また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1067821 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

四ッ又〜鹿岳 群馬の山がよく見れます。

日程 2017年02月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鹿岳駐車場
(旧南牧ハーブガーデン)
10台以上は停められると思います。無料の看板あり。

駐車場までの路面に雪はありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
2時間27分
合計
6時間38分
S南牧ハーブガーデン07:0007:12四つ又山登山口07:16駐車場07:1907:50天狗峠07:5208:22四ッ又山08:4609:21マメガタ峠09:2210:03鹿岳(一ノ岳)10:3310:47鹿岳12:0612:24高原降下点12:3213:19木々岩峠登山口13:34鹿岳登山口13:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■大久保登山口~四ツ又山山頂
道標があるので迷うことはないと思います。足掛かりのない登りが続き、落ち葉に足をとられます。

■四ツ又山山頂〜鹿岳
何度も上り下りを繰り返すので、焦らず進んだ方が良いかな?踏跡は濃いので迷うことはないと思います。
ロープ・鎖がありますので、安全登山を心掛ける事をお勧めします。

■鹿岳〜木々岩峠登山口
破線ルートになっていたので、どうかと思いましたが、鹿岳山頂すぐからの下りは気を引き締めて行かないと危険箇所はあります。また2回ほどコースを外しました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ ライター ヘッドランプ 予備電池 常備薬 保険証 携帯 サングラス タオル ストック カメラ ヘルメット

写真

鹿岳無料駐車場の標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳無料駐車場の標識があります。
2
沢沿いの車道を登山口まで歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの車道を登山口まで歩きます。
所々に氷柱がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に氷柱がありました。
1
途中にハイキングコースの案内がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にハイキングコースの案内がありました。
登山口へ向かいます。結構長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ向かいます。結構長い。
登山口手前にも駐車場があります。下山後ここまで登り返す事を考えると鹿岳駐車場の方が楽かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口手前にも駐車場があります。下山後ここまで登り返す事を考えると鹿岳駐車場の方が楽かな?
1
左目から涙を流しながら、ゲ○してるみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左目から涙を流しながら、ゲ○してるみたい。
1
足掛かりのない登りが続き、落ち葉に足をとられるので思いのほか疲れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足掛かりのない登りが続き、落ち葉に足をとられるので思いのほか疲れます。
大天狗と書いてあるがどの辺か分からず...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗と書いてあるがどの辺か分からず...
四ッ又山山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ッ又山山頂に到着。
5
浅間山から煙も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山から煙も見えます。
7
これから向かう鹿岳と浅間山を一緒に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう鹿岳と浅間山を一緒に。
4
天狗様がいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗様がいました。
各ピークにお地蔵さま?がいます。なぜかピークが5つあったような?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各ピークにお地蔵さま?がいます。なぜかピークが5つあったような?
4
四ッ又山頂を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ッ又山頂を振り返る。
1
鹿岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳へ向かいます。
急な下りを慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りを慎重に進みます。
鞍部に到着。ヘルメットを装着して鹿岳へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に到着。ヘルメットを装着して鹿岳へ進みます。
崩れてきそうで怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れてきそうで怖い。
2
分岐に到着。まず一ノ岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に到着。まず一ノ岳へ向かいます。
心持たない梯子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心持たない梯子。
1
余裕を見せているが、実はビビってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕を見せているが、実はビビってます。
2
東方面には皇海山、日光白根が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面には皇海山、日光白根が見えました。
1
ブラックサンダーを食べながら記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラックサンダーを食べながら記念撮影。
2
戻って二ノ岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って二ノ岳へ。
長いためかちょっと怖いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いためかちょっと怖いです。
急ですが足場はあります。落ち着いていけば問題ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ですが足場はあります。落ち着いていけば問題ないです。
1
落ち着いてない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち着いてない。
1
鹿岳山頂で〜す。お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳山頂で〜す。お疲れさまでした。
4
三角点にタッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
1
ここからも浅間山がきれいに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも浅間山がきれいに見えます。
2
荒船山も雪が残ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒船山も雪が残ってます。
2
浅間隠山と左は角落山かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間隠山と左は角落山かな?
3
険しい妙義山。なかなかまた行きたいと思えない...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい妙義山。なかなかまた行きたいと思えない...
2
榛名も良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名も良く見えます。
1
奥にあるもう一つのピークに行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にあるもう一つのピークに行ってみます。
1
奥のピークから鹿岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のピークから鹿岳山頂。
浅間山の山頂をアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山の山頂をアップで。
2
二ノ岳に戻り記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ岳に戻り記念撮影。
4
雲で小浅間からも煙が出ているように見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲で小浅間からも煙が出ているように見えました。
下ります。すぐに急な下りが続きます。落ち着いて行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。すぐに急な下りが続きます。落ち着いて行きましょう。
1
下りの写真がほとんどなかった...
この後はザレ場から車道歩きです。道を間違えたがまた本線に合流してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの写真がほとんどなかった...
この後はザレ場から車道歩きです。道を間違えたがまた本線に合流してました。
1

感想/記録

今回は鹿岳と四ッ又山に行って来ました。
なかなか西上州に足が向かなかったのですが、ようやく暖かくなって道の心配もないことから、今回の計画をしました。

約1ヶ月ぶりの山行になりました。
インフルエンザに初めてかかってしまい、先週は走り込みをして今回に挑みました。

やはり体力はかなり落ちてました。しかもまだ正月太りが戻らない状況…(^_^;)
体が重くすぐに息切れしてしまいました。
距離が短い分助かったのかな。

しかし雲が出ていたが、それぞれのピークでは群馬の山々が見渡せとても満足の山行になりました。

下山は破線ルートに行ってみたため、前半はかなり急な下りもあり、注意が必要になります。
最後は車道歩きが結構長いので鹿岳登山口に出るルートの方が良かったのかな?

訪問者数:404人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ