また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1094980 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 BC 北面はどこもディープパウダーでした

日程 2017年03月28日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴のち雲多し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めました。道路は朝はほぼ圧雪バーンでしたが、帰る頃には日差しでだいぶ溶けていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.0〜2.1(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
13分
合計
4時間36分
Sゴンドラリフト頂上駅09:0509:31蓼科山7合目登山口09:55馬返し11:29北面オープンバーン上部11:4213:08馬返し13:11蓼科山7合目登山口13:30ゴンドラリフト頂上駅13:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪が多く、新雪が30cm〜50cmほど積もっていました。スキーでもかなりなラッセルになります。登山の場合はスノーシューでもノートレースだと相当苦労すると思います。
今回天狗の露地まではトレースを付けましたが、その先の登山道はノートレースです。
北面オープンバーンですが、雪に隠れた岩がありますので、滑走の際には要注意です。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

スキー場の少し先から北面オープンバーンの様子を確認します。だいぶ岩も埋まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の少し先から北面オープンバーンの様子を確認します。だいぶ岩も埋まりました。
1
それにしても道路脇の木々が雪化粧してとてもきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても道路脇の木々が雪化粧してとてもきれいでした。
1
スキー場の駐車場に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の駐車場に到着。
1
ゲレンデとその向こうに目指す蓼科山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデとその向こうに目指す蓼科山。
1
始発のゴンドラに乗り上に向かいます。登山口で準備をします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発のゴンドラに乗り上に向かいます。登山口で準備をします。
蓼科山北面をズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山北面をズーム。
登山道はさすがにノートレースです。Nさんのラッセルスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はさすがにノートレースです。Nさんのラッセルスタート。
スタート時点で30cm以上の少しもっさり気味の新雪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート時点で30cm以上の少しもっさり気味の新雪です。
七合目登山口の鳥居をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目登山口の鳥居をくぐります。
馬返しの標識は半分埋もれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬返しの標識は半分埋もれています。
天狗の露地で北面オープンバーンを確認します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地で北面オープンバーンを確認します。
2
山頂側。まだ岩が埋まりきっていませんが、なんとか滑れるようになったかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂側。まだ岩が埋まりきっていませんが、なんとか滑れるようになったかな。
1
北面オープンバーン。ここはもう大丈夫でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーン。ここはもう大丈夫でしょう。
1
このまま登山道経由で山頂を目指すことも考えましたが、周囲の雲が少し目立ってきていましたので、ここもまもなく雲がかかるだろうと、直接北面オープンバーンを目指すことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま登山道経由で山頂を目指すことも考えましたが、周囲の雲が少し目立ってきていましたので、ここもまもなく雲がかかるだろうと、直接北面オープンバーンを目指すことにしました。
霧ヶ峰の上空に雲が湧いてきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰の上空に雲が湧いてきています。
2
殿城山とエコーバレースキー場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿城山とエコーバレースキー場。
県北部側はかすみと雲でよく見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県北部側はかすみと雲でよく見えません。
この先の森をトラバースします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の森をトラバースします。
北面オープンバーンに出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンに出ました。
1
斜度はこれくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度はこれくらい。
1
下側。面ツルパウダー間違い無しでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下側。面ツルパウダー間違い無しでしょう。
1
では斜面左側をジグを切って登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では斜面左側をジグを切って登っていきます。
少し風の影響が見て取れますが、でも雪は柔らかく滑るには問題ありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し風の影響が見て取れますが、でも雪は柔らかく滑るには問題ありませんでした。
2
ああ、とうとう雲がかかり始めました。ショック..。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、とうとう雲がかかり始めました。ショック..。
1
今回もここを終点とし、日差しのある内に滑り始めることにします。Nさん、ここまでフルラッセル、本当にありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もここを終点とし、日差しのある内に滑り始めることにします。Nさん、ここまでフルラッセル、本当にありがとうございました。
これから滑る斜面の様子。ディープパウダーです(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑る斜面の様子。ディープパウダーです(^^)。
Nさんがノートラックの斜面に最初に飛び込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nさんがノートラックの斜面に最初に飛び込みます。
1
気持ちよさそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよさそう。
3
続いて私。最高です(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて私。最高です(^^)。
5
シュプールを振り返ってにんまり(^^)。この時期としては申し分ないパウダーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールを振り返ってにんまり(^^)。この時期としては申し分ないパウダーです。
4
Nさん。気持ちよさそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nさん。気持ちよさそう。
2
パウダーバーンが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーバーンが続きます。
2
Nさんはこの手前でスキー板を地雷(雪に隠れていた岩)にぶつけて大きな傷がついてしまい、しょげています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nさんはこの手前でスキー板を地雷(雪に隠れていた岩)にぶつけて大きな傷がついてしまい、しょげています。
斜面下部まで滑り降り、昼食とします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面下部まで滑り降り、昼食とします。
1
斜面上部のシュプールをズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面上部のシュプールをズーム。
2
食事後、森をトラバースしてからこの斜面を登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事後、森をトラバースしてからこの斜面を登り返します。
最後にオープンバーンをひと滑り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にオープンバーンをひと滑り。
3
登山道の周辺を適当に滑り降りていきますが、今回は30cm以上の新雪が一面に積もっていて気持ち良く滑っていくことが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の周辺を適当に滑り降りていきますが、今回は30cm以上の新雪が一面に積もっていて気持ち良く滑っていくことが出来ました。
2
気持ちよい滑りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよい滑りです。
後半はボブスレーで一気に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半はボブスレーで一気に。
1
あっという間にゲレンデまで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にゲレンデまで戻ってきました。
北面オープンバーンをズーム。かすかにシュプールが見えています(^^)。私たち以外にもう一人のシュプールが確認出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンをズーム。かすかにシュプールが見えています(^^)。私たち以外にもう一人のシュプールが確認出来ます。
スキー場内のノートラックバーンを滑りますが、重くて疲れました(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場内のノートラックバーンを滑りますが、重くて疲れました(^^;。

感想/記録

前日の車山が思った以上に新雪が多かったことから、標高の高い蓼科山ならディープパウダーを楽しめるに違いないと期待して、この日半日仕事をお休みして近くの蓼科山に再び出かけてきました。
新雪は30cmから50cmほどもあり、北面オープンバーンでは期待通りのディープパウダーの滑りを楽しむことが出来ました。
なお今回は久しぶりに近くのNさん(peperonyamaさん)とご一緒しましたが、登りでは全行程のラッセルをしていただき、ありがとうございました。私一人ではあのきついラッセルに根を上げて途中リタイヤしたかも知れません。
訪問者数:558人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 721
2017/3/28 22:02
 やはり新雪多かったのですね
八方は全く新雪がなくがっかり。
お誘いを受け新雪を滑った方がよかったようですね。
私がいれば3人で山頂までいけたかな?
気持ちよさそうな感じが伝わってきます
登録日: 2013/4/10
投稿数: 430
2017/3/28 22:54
 Re: やはり新雪多かったのですね
bumpkinさん
こんばんは。
蓼科山、この時期としては申し分の無いディープパウダーでした(^^)。
ただ午後になって崩れるとみていた天気が、11時を過ぎた頃から一気に雲が増えてしまったのは少し残念でした。帰る頃には雪も舞っていました。
登録日: 2013/8/2
投稿数: 1
2017/3/29 9:17
 今日はさすがにバキバキで
おはようございます。昨日はおつかれさまでした。
さすがに今日は起きれませんでした。
でもまた行きたいです。
毎回迫力のある写真をありがとうございました。これが楽しみで。
それにしても早速スキーをなんとかしなければ。
bumpkinさん、ぜひ今度よろしくお願いします。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 430
2017/3/29 18:41
 Re: 今日はさすがにバキバキで
peperonyamaさん(Nさん)
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
またこちらこそ写真、ありがとうございました。

ところでいよいよヤマレコデビューされましたね!。
ヤマレコ、いろいろと便利なのでぜひ活用してみて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー ブス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ