また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1063513 全員に公開 ハイキング丹沢

見城山〜日向山〜浄発願寺奥の院(梅の木尾根経由)

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小田急線 本厚木駅で下車し、厚木バスセンターまで徒歩
   厚木バスセンターから七沢行きの神奈中バスに乗車
   七沢温泉入口バス停で下車して徒歩
帰り:専修大学入口バス停まで徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
40分
合計
4時間3分
S七沢温泉入口バス停09:5110:02広沢寺温泉入口バス停10:07鐘ヶ嶽BS10:12河鹿ノ沢10:16広沢寺温泉駐車場10:2410:47見城10:5411:00七曲峠11:10日向山11:2911:37十字路13:11日向薬師バス停13:1713:54専修大学入口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
神社〜見城山:一ヶ所だけ尾根の南側が切れ落ちている所があるので、このルートを下りに使う際には足を滑らせないように注意してください。
天神峠〜浄発願寺奥の院:尾根上に巨岩が林立している箇所があり、岩の間を抜けるようにして急斜面を登りますが、万が一地面が凍結していると危険度が一気に増すと思います。
その他周辺情報理由は分かりませんが、日向薬師バス停の自販機が撤去されていました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソフトシェル フリース ズボン 靴下 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ クマ鈴 エマージェンシーキット
備考 うっすらと雪が積もった場所や、地面が少しザレている場所があったので、ストックを持って行った方が良かったと感じました。

写真

今日のスタート地点は七沢温泉入口バス停。厚木バスターミナルから30分ほどでここに着きました。
2017年02月12日 09:47撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のスタート地点は七沢温泉入口バス停。厚木バスターミナルから30分ほどでここに着きました。
2
雪化粧した大山。
2017年02月12日 09:55撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪化粧した大山。
3
右から鐘ヶ岳、無名の山、見城山、大山、日向山でしょうか?
2017年02月12日 09:56撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から鐘ヶ岳、無名の山、見城山、大山、日向山でしょうか?
1
青空と大きなミカン。冬らしい組合せです。
2017年02月12日 09:57撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と大きなミカン。冬らしい組合せです。
3
広沢寺温泉入口バス停。ここへ来るのは、鐘ヶ岳に登った時以来だと思います。
2017年02月12日 10:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢寺温泉入口バス停。ここへ来るのは、鐘ヶ岳に登った時以来だと思います。
右の道へ行くと鐘ヶ岳へ行けますが、今日は左の道を直進します。
2017年02月12日 10:05撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の道へ行くと鐘ヶ岳へ行けますが、今日は左の道を直進します。
標高は低いものの、立派な山容の鐘ヶ岳。
2017年02月12日 10:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高は低いものの、立派な山容の鐘ヶ岳。
6
北向きの斜面は雪が残っているようです。
2017年02月12日 10:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向きの斜面は雪が残っているようです。
1
白梅はどれも綺麗に咲いていましたが、紅梅は咲いていない木もありました。
2017年02月12日 10:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白梅はどれも綺麗に咲いていましたが、紅梅は咲いていない木もありました。
7
ジョウビタキのオス。お腹がオレンジ色でよく目立ちます。
2017年02月12日 10:10撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョウビタキのオス。お腹がオレンジ色でよく目立ちます。
9
愛宕社への階段。ここが見城山への登山口になってます。
2017年02月12日 10:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕社への階段。ここが見城山への登山口になってます。
1
小さな愛宕社。すぐ左手は駐車場です。
2017年02月12日 10:16撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな愛宕社。すぐ左手は駐車場です。
登山道に入ると、いきなりの雪!
2017年02月12日 10:17撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ると、いきなりの雪!
丹沢名物の鹿柵。ここは電気柵付きですね。
2017年02月12日 10:18撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢名物の鹿柵。ここは電気柵付きですね。
1
鹿柵をくぐってすぐに左側へ伸びる道は、鹿柵のメンテナンス用の道みたいです。(見城山方面には伸びていません)
2017年02月12日 10:19撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵をくぐってすぐに左側へ伸びる道は、鹿柵のメンテナンス用の道みたいです。(見城山方面には伸びていません)
気を取り直して、鹿柵をくぐってすぐに右側へ伸びる道を進みます。
2017年02月12日 10:23撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して、鹿柵をくぐってすぐに右側へ伸びる道を進みます。
長〜い霜柱。
2017年02月12日 10:26撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長〜い霜柱。
1
木々の後ろに鐘ヶ岳が見えます。見城山までは落葉樹が多く、明るい尾根道が続きます。
2017年02月12日 10:33撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の後ろに鐘ヶ岳が見えます。見城山までは落葉樹が多く、明るい尾根道が続きます。
ここにもタマネギ石(ボタン石)。
2017年02月12日 10:35撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもタマネギ石(ボタン石)。
3
尾根の北側(写真右)にだけ雪が残っています。
2017年02月12日 10:38撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の北側(写真右)にだけ雪が残っています。
これは尾根を下っている人の視点の写真となりますが・・・写真右側に「道を塞ぐように木がある」ように見えますが、これは通行止めを示す木で、この木の奥は斜面が切れ落ちています。
2017年02月12日 10:40撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは尾根を下っている人の視点の写真となりますが・・・写真右側に「道を塞ぐように木がある」ように見えますが、これは通行止めを示す木で、この木の奥は斜面が切れ落ちています。
見城山の山頂直下からの展望。こんな所から大展望を楽しめるとは思いませんでした。
2017年02月12日 10:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見城山の山頂直下からの展望。こんな所から大展望を楽しめるとは思いませんでした。
6
見城山の山頂。ちょっとだけ雪が積もってます。
2017年02月12日 10:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見城山の山頂。ちょっとだけ雪が積もってます。
5
見城山の山頂から、向かいの鐘ヶ岳が良く見えます。
2017年02月12日 10:49撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見城山の山頂から、向かいの鐘ヶ岳が良く見えます。
3
見城山から日向山へ向かう道は、人工林が中心でちょっと暗い感じです。
2017年02月12日 10:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見城山から日向山へ向かう道は、人工林が中心でちょっと暗い感じです。
このように道幅が狭い所もありますが、右側の斜面はそれほど急傾斜ではないので、高度感はありません。
2017年02月12日 10:55撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように道幅が狭い所もありますが、右側の斜面はそれほど急傾斜ではないので、高度感はありません。
鹿に食いちぎられたと思われる草。丹沢は鹿が多過ぎですね。
2017年02月12日 11:00撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿に食いちぎられたと思われる草。丹沢は鹿が多過ぎですね。
1
日向山への最後の階段・・・
2017年02月12日 11:04撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山への最後の階段・・・
1
日向山に到着。今日は3名のハイカーが休憩していました。
2017年02月12日 11:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山に到着。今日は3名のハイカーが休憩していました。
7
日向山からの展望。右側の木の奥に江ノ島や房総半島の山々が見えました。
2017年02月12日 11:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山からの展望。右側の木の奥に江ノ島や房総半島の山々が見えました。
今日のお昼は、小さな鮭のおにぎりで。
2017年02月12日 11:23撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお昼は、小さな鮭のおにぎりで。
3
天神峠。今までは日向薬師方面に降りていましたが、今日は梅の木尾根へ向かいます。
2017年02月12日 11:35撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠。今までは日向薬師方面に降りていましたが、今日は梅の木尾根へ向かいます。
やっぱり北斜面は雪が残ってます。
2017年02月12日 11:38撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり北斜面は雪が残ってます。
"鍵掛"は"鍵掛沢"を指していると思うので、"三ノ沢・鍵掛"は両方とも梅ノ木尾根に突き上げている沢を指しているようです。
2017年02月12日 11:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"鍵掛"は"鍵掛沢"を指していると思うので、"三ノ沢・鍵掛"は両方とも梅ノ木尾根に突き上げている沢を指しているようです。
雪の量が少なくて良かった・・・
2017年02月12日 11:42撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の量が少なくて良かった・・・
1
段々踏み跡が細くなってきて、ファミリー向けのコースにしては心細い気がします。
2017年02月12日 11:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々踏み跡が細くなってきて、ファミリー向けのコースにしては心細い気がします。
小さなピーク。日当たりが良いので、ここで休憩するのも良さそうです。
2017年02月12日 11:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピーク。日当たりが良いので、ここで休憩するのも良さそうです。
弁天の森キャンプ場へ降りるルートは、また次の機会に。
2017年02月12日 11:50撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天の森キャンプ場へ降りるルートは、また次の機会に。
小さな鞍部の大きな岩。
2017年02月12日 11:52撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな鞍部の大きな岩。
1
先程の鞍部を越えると、巨岩が並んだ尾根を登っていきます。かなりの急斜面なので、もし地面が凍結していたら引き返すところでした。
2017年02月12日 11:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の鞍部を越えると、巨岩が並んだ尾根を登っていきます。かなりの急斜面なので、もし地面が凍結していたら引き返すところでした。
4
若いウラジロガシの林。こんなにウラジロガシだらけの林は初めて見たかもしれません。
2017年02月12日 11:58撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若いウラジロガシの林。こんなにウラジロガシだらけの林は初めて見たかもしれません。
2
大きなモミの木。モミは東丹沢・北丹沢エリアのシンボルですね。
2017年02月12日 12:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなモミの木。モミは東丹沢・北丹沢エリアのシンボルですね。
4
梅ノ木尾根の北側にある無名の山。一番右側の突起状のピークが"弁天見晴"でしょうか?
2017年02月12日 12:04撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ノ木尾根の北側にある無名の山。一番右側の突起状のピークが"弁天見晴"でしょうか?
ここもウラジロガシだらけ。梅ノ木尾根=ウラジロガシとして記憶されそうです(笑)
2017年02月12日 12:05撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもウラジロガシだらけ。梅ノ木尾根=ウラジロガシとして記憶されそうです(笑)
2
537mピーク。ベンチは壊れていました。
2017年02月12日 12:07撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
537mピーク。ベンチは壊れていました。
537mピークの西隣のピーク。こちらのベンチは辛うじて使えそうです。
2017年02月12日 12:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
537mピークの西隣のピーク。こちらのベンチは辛うじて使えそうです。
2
ウラジロガシが主体の林ですが、株立ちしていないので雑木林としては使われていなかった可能性もあります。
2017年02月12日 12:13撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロガシが主体の林ですが、株立ちしていないので雑木林としては使われていなかった可能性もあります。
この分岐で左側に行くと"浄発願寺奥の院"です。直進すると痩せ尾根・大沢分岐を経て、唐沢峠近くの尾根に着くはずです。
2017年02月12日 12:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐で左側に行くと"浄発願寺奥の院"です。直進すると痩せ尾根・大沢分岐を経て、唐沢峠近くの尾根に着くはずです。
誰かが作った雪だるまの跡でしょうか?
2017年02月12日 12:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かが作った雪だるまの跡でしょうか?
常緑広葉樹林でも明るい林なのは、鹿が下草を食べてしまうのが原因かもしれません・・・
2017年02月12日 12:16撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常緑広葉樹林でも明るい林なのは、鹿が下草を食べてしまうのが原因かもしれません・・・
鹿が下草を食べて表土が露出してしまうと、こうやって斜面が崩壊してしまいます。鹿への餌やりは厳禁です!!
2017年02月12日 12:17撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿が下草を食べて表土が露出してしまうと、こうやって斜面が崩壊してしまいます。鹿への餌やりは厳禁です!!
"浄発願寺奥の院"へ向かって、急な斜面を降りていきます。
2017年02月12日 12:19撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"浄発願寺奥の院"へ向かって、急な斜面を降りていきます。
"浄発願寺奥の院"への尾根は、決して痩せ尾根ではありませんが、斜面西側は崖状になっていました。
2017年02月12日 12:23撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"浄発願寺奥の院"への尾根は、決して痩せ尾根ではありませんが、斜面西側は崖状になっていました。
"奥の院"の手前で、梅ノ木尾根が姿を現しました。
2017年02月12日 12:29撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"奥の院"の手前で、梅ノ木尾根が姿を現しました。
"浄発願寺奥の院"の岩屋に到着。石塔が沢山あるのが目立ちます。
2017年02月12日 12:33撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"浄発願寺奥の院"の岩屋に到着。石塔が沢山あるのが目立ちます。
5
岩に「南無阿弥陀仏」と彫られているようですが、大昔にどうやってこの岩場を登ったのでしょうか?
2017年02月12日 12:33撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に「南無阿弥陀仏」と彫られているようですが、大昔にどうやってこの岩場を登ったのでしょうか?
8
雪が積もっていたら、この木橋がちょっとした難所になっていたかもしれません。
2017年02月12日 12:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が積もっていたら、この木橋がちょっとした難所になっていたかもしれません。
"奥の院"から降りると・・・
2017年02月12日 12:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"奥の院"から降りると・・・
宝筐印塔(ほうきょういんとう)に到着。この石塔の隣には"あずまや"もありました。
2017年02月12日 12:47撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝筐印塔(ほうきょういんとう)に到着。この石塔の隣には"あずまや"もありました。
日向川を渡った後、日向薬師バス停まで車道歩きが続きます。
2017年02月12日 12:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向川を渡った後、日向薬師バス停まで車道歩きが続きます。
石雲寺手前の橋は、路面が凍結していて危うく転倒するところでした!車道だからといって油断できません。
2017年02月12日 12:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石雲寺手前の橋は、路面が凍結していて危うく転倒するところでした!車道だからといって油断できません。
1
まだ工事中の石雲寺を通り過ぎて、三重塔が目印の浄発願寺に到着。今日はお参りしてきました。
2017年02月12日 13:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ工事中の石雲寺を通り過ぎて、三重塔が目印の浄発願寺に到着。今日はお参りしてきました。
1
日向神社(白髭神社)。それほど大きくない社殿ですが、この付近では中心的な神社として長い歴史があるそうです。
2017年02月12日 13:10撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向神社(白髭神社)。それほど大きくない社殿ですが、この付近では中心的な神社として長い歴史があるそうです。
3
日向薬師バス停に到着。目の前で13:15発のバスが出発してしまい、次のバスまで30分待ちなので、伊勢原駅方面に向かって歩くことにしました・・・
2017年02月12日 13:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向薬師バス停に到着。目の前で13:15発のバスが出発してしまい、次のバスまで30分待ちなので、伊勢原駅方面に向かって歩くことにしました・・・
1
あれ、日向薬師バス停の自販機が無くなっている・・・
2017年02月12日 13:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、日向薬師バス停の自販機が無くなっている・・・
ミカンの無人販売所。どれも1袋のミカンが多すぎるので、買うのはやめました。
2017年02月12日 13:30撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミカンの無人販売所。どれも1袋のミカンが多すぎるので、買うのはやめました。
3
少し春らしさを感じる、サクラソウっぽい花。
2017年02月12日 13:33撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し春らしさを感じる、サクラソウっぽい花。
大黒様に二宮金次郎・・・石材店はどこも面白い石像を飾ってますね。
2017年02月12日 13:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒様に二宮金次郎・・・石材店はどこも面白い石像を飾ってますね。
1
こちらは恐竜の石像。これもまさか墓石に?
2017年02月12日 13:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは恐竜の石像。これもまさか墓石に?
4
何時代の遺跡を発掘しているんでしょうか?
2017年02月12日 13:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時代の遺跡を発掘しているんでしょうか?
伊勢原駅行きのバスの時間が近いので、新東名の橋脚を見ながらダッシュ!(※専修大学入口バス停で無事に乗れました)
2017年02月12日 13:50撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢原駅行きのバスの時間が近いので、新東名の橋脚を見ながらダッシュ!(※専修大学入口バス停で無事に乗れました)
3
バスに乗って伊勢原駅に着いた後、駅前のなか卯で"鰤丼+豚汁"のセット(890円)を頂きました。
2017年02月12日 14:08撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗って伊勢原駅に着いた後、駅前のなか卯で"鰤丼+豚汁"のセット(890円)を頂きました。
4
最後に伊勢原駅前で小田急線(急行)を撮っていたら・・・
2017年02月12日 14:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に伊勢原駅前で小田急線(急行)を撮っていたら・・・
1
タイミング良くロマンスカーが来たので、2ショットをパチリ。
2017年02月12日 14:16撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミング良くロマンスカーが来たので、2ショットをパチリ。
6
撮影機材:

感想/記録

[コース]
日向山も3回目ということで、昭文社の「山と高原地図」に載っていないルートで登り、日向山から天神峠経由で未踏の梅の木尾根を歩くコースにしました。
前の週に雪が降ったため、積雪が残っているかと思いましたが、北斜面にうっすらと雪が残る程度で、歩くのに支障はありませんでした。
また、見城山までは明るい雑木林、見城山から天神峠まではスギやヒノキの人工林、梅の木尾根はウラジロガシを主体とした常緑広葉樹林と変化していくので、歩いていて飽きることはありませんでした。

[展望・景色]
・見城山:山頂から北側へ少し降りると、木々が刈り払われた場所から展望台のように素晴らしい景色が見られます。
・日向山:東側の展望が良く、江ノ島や房総半島の山々(富山?)が見えましたが、周囲の木々の成長で、年々展望が悪くなっているという話もあります。

[動植物]
・広沢寺温泉入口〜見城山:ジョウビタキ、カラ類の混群(ヤマガラ・メジロ)、大型キツツキ類(アオゲラ?)、シロハラなどが見られました。
・日向山:人工林が多く、メジロなどがわずかに居た程度でした。
・梅の木尾根:カラ類の混群(ヤマガラ・エナガ・メジロ)、シロハラなどが居たほか、カケスの鳴き声も聞こえました。モミの大木が尾根に点々とあるほかは小径木ばかりでしたが、ウラジロガシを中心にアカガシ・ヤブツバキ・シロダモ・ヤブニッケイから成る常緑広葉樹林が南斜面に広がっていました。

[飲食・お土産]
伊勢原はミカン農家が多いようで、日向薬師から伊勢原駅へ向かう道はミカンの無人販売所が数多くありましたが、1袋が巨大だったのでパスしました。
バスで伊勢原駅に着いた後、伊勢原駅観光案内所(くるりんショップ)に立ち寄って、くるりんボールペン(250円)、くるりんマドレーヌ(200円)、くるりんミカン飴(250円)を購入しました。

[その他]
伊勢原駅観光案内所は、伊勢原駅北口の階段の途中にあります。
訪問者数:372人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/17
投稿数: 2819
2017/2/20 0:22
 南国でも雪
こんばんわ!柑橘類に青い空、海沿いの暖かい場所はいいなぁ・・・と思ったら、ちょっと山に入ると雪。南岸低気圧とかも通過するから、海沿いでも雪は降る、というか海沿いこそ雪が降るのかな。

日向薬師は、改修工事中に参拝しました。もう本堂工事終わったみたいですね。また、関東近辺には珍しい大きな、古い仏さまを拝みたくなりました。神奈川県の山、軽重いろいろバリエーション豊富でいいですね・・・
登録日: 2014/12/29
投稿数: 398
2017/2/20 7:43
 Re: 南国でも雪
yamaonseさん、おはようございます。

丹沢や箱根はそれほど雪が積もらないのですが、低山にも関わらず、この山行の少し前に降った雪が残っていてちょっと驚きました。
地面が凍結していなくて幸いでしたが、事前の情報収集は大切ですね・・・

ところで、私も日向薬師は改築中に訪れたきりなので、建物の外観すらまともに見ていません(涙)
その内に、地元伊勢原市名産のミカンを食べながら、日向薬師とその周辺をぐるりと回ろうかと考えています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ