また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1058118 全員に公開 ハイキング近畿

【滋賀県内の里山探訪】 近江八幡 八幡山縦走ピストン+奥島山・長命寺縦走

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
●スタート・ゴール
 JR東海道本線近江八幡駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間50分
合計
7時間15分
SJR近江八幡駅08:2509:18八幡山09:3810:03望西峰10:22百々神社10:2710:38若宮神社10:4511:39奥島山11:4011:55長命寺山11:5712:10長命寺12:2512:35長命寺バス停12:4513:05ローソン13:1013:13百々神社13:2313:50望西峰14:06八幡山14:3714:48八幡公園14:5215:40JR近江八幡駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※平坦地、坂の緩いところ、ロードはジョグで進んでいるところもあります。
コース状況/
危険箇所等
●全般
・道筋明瞭、快適トレイルが続く
・1月の降雪後の雪融けの影響か、見た目はドライでも土が柔らかめ
 特に北斜面の日陰は、泥濘気味で滑りやすい

●八幡山〜百々神社
・アップダウンや変化があって楽しい縦走路
・登山道上の残雪はほんの一部

●奥島山〜長命寺
・今回のルートでは、入山場所(若宮神社)付近に明確な標識なし
・下界からは見えないが、取り付きの林道や縦走路に残雪あり(トレースあり)
 雪はグサグサで、滑り止めは不要な程度
・快適トレイルが続くが、途中の356mのピーク上のみ荒れており薮化している
 道が途絶えているように見えるので、進路を見極める必要がある
その他周辺情報●終了後の温泉・銭湯
 利用していませんが、帰りに駅に向かう道沿いのホテルに、
 日帰り入浴があるようでした 
「グリーンホテルYes近江八幡」 800円
 http://www.gh-y.com/
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

今日もトレーニングハイクへ
滋賀県内、近江八幡駅をスタート
まずは八幡山を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もトレーニングハイクへ
滋賀県内、近江八幡駅をスタート
まずは八幡山を目指します
1
メイン通りを歩いていると・・・
滋賀県が誇る有名菓子店「たねや」
大手デパートにも入る老舗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メイン通りを歩いていると・・・
滋賀県が誇る有名菓子店「たねや」
大手デパートにも入る老舗です
2
ロケでもよく使われてきた近江八幡
古い町並みが残っています
奥にこれから登る八幡山が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロケでもよく使われてきた近江八幡
古い町並みが残っています
奥にこれから登る八幡山が見えます
3
近江商人のふるさとの一つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近江商人のふるさとの一つ
1
メンタムの会社
メンソレータムとは別会社ですよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンタムの会社
メンソレータムとは別会社ですよね
2
八幡堀
まさに時代劇の世界です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡堀
まさに時代劇の世界です
3
八幡山の麓まで来ました
たねやグループのクラブハリエ
バームクーヘンが有名ですね
いつも混雑している印象がありますが、朝は空いていて、狙い目かも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山の麓まで来ました
たねやグループのクラブハリエ
バームクーヘンが有名ですね
いつも混雑している印象がありますが、朝は空いていて、狙い目かも
3
日牟禮八幡宮
朝の空気が厳かです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日牟禮八幡宮
朝の空気が厳かです
1
境内に飾られてた作品
タイトルは「明日の幸福」だったかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内に飾られてた作品
タイトルは「明日の幸福」だったかな
1
八幡山へ取り付きます
ロープウェイ乗り場の少し先が登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山へ取り付きます
ロープウェイ乗り場の少し先が登山口
1
!!!
ハイクでのイノシシ遭遇は過去2回
県内でも噛まれて指を切断するなどの事故が起きており、興奮させたらかなう相手ではないと思います
念のため、鈴を着用
ホイッスルを鳴らしながら進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
!!!
ハイクでのイノシシ遭遇は過去2回
県内でも噛まれて指を切断するなどの事故が起きており、興奮させたらかなう相手ではないと思います
念のため、鈴を着用
ホイッスルを鳴らしながら進みます
途中の分岐を右に進んでみると・・・
山の中にお地蔵さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の分岐を右に進んでみると・・・
山の中にお地蔵さん
お不動さん
出世不動という名前がいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お不動さん
出世不動という名前がいい
1
山の中に行き止まりのお堂があり驚きです
分岐まで引き返し、八幡山上へ登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の中に行き止まりのお堂があり驚きです
分岐まで引き返し、八幡山上へ登ります
山上は、豊臣秀次ゆかりの八幡城趾
瑞龍寺というお寺があって周囲を回れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上は、豊臣秀次ゆかりの八幡城趾
瑞龍寺というお寺があって周囲を回れます
瑞龍寺
山の上に立派な本堂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞龍寺
山の上に立派な本堂
1
野洲方面
近江富士こと三上山の眺めがよろしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野洲方面
近江富士こと三上山の眺めがよろしい
4
周回路を進むと、北の丸跡地
この後目指す長命寺・奥島山が見えます
一度下界に下りてから登り返します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回路を進むと、北の丸跡地
この後目指す長命寺・奥島山が見えます
一度下界に下りてから登り返します
1
かつては琵琶湖最大の島だったという山塊です
戦後、周りが干拓され陸続きになったようです
道理で琵琶湖岸ギリギリまで山が迫っているわけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつては琵琶湖最大の島だったという山塊です
戦後、周りが干拓され陸続きになったようです
道理で琵琶湖岸ギリギリまで山が迫っているわけです
3
琵琶湖の向こう側
比良山系
今日もナイスビュー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖の向こう側
比良山系
今日もナイスビュー
8
伊吹山
好天で賑わっていることでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山
好天で賑わっていることでしょう
6
鈴鹿山脈最北部、霊仙山
右側には、形良い鍋尻山も見えているものと思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈最北部、霊仙山
右側には、形良い鍋尻山も見えているものと思います
4
縦走路の案内も完備
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路の案内も完備
足を伸ばして、西の丸跡地へ
八幡山、恋人の聖地として売り出しているみたい
LOVEモニュメントまであるよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足を伸ばして、西の丸跡地へ
八幡山、恋人の聖地として売り出しているみたい
LOVEモニュメントまであるよ
1
ここからの琵琶湖の眺めも最高です
昨年1周歩いたので、並々ならぬ親近感を覚えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの琵琶湖の眺めも最高です
昨年1周歩いたので、並々ならぬ親近感を覚えます
4
大津方面
裾野がなだらかに見える比叡山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津方面
裾野がなだらかに見える比叡山
2
それでは縦走路へ
おお、残雪が!
少しだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは縦走路へ
おお、残雪が!
少しだけ
以降快適トレイルが続きます
なるべく走ってトレーニング効果を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以降快適トレイルが続きます
なるべく走ってトレーニング効果を
時折、展望スポットもあり
3周連続晴天の土曜
ありがたいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、展望スポットもあり
3周連続晴天の土曜
ありがたいですね
アップダウンが続く尾根道
各ピークの上はなだらかで、心地良い場所です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンが続く尾根道
各ピークの上はなだらかで、心地良い場所です
1
縦走路を通り抜け、反対側の百々神社に下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を通り抜け、反対側の百々神社に下山
次なるは奥島山
いつも遠くからでもよく目立っていた山塊
ついに今日登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次なるは奥島山
いつも遠くからでもよく目立っていた山塊
ついに今日登ります
1
ロードを進み、右から取り付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロードを進み、右から取り付きます
振り返ると八幡山
見た目、遠くなったね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると八幡山
見た目、遠くなったね
1
若宮神社に到着
ハイカーさんらしき車が2台駐車中でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若宮神社に到着
ハイカーさんらしき車が2台駐車中でした
取り付きがよく分かりませんが、地形図で確認
この林道を入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きがよく分かりませんが、地形図で確認
この林道を入ります
地形図に載っている分岐がありました
計画通り、右へ直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図に載っている分岐がありました
計画通り、右へ直進
おお、残雪が!
道なりに進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、残雪が!
道なりに進みます
林道脇にこの山に入り初めての標識
津田山というのが目指す奥島山の別名なので、これでいいと思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇にこの山に入り初めての標識
津田山というのが目指す奥島山の別名なので、これでいいと思います
短い急登をこなすと再び標識が
どうやら林道のヘアピンをショートカットしたようです
長命寺方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い急登をこなすと再び標識が
どうやら林道のヘアピンをショートカットしたようです
長命寺方面へ
再び林道を行きます
下界からは想像がつきませんが、場所によっては積雪は15cmほどあります
トレースが残っています
さすがに走ると息が切れるので、歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道を行きます
下界からは想像がつきませんが、場所によっては積雪は15cmほどあります
トレースが残っています
さすがに走ると息が切れるので、歩きます
靴はゴアテックスのトレランシューズ
染みこみはなく安心です
グサグサ雪で、ゲイターも滑り止めも不要な程度でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴はゴアテックスのトレランシューズ
染みこみはなく安心です
グサグサ雪で、ゲイターも滑り止めも不要な程度でした
4
下界からは見えないですが、結構残雪あります
お一人、雪を見て撤退していかれました
さてと、ルートはと・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界からは見えないですが、結構残雪あります
お一人、雪を見て撤退していかれました
さてと、ルートはと・・・
2
正面の尾根に取り付きます
長命寺への標識があるので合っていると思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の尾根に取り付きます
長命寺への標識があるので合っていると思います
雪混じりの快適トレイルが続きますが、途中、356mピークで突然道が途絶える・・・
薮になっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪混じりの快適トレイルが続きますが、途中、356mピークで突然道が途絶える・・・
薮になっています
方向を確認
若干左折気味に進むようです
薮が薄いところを繋いで迂回、無事ルート復帰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向を確認
若干左折気味に進むようです
薮が薄いところを繋いで迂回、無事ルート復帰
時々、右側に琵琶湖を眺める縦走路です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、右側に琵琶湖を眺める縦走路です
沖島も近くに見えてます
昨年3月に沖島に行ったときは、逆から眺めたのでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖島も近くに見えてます
昨年3月に沖島に行ったときは、逆から眺めたのでした
3
そうして奥島山に到着
ヤマケイのガイドには奥島山となっていますが、標識はどれも津田山なんですね
標高424m
本日の最高峰です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうして奥島山に到着
ヤマケイのガイドには奥島山となっていますが、標識はどれも津田山なんですね
標高424m
本日の最高峰です
2
雪に囲まれて三角点がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に囲まれて三角点がありました
5
山頂には祠と・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には祠と・・・
これも岩のご神体かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも岩のご神体かな
長命寺へ向かう途中、琵琶湖へ下りる道と出合いますが、ロープが張られています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命寺へ向かう途中、琵琶湖へ下りる道と出合いますが、ロープが張られています
横道に入り長命寺山へ寄り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横道に入り長命寺山へ寄り道
すぐに到着
ジャングルのような長命寺山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに到着
ジャングルのような長命寺山頂
1
標高333m
トリプルスリー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高333m
トリプルスリー!
3
緩やかに下り続けると、舗装路に出ました
車で長命寺に登る道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに下り続けると、舗装路に出ました
車で長命寺に登る道です
舗装路を少し登り返し駐車場へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を少し登り返し駐車場へ
下界から続く800段の階段
途中から入ってひと登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界から続く800段の階段
途中から入ってひと登り
長命寺に到着
西国三十三カ所巡りの31番目の札所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命寺に到着
西国三十三カ所巡りの31番目の札所
3
屋根に雪が残る本堂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根に雪が残る本堂
1
山の中腹にあって、眺めがいいお寺です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の中腹にあって、眺めがいいお寺です
1
長命寺名物、800段の長い石階段
やや不規則で微妙な段差
なかなかしんどいです
80歳くらいのご夫婦が頑張って往復されてました
脱帽です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命寺名物、800段の長い石階段
やや不規則で微妙な段差
なかなかしんどいです
80歳くらいのご夫婦が頑張って往復されてました
脱帽です
無事下り終わって、長命寺港へ
昨年の琵琶湖1周ウォークでも立ち寄った場所
懐かしいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下り終わって、長命寺港へ
昨年の琵琶湖1周ウォークでも立ち寄った場所
懐かしいですね
2
駅までバスはありますが、今日は乗らないで自分の脚で
県道さざなみ街道をしばらく進みます
正面の八幡山を朝とは逆に、右から登って左に縦走して帰ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅までバスはありますが、今日は乗らないで自分の脚で
県道さざなみ街道をしばらく進みます
正面の八幡山を朝とは逆に、右から登って左に縦走して帰ります
道沿いの川では釣り師達が
京都の鴨川カップルのように等間隔に並んでいるのが面白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いの川では釣り師達が
京都の鴨川カップルのように等間隔に並んでいるのが面白い
2
ちょうどいいところにローソン
補給します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどいいところにローソン
補給します
雪融けによる泥濘で、思いの他汚れてしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪融けによる泥濘で、思いの他汚れてしまった
百々神社から、朝来た道を登り返します
結構脚に来ているけど、トレーニング
ガンバ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百々神社から、朝来た道を登り返します
結構脚に来ているけど、トレーニング
ガンバ!!
時間帯が変わり、鈴鹿山脈の雪がよく見えます
琵琶湖内湖の西の湖
遠くには鈴鹿最高峰御池岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間帯が変わり、鈴鹿山脈の雪がよく見えます
琵琶湖内湖の西の湖
遠くには鈴鹿最高峰御池岳
4
行きは気づかなかった標識
同じ道を戻るときは心に余裕があるのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは気づかなかった標識
同じ道を戻るときは心に余裕があるのか?
楽しい尾根道トレイル
アップダウンはあるけれど、トレーニングになるよう、なるべく走って負荷をかけます
それにしてもいいトレイルです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい尾根道トレイル
アップダウンはあるけれど、トレーニングになるよう、なるべく走って負荷をかけます
それにしてもいいトレイルです
これも行きに見た記憶がなく、見落としていたようです
大丈夫か!?ワタクシ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも行きに見た記憶がなく、見落としていたようです
大丈夫か!?ワタクシ・・・
伊吹-霊仙-御池と臨む遠景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹-霊仙-御池と臨む遠景
1
アップダウンを繰り返し、八幡山が見えてきました
あと一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返し、八幡山が見えてきました
あと一息
西の丸跡地の石垣まで来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の丸跡地の石垣まで来ました
2
お散歩用の杖の貸し出し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お散歩用の杖の貸し出し
八幡山は恋人の聖地
きれいに整地された、LOVEの西の丸跡地
お洒落なベンチに佇む人々が・・・
若いっていいね
オッサンは終わった・・・なんてね(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山は恋人の聖地
きれいに整地された、LOVEの西の丸跡地
お洒落なベンチに佇む人々が・・・
若いっていいね
オッサンは終わった・・・なんてね(笑)
2
近江八幡の町側に移動
展望台があります
中には売店も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近江八幡の町側に移動
展望台があります
中には売店も
売店の前はこれまた恋人の聖地
展望いいです
誰もいないうちに展望を楽しみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店の前はこれまた恋人の聖地
展望いいです
誰もいないうちに展望を楽しみます
1
広大な湖東平野
ポコポコ山がいくつも浮かび、やがて鈴鹿山脈へと続いています
御在所〜雨乞〜綿向と見えているのかと思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な湖東平野
ポコポコ山がいくつも浮かび、やがて鈴鹿山脈へと続いています
御在所〜雨乞〜綿向と見えているのかと思います
2
東近江の低山の一つ繖山
昨年縦走したけど、とても横に長い
左奥に御池岳
とてつもなく大きな山塊です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東近江の低山の一つ繖山
昨年縦走したけど、とても横に長い
左奥に御池岳
とてつもなく大きな山塊です
1
西の湖と霊仙山
標高1000mそこそこで、この風格
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の湖と霊仙山
標高1000mそこそこで、この風格
3
売店に甘酒あり
美味しゅうございました
売店のおばちゃん、妙に山に詳しくて、お喋りが楽しかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店に甘酒あり
美味しゅうございました
売店のおばちゃん、妙に山に詳しくて、お喋りが楽しかったです
1
ロープウェイ乗り場横を抜けて下山にかかります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場横を抜けて下山にかかります
下山は八幡公園へ
図書館の横に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は八幡公園へ
図書館の横に出ました
1
古い町並みを抜けて駅に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い町並みを抜けて駅に向かいます
2
洋風建築もある近江八幡の町
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洋風建築もある近江八幡の町
2
駅まで戻ってハイク終了
ずっと穏やかな快晴
ナイスサニーサタデーでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅まで戻ってハイク終了
ずっと穏やかな快晴
ナイスサニーサタデーでした
1
途中で、補給はしていますが腹ペコです
駅前でペロリと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で、補給はしていますが腹ペコです
駅前でペロリと
4

感想/記録
by 3120m

3週連続?、快晴の土曜日。
スキー&温泉と遠征したいところですが、
なかなかそうもいかない今日この頃。
今回も近場でトレーニングに励んでみました。

トレラン大会みたいな目標があるわけではなく、
メラメラと燃えているわけでもないんですが、
春・夏山のロング行程に向けての余剰脚力をつけようと、
(ロードとの相乗効果もあるので)
最近は山の中でもランを取り入れています。
(ただし、歩きの方が早いかも)

先週のロング山行後、すぐに回復したように感じ、
日常生活でも問題なかったので、
今回は、前から行ってみたかったコースの一つへ。

しかし、山道の登りに入ってみていると、予想以上に残存ダメージが・・・
それに、まだまだ課題の脚部後ろ側、登り筋が弱い。
ふくらはぎ〜ハムストリングス〜臀部とまだまだ未開発です。
登り出しからしばらくは、その辺りが悲鳴を上げホントに辛いです。

16リットルザックの軽荷装備でもそんな様子なので、
これが泊りの縦走装備になると・・・

余裕をもって軽やかに長距離を移動できるようになるために、
まだまだ修行が足らん・・・
もう少し垢抜けるにはまだまだ長い道のり。
頑張ろうと思います。

しかし、2週連続でハッスルしたら、今度こそかなりの疲労が。
2日たっても抜けない・・・
慢性疲労になってもいかん!
そろそろ温泉でも行ってのんびりしたいところです。
訪問者数:638人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ