また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1062121 全員に公開 講習/トレーニング甲斐駒・北岳

入笠山

日程 2017年02月09日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー16人
天候
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
1時間0分
合計
3時間0分
Sゴンドラ山頂駅11:2011:40マナスル山荘11:5012:50入笠山13:1013:30マナスル山荘14:0014:20ゴンドラ山頂的G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は写真からの手入力です。帰路のマナスル山荘ではかなり長く休憩しました。
コース状況/
危険箇所等
雪は、新雪で、ふかふか、モフモフ。
なだらかなスロープで初心者のアイゼン歩行やスノーシュー体験にはピッタリの場所でした。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

ゴンドラで山頂駅へ
2017年02月09日 10:32撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラで山頂駅へ
1
ゴンドラからの景色。本当は遠くの山々が見えるはず。
2017年02月09日 10:33撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラからの景色。本当は遠くの山々が見えるはず。
マナスル山荘到着
2017年02月09日 12:02撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘到着
1
入笠山山頂に到着
2017年02月09日 12:52撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山山頂に到着
3
撮影機材:

感想/記録

 初めて6本爪のアイゼンを使った歩行練習のため入笠山に行って来ました。今回は不慣れなオーバーグローブやツアーで行ったため写真がほぼないので参考にはなりません。備忘録です。

<初心者の初アイゼン歩行の感想の備忘録> 
■アイゼン装着
 事前に机上講座に出て各自アイゼンを装着して、締め加減をチェックしてもらったので、どのくらい締め付けるか理解していたのは良かったです。最後まで緩まず、快適に歩行でき、靴(岩稜用)がアイゼンと相性が良いことも良かった。
■アイゼン歩行
 ガイド講師から説明はあったが、通常の登山道歩行も経験が必要なように、雪質(新雪、凍結、緩んだ雪など)や斜度を変えての歩行練習が必要だと思った。
■手袋
必ず予備が必要と言われたので、アンダーグローブをたくさん持っていきました。当日はマイナス5度で、Goretexのオーバーグローブに超薄手のインナーグローブで歩いていれば手がポカポカしてくるほどだった。雪山では素手になっては絶対ダメと言われていたが、マナスル山荘から出た時に、数分間、素手でした。その後、手袋をしても歩きだしても10分くらい手が冷たかった。金属のものに触らなくても、やはり素手は厳禁なのですね。
■雪山装備で自宅で練習?
衣類も重ねているし、帽子にネックウォーマーに雨具、重ねた手袋などで、ひとつの動作をするのにとても時間がかかるので、全部着込んでカメラを操作したり、ストックを延ばしたり縮めたり、アイゼンを付けたり外したり、事前に想定される動作を家で練習してみるのもよいかも。
■サングラスが曇らない工夫も必要か
曇るとトレースが見づらく歩きづらいので、ネックウォーマーをあまり上にあげすぎないなどの工夫が必要か。
■トレースを追って
トレースのあるところではトレースを追って歩くと歩きやすかったが、前を歩いている人の歩幅が大きいと大変。

★今回は雪山入門なので、目的は「雪山はどんなものか知って、良ければさらに経験してほしい」みたいなものだったので、アイゼン歩行をしたものの、練習は足りなかったです。きちんと学ぶにはさらなる練習が必要だと感じました。それでも歩いた体験は「雪山=危険」という漠然としたイメージとは異なり、こうした安全な場所で、しっかり装備をすれば、温かく楽しく歩けるということがわかりました。いろいろ教えてくれたガイドさんに今日も感謝です。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ