また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1084211 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

早春の谷川岳

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
【往路】
(新幹線)−越後湯沢−土合−(バス9:13発)−(ロープーウェイ)
【復路】
(ロープウェイ)−(バス)−湯檜曽−越後湯沢−(新幹線)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
1時間34分
合計
6時間15分
S天神平10:2710:56天神平・天神峠分岐点11:0411:29熊穴沢避難小屋11:5012:31天狗の留まり場13:00天神ザンゲ岩13:1413:29谷川岳・肩の小屋13:37谷川岳(トマノ耳)13:5014:08谷川岳(オキノ耳)14:1314:27富士浅間神社奥の院14:5715:10谷川岳(オキノ耳)15:24谷川岳(トマノ耳)15:30谷川岳・肩の小屋15:37天神ザンゲ岩15:44天狗の留まり場15:53熊穴沢避難小屋16:06天神平・天神峠分岐点16:26天神平16:2916:42谷川岳ロープーウェイ土合口 G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

上越線の車窓から
土樽駅から魚野川の鉄橋を超えて清水トンネルに入るところ
2017年03月12日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越線の車窓から
土樽駅から魚野川の鉄橋を超えて清水トンネルに入るところ
8
天神平の様子
やや靄っているが、風はなく、良い天気だ
2017年03月12日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平の様子
やや靄っているが、風はなく、良い天気だ
6
天神平から、いわゆる冬道の急斜面
大勢の人がいるのに驚いた
2017年03月12日 10:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平から、いわゆる冬道の急斜面
大勢の人がいるのに驚いた
6
天神平(急斜面を登ったところ)から見た谷川岳
2017年03月12日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平(急斜面を登ったところ)から見た谷川岳
7
よく見ると、尾根に登山者の行列ができている
すごい人の数だ
2017年03月12日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、尾根に登山者の行列ができている
すごい人の数だ
12
対岸の山々
左のピークから、笠ヶ岳、旭岳、白毛門
2017年03月12日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の山々
左のピークから、笠ヶ岳、旭岳、白毛門
6
高度は低いが、雪庇は十分発達している
2017年03月12日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度は低いが、雪庇は十分発達している
6
西黒尾根にはクラックが見える
遠景は笠ヶ岳、旭岳、白毛門
2017年03月12日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根にはクラックが見える
遠景は笠ヶ岳、旭岳、白毛門
2
急な斜面をトラバースして天神尾根に乗る
2017年03月12日 11:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面をトラバースして天神尾根に乗る
4
吾妻耶山
遠方の山脈は榛名山
2017年03月12日 11:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻耶山
遠方の山脈は榛名山
5
登山者の列は途切れることがない
2017年03月12日 11:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者の列は途切れることがない
10
避難小屋手前の平らな尾根
尾根のすぐ下では雪洞堀をしている方がいた。
2017年03月12日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋手前の平らな尾根
尾根のすぐ下では雪洞堀をしている方がいた。
1
俎嵒山稜の川棚ノ頭
2017年03月12日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎嵒山稜の川棚ノ頭
5
熊穴沢避難小屋
まだまだ雪が多い
2017年03月12日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋
まだまだ雪が多い
12
(参考)積雪期の熊穴沢避難小屋
(2014年9月21日撮影)
比較するとすごい雪であることがよくわかる
2014年09月21日 12:51撮影 by u7010,S7010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(参考)積雪期の熊穴沢避難小屋
(2014年9月21日撮影)
比較するとすごい雪であることがよくわかる
4
今回はスノーシューも持ってきたが、圧雪路となっているので、デボしてアイゼンのみで上がる。避難小屋からはストックからピッケルに持ち替えた。
2017年03月12日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はスノーシューも持ってきたが、圧雪路となっているので、デボしてアイゼンのみで上がる。避難小屋からはストックからピッケルに持ち替えた。
19
尾根のあちらこちらにみられるクラック
2017年03月12日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根のあちらこちらにみられるクラック
4
延々と続く登山者の列
2017年03月12日 12:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く登山者の列
4
オジカ沢ノ頭
手前は中ゴー尾
2017年03月12日 12:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭
手前は中ゴー尾
4
俎嵒山稜の川棚ノ頭(左)、オジカ沢ノ頭(中央)
2017年03月12日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎嵒山稜の川棚ノ頭(左)、オジカ沢ノ頭(中央)
3
天神ザンゲ岩から見た赤城山
2017年03月12日 13:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ岩から見た赤城山
6
かすんでいるが噴煙を上げる浅間山
天神ザンゲ岩より
2017年03月12日 13:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすんでいるが噴煙を上げる浅間山
天神ザンゲ岩より
5
榛名山
高度を上げたので、吾妻耶山より高い位置に見える
天神ザンゲ岩より
2017年03月12日 13:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名山
高度を上げたので、吾妻耶山より高い位置に見える
天神ザンゲ岩より
5
苗場山
天神ザンゲ岩より
2017年03月12日 13:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山
天神ザンゲ岩より
4
中ゴー尾根の先に関越トンネルの空気孔
2017年03月12日 13:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ゴー尾根の先に関越トンネルの空気孔
4
天神ザンゲ岩を過ぎると急登が始まる
2017年03月12日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ岩を過ぎると急登が始まる
4
急斜面と西に延びる尾根
2017年03月12日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面と西に延びる尾根
5
急登を登り切ると方の小屋が煮えてくる
2017年03月12日 13:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り切ると方の小屋が煮えてくる
7
小屋周辺は混んでいるので寄らずに、一気にトマノ耳へ
2017年03月12日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋周辺は混んでいるので寄らずに、一気にトマノ耳へ
7
山頂直下の標識
2017年03月12日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の標識
4
山頂直下、この時期に出現するクラック
もう少し長いはずだが、数日前の雪で埋まったのかもしれない
2017年03月12日 13:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下、この時期に出現するクラック
もう少し長いはずだが、数日前の雪で埋まったのかもしれない
5
谷川岳(トマノ耳)
2017年03月12日 13:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳(トマノ耳)
34
谷川岳(オキノ耳)トマノ耳から
今にも崩れそうな雪庇が怖い
2017年03月12日 13:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳(オキノ耳)トマノ耳から
今にも崩れそうな雪庇が怖い
24
一ノ倉岳(右)と茂倉岳(左)
トマノ耳から
2017年03月12日 13:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳(右)と茂倉岳(左)
トマノ耳から
5
トマノ耳から西へ延びる尾根
2017年03月12日 13:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳から西へ延びる尾根
12
赤城山
トマノ耳から
2017年03月12日 13:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山
トマノ耳から
5
燧ヶ岳(左)と武尊山(右)
2017年03月12日 13:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳(左)と武尊山(右)
7
オキノ耳をバックに記念撮影
トマノ耳から
2017年03月12日 13:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳をバックに記念撮影
トマノ耳から
22
西黒尾根の上部
2017年03月12日 13:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根の上部
4
トマノ耳とオキノ耳の中間部の雪庇
2017年03月12日 13:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳とオキノ耳の中間部の雪庇
5
尾根の西側は東側のがけとは異なるが、下の谷まで見渡せる
2017年03月12日 13:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の西側は東側のがけとは異なるが、下の谷まで見渡せる
5
トマノ耳を振り返る
雪庇の下にクラックができている
いつかは崩れるのだろう
2017年03月12日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳を振り返る
雪庇の下にクラックができている
いつかは崩れるのだろう
7
オキノ耳手前にできた吹き溜まりの壁
2017年03月12日 14:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳手前にできた吹き溜まりの壁
6
谷川岳(オキノ耳)
2017年03月12日 15:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳(オキノ耳)
14
オキノ耳からトマノ耳方面
遠方は榛名山
2017年03月12日 14:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳からトマノ耳方面
遠方は榛名山
4
トマノ耳から西に延びる尾根
2017年03月12日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳から西に延びる尾根
10
オキノ耳から北へ進んだところにある岩の上乗ったときに、
雪庇にクラックが入っているのを見つけた
ここから崩れるのだろうか
2017年03月12日 14:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳から北へ進んだところにある岩の上乗ったときに、
雪庇にクラックが入っているのを見つけた
ここから崩れるのだろうか
9
浅間神社の手前のトラバース道
結構、急な斜面だ
2017年03月12日 14:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社の手前のトラバース道
結構、急な斜面だ
3
富士浅間神社奥ノ院
今回はここで引き返すことにする
2017年03月12日 14:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士浅間神社奥ノ院
今回はここで引き返すことにする
9
一ノ倉岳の崖
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳の崖
富士浅間神社奥ノ院
8
茂倉武
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉武
富士浅間神社奥ノ院
5
東尾根と湯檜曽川
東側は急峻な崖となっている
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根と湯檜曽川
東側は急峻な崖となっている
富士浅間神社奥ノ院
3
燧ヶ岳(左)と武尊山(右)
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳(左)と武尊山(右)
富士浅間神社奥ノ院
3
日光白根山(左)と皇海山(右)
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山(左)と皇海山(右)
富士浅間神社奥ノ院
3
左から富士浅間神社奥ノ院、オキノ耳、トマノ耳
ここまでくると谷川岳の双耳峰が並んでいるのを見ることができる
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から富士浅間神社奥ノ院、オキノ耳、トマノ耳
ここまでくると谷川岳の双耳峰が並んでいるのを見ることができる
富士浅間神社奥ノ院
4
苗場山
同じ写真でも陽が傾いてきたので、影ができてより立体的に見える
2017年03月12日 14:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山
同じ写真でも陽が傾いてきたので、影ができてより立体的に見える
6
対岸の白毛門(右)、中央に笠ヶ岳(手前)と朝日岳(奥)が重なって見える
2017年03月12日 14:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の白毛門(右)、中央に笠ヶ岳(手前)と朝日岳(奥)が重なって見える
13
岩の小ピーク
富士浅間神社奥ノ院
2017年03月12日 14:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の小ピーク
富士浅間神社奥ノ院
3
トマノ耳
陽が傾いてきたので、雪庇部分の濃淡と山頂付近の風紋の濃淡がよく見える
2017年03月12日 15:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳
陽が傾いてきたので、雪庇部分の濃淡と山頂付近の風紋の濃淡がよく見える
10
風紋
トマノ耳
2017年03月12日 15:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風紋
トマノ耳
4
風紋
トマノ耳
2017年03月12日 15:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風紋
トマノ耳
5
のんびりしすぎた。
もう誰もいない。
2017年03月12日 15:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりしすぎた。
もう誰もいない。
5
小屋の前の標識と茂倉岳
2017年03月12日 15:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前の標識と茂倉岳
2
天神ザンゲ岩
2017年03月12日 15:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ岩
1
陽に照らされ雪面が光っている
2017年03月12日 16:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽に照らされ雪面が光っている
6
天神平手前で谷川岳を振り返る
2017年03月12日 16:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平手前で谷川岳を振り返る
6

感想/記録

【暖かい日】
数日前は雪が降ったので、晴れるのを待って、本日出かけた。暖かい日であった。午後になると2,3m/sec程度の風が吹き始めたが、歩きやすいコンディションであった。

【スノーシュー】
雪が降った後ということで新雪が積もっていることも予想されたので、アイゼンとともにスノーシューも持参したが、多くの登山者が歩いた後だったので、避難小屋付近にデボした。全く必要がなかった。

【絶景を見ていて】
富士浅間神社付近で、雪山の絶景を眺めているうちに、帰りの出発時間を間違えてしまい、ロープウェイの時間がぎりぎりになってしまった。
登りの人の多さに比べ、帰りは誰もいない尾根をひたすら降りることになったが、谷川岳を独り占めできて満足であった。

【清水トンネル】
最近は、新潟方面へ行く時に新幹線を利用することが多くなってしまった。
久しぶりに清水トンネル(在来線)を通ってみたくなり、遠回りになるが電車を工夫した。
行きは東京から越後湯沢まで新幹線で行き、そこから上越線で清水トンネルを通った。トンネルの中を走る電車の響きが心地よく、遠くにトンネルの出口が見えてくると感激する。
トンネルを出ると直ぐに湯檜曽川の鉄橋があり、その先に土合駅がある。昔は登山客でごった返した拠点駅だが、今は無人駅で、下車した方も3人程度と寂しいものであった。

帰りはロープーウェイからバスに乗り、わざわざ湯檜曽駅で降りて、湯檜曽駅の下りホームから上越線に乗車した。湯檜曽駅の下りホームはトンネルの中にある。しかし、土合駅のような圧迫感はない。 これはトンネルの東京方面にすぐトンネルの入り口があり、片側が外に近いだけで安心感がある。湯檜曽駅から新清水トンネルを通り越後湯沢に向かった。
昔、乗車した急行佐渡号(165系)が懐かしい。

この日は清水トンネル(上越線登り)、新清水トンネル(上越線下り)、大清水トンネル(新幹線)を通ることができた。
(山の感想より長くなってしまった)

(記:Yontousankakuten)
訪問者数:791人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ