また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059137 全員に公開 ハイキング丹沢

2017年登り初め〜塔ノ岳、鍋割山周回〜

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
5:06最寄駅始発→5:46新宿発(小田急)→7:02渋沢駅発(バス)→7:15大倉
14:38大倉発(バス)→渋沢駅北口
※小田急&バスは丹沢周遊きっぷ1,530円購入
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
55分
合計
7時間7分
S大倉バス停07:2207:26どんぐり山荘07:28大倉山の家07:47観音茶屋08:00雑事場ノ平08:05見晴茶屋08:33駒止茶屋08:40堀山08:4108:47堀山の家08:5009:07天神尾根分岐09:0809:37花立山荘09:4109:49花立09:53金冷シ10:11塔ノ岳10:3310:49尊仏山荘11:00金冷シ11:0111:21小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)11:2211:28小丸11:33鍋割山稜11:45鍋割山荘11:58鍋割山12:1212:30鍋割山荘12:3112:33鍋割山12:3513:04後沢乗越13:0513:19ミズヒ沢渡渉点13:2013:23本沢渡渉点13:2413:35二俣13:3613:48黒竜の滝13:4914:29大倉バス停14:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・所々ドロドロ
・花立山荘より上に残雪あり、金冷し〜鍋割山にも所々残雪あり(アイゼンはなくても歩けたが早朝はあったほうがいいかも)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 サングラス 保険証 トイレットペーパー ティッシュ・手拭きシート 手ぬぐい スマホ レインコート 防寒着(ダウン・フリース) 水筒(1ℓ×1・サーモス) 時計 食糧(行動食・食事) シート 着替え(下着・長袖) ビニール袋 ゴミ袋(モンベルの袋も) 登山靴・靴下 カメラ 手帳・ペン ホイッスル ヘッドライト・雨用帽子・スパッツ・手袋 コンパス・地図 ホッカイロ スマホ充電池・カメラ充電池・予備電池 ザックカバー 救急セット 予備コンタクト コップ スポーク 汗ふきシート・日焼け止め 軽アイゼン 帽子

写真

乗り継ぎスムーズに大倉に到着
2017年02月04日 07:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗り継ぎスムーズに大倉に到着
大倉尾根からスタート
2017年02月04日 07:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根からスタート
1
本格的な登りに
2017年02月04日 08:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的な登りに
堀山の家通過
2017年02月04日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家通過
堀山の家付近からの富士山
本日も快晴、丹沢とは相性が良い
2017年02月04日 08:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家付近からの富士山
本日も快晴、丹沢とは相性が良い
階段地獄が続く・・・
2017年02月04日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄が続く・・・
この辺から残雪が
2017年02月04日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から残雪が
階段地獄はまだまだ続く
坂道より階段のほうが足にくる・・・
2017年02月04日 09:24撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄はまだまだ続く
坂道より階段のほうが足にくる・・・
1
花立山荘通過
2017年02月04日 09:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘通過
初めてチャンプを見た
颯爽と下って行った
2017年02月04日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてチャンプを見た
颯爽と下って行った
1
残雪が多くなってきた
アイゼンなくても大丈夫
2017年02月04日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が多くなってきた
アイゼンなくても大丈夫
早朝だったらアイゼンあったほうがいいのかも
2017年02月04日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝だったらアイゼンあったほうがいいのかも
猫発見
久々に見た
2017年02月04日 10:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫発見
久々に見た
4
塔ノ岳到着
2017年02月04日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳到着
5
南アルプスの山々もくっきり
2017年02月04日 10:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々もくっきり
何回観てもいいものだ
2017年02月04日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回観てもいいものだ
カップラーメンと富士山拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すカップラーメンと富士山
1
山頂の賑わいはこんな感じ
人少なめ
2017年02月04日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の賑わいはこんな感じ
人少なめ
セルフで富士山と
2017年02月04日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフで富士山と
1
金冷しに戻り鍋割山を目指す
2017年02月04日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷しに戻り鍋割山を目指す
こちらも所々残雪が
2017年02月04日 11:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも所々残雪が
鍋割山から塔ノ岳向かう際には特にスリップ注意
アイゼンつけている人はいなかった
2017年02月04日 11:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山から塔ノ岳向かう際には特にスリップ注意
アイゼンつけている人はいなかった
小丸尾根分岐
2017年02月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸尾根分岐
小丸尾根は3/31まで通行止め
2017年02月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸尾根は3/31まで通行止め
気のせいか塔ノ岳よりも富士山が大きいような・・
2017年02月04日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気のせいか塔ノ岳よりも富士山が大きいような・・
踏み抜きに落ち葉が積もって、いきなり足が沈み不意を突かれる
2017年02月04日 11:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きに落ち葉が積もって、いきなり足が沈み不意を突かれる
鍋割山直下が一番雪が多い
2017年02月04日 11:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山直下が一番雪が多い
1
鍋割山荘
今回は鍋焼きうどん見送り
2017年02月04日 11:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山荘
今回は鍋焼きうどん見送り
鍋割山到着
2017年02月04日 11:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山到着
1
鍋割山山頂から富士山
2017年02月04日 11:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂から富士山
ここでも富士山と南アルプスがはっきり
2017年02月04日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも富士山と南アルプスがはっきり
一日を通して温かかったが
休憩している時、太陽が雲に隠れると冷える。
2017年02月04日 12:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日を通して温かかったが
休憩している時、太陽が雲に隠れると冷える。
後沢乗越通過
2017年02月04日 13:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢乗越通過
沢沿いを歩く
2017年02月04日 13:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩く
林道に入る
2017年02月04日 13:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に入る
吊り橋を渡り
2017年02月04日 13:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡り
ひたすら林道を歩く
2017年02月04日 13:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら林道を歩く
振り返ると山深さに感動
2017年02月04日 13:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると山深さに感動
通行止めの小丸尾根との合流点
2017年02月04日 13:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めの小丸尾根との合流点
吊り橋をまたわたり
2017年02月04日 13:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋をまたわたり
アルプスのような奥深さ
2017年02月04日 13:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプスのような奥深さ
ひたすら林道を歩き、ようやく車道に
2017年02月04日 14:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら林道を歩き、ようやく車道に
大倉バス停に到着
2017年02月04日 14:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停に到着
1

感想/記録

 2017年最初の山行は、1月の3連休に生藤山に行く予定が、結局2月になり、まだ行ったことのない鍋割山を目指すことに。また、登山始めてから2月の山は初めてとなった。
 朝始発に間に合うように駅に着いたがスマホを忘れ、取りに帰ってなんとか始発に間に合ったが、すでに結構な疲労が・・・それでもスムーズな乗り継ぎで予定通り、大倉に到着。
 早速登り始める。約1年ぶりの大倉尾根、前回よりもつらい気が・・・、ストックが今回はないからか、体力が落ちてるのかはわからないが、特に階段で足が進まない。とりあえず、塔ノ岳まで行ってそのまま帰ろうかとも思いながら、塔ノ岳の山頂について休憩し、この日も快晴で富士山や南アルプスがくっきりで、丹沢との相性の良さに気持ちもリフレッシュ出来て、予定通り鍋割山を目指すことに。
 花立山荘から上は所々残雪あるが、アイゼン使うほどではなく、鍋割山への稜線も慎重に歩けば問題なかった。初めて歩く稜線は富士山の眺めも良く、快適に鍋割山まで歩けた。頂上では皆さん、鍋焼きうどんを食べていたが、今回は諸事情により見送り。次回は食べたいと思う。
 下山は、林道に入ってからが長かったが、時々振り返ると丹沢の山の奥深さを感じられて、とても良い登りはじめとなった。
訪問者数:499人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ