐まできました。
ここからは等高線をみるとずいぶんなだらかな道のはずです。
2017年02月02日 09:07撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコース分岐まできました。
ここからは等高線をみるとずいぶんなだらかな道のはずです。
気持ちが良い道です。
この辺りで、バスが一緒だった方に追いつきましたが、私はここで軽く朝食をとったのでまた一人です。
2017年02月02日 09:23撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちが良い道です。
この辺りで、バスが一緒だった方に追いつきましたが、私はここで軽く朝食をとったのでまた一人です。
1
天気もいいし、風もない。
と思ってました、、
2017年02月02日 09:37撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もいいし、風もない。
と思ってました、、
唐沢鉱泉から抜けてくる道です。
今度はこちらからも来てみたい。
2017年02月02日 09:39撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉から抜けてくる道です。
今度はこちらからも来てみたい。
黒百合ヒュッテ到着です!
快晴!
強風、、、
2017年02月02日 10:33撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ到着です!
快晴!
強風、、、
2
かなり風が強いので、予定通り今日は黒百合ヒュッテでまったりとして、明日の登頂に英気をやしなうことにしました。
2017年02月02日 10:34撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり風が強いので、予定通り今日は黒百合ヒュッテでまったりとして、明日の登頂に英気をやしなうことにしました。
さぁ、今日も快晴!
強風、、、
出発です。
2017年02月03日 07:26撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、今日も快晴!
強風、、、
出発です。
中山峠分岐です、まだ意気揚々です。
2017年02月03日 07:32撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠分岐です、まだ意気揚々です。
おー、東天狗岳が見えてきてテンション上がります!
2017年02月03日 07:33撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、東天狗岳が見えてきてテンション上がります!
2
ここを抜ければ全貌が見えるはず。
2017年02月03日 07:38撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを抜ければ全貌が見えるはず。
東天狗岳!
西天狗岳!
テンションは上がりますが、強風で雪が舞い上がってます。
2017年02月03日 07:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳!
西天狗岳!
テンションは上がりますが、強風で雪が舞い上がってます。
5
先を行くのがベテランのパーティ、後ろを行くのが黒百合ヒュッテで一緒だった方。
ベテランのパーティが止まっているなと思っていたら、ここで撤退の判断をされた様子。
2017年02月03日 07:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行くのがベテランのパーティ、後ろを行くのが黒百合ヒュッテで一緒だった方。
ベテランのパーティが止まっているなと思っていたら、ここで撤退の判断をされた様子。
4
彼はソロでどんどん上がって行く。
2017年02月03日 07:58撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼はソロでどんどん上がって行く。
1
さぁ、ここからが本番です。
2017年02月03日 08:01撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、ここからが本番です。
4
いや、強風すぎて本当に一進一退。
数十メートル進んでは停滞。
ここでバラクラバを上げるがすでに手遅れ、、
今もほっぺたが痛いです。
反省。
2017年02月03日 08:19撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、強風すぎて本当に一進一退。
数十メートル進んでは停滞。
ここでバラクラバを上げるがすでに手遅れ、、
今もほっぺたが痛いです。
反省。
1
のっぺりとしているように見えて時々風裏になります。
2017年02月03日 08:25撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっぺりとしているように見えて時々風裏になります。
2
いよいよ見えてきました。
が、ここで撤退をするかしばらく悩む。
2017年02月03日 08:38撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ見えてきました。
が、ここで撤退をするかしばらく悩む。
2
登ってきた道を振り返って考える。
まだ、体力は十二分にある。
体の中心は十分に暖かい。
辛いのは強風と、ゴーグル越しでもくる目の痛み。
まだ行けると判断。
2017年02月03日 08:46撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返って考える。
まだ、体力は十二分にある。
体の中心は十分に暖かい。
辛いのは強風と、ゴーグル越しでもくる目の痛み。
まだ行けると判断。
東天狗岳が目の前に!
ここまでくると、折れそうな心が吹き飛びました。
2017年02月03日 08:53撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳が目の前に!
ここまでくると、折れそうな心が吹き飛びました。
1
降りてこないと思ったらやっぱり彼は西天狗岳に向かっているのが見える。
2017年02月03日 08:53撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてこないと思ったらやっぱり彼は西天狗岳に向かっているのが見える。
3
てことで東天狗岳登頂!
快晴、強風!
2017年02月03日 09:03撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てことで東天狗岳登頂!
快晴、強風!
5
浅間山方面。
2017年02月03日 09:02撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山方面。
1
赤岳はガスの中。
2017年02月03日 09:02撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳はガスの中。
1
彼が西天狗岳から手を振っているのが見える。
広角で撮ってるので写真では小さいですが肉眼ではお互いに手を振っているのは見えるぐらいの距離です。
2017年02月03日 09:02撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼が西天狗岳から手を振っているのが見える。
広角で撮ってるので写真では小さいですが肉眼ではお互いに手を振っているのは見えるぐらいの距離です。
1
蓼科山の山頂にはいつも雲がかかっているイメージ。
2017年02月03日 09:03撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山の山頂にはいつも雲がかかっているイメージ。
東天狗岳までで引き返すつもりですが、太陽も上がり気持ち暖かくなってきたので西天狗岳に向かうことにしました。
2017年02月03日 09:11撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳までで引き返すつもりですが、太陽も上がり気持ち暖かくなってきたので西天狗岳に向かうことにしました。
3
鞍部まで下っている時に阿弥陀岳が見えてきました。
赤岳もちょっとだけ。
2017年02月03日 09:14撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下っている時に阿弥陀岳が見えてきました。
赤岳もちょっとだけ。
彼も歩いたはずなのに、30分でトレースがなくなってます、、、
ここからは膝下ラッセル。
2017年02月03日 09:20撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼も歩いたはずなのに、30分でトレースがなくなってます、、、
ここからは膝下ラッセル。
2
ラッセル後と、東天狗岳を振り返ってご満悦。笑
2017年02月03日 09:28撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル後と、東天狗岳を振り返ってご満悦。笑
4
西天狗岳登頂!
ふしぎと西天狗岳山頂は風も穏やかで、ぽかぽか陽気です。
こんなこともあるんですね。
2017年02月03日 09:40撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳登頂!
ふしぎと西天狗岳山頂は風も穏やかで、ぽかぽか陽気です。
こんなこともあるんですね。
3
浅間山方面!
2017年02月03日 09:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山方面!
東天狗岳方面。
彼は待ってくれていましたが先に下山。
このあと東天狗岳直下からご一緒させていただくことに。
2017年02月03日 09:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳方面。
彼は待ってくれていましたが先に下山。
このあと東天狗岳直下からご一緒させていただくことに。
3
望遠レンズ持ってくればよかった。
遠くに北アルプスまで見えてます!
2017年02月03日 09:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズ持ってくればよかった。
遠くに北アルプスまで見えてます!
ほんと快晴!
2017年02月03日 09:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと快晴!
さぁ下山します。
また来ます!

今日も無事に下山することができました!
2017年02月03日 09:41撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ下山します。
また来ます!

今日も無事に下山することができました!
1
撮影機材:

感想/記録

楽しかったです!
天気は終始快晴でしたが、冬山らしい強風。
そして今回は黒百合ヒュッテを利用させていただきましたが、宿泊されている方も楽しい方ばかりで、仲良くしていただき本当に楽しくすごすことができました。
もし見ていらしたら、ありがとうございました。
神奈川からのお父さん、無事下山できましたかねー?
私と他の3人は無事下山しましたよ。
おそらく、一人だったら西天狗岳まではいかずに東天狗岳で撤退していたと思います。
今回はいろんな意味で勉強になる登山でした。
楽しかったー。
訪問者数:455人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ