また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1090577 全員に公開 雪山ハイキング東海

思ったより雪の多かった蕪山 (岐阜県関市)

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関市板取運動公園駐車場 無料、トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
49分
合計
4時間17分
Sスタート地点09:0110:57奥牧谷分岐10:59蕪山11:4811:50奥牧谷分岐13:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪で滑りやすい。
その他周辺情報北3劼らいのところに板取川温泉 大人600円
南10劼らいのところに新しい観光名所 モネの池
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック アイゼン 昼ご飯 非常食 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

林道から山道への最初の入り口。株杉の森への標識がありますが、パスして先へ進みました。
2017年03月20日 13:08撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から山道への最初の入り口。株杉の森への標識がありますが、パスして先へ進みました。
1
林道から見える株杉です。
2017年03月20日 09:08撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見える株杉です。
1
2つ目に見えるのがこの蕪山自然観察道の標識。ここは素直に従って山道へ入りました。ここでも株杉がたくさん見られます。
2017年03月20日 13:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目に見えるのがこの蕪山自然観察道の標識。ここは素直に従って山道へ入りました。ここでも株杉がたくさん見られます。
株杉の森を抜けてしばらく進むと見えてきます。雪解け水でしょうか。
2017年03月20日 09:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
株杉の森を抜けてしばらく進むと見えてきます。雪解け水でしょうか。
岩の多い山です。もう残雪が見られます。
2017年03月20日 09:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の多い山です。もう残雪が見られます。
この雪の上を歩いてきました。まだ、登山道を半分も進んでないんですけど。雪道は、後半と思っていました。
2017年03月20日 09:40撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雪の上を歩いてきました。まだ、登山道を半分も進んでないんですけど。雪道は、後半と思っていました。
歩くところだけに雪が...。滑るとかなり下まで落ちそうです。ここにはロープが張られていますが、ロープがなくて恐る恐る歩く場所もあります。
2017年03月20日 09:47撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くところだけに雪が...。滑るとかなり下まで落ちそうです。ここにはロープが張られていますが、ロープがなくて恐る恐る歩く場所もあります。
まだまだ山頂まで2.5劼△蠅泙后
2017年03月20日 09:49撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ山頂まで2.5劼△蠅泙后
この標識を見落とすところでした。雪がたくさん積もっているように思えますが…。
2017年03月20日 10:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識を見落とすところでした。雪がたくさん積もっているように思えますが…。
標識の取り付けられている高さは低いようです。先ほどの「山頂まで1320m」の標識の場所で積雪20~30僂箸いΔ海箸な。
2017年03月20日 10:32撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の取り付けられている高さは低いようです。先ほどの「山頂まで1320m」の標識の場所で積雪20~30僂箸いΔ海箸な。
1
もうすぐ山頂です。今日はまだ誰も来ていないようです。手前の箱のようなものには、景色の中の山の案内がされています。
2017年03月20日 10:58撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂です。今日はまだ誰も来ていないようです。手前の箱のようなものには、景色の中の山の案内がされています。
3
山頂では360度の展望があります。南には高賀山、北には白山が見えます。東には御嶽山と乗鞍岳が見えるようですが、霞んでいてい見えません。これは案内によると鷲ヶ岳らしいです。
2017年03月20日 11:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂では360度の展望があります。南には高賀山、北には白山が見えます。東には御嶽山と乗鞍岳が見えるようですが、霞んでいてい見えません。これは案内によると鷲ヶ岳らしいです。
2
山頂の標識と三角点。標高1069mです。ここでゆっくりと昼食とします。この写真の奥に写っている雪のテーブルを使わせて頂きました。昼食が終わったころに、たくさんの人が登って来られました。ここは人気の山だったのかな?
2017年03月20日 11:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標識と三角点。標高1069mです。ここでゆっくりと昼食とします。この写真の奥に写っている雪のテーブルを使わせて頂きました。昼食が終わったころに、たくさんの人が登って来られました。ここは人気の山だったのかな?
2
頂上にある木にかけられた温度計です。14℃と読み取りました。体感より数字は高めです。
2017年03月20日 11:47撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にある木にかけられた温度計です。14℃と読み取りました。体感より数字は高めです。
下り道は途中から自然観察道と標識で示された登ってきた道とは違う方へ進みます。この道には積雪はありませんでした。この道へ分岐してすぐに「野鳥の森」と書かれた標識が倒れています。
2017年03月20日 12:40撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り道は途中から自然観察道と標識で示された登ってきた道とは違う方へ進みます。この道には積雪はありませんでした。この道へ分岐してすぐに「野鳥の森」と書かれた標識が倒れています。
おいしい水らしいです。写真左のようにちょろちょろとしか流れていません。特にこれといった味を感じませんでした。
2017年03月20日 12:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいしい水らしいです。写真左のようにちょろちょろとしか流れていません。特にこれといった味を感じませんでした。
登山道出口です。ここから林道です。
2017年03月20日 13:04撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道出口です。ここから林道です。
帰りに見た駐車場。車が来た時より増えています。
2017年03月20日 13:15撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに見た駐車場。車が来た時より増えています。
おまけ。登山口から10劼らい南にある「モネの池」で写したもの。
2017年03月20日 15:14撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ。登山口から10劼らい南にある「モネの池」で写したもの。
2
撮影機材:

感想/記録

「やまのぼっちゃおー」の企画。雪は少なくなっているだろうとの予測だったが、思ったより下の方から雪道を歩くこととなった。乾いた土の上だったり、雪道だったり、泥道だったり...。標高の高い場所では、雪でなければ泥だったりするので注意して歩く必要がある。アイゼンが必要なほどではないが、ストックが欲しいレベル。雪と土の上を交互に歩くので、アイゼンは面倒かも。
今日は男3人で、少しハイペースだったと思う。登頂は予定より30分早かった。
訪問者数:460人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ