また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059416 全員に公開 ハイキング富士・御坂

長者ヶ岳〜天子ヶ岳(田貫湖南岸コース)

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道河口湖インターから田貫湖まで約35キロ。
駐車場は複数ありますが、キャンプ場の一般駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
1時間31分
合計
4時間41分
S田貫湖キャンプ場13:1813:26休暇村富士13:54休暇村分岐13:5914:34長者ヶ岳14:4215:00上佐野分岐15:14天子ヶ岳15:3815:50上佐野分岐16:09長者ヶ岳16:5817:23休暇村分岐17:2817:50休暇村富士17:57田貫湖キャンプ場17:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
終始よく整備された歩きやすい登山道を進むので、道迷いの心配はありません。
雪はかなり少なく、上部の日当たりの悪い斜面にわずかに残っている程度でしたが、部分的に凍結しているので、下りでは足運びに注意が必要です。
今日は軽アイゼンの必要性を感じませんでしたが、お守り代わりに持参した方が無難かと思われます。

登山口に登山ポストは見当たりませんでした。
トイレは湖畔に設置されています。
携帯電話(au)は全域で通信可能です。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

河口湖から朝霧高原に向かう途中の展望台から、南アルプスなどの素晴らしい眺めが広がりました。
2017年02月04日 12:34撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖から朝霧高原に向かう途中の展望台から、南アルプスなどの素晴らしい眺めが広がりました。
2
昨夏に汗をかきつつ登った竜ヶ岳〜雨ヶ岳がどっしりと構えています。
2017年02月04日 12:34撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夏に汗をかきつつ登った竜ヶ岳〜雨ヶ岳がどっしりと構えています。
1
本栖湖と周辺の山々の眺めが抜群ですね。
2017年02月04日 12:34撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本栖湖と周辺の山々の眺めが抜群ですね。
1
田貫湖畔からスタートします。スカッとするいい景色です。
2017年02月04日 13:15撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田貫湖畔からスタートします。スカッとするいい景色です。
2
これから登る山域を見上げます。
2017年02月04日 13:15撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る山域を見上げます。
1
富士山がいつも背中を見守ってくれています。
2017年02月04日 13:21撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がいつも背中を見守ってくれています。
4
長者ヶ岳の案内標識が出始めました。
2017年02月04日 13:24撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳の案内標識が出始めました。
ここから登山道に入ります。まずは杉林の中を進みます。
2017年02月04日 13:30撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道に入ります。まずは杉林の中を進みます。
田貫湖北岸からの尾根道との合流地点で、雄大な眺めが広がりました。山頂以外ではコース中で唯一の展望スポットです。
2017年02月04日 13:55撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田貫湖北岸からの尾根道との合流地点で、雄大な眺めが広がりました。山頂以外ではコース中で唯一の展望スポットです。
2
田貫湖の奥に浮かぶのは愛鷹山でしょうか。見慣れない方角の山容です。
2017年02月04日 13:55撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田貫湖の奥に浮かぶのは愛鷹山でしょうか。見慣れない方角の山容です。
1
長者ヶ岳を目指して尾根を進みます。
2017年02月04日 13:57撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳を目指して尾根を進みます。
分岐からはしばらく傾斜の緩い平坦な道が続きました。
2017年02月04日 14:08撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からはしばらく傾斜の緩い平坦な道が続きました。
山頂直下で積雪はこの程度です。
2017年02月04日 14:31撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下で積雪はこの程度です。
快調に高度を上げてまずは長者ヶ岳に到着しました。
2017年02月04日 14:33撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快調に高度を上げてまずは長者ヶ岳に到着しました。
割と地味な三角点に寄り添う山頂標識です。
2017年02月04日 14:34撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割と地味な三角点に寄り添う山頂標識です。
1
毛無山へ続く縦走路にもなっています。
2017年02月04日 14:34撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山へ続く縦走路にもなっています。
真新しい山梨百名山の山頂標識を入れた富士山です。
2017年02月04日 14:36撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しい山梨百名山の山頂標識を入れた富士山です。
3
眼下に見下ろす田貫湖がアクセントを添えています。
2017年02月04日 14:36撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見下ろす田貫湖がアクセントを添えています。
富士山と田貫湖を縦構図で。
2017年02月04日 14:38撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と田貫湖を縦構図で。
1
反対側には南アルプスの主要な峰々も顔を出しています。
2017年02月04日 14:42撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には南アルプスの主要な峰々も顔を出しています。
1
右の一番高いところが毛無山でしょうか。
2017年02月04日 14:42撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の一番高いところが毛無山でしょうか。
天子ヶ岳に向かう鞍部の分岐標識です。
2017年02月04日 15:00撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳に向かう鞍部の分岐標識です。
こちらも積雪はこの程度ですが、凍結しているので油断していると滑ります。
2017年02月04日 15:07撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも積雪はこの程度ですが、凍結しているので油断していると滑ります。
地味すぎる天子ヶ岳の山頂標識です。
2017年02月04日 15:15撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味すぎる天子ヶ岳の山頂標識です。
少し先に展望台への案内があります。
2017年02月04日 15:16撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先に展望台への案内があります。
展望台からは富士山の眺めが広がります。
2017年02月04日 15:17撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは富士山の眺めが広がります。
やや樹木がうるさいですが、見事な富士山の山容です。
2017年02月04日 15:27撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや樹木がうるさいですが、見事な富士山の山容です。
周回コースを下らずに長者ヶ岳まで戻ってきて、再び富士山がすっきりした姿を見せてくれました。
2017年02月04日 16:06撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回コースを下らずに長者ヶ岳まで戻ってきて、再び富士山がすっきりした姿を見せてくれました。
先ほどよりも日が傾いてきて、柔らかい光の印象になってきました。
2017年02月04日 16:09撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどよりも日が傾いてきて、柔らかい光の印象になってきました。
1
下山路がはっきりしていたので、もう少し山頂で粘って、赤味が射してきた富士山を捉えました。
2017年02月04日 16:47撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路がはっきりしていたので、もう少し山頂で粘って、赤味が射してきた富士山を捉えました。
2
今日は最後まで大変いい天気でした。
2017年02月04日 16:58撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は最後まで大変いい天気でした。
1
最後に縦構図で。
2017年02月04日 16:58撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に縦構図で。
1
分岐点に下る頃にはだいぶ日が落ちていました。杉林の道はすっかり暗くなっていたので、ヘッドランプを使用しました。
2017年02月04日 17:25撮影 by KYY23, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に下る頃にはだいぶ日が落ちていました。杉林の道はすっかり暗くなっていたので、ヘッドランプを使用しました。
1

感想/記録
by Kitara

先週に続いての絶好の登山日和、今回は昼過ぎからの遅出登山で、前から冬用にストックしていた天子山塊の長者ヶ岳〜天子ヶ岳に登りました。
全体的に大変歩きやすい道で、雪も少なく、午後にのんびりと富士山を眺めに登るには最高の展望台ではないかと思いました。
さすがに日が落ちてくると一気に寒くなりますが、十分な防寒装備と暖かい飲み物、ヘッドランプを持っていけば、長者ヶ岳の山頂か、その下の分岐展望台で、西陽に照らされる富士山をゆっくり眺めて過ごすことができる良い山です。
訪問者数:264人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ