また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1061943 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・硫黄岳/箕冠岳/根石岳/東西天狗岳5座縦走 夏沢鉱泉→渋

日程 2017年02月04日(土) 〜 2017年02月05日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候2月4日 快晴・無風(典型的な冬晴れ)
2月5日 早朝:晴れ(朝焼け)→7:30曇り →8:00(低気圧前面)→8:30
     風雪
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
往路:JR中央本線茅野駅→桜平
   スーパーあずさ1号9:08着にて駅前より夏沢鉱泉の送迎車で桜台
   所要約45分
復路:渋御殿の湯(奥蓼科登山口側)→JR茅野駅
   11:35のアルピコバスにて、茅野駅 所要50分
路面:三井の森付近からの上り坂に氷結路面があります。唐沢鉱泉と夏沢
   鉱泉の分岐から先の山道では、桜平のゲートまでは、完全な雪道。
   復路、渋御殿湯からの下りは、三井の森下まで、路線バスもチェーン
   走行でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
1時間10分
合計
5時間20分
S桜平10:0510:20夏沢鉱泉10:3011:10オーレン小屋11:2012:00山びこ荘12:2013:20硫黄岳13:3514:10山びこ荘14:2514:30夏沢峠15:10箕冠山15:25根石山荘
2日目
山行
3時間0分
休憩
30分
合計
3時間30分
根石山荘07:0007:10根石岳07:40白砂新道入口08:00東天狗岳08:0508:20天狗岳08:2508:35天狗の奥庭08:4509:30黒百合ヒュッテ09:4010:00渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐10:15八方台方面・渋の湯方面分岐10:25渋御殿湯10:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.コース全般 桜平ゲートー夏沢峠ー(硫黄岳ピストン)ー根石岳山荘ー
  東天狗岳ー西天狗岳ー黒百合ヒュッテー奥蓼科登山口(渋御殿湯)の
  登山道は、十分な冠雪があります。積雪は50cm〜80cm程、冠雪が少
  ない硫黄岳山頂付近を除けば、締った雪とふかふかの雪の連続ですが、
  ラッセル個所はありませんでした。
2.危険・注意箇所
  _涜峠→硫黄岳方面、直下の東側斜面雪庇
   *東側に寄らないよう、やや内側に登山道が切ってありますが、視界が
   悪い時の登りで東側によると、雪庇に乗りますので注意です。
  ∈石岳→東天狗岳、 白砂新道(夏道)から先、頂上直下の両側が
   切れた稜線(緑の網の橋の先)
   *幅50cmで1mほど両側が切れた場所があり、つかまるところが
   ありません。風等でバランスを崩す可能性があると落ちますので注意です。
  西天狗と東天狗の鞍部(コル)→天狗岩方面のトラバース道
   *今年の西天狗岳から東天狗岳山頂を経由しないで、黒百合ヒュッテに
   向かう場合に、トラバース道を利用する方へ。今年のトラバース道は、
   例年よりやや上についていて、石楠花やハイマツ帯の上を歩いている
   状況になっています。やや歩きにくいのはもちろんですが、なんと道が、
   あと5m位のところで夏道(主稜線)に出るところで天狗岩方面には、
   つながっていません。突然西側に下るように踏み跡が出て、この道を
   続けて進むと、踏み跡が薄くなり、天狗の奥庭から黒百合ヒュッテの
   北正面斜面に向かう夏道に続いてしまい、中山峠には出られません。
   天狗岩に出たい場合は、トラバース道を降りずに、あと5m登って
   ください。
その他周辺情報1.コース上のトイレ
   ・夏沢鉱泉、オーレン小屋(冬季小屋)、夏沢峠、根石岳山荘、
    黒百合ヒュッテ
2.下山時の温泉
   ・渋御殿湯 @1000円 10:00〜
    硫黄の温泉で、木枠の湯治の雰囲気が残る内風呂で気持ちがよい
    です。他にもたくさんありますが、バス待ちの時間だけでなく、
    ここを目的に、コース設定もありと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ポール スリング カラビナ
共同装備 ファーストエイドキット ツェルト ロープ(8mmX20m)

写真

茅野駅から送迎車で桜平を目指します
2017年02月04日 09:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野駅から送迎車で桜平を目指します
桜平ゲートから歩きます
2017年02月04日 10:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平ゲートから歩きます
夏沢鉱泉につきました
2017年02月04日 10:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉につきました
穂高も気高く白銀の峰が見えています
2017年02月04日 10:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高も気高く白銀の峰が見えています
オーレン小屋を目指します
2017年02月04日 11:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋を目指します
かなりの積雪です
2017年02月04日 11:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの積雪です
オーレン小屋到着です
2017年02月04日 11:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋到着です
夏沢峠到着です
2017年02月04日 12:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠到着です
ここから硫黄岳を目指します
2017年02月04日 12:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから硫黄岳を目指します
森林限界を超えました
2017年02月04日 13:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えました
ペースも上がっています
2017年02月04日 13:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペースも上がっています
硫黄岳山頂への登りですが風がないです。
2017年02月04日 13:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂への登りですが風がないです。
あと少しです
2017年02月04日 13:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しです
見えた、頂上!
2017年02月04日 13:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた、頂上!
硫黄岳山頂到着です
2017年02月04日 13:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂到着です
1
南八ヶ岳の峰々もよく見えます。なんと無風です
2017年02月04日 13:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の峰々もよく見えます。なんと無風です
1
しばらく、山頂で佇みます
2017年02月04日 13:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく、山頂で佇みます
1
今日は、赤岳鉱泉ではなく根石岳山荘なので、早々に硫黄から夏沢峠まで戻りました
2017年02月04日 14:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、赤岳鉱泉ではなく根石岳山荘なので、早々に硫黄から夏沢峠まで戻りました
箕冠岳を経由して根石岳山荘に向かいます
2017年02月04日 16:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕冠岳を経由して根石岳山荘に向かいます
山荘に着いたら、綺麗な夕日でした
2017年02月04日 17:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に着いたら、綺麗な夕日でした
夕食です
2017年02月04日 17:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食です
朝の根石岳山荘からの眺めです。低気圧の影響が出ています
2017年02月05日 06:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の根石岳山荘からの眺めです。低気圧の影響が出ています
かろうじて朝焼けです
2017年02月05日 06:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて朝焼けです
根石岳山荘を出発します
2017年02月05日 06:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山荘を出発します
根石岳はすぐだったので写真撮らず、東天狗岳到着
2017年02月05日 07:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳はすぐだったので写真撮らず、東天狗岳到着
西天狗に人はいません
2017年02月05日 07:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗に人はいません
天候が悪化してきています
2017年02月05日 07:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候が悪化してきています
西天狗まで来ました
2017年02月05日 08:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗まで来ました
みんなで、万歳です
2017年02月05日 08:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなで、万歳です
下山します
2017年02月05日 08:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します
西天狗の雪面を下ります
2017年02月05日 08:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗の雪面を下ります
天狗のコルです
2017年02月05日 08:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコルです
デポした荷物を取って出発です
2017年02月05日 08:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デポした荷物を取って出発です
黒百合ヒュッテまで降りてきました
2017年02月05日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテまで降りてきました
林の中を下ります
2017年02月05日 09:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中を下ります
間も無く唐沢鉱泉分岐です
2017年02月05日 09:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間も無く唐沢鉱泉分岐です
撮影機材:

感想/記録

2日間ほぼ安定した天気にあたり、低気圧の積雪になる時間より前には下山できなかったですが、良い山行を楽しむことができました。今は、雪もたっぷりです。
意外と冬でも1段グレートが上がるコースですが、根石岳山荘泊にすることで、茅野駅ー桜平までの山荘送迎を利用できるというのが、このコース最大のポイントです。この山小屋からの夕日と朝日のの眺めは絶品です。硫黄は、赤岳鉱泉からの往復が初級、夏沢峠からは中級と呼ばれる所以は、この区間の上り下り時に受ける風の強さにだと思います。天狗から黒百合ヒュッテの戻りにトラバースを使う場合は、ご注意ください。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ