また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076822 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

谷川岳 仲間の谷川デビュー戦は暑さ春山

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候終日晴れ 気温-1℃〜+10℃ 天神平駅無風〜山頂そこそこ強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越自動車道水上ICより14km約25分
谷川岳天神平スキー場駐車場@1,000円
ロープウェイ:7:00より運行開始
料金:往復2,060円(モンベル会員は本人含め5名まで100円引き)
営業時間【12月〜3月】全 日:8:30〜16:30(HPに7:00より運行開始と書いてあります)←天候に左右されるので最新情報をTwitter等で入手して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
49分
合計
4時間29分
S天神平10:3811:25熊穴沢避難小屋12:34谷川岳・肩の小屋12:41谷川岳(トマノ耳)12:5313:06谷川岳13:1113:23谷川岳(トマノ耳)13:2713:31谷川岳・肩の小屋13:5914:34熊穴沢避難小屋15:07天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行きの関越道下り事故渋滞で出発が激しく遅れました><。
コース状況/
危険箇所等
肩ノ小屋手前は東側にクラック多数。尾根筋側を注意しながら歩けば問題ないが、上部は埋まってるので、跨いで落ちている人は結構いました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 無線機2台

写真

ロープウェイ天神平駅より出発!イベントやってました。(yoko)
2017年03月04日 10:34撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ天神平駅より出発!イベントやってました。(yoko)
直ぐに急登。(yoko)
ハードシェルどころではない。暑くてたまらず腕まくり。
2017年03月04日 10:47撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに急登。(yoko)
ハードシェルどころではない。暑くてたまらず腕まくり。
2
出遅れましたがこれからの人もいるので少し安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出遅れましたがこれからの人もいるので少し安心。
快晴無風で暑くてたまらず、すぐ近くに見えるんですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴無風で暑くてたまらず、すぐ近くに見えるんですが。
稜線に黒いつぶつぶが多数。??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に黒いつぶつぶが多数。??
熊穴沢避難小屋 入口には階段付、帰りは拡幅されてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋 入口には階段付、帰りは拡幅されてました。
3
この辺りからが核心部でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからが核心部でしょうか。
何ヶ所かクラックが入っていて、下山してくる人が気が付かず落ちてた。赤旗が立ってます。(yoko)
2017年03月04日 12:19撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何ヶ所かクラックが入っていて、下山してくる人が気が付かず落ちてた。赤旗が立ってます。(yoko)
2
肩の小屋までの長い登りであえいでいるyokomichi。
いわゆる悶絶ですね。(117)
2017年03月04日 12:20撮影 by RICOH R10 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋までの長い登りであえいでいるyokomichi。
いわゆる悶絶ですね。(117)
4
西黒尾根にもトレースがあるそうです(確認できず)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根にもトレースがあるそうです(確認できず)。
シュプールがキレイですが、飛んでてよく見えず。山スキー欲し〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールがキレイですが、飛んでてよく見えず。山スキー欲し〜。
白飛びで見えませんが、下は少しボコボコしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白飛びで見えませんが、下は少しボコボコしています。
いつ見ても主脈縦走路は美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても主脈縦走路は美しい。
3
道標の埋まり具合はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標の埋まり具合はこんな感じ。
トマの耳へ到着。ここまで長袖シャツだけできましたが、風も強くハードシェルを着こみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳へ到着。ここまで長袖シャツだけできましたが、風も強くハードシェルを着こみます。
4
360°全天球パノラマ:PCのみ回ります。(yoko)
どこのエベレストだ!?(117)
2017年03月04日 13:26撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
360°全天球パノラマ:PCのみ回ります。(yoko)
どこのエベレストだ!?(117)
6
オキの耳へ行きますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳へ行きますか。
2
雪庇がすんごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇がすんごい。
5
誰もいない。そこそこ埋まってますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない。そこそこ埋まってますね。
一ノ倉岳〜茂倉岳側。また馬蹄形で来ますね。トレースはあるが奥ノ院までかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳〜茂倉岳側。また馬蹄形で来ますね。トレースはあるが奥ノ院までかな。
トマの耳振り返り。東側へ落ちたら助からん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳振り返り。東側へ落ちたら助からん。
1
アップで見ると結構なピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで見ると結構なピーク。
2
主脈縦走路にもトレースあり。この時季は超人じゃないと行けないだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈縦走路にもトレースあり。この時季は超人じゃないと行けないだろうな。
5
下山時はシュプールが更に増えてました。(yoko)
2017年03月04日 14:01撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時はシュプールが更に増えてました。(yoko)
1
ボコボコの雪を下山してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボコボコの雪を下山してます。
最後は天神平駅まで急坂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は天神平駅まで急坂です。
1
天神平駅まで下山完了!終始良い天気でした。(yoko)
2017年03月04日 14:57撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平駅まで下山完了!終始良い天気でした。(yoko)
2

感想/記録
by km117

yokomichiさんの谷川デビュー戦にお付き合いさせて頂きました。谷川岳は何度か馬蹄形や主脈縦走から行っているが、天神尾根は初めてでしたが、思っていたより急登でした^^。
前日は強風+雪と荒れていたようですが、当日は朝から快晴+無風で最初は暑すぎました。肩の小屋手前から風はありましたが山頂までインター+シャツ行動、終日好天で一日中くちゃべりながら歩き、楽しいだけの一日でした。
それにしても人が多く、登山者だけで200人以上はいたと思う。

感想/記録

とにかく人の多い山は後回しで、谷川岳も未踏の山でした(^^ゞ
今回は友人のKM117さんのお誘いで、ロープウェイ利用のお手軽コースで行ってみようと言う事に。
出発から関越道の事故渋滞で激しく出遅れましたが、程よくアイゼンの利く雪質と多くの人に踏まれてフラットな雪面に助けられとても歩きやすかったです。
前日に雪が降ったと言う事だったけど、そんなのは微塵も感じず持って行ったワカンは出番なし。
お手軽と言う事だったけど、熊穴沢避難小屋を過ぎてからほぼ頂上の肩の小屋までの登りは長く疲れました(^^ゞ
でも頂上へ立てば見渡す限り真っ白な雪山の絶景に感激。
さすがの谷川岳間違いないですね。

今度は無雪期に土合口から登ってみようと思いました。
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ