また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1063549 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

沢入登山口から行く入笠山

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
沢入駐車場 10時前で7分ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間13分
休憩
50分
合計
3時間3分
S沢入登山口09:5210:38入笠湿原11:05入笠山11:2511:35首切登山口(仏平峠)11:45林道ベンチ12:1512:26山彦荘12:31入笠湿原12:55沢入登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
無し、登山道だけならつぼ足でもOK、山頂付近積雪70cm、脇道にはいるならスノーシュー、ワカンがあれば快適でしょう。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

沢入登山口の駐車場、結構来ていました。
端にあるトイレは閉鎖中でした。
2017年02月12日 09:53撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢入登山口の駐車場、結構来ていました。
端にあるトイレは閉鎖中でした。
2
駐車場にあった看板
2017年02月12日 12:58撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にあった看板
林道脇の登山道入り口を10時前に出発です。
入笠湿原まで60分と書かれていました。
2017年02月12日 09:53撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の登山道入り口を10時前に出発です。
入笠湿原まで60分と書かれていました。
1
歩きやすい登山道です、しばらくはちょっと急なな唐松林を上って行きます。
2017年02月12日 10:01撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道です、しばらくはちょっと急なな唐松林を上って行きます。
2
シラビソが混ざってきました。傾斜の緩やかな登山道です。
2017年02月12日 10:10撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソが混ざってきました。傾斜の緩やかな登山道です。
2
45分で入笠湿原に出ました。
急に賑やかになりました。ここからは登山道を行きます。
2017年02月12日 10:38撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45分で入笠湿原に出ました。
急に賑やかになりました。ここからは登山道を行きます。
マナスル山荘横の湿原を上っていきます。
2017年02月12日 10:47撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘横の湿原を上っていきます。
2
山頂近くの森林帯、しっかり踏み固められています。
このあたりから直登するトレースがいくつか出てきました。
2017年02月12日 11:03撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くの森林帯、しっかり踏み固められています。
このあたりから直登するトレースがいくつか出てきました。
1
登山口から1時間20分弱で山頂です。
あっけなかった、山頂はたくさんの登山者で賑わっていました。
2017年02月12日 11:08撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から1時間20分弱で山頂です。
あっけなかった、山頂はたくさんの登山者で賑わっていました。
5
山頂からの眺望、諏訪湖から左回り
2017年02月12日 11:09撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望、諏訪湖から左回り
3
伊那谷の先の中央アルプスは雪雲の中
2017年02月12日 11:09撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那谷の先の中央アルプスは雪雲の中
1
駒ヶ根方面、空木岳も雪雲の中
2017年02月12日 11:09撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ根方面、空木岳も雪雲の中
1
南アルプス、甲斐駒と鳳凰はしっかり見えていました。
2017年02月12日 11:09撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス、甲斐駒と鳳凰はしっかり見えていました。
1
南アルプスの端には富士山です、山頂に雲がかかっていました。
2017年02月12日 11:10撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの端には富士山です、山頂に雲がかかっていました。
1
八ヶ岳の全景
2017年02月12日 11:11撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の全景
4
今日行こうかと迷った蓼科山、山頂で少しだけの休憩
2017年02月12日 11:13撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日行こうかと迷った蓼科山、山頂で少しだけの休憩
下りは大阿原湿原方面に下りていきます。
2017年02月12日 11:28撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは大阿原湿原方面に下りていきます。
こちら側になると静かな登山道になります。
2017年02月12日 11:32撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側になると静かな登山道になります。
1
雪もたっぷり、スノーシューでくれば面白かったかも
2017年02月12日 11:32撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪もたっぷり、スノーシューでくれば面白かったかも
1
林道に出ました。
ここでルートミス、大阿原湿原に行くつもりが入笠湿原に
2017年02月12日 11:36撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
ここでルートミス、大阿原湿原に行くつもりが入笠湿原に
1
そんなことも知らずに途中のベンチで昼食
2017年02月12日 11:45撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなことも知らずに途中のベンチで昼食
八ヶ岳を見ながらのんびりと
2017年02月12日 12:01撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳を見ながらのんびりと
3
ここからも富士山が見えました。
昼食を終えて横の看板で大阿原方面をあきらめてさっさと下ることにしました。
2017年02月12日 12:13撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも富士山が見えました。
昼食を終えて横の看板で大阿原方面をあきらめてさっさと下ることにしました。
意外とお手軽だった入笠山、冬は駐車場までの凍結した林道のほうがやっかいだと思いました。
2017年02月12日 12:55撮影 by PENTAX K-1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外とお手軽だった入笠山、冬は駐車場までの凍結した林道のほうがやっかいだと思いました。
2

感想/記録

日曜日は思った以上に天気が良かったので、冬には行ったことが無かった地元の入笠山に行って来た。以前は渓流釣りやMTBで年に2・3度上っていたので登山としては対象外の山だった、冬もスキー場からのお手軽コースと言った感じがあって、地元ゆえスキー場からいくのは気が引けていた。ところが今頃になって冬場も林道脇の登山道から上れることを知って興味が湧いての山行だった。

登山口までは、林道が圧雪、凍結していて心配だったが、行ってみればたくさんの車にビックリ、人気の程がわかった。
湿原までは45分とあっという間についてしまって、実際物足りなかった。

しかし山頂からの眺望は西側が雪雲でだめだったが、八ヶ岳、富士山と思った以上に素晴らしかった。今回は寒波の影響で半分だけの眺望だったが、天気の良さそうな別の日にもう一度登ってみようと思った。その時は大阿原湿原から林道コースで大周回がいいかも知れない。
訪問者数:563人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ