また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1090170 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

奥多摩駅〜お祭り〜雲取山〜七ツ石山〜鷹ノ巣山〜奥多摩駅

日程 2017年03月19日(日) 〜 2017年03月20日(月)
メンバー
天候3/19 晴れ時々曇り 3/20 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行)自宅最寄駅 5:16 → 柏発 5:39 → 新松戸駅発 5:50 → 立川(ホリデー快速) 7:15 → 奥多摩駅着 8:15
奥多摩駅発(丹波行バス)8:35 ⇒ お祭り着 9:10
(帰)奥多摩駅 13:36 → 青梅駅発 14:22 → 立川駅(神戸焼きそばを食する) → 立川駅発 15:20 → 西国分寺発 15:36 → 新松戸駅発 16:38 → 柏駅発 16:55 → 自宅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間10分
休憩
40分
合計
6時間50分
Sお祭りバス停09:2011:20後山川林道終点(青岩谷出会い)11:47三条の湯11:5514:43三条ダルミ14:5515:25雲取山15:4516:10雲取山荘
2日目
山行
7時間32分
休憩
1時間23分
合計
8時間55分
雲取山荘04:3005:00雲取山05:38奥多摩小屋06:10ブナ坂06:25七ツ石山08:00鷹巣山避難小屋08:1308:36鷹ノ巣山08:5010:43三ノ木戸山分岐12:10奥多摩駅近辺12:18もえぎの湯13:1413:25奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートは登山客が多く道に迷う心配はない。ただ、お祭り〜三条の湯迄はマイナールートなのか、バス停を降りたのは我々以外に老齢のご夫婦二人だけです。また、林道歩きが約2時間あるので飽きてしまう。三条の湯は秘境の温泉で中々人が立ち寄らない場所にあるので、入ってみたいがルート的に泊まる時間帯が難しい。
また、今回はアイゼンを持って行かなかったが、やはり持って行った方が安全です。雲取山〜山荘の昇り降り(翌日は朝4:30分出発したこともある)は合った方が無難。また、鷹ノ巣から石尾根を下るときに北側斜面は結構危ないです。ゆっくり慎重に行けば問題は無いと思いますが、技術が無いと思われる方はやはり持っていた方が安全です。
最後は、このルートは足元がグチャグチャになるルートです。我々は三条の湯経由だったので周りの人から見るとあまり汚れてないねって言われまし、朝立ちも早かったので融ける前に降りてきたので良かったですが、鴨沢ルートでこられる方は粘土質独特の水たまりが多く足元はドロドロになり、朝は足跡がそのまま凍結して歩き難い事この上無いです。
その他周辺情報奥多摩駅〜徒歩10分程度にある、“もえぎの湯”に入ります。¥680−(クーポン利用にて)で、露天風呂もあります。ただ、ピーク時は結構混みそうな感じです。登山客も入れるようになっています。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

朝の奥多摩駅です。かなりの賑わいです。快速ホリデー号もかなりの登山客が乗ってました。この電車は途中で切り離されますが、進行方向の後ろ側に乗車するのでベストです。
2017年03月19日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の奥多摩駅です。かなりの賑わいです。快速ホリデー号もかなりの登山客が乗ってました。この電車は途中で切り離されますが、進行方向の後ろ側に乗車するのでベストです。
丹波行のバスに乗るのですが、このバスが出る前に臨時便で二台も出ました。ほぼ満車状態で凄い人が鴨沢行で下車するようです。
2017年03月19日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波行のバスに乗るのですが、このバスが出る前に臨時便で二台も出ました。ほぼ満車状態で凄い人が鴨沢行で下車するようです。
このバスに乗って此処で降りたのはたったの四人(我々を含めて)です。このルートからは誰も登らないみたいです。淋しい。
2017年03月19日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このバスに乗って此処で降りたのはたったの四人(我々を含めて)です。このルートからは誰も登らないみたいです。淋しい。
何にも無いバス停です。9:20分です。此処で準備して少し進行方向に進むと。
2017年03月19日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何にも無いバス停です。9:20分です。此処で準備して少し進行方向に進むと。
この看板があります。此処からいざ出発ですが、約二時間の林道歩きがスタートです。天気は悪くないのですが、少しガスがかかっていて周りは雲がかかっているようです。会えないかな。
2017年03月19日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板があります。此処からいざ出発ですが、約二時間の林道歩きがスタートです。天気は悪くないのですが、少しガスがかかっていて周りは雲がかかっているようです。会えないかな。
自動車は此処までです。と思いきやこの先に何台も車が入っていました。この鍵を預かっているという事か。渓流釣りを楽しんでいる人を見かけます。
2017年03月19日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自動車は此処までです。と思いきやこの先に何台も車が入っていました。この鍵を預かっているという事か。渓流釣りを楽しんでいる人を見かけます。
塩沢橋に到着です。思わず右に行きそうでしたが、左に行きます。
2017年03月19日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩沢橋に到着です。思わず右に行きそうでしたが、左に行きます。
こんな林道が延々と続きます。カードレールや舗装道や右側の落石防止ネットやらでかなり整備されてます。こんな場所でもかなりお金がつぎ込まれているのか。
2017年03月19日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな林道が延々と続きます。カードレールや舗装道や右側の落石防止ネットやらでかなり整備されてます。こんな場所でもかなりお金がつぎ込まれているのか。
約二時間の林道歩きが終わります。此処からが本当の登山道です。早くも11:20分です。
2017年03月19日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約二時間の林道歩きが終わります。此処からが本当の登山道です。早くも11:20分です。
らしくなってきました。渓流の脇をずっと登って行きます。三条の湯まではこんな感じで登って行きます。
2017年03月19日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らしくなってきました。渓流の脇をずっと登って行きます。三条の湯まではこんな感じで登って行きます。
植林もされているようです。林道100選だったかな(?)。と書いてあったような。
2017年03月19日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林もされているようです。林道100選だったかな(?)。と書いてあったような。
片側が切れ落ちて、落ちたら渓流まで真っ逆さまな道をひたすら登ります。
2017年03月19日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側が切れ落ちて、落ちたら渓流まで真っ逆さまな道をひたすら登ります。
林道終点から30分弱で三条の湯に到着です。流石に誰もいません。そういえば数人としかすれ違ってないか。この隣に鹿肉をハンガーにつるして干して有りました。ワイルドですね。この辺りはジビエ料理かな。
2017年03月19日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から30分弱で三条の湯に到着です。流石に誰もいません。そういえば数人としかすれ違ってないか。この隣に鹿肉をハンガーにつるして干して有りました。ワイルドですね。この辺りはジビエ料理かな。
2
この左を降りると温泉があるようです。ただ、入るには無理だし、改めてとなっても中々来づらい場所だな。良い温泉なんだろうか。でも、歩かないと来れない秘境の温泉ってことだな。
2017年03月19日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左を降りると温泉があるようです。ただ、入るには無理だし、改めてとなっても中々来づらい場所だな。良い温泉なんだろうか。でも、歩かないと来れない秘境の温泉ってことだな。
1
良く見ると、埼玉・東京・山梨の国立公園って事ですか。凄いねぇ。
2017年03月19日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると、埼玉・東京・山梨の国立公園って事ですか。凄いねぇ。
こんな渓流が続いてました。渓流釣りも良いけど、これ以上は趣味を広げられないな。笑っ
2017年03月19日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな渓流が続いてました。渓流釣りも良いけど、これ以上は趣味を広げられないな。笑っ
12:26分、時間も時間だったので、穏やかな場所を見つけて昼食タイムです。今回は本当に久々にバーナーを持ち上げてカップラーメンを食します。後は、おにぎりと漬物。最近この漬物がとても山では美味しくて持ち上げてます。と言ってもコンビニでの調達ですけど。
2017年03月19日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:26分、時間も時間だったので、穏やかな場所を見つけて昼食タイムです。今回は本当に久々にバーナーを持ち上げてカップラーメンを食します。後は、おにぎりと漬物。最近この漬物がとても山では美味しくて持ち上げてます。と言ってもコンビニでの調達ですけど。
段々出てきました。この辺りはアイゼンが無くても大丈夫でした。慎重に歩を進めます。
2017年03月19日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々出てきました。この辺りはアイゼンが無くても大丈夫でした。慎重に歩を進めます。
1
見えました。本日の目的地である雲取山とそこに向かう尾根が見えてきました。でも、まだかなり遠いなぁ。
2017年03月19日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えました。本日の目的地である雲取山とそこに向かう尾根が見えてきました。でも、まだかなり遠いなぁ。
1
対岸の山々です。雪はかなり少なくなっていると思いますが、アイゼン持ってこなかったからなぁ。(後に少し後悔することに)
2017年03月19日 14:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の山々です。雪はかなり少なくなっていると思いますが、アイゼン持ってこなかったからなぁ。(後に少し後悔することに)
2
14:43分 三条ダルミに到着です。結構かかってしまった。
2017年03月19日 15:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:43分 三条ダルミに到着です。結構かかってしまった。
本当はこの先に富嶽が鎮座しているはずなのに、今日は春霞がかかってしまったのか全く見る事が出来ませんでした。残念。
2017年03月19日 15:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はこの先に富嶽が鎮座しているはずなのに、今日は春霞がかかってしまったのか全く見る事が出来ませんでした。残念。
1
さて、最後の登りにかかります。結構ラストは急登になってきました。
2017年03月19日 15:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、最後の登りにかかります。結構ラストは急登になってきました。
1
雪が残っていますが、天気が暖かいせいか融けている感じで、左程心配はいりませんでした。南斜面と北斜面の違いを感じずに登って行きます。
2017年03月19日 15:43撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が残っていますが、天気が暖かいせいか融けている感じで、左程心配はいりませんでした。南斜面と北斜面の違いを感じずに登って行きます。
遂に到着です。反対側を望みます。明日は此処を下って鷹ノ巣山を目指します。ただ、足元はグチャグチャです。足元きれいですねって声をかけられましたが、確かにこの状態だと歩く場所が無いや。
2017年03月19日 15:50撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に到着です。反対側を望みます。明日は此処を下って鷹ノ巣山を目指します。ただ、足元はグチャグチャです。足元きれいですねって声をかけられましたが、確かにこの状態だと歩く場所が無いや。
3
雲取山に到着です。
2017年03月19日 15:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山に到着です。
15:25分に山頂到着です。奥の標識も新しくなっています。
2017年03月19日 15:55撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:25分に山頂到着です。奥の標識も新しくなっています。
2
此れも、去年出来たようです。そうだ、この左側の先に富嶽があるんだった。確か前回も残念だったような。タイミング悪いな。
2017年03月19日 15:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此れも、去年出来たようです。そうだ、この左側の先に富嶽があるんだった。確か前回も残念だったような。タイミング悪いな。
写真を取って頂いた女性1人で歩いてこられた方、ありがとうございました。声をかけて頂いて記念写真を収める事が出来ました。
2017年03月19日 16:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を取って頂いた女性1人で歩いてこられた方、ありがとうございました。声をかけて頂いて記念写真を収める事が出来ました。
1
では、記念に。
2017年03月21日 07:21撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、記念に。
1
足元はグチャグチャです。この時期は此れがあるからなぁ。でも、スパッツも付けずに此処まで来れたルートは此れほどではなかった。ラッキーでした。
2017年03月19日 16:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はグチャグチャです。この時期は此れがあるからなぁ。でも、スパッツも付けずに此処まで来れたルートは此れほどではなかった。ラッキーでした。
心眼で見る富嶽。くそぉー、今日はダメか。明日に期待する。
2017年03月19日 16:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心眼で見る富嶽。くそぉー、今日はダメか。明日に期待する。
立派な標識を。でも、お金かかってるなぁ。
2017年03月19日 16:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な標識を。でも、お金かかってるなぁ。
雲取山荘に向かうルートは雪で覆われています。北斜面なので雪が融けていません。此処も少し慎重にいかないと下りは危険です。それに、20分とありますが、結構長く感じます。
2017年03月19日 16:09撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘に向かうルートは雪で覆われています。北斜面なので雪が融けていません。此処も少し慎重にいかないと下りは危険です。それに、20分とありますが、結構長く感じます。
そして、山荘に到着。もう既に16時を回っています。山登りとしてはギリギリかな。にしても、疲れた。早く横になりたい。
2017年03月19日 16:27撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、山荘に到着。もう既に16時を回っています。山登りとしてはギリギリかな。にしても、疲れた。早く横になりたい。
小屋の中はこたつがあります。此れが暖かいんです。練炭が入れてあるようですが、寒い中では温まります。今日は此処に五人で寝泊まりです。夜はこたつをそのままにして、周りに布団を敷いて寝ます。こたつに足を入れて寝れるなんて贅沢。でも、布団が羽毛なのか暑くて足を入れてられませんでした。泣
2017年03月19日 17:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中はこたつがあります。此れが暖かいんです。練炭が入れてあるようですが、寒い中では温まります。今日は此処に五人で寝泊まりです。夜はこたつをそのままにして、周りに布団を敷いて寝ます。こたつに足を入れて寝れるなんて贅沢。でも、布団が羽毛なのか暑くて足を入れてられませんでした。泣
問題はこいつです。夕飯は少しは楽しみにしていましたが、この量と中味はがっかりです。ご飯はお代わり自由ですが、おかずが無い上にハンバーグがまずい。ご飯もベト付いていて炊き方もダメ。せめて味噌汁のお代わりでも有ればねこまんまん(懐かしい)なのに。更に、スタッフがサービス精神皆無。お茶をお願いしたら、“全部飲んだら出すよ”との言い草。本当にがっかりな山小屋でした。泊まるなら、缶詰かふりかけ持参をお勧めします。
2017年03月19日 18:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題はこいつです。夕飯は少しは楽しみにしていましたが、この量と中味はがっかりです。ご飯はお代わり自由ですが、おかずが無い上にハンバーグがまずい。ご飯もベト付いていて炊き方もダメ。せめて味噌汁のお代わりでも有ればねこまんまん(懐かしい)なのに。更に、スタッフがサービス精神皆無。お茶をお願いしたら、“全部飲んだら出すよ”との言い草。本当にがっかりな山小屋でした。泊まるなら、缶詰かふりかけ持参をお勧めします。
3
朝、4:30分です。早出を決めて出発です。外は、月明かりと星空で綺麗です。何だか、スターダストで雪の結晶が待っているようです。にしても、風が強くて寒いです。
2017年03月20日 04:44撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、4:30分です。早出を決めて出発です。外は、月明かりと星空で綺麗です。何だか、スターダストで雪の結晶が待っているようです。にしても、風が強くて寒いです。
食事以外はとっても良かったけど、ちょっと残念な感じで後にします。
2017年03月20日 04:44撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事以外はとっても良かったけど、ちょっと残念な感じで後にします。
雲取山迄の登りは風が強くて寒かったです。完全冬装備でないとこの時間帯はきつかった。指が痺れて痛みを伴いました。そして、雲取山を下って雲取小屋を過ぎたあたりです。うっすらと見えてきました。富嶽が見えます。
2017年03月20日 06:02撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山迄の登りは風が強くて寒かったです。完全冬装備でないとこの時間帯はきつかった。指が痺れて痛みを伴いました。そして、雲取山を下って雲取小屋を過ぎたあたりです。うっすらと見えてきました。富嶽が見えます。
そして、七つ石山で日の出をと思っていたのに間に合いません。木々の間から顔を出し始めました。残念ですが、此処でご来光を拝む事にします。
2017年03月20日 06:05撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、七つ石山で日の出をと思っていたのに間に合いません。木々の間から顔を出し始めました。残念ですが、此処でご来光を拝む事にします。
焼け始めて太陽が赤くなって出始めます。
2017年03月20日 06:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼け始めて太陽が赤くなって出始めます。
コマ送りでお付き合いください。ドン。
2017年03月20日 06:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマ送りでお付き合いください。ドン。
1
ドーン。と日が上がります。今日もこの瞬間が観れて良かった。
2017年03月20日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーン。と日が上がります。今日もこの瞬間が観れて良かった。
本当はあそこで観る予定だったのに、時間の掲載を間違えたようです。とても、あそこまでは行けませんでした。
2017年03月20日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はあそこで観る予定だったのに、時間の掲載を間違えたようです。とても、あそこまでは行けませんでした。
実は真ん中に鎮座してるんですけど。
2017年03月20日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は真ん中に鎮座してるんですけど。
アップにしてみるとこんな感じです。かなり雪を被っているように見えます。
2017年03月20日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップにしてみるとこんな感じです。かなり雪を被っているように見えます。
東の空に朝日が登りました。今日も一日素敵な日になりそうです。
2017年03月20日 06:09撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空に朝日が登りました。今日も一日素敵な日になりそうです。
ダンスィングツリーです。誰が付けたんでしょう、このネイミング。にしても、お見事としか言いようがない木です。
2017年03月20日 06:19撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンスィングツリーです。誰が付けたんでしょう、このネイミング。にしても、お見事としか言いようがない木です。
七ツ石山に到着。もの凄い風の通り道で立っていると体温を奪われていくのが分かります。そそくさと通り過ぎます。
2017年03月20日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山に到着。もの凄い風の通り道で立っていると体温を奪われていくのが分かります。そそくさと通り過ぎます。
あそこから歩いてきました。さて、今日はこの稜線歩きが長いぞぉ。富嶽がずっと右手に見えて歩いていけるかな。
2017年03月20日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから歩いてきました。さて、今日はこの稜線歩きが長いぞぉ。富嶽がずっと右手に見えて歩いていけるかな。
1
鴨沢バス停から上がってくると此処に出てきます。さて、石尾根縦走路を進みます。
2017年03月20日 06:48撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢バス停から上がってくると此処に出てきます。さて、石尾根縦走路を進みます。
少しまともに富嶽が望めるようになってきました。こんな景色が大好きです。雄大で尊大でいて、でも何処か謙虚なたたずまいの様な気がします。
2017年03月20日 07:01撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しまともに富嶽が望めるようになってきました。こんな景色が大好きです。雄大で尊大でいて、でも何処か謙虚なたたずまいの様な気がします。
山々の峰を通して観る富嶽が霊峰たる所以なのか。
2017年03月20日 07:01撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々の峰を通して観る富嶽が霊峰たる所以なのか。
バックにして一枚。でも、良く見ないと分からないかも。
2017年03月20日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックにして一枚。でも、良く見ないと分からないかも。
下って来た道を振り返ります。足元が朝の内は凍っていてまだグチャグチャになっていないので助かります。
2017年03月20日 07:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って来た道を振り返ります。足元が朝の内は凍っていてまだグチャグチャになっていないので助かります。
こんな場所もあります。右側の高丸山の巻き道を行きます。此処が余りにも長いので失敗をしてしまいます。
2017年03月20日 07:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな場所もあります。右側の高丸山の巻き道を行きます。此処が余りにも長いので失敗をしてしまいます。
長すぎててっきり鷹ノ巣山迄巻いてしまったと勘違い。仕方がないので巳ノ戸の大クビレ辺りで朝食にします。お湯をを沸かしてドリップ珈琲とペチャンコになったクロワッサンを食します。温かいものはありがたいです。山で取る食事は大したことないのに格別なお味です。
2017年03月20日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長すぎててっきり鷹ノ巣山迄巻いてしまったと勘違い。仕方がないので巳ノ戸の大クビレ辺りで朝食にします。お湯をを沸かしてドリップ珈琲とペチャンコになったクロワッサンを食します。温かいものはありがたいです。山で取る食事は大したことないのに格別なお味です。
鷹ノ巣山が残念だったと気を取り直して次に向かいます。
2017年03月20日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山が残念だったと気を取り直して次に向かいます。
と、一分もかからないうちに鷹ノ巣避難小屋があります。ちょっと先に進んで左カーブだったのに。見えなかったんです。何だよ、まだ過ぎてないんだ。トイレを済まして、お目当ての鷹ノ巣に向かいます。
2017年03月20日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、一分もかからないうちに鷹ノ巣避難小屋があります。ちょっと先に進んで左カーブだったのに。見えなかったんです。何だよ、まだ過ぎてないんだ。トイレを済まして、お目当ての鷹ノ巣に向かいます。
結構最後は登ります。雪の状態は凍っているほどではないのでアイゼンが必要な訳では無かったが、慎重に登ります。
2017年03月20日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構最後は登ります。雪の状態は凍っているほどではないのでアイゼンが必要な訳では無かったが、慎重に登ります。
そして、鷹ノ巣山からの富嶽です。此処からは、180°に展望が開けてこの景色を見る事が出来ます。なので、この場所がお気に入りです。
2017年03月20日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、鷹ノ巣山からの富嶽です。此処からは、180°に展望が開けてこの景色を見る事が出来ます。なので、この場所がお気に入りです。
方向的にも富嶽の裾野が前の山々に邪魔されずに広く雄大に見える場所です。気持ちの良い朝を迎えました。満足です。
2017年03月20日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向的にも富嶽の裾野が前の山々に邪魔されずに広く雄大に見える場所です。気持ちの良い朝を迎えました。満足です。
1
遠くには南アルプスの仙丈と甲斐駒が見えています。
2017年03月20日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くには南アルプスの仙丈と甲斐駒が見えています。
白根三山です。北岳は良く分かります。
2017年03月20日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根三山です。北岳は良く分かります。
もう少しアップで仙丈・甲斐駒です。
2017年03月20日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しアップで仙丈・甲斐駒です。
此処も新しくなった看板を前に記念写真です。
2017年03月20日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処も新しくなった看板を前に記念写真です。
1
此れから迎え方向です。まだまだ奥多摩駅迄には3時間以上かかります。
2017年03月20日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此れから迎え方向です。まだまだ奥多摩駅迄には3時間以上かかります。
足元がグチャグチャになる前です。この形のまま凍っているので歩き難い事この上無いです。
2017年03月20日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元がグチャグチャになる前です。この形のまま凍っているので歩き難い事この上無いです。
やはり暖かくなってきたせいなのか、くっきりとは見えません。此れも、春霞と言うやつですか。
2017年03月20日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり暖かくなってきたせいなのか、くっきりとは見えません。此れも、春霞と言うやつですか。
バックにして1枚。
2017年03月20日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックにして1枚。
ススキとコラボさせてみました。
2017年03月20日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキとコラボさせてみました。
あそこから降りて来ました。振り返るとこんな景色です。春が訪れていますが、新芽が顔を出すにはもう少しかな。
2017年03月20日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから降りて来ました。振り返るとこんな景色です。春が訪れていますが、新芽が顔を出すにはもう少しかな。
登った分だけ下る。当たり前のことですが、ゲキ下りがあります。
2017年03月20日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った分だけ下る。当たり前のことですが、ゲキ下りがあります。
北斜面は雪が残っていて足元が段々融け始めてそろそろかな。
2017年03月20日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面は雪が残っていて足元が段々融け始めてそろそろかな。
一瞬何に見えますか。どこかでゴジラの木が有名ですが、私には一瞬、鶴が立っているのかという風に見えました。首が長く、しっぽまで付いている。探してください。
2017年03月20日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬何に見えますか。どこかでゴジラの木が有名ですが、私には一瞬、鶴が立っているのかという風に見えました。首が長く、しっぽまで付いている。探してください。
所々にこんな看板が出てきます。ルートはかなりバリエーションに富んでいるので豊富ですが、ちゃんと案内をしてくれます。奥多摩駅に向けて下ります。
2017年03月20日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にこんな看板が出てきます。ルートはかなりバリエーションに富んでいるので豊富ですが、ちゃんと案内をしてくれます。奥多摩駅に向けて下ります。
喉かなこんな風景を楽しみながら歩きます。ただ、今回は右足の痛みをこらえながらの山歩きで半分は苦痛との戦いになってしまいましたが。
2017年03月20日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喉かなこんな風景を楽しみながら歩きます。ただ、今回は右足の痛みをこらえながらの山歩きで半分は苦痛との戦いになってしまいましたが。
北斜面の雪道です。此処から2措紊らいはこんな道です。左側が落ちているので滑ったらヤバいです。傾斜があるので登りとはいえ、結構神経を使いました。今回一番ヤバかったかな。
2017年03月20日 10:16撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面の雪道です。此処から2措紊らいはこんな道です。左側が落ちているので滑ったらヤバいです。傾斜があるので登りとはいえ、結構神経を使いました。今回一番ヤバかったかな。
日陰では圧雪されて凍っていて滑るんです。要注意です。ただ、道なき道を歩いていたような気もしますが。笑ッ
2017年03月20日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰では圧雪されて凍っていて滑るんです。要注意です。ただ、道なき道を歩いていたような気もしますが。笑ッ
防火帯に出ました。此処も結構なゲキ下りです。
2017年03月20日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯に出ました。此処も結構なゲキ下りです。
振り返ると。
2017年03月20日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると。
まだまだ続きます。
2017年03月20日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続きます。
と、パタパタと言う音が近づいてきます。昨日も確かに飛んでいましたが。何とドンドン音が近づいてきて、目の前まで来ました。ヤバいなんかあったと思いましたが、ヘリはホバリングをして旋回をしたら飛んで行ってしまいました。山は登ったらちゃんと降りてくるところです。安全第一で帰りましょう。
2017年03月20日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、パタパタと言う音が近づいてきます。昨日も確かに飛んでいましたが。何とドンドン音が近づいてきて、目の前まで来ました。ヤバいなんかあったと思いましたが、ヘリはホバリングをして旋回をしたら飛んで行ってしまいました。山は登ったらちゃんと降りてくるところです。安全第一で帰りましょう。
長い長い下りを経て一般道に出ます。やっとかぁ、と思える程でしたが、此処から奥多摩駅迄も結構あります。お気をつけて。
2017年03月20日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い下りを経て一般道に出ます。やっとかぁ、と思える程でしたが、此処から奥多摩駅迄も結構あります。お気をつけて。
ショートカットをすると、羽黒三田神社に繋がる石段に出ます。此れが最後に膝に悪いです。結構階段の幅がなくて急なんです。四段階にこれが続くと最後の最後に痛めつけられます。
2017年03月20日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカットをすると、羽黒三田神社に繋がる石段に出ます。此れが最後に膝に悪いです。結構階段の幅がなくて急なんです。四段階にこれが続くと最後の最後に痛めつけられます。
奥多摩駅から約10分の場所にある“もえぎの湯”で疲れた身体を癒して帰ります。入ると入らないでは大違いです。相棒君は此処で一杯やりたそうでしたが、時間も押していたので入浴後は奥多摩駅に向かいます。駅校内の売店で買った缶ビールで乾杯!此れがやけに冷えていて、至福の瞬間をくれました。おつかれー!
2017年03月20日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅から約10分の場所にある“もえぎの湯”で疲れた身体を癒して帰ります。入ると入らないでは大違いです。相棒君は此処で一杯やりたそうでしたが、時間も押していたので入浴後は奥多摩駅に向かいます。駅校内の売店で買った缶ビールで乾杯!此れがやけに冷えていて、至福の瞬間をくれました。おつかれー!
帰りに立川駅構内にある神戸の焼きそば屋さんで〆を食べて帰ります。此処、美味しいんです。ひっきりなしにお客さんが入ってきて混んでます。旅の終わりに焼きそばで乾杯(相棒君だけですが)。すきっ腹になおさらに美味しい、すじ入り焼きそば。笑ッ
2017年03月20日 15:16撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに立川駅構内にある神戸の焼きそば屋さんで〆を食べて帰ります。此処、美味しいんです。ひっきりなしにお客さんが入ってきて混んでます。旅の終わりに焼きそばで乾杯(相棒君だけですが)。すきっ腹になおさらに美味しい、すじ入り焼きそば。笑ッ
1

感想/記録

とても良い天気に恵まれての石尾根縦走路でした。雲取山〜奥多摩駅迄の高度差約2千端紊魏爾辰胴圓のは中々しんどいですが、右手に富嶽を眺めながら穏やかな天気に日差しを浴びて歩ける一日はとても素晴らしい時間を頂きました。ただ、季節的には雪解けが進み始めていますが、所々の残雪と朝早くの圧雪上の凍った雪道には十分注意を払った方が良いと思われます。そして、この辺りの土質がどうしてもあのドロドロ道となり、歩き難いのは何とも言えません。覚悟を決めて望むしかありません。それでも、個人的には鷹ノ巣山から観る180°パノラマに広がる景色の中心に富嶽を置いて望める風景は言葉をなくします。この瞬間を楽しめるのはあそこに立った人にしか見えないものです。良い週末を送れました。
(ただ自分としては右足の痛みを堪えての山登りとなりました。何時まで歩けるのか不安になります。)
訪問者数:431人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ