また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1066351 全員に公開 雪山ハイキング四国剣山

冬の剣山と次郎笈(見ノ越より尾根上をピストン)

日程 2017年02月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴 -5〜2℃ 5m/s程度の風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美馬市中心街より国道438号を南下すると見ノ越です。
見ノ越駐車場200台程度。無料。

国道438号 第2ヘアピンから見ノ越の間は夜間通行止(18時〜8時)の表示

徳島県県土防災情報管理システム>通行規制状況図(美馬)
http://www1.road.pref.tokushima.jp/c6/frame.html?pathid=036110002107
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
15分
合計
5時間50分
S見ノ越登山口08:0009:20リフト西島駅10:10剣山11:15次郎笈11:3012:35剣山13:10リフト西島駅13:50見ノ越登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況/危険箇所等】

登山ポストは無し。

トイレは見ノ越駐車場(冬季閉鎖中だが工事用仮設トイレ有)
リフト西島駅前、剣山山頂(冬季閉鎖中)にあります。

見ノ越の尾根取り付きから標高1639m地点まで赤テープや
境界杭等の目印有り。この間はキツイです。
尾根をド真面目に直登すると疲れるので若干、西側を通りました。

標高1639m地点から西島駅までは赤テープは、殆ど無し。


地図の無い人は見ノ越で無料配布されているパンフレットだけでも
持って行ってください。

「剣山・三嶺 広域登山道マップ」を作成しました! | 徳島県
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2016080900091/
剣山・三嶺 広域登山道マップ(PDF)
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2016080900091/files/kouikimap2016.pdf

【雪の状況】

場所によって異なりますが、しまり雪が20〜50cm程度。

【道路状況】

国道438号は、つづろ堂から道路が雪に覆われていました。
今日は、さいわい見ノ越まで除雪済み。

午後、日向は雪解けが進んでしました。
早朝のアイスバーンに気をつけください。

除雪車や地元の方や登山者の車が走っているので轍は付いていますがチェーンやスノータイヤ等の冬装備が必要です。

剣山・滑落 香川の重体女性死亡 他の8人は無事下山- 徳島新聞社
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14878999758596.html
>剣山と次郎笈を結ぶ登山道から200mル下に滑落し、意識不明となっていた
>女性は23日午後、みよし広域連合消防本部などの捜索隊によってつるぎ町内
>の病院に搬送されたが、同日夜、死亡が確認された。
>一緒に登山していた8人は無事に下山した。
その他周辺情報つるぎの宿 岩戸 つるぎ町(火曜日は定休日)
http://ww81.tiki.ne.jp/~iwado/syokujinyuuyoku.html
国道438号沿いに温泉施設があります。
入浴は大人400円。石鹸のみ備え付け。(午前11時〜午後9時)
食事もできます。(午前11時〜午後2時、午後5時30分〜午後9時)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

見ノ越から京上方向には絶対、進めないみたいです。
除雪しても風雪が、直ぐに積もって通れなくなるみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ノ越から京上方向には絶対、進めないみたいです。
除雪しても風雪が、直ぐに積もって通れなくなるみたいです。
1
軽自動車でも通れなさそう。
通るついでにノーシューで道を広げてみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽自動車でも通れなさそう。
通るついでにノーシューで道を広げてみた。
先週の石鎚山なみに濃いトレース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週の石鎚山なみに濃いトレース。
積雪が十分あるので、尾根上を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が十分あるので、尾根上を進みます。
1
数日前に、この尾根ルートを通った人が居るみたいで、ちらほらトレースが残ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数日前に、この尾根ルートを通った人が居るみたいで、ちらほらトレースが残ってる。
リフト西島駅が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト西島駅が見えます。
1
トレースうっすら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースうっすら。
夏道は、濃いトレースがついてるみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は、濃いトレースがついてるみたいです。
と思ったら、風で所々消えてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、風で所々消えてる。
刀掛の松前。ここで、ここまで雪が積もっているのは久しぶり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀掛の松前。ここで、ここまで雪が積もっているのは久しぶり。
雪庇は、それほどでもない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇は、それほどでもない。
1
三嶺、塔丸、矢筈山、石堂山、黒笠山あたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺、塔丸、矢筈山、石堂山、黒笠山あたり
1
鉄製階段を越えたら剣山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄製階段を越えたら剣山。
尾根上を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上を進みます。
剣山頂上がみえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山頂上がみえました。
1
さっそく次郎笈に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく次郎笈に向かいます。
3
冬山に来た。
と強く感じる光景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬山に来た。
と強く感じる光景。
3
思ったほど積雪量は無いようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったほど積雪量は無いようだ。
2
なんの足跡だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんの足跡だろう?
1
なんの足跡だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんの足跡だろう?
雪庇。
ここはトレースどおり進むのは怖いので少し西側を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇。
ここはトレースどおり進むのは怖いので少し西側を進みます。
次郎笈の巻道との分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈の巻道との分岐点。
もうすぐ次郎笈。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ次郎笈。
次郎笈。
腹がグーグー鳴っているので昼食にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈。
腹がグーグー鳴っているので昼食にします。
2
さて帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて帰りましょう。
丸石方向は雪が少ないので、進むのは難しそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石方向は雪が少ないので、進むのは難しそう。
下って、また剣山を登り返さないと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って、また剣山を登り返さないと。
こう見ると、やっぱり怖い所を歩いてきたな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう見ると、やっぱり怖い所を歩いてきたな。
1
南斜面は雪解けが進んでいる。
風も当たらないので日差しだけで暑い。
鹿も10頭ほど見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面は雪解けが進んでいる。
風も当たらないので日差しだけで暑い。
鹿も10頭ほど見えた。
しまり雪で歩きやすい。
フリーダムに歩いてみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しまり雪で歩きやすい。
フリーダムに歩いてみる。
もうすこしで剣山。
あとは下るだけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすこしで剣山。
あとは下るだけだ。
1

感想/記録
by nfosdk

今週前半は雪が降り続いている様子なので、尾根ルートで剣山に行ってみました。
冬の次郎笈は、やっぱり美しいですね。

【メモ】
持って行った水分は1.5L(余り無し)
出発時のバックパック総重量は8kg強(冬装備)
訪問者数:646人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ