また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068149 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

地蔵谷からアドベンチャールート。

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。神戸市正午の気温7.3℃、南南西の風5.8m/s、湿度61%。
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR三ノ宮
帰り:JR三ノ宮
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:41 JR三ノ宮 - 9:50 市ヶ原 7℃ - 10:03 地蔵谷下 - 10:46 地蔵谷第三堰堤 - 10:51 つうほうプレート ち47-8 - 10:57 第四堰堤 - 11:15 アドベンチャールート取付き ち47-14 - 11:32 こだまの丘 - 11:39 黒岩尾根出合 - 11:49 緑と風の丘 12:11 - 12:17 摩耶山掬星台 - 天狗道 - 13:13 学校林道出合 - 13:40 旧摩耶道出合 - 13:58 雷声寺 - 14:39 JR三ノ宮
※ブログ(http://shinji50.sblo.jp/article/178827907.html)にGPSログ、写真へのリンクを貼った地理院地図を載せています。
コース状況/
危険箇所等
前夜に雪降ったみたいです。
その他周辺情報写真番号についての自家用メモ:1-15:地蔵谷,16-20:アドベンチャールート,21-23:摩耶山掬星台,24-24:天狗道,25-25:学校林道
ファイル 20170219.jpg 1/20000「神戸」大正2年刊(部分)ほか (更新時刻:2018/01/14 06:49)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

地蔵谷取付き。水量少なく表面に表れていない。
2017年02月19日 09:03撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵谷取付き。水量少なく表面に表れていない。
1
最初の右岸への渡渉。この先に古い登山用道路の看板が2つあった。2つ目は錆びついていたが第二堰堤がその先に見える位置にかけられていた。あたりまえやが第二堰堤できるまで谷沿いが「登山用道路」やったわけ。
2017年02月19日 09:14撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の右岸への渡渉。この先に古い登山用道路の看板が2つあった。2つ目は錆びついていたが第二堰堤がその先に見える位置にかけられていた。あたりまえやが第二堰堤できるまで谷沿いが「登山用道路」やったわけ。
1
というわけで右岸の堰堤巻道を注意しながら歩くと、つうほうプレート「ち-47-6」付近に滝の落口に向かう石段に気付いた。
2017年02月19日 09:23撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで右岸の堰堤巻道を注意しながら歩くと、つうほうプレート「ち-47-6」付近に滝の落口に向かう石段に気付いた。
1
石段降りてみて下流方向。結構広いスペースあるね。
2017年02月19日 09:24撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段降りてみて下流方向。結構広いスペースあるね。
2
もうちょっと行ってみて引き返した。これも下流方向。
2017年02月19日 09:25撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと行ってみて引き返した。これも下流方向。
さっきの石段を戻るところ。
2017年02月19日 09:26撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの石段を戻るところ。
寄り道したあと滝上の渡渉点。今日は水少ない。
2017年02月19日 09:29撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り道したあと滝上の渡渉点。今日は水少ない。
第三堰堤を超えるところ。前夜の雪残っていた。
2017年02月19日 09:45撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三堰堤を超えるところ。前夜の雪残っていた。
2
右手に谷をやり過ごしたあと道は小ピークを左に巻くが、ピークに向う古い丸太階段があった。
2017年02月19日 09:49撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に谷をやり過ごしたあと道は小ピークを左に巻くが、ピークに向う古い丸太階段があった。
ち47-8プレート付近の小さな滝。道は右岸を巻く。
2017年02月19日 09:52撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ち47-8プレート付近の小さな滝。道は右岸を巻く。
1
第四堰堤手前の渡渉。
2017年02月19日 09:55撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四堰堤手前の渡渉。
第四堰堤下。倒木に新しい苔の芽が生え、雪がまぶされている。
2017年02月19日 09:56撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四堰堤下。倒木に新しい苔の芽が生え、雪がまぶされている。
1
次の右岸への渡渉。
2017年02月19日 10:02撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の右岸への渡渉。
兵庫県堰堤その1手前の渡渉。このあと右岸に渡り、兵庫県堰堤その2をすぎる。
2017年02月19日 10:06撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵庫県堰堤その1手前の渡渉。このあと右岸に渡り、兵庫県堰堤その2をすぎる。
兵庫県堰堤その3をすぎるとすぐにアドベンチャールート分岐。
2017年02月19日 10:15撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵庫県堰堤その3をすぎるとすぐにアドベンチャールート分岐。
1
小ピークの左を巻いて谷に降りる辺り。凍結ないが斜度があるので注意して降りた。
2017年02月19日 10:22撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークの左を巻いて谷に降りる辺り。凍結ないが斜度があるので注意して降りた。
1
枯れた谷を渡る。
2017年02月19日 10:24撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れた谷を渡る。
こだまの丘に登った。
2017年02月19日 10:32撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こだまの丘に登った。
2
淡路の方向に視界開ける。
2017年02月19日 10:35撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡路の方向に視界開ける。
1
黒岩尾根のルートと合流。
2017年02月19日 10:38撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩尾根のルートと合流。
1
掬星台。今日は結構遠くまで見通せた。
2017年02月19日 11:20撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掬星台。今日は結構遠くまで見通せた。
2
上部の雲でちょっと怪しげな雰囲気になってるが、そんなことはない。
2017年02月19日 11:22撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の雲でちょっと怪しげな雰囲気になってるが、そんなことはない。
2
天狗道のマザーツリーに寄り道してみた。
2017年02月19日 11:35撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗道のマザーツリーに寄り道してみた。
2
学校林道から三ノ宮に降りました。
2017年02月19日 11:56撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学校林道から三ノ宮に降りました。
1
撮影機材:

感想/記録

今季(2016/12以降)地蔵谷に行ってないようなので様子見てきました。特に変わったことなかったけど、第二堰堤付近の旧道跡見つけたようでおもしろかったです。地蔵谷割と古くから歩かれてるので、それぞれの時代のルート探してみるのもおもしろいかもしれない。
訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 渡渉 右岸 倒木 堰堤 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ