また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1096595 全員に公開 ハイキング奥武蔵

越生駒ヶ岳と蟻ノ戸渡り 奥武蔵にも駒ヶ岳がありました

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
越生町町営無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
10分
合計
5時間15分
S越生町町営駐車場08:3509:35顔振峠10:10傘杉峠10:40花立松ノ峠10:50七曲り峠11:00関八州見晴台11:0511:30蟻の戸渡り12:45御嶽山(御嶽神社)13:00越生駒ヶ岳13:0513:30横吹峠13:50越生町町営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蟻ノ戸渡りを下る場合は気を付けましょう
関八州見晴台〜横吹峠の道はそこそこ明瞭ですが、念のため「奥武蔵登山詳細図」を持参すると良いと思います
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

越生町町営駐車場
2013年01月01日 00:00撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越生町町営駐車場
ここを右折して顔振峠へ
2013年01月01日 00:15撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右折して顔振峠へ
歩きやすい道
2013年01月01日 00:43撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
茶屋の裏側に出ます
2013年01月01日 00:58撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶屋の裏側に出ます
今日は良い天気
2013年01月01日 01:01撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は良い天気
1
梅がちらほら
2013年01月01日 01:02撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅がちらほら
2
まだ7分咲き程度
2013年01月01日 01:03撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ7分咲き程度
2
花立松ノ峠
2013年01月01日 02:01撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立松ノ峠
ここで四寸道の存在を知りました
2013年01月01日 02:13撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで四寸道の存在を知りました
関八州見晴台
2013年01月01日 02:26撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関八州見晴台
大好きな武甲山が見えてkazuruさんはご満悦
2013年01月01日 02:27撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな武甲山が見えてkazuruさんはご満悦
2
今回はここから本番
2013年01月01日 02:29撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はここから本番
飯盛峠方面に少し進んで、この小屋の裏へ
2013年01月01日 02:30撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛峠方面に少し進んで、この小屋の裏へ
ここかな?
2013年01月01日 02:32撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここかな?
「蟻」と書かれたビニールテープ
ここだな
2013年01月01日 02:32撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「蟻」と書かれたビニールテープ
ここだな
いきなり急下り
落ち葉で滑らないように注意
2013年01月01日 02:33撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり急下り
落ち葉で滑らないように注意
落ち葉がなくなっても急下りは続きます
どこまで下るの?
2013年01月01日 02:37撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉がなくなっても急下りは続きます
どこまで下るの?
振り返って
2013年01月01日 02:54撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
あれ?
もしかして巻道があったのかな?
2013年01月01日 02:54撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?
もしかして巻道があったのかな?
しばらく平坦な道を進んで、大きな岩が出現
これが蟻ノ戸渡りかな?
2013年01月01日 02:55撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく平坦な道を進んで、大きな岩が出現
これが蟻ノ戸渡りかな?
鎖もロープもありませんが、普通に登り終えました
登りなら難しくはありません
2013年01月01日 03:03撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖もロープもありませんが、普通に登り終えました
登りなら難しくはありません
kazuruさんが登ってきます
2013年01月01日 02:58撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kazuruさんが登ってきます
2
あとひと息
2013年01月01日 02:58撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとひと息
最後は四つん這いです
2013年01月01日 02:59撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は四つん這いです
1
kenboさんが岩場の練習として下ろうとしましたが、どうやって下ろうか迷っていたので制止しました
2013年01月01日 03:01撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kenboさんが岩場の練習として下ろうとしましたが、どうやって下ろうか迷っていたので制止しました
1
武巌琴宮の大きな石碑
どうやってここまで運んだのでしょうか?
ここからも急下り
2013年01月01日 03:06撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武巌琴宮の大きな石碑
どうやってここまで運んだのでしょうか?
ここからも急下り
下り終えて平坦な道
2013年01月01日 03:16撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終えて平坦な道
猿岩林道への合流地点
ロープがないとキツイ?
2013年01月01日 03:20撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿岩林道への合流地点
ロープがないとキツイ?
下り終えて下から
ロープが足りておらず、最後は少し強引に
2013年01月01日 03:24撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終えて下から
ロープが足りておらず、最後は少し強引に
慎重に下るkazuruさん
2013年01月01日 03:23撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下るkazuruさん
真正面に進みます
2013年01月01日 03:24撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真正面に進みます
このあたりから、作業道と交差が多くなってきて道がわかりにくくなります
2013年01月01日 03:28撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから、作業道と交差が多くなってきて道がわかりにくくなります
正しい道はどれだ???
2013年01月01日 03:37撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正しい道はどれだ???
再び猿岩林道へ
右へ進んで
2013年01月01日 03:47撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び猿岩林道へ
右へ進んで
このカーブミラーが目印です
2013年01月01日 03:52撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このカーブミラーが目印です
右方面に進む道もありましたが、よくわからないので直進しました(猿岩山と峰山があったようです)
2013年01月01日 03:59撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右方面に進む道もありましたが、よくわからないので直進しました(猿岩山と峰山があったようです)
左方面を意識して進んで、赤いビニールテープ
ここから御嶽山へ
2013年01月01日 04:07撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左方面を意識して進んで、赤いビニールテープ
ここから御嶽山へ
少し登ると、立派な標識がありました
2013年01月01日 04:08撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると、立派な標識がありました
この地の御嶽山・御嶽神社の解説
2013年01月01日 04:10撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地の御嶽山・御嶽神社の解説
道に戻って、さらに左方面を意識して進むと…
2013年01月01日 04:19撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道に戻って、さらに左方面を意識して進むと…
再び赤いビニールテープ
ここから越生駒ヶ岳へ
2013年01月01日 04:20撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び赤いビニールテープ
ここから越生駒ヶ岳へ
越生駒ヶ岳に到着
山と高原地図の369地点
2013年01月01日 04:24撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越生駒ヶ岳に到着
山と高原地図の369地点
奥武蔵にも駒ヶ岳があったとは!
2013年01月01日 04:24撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥武蔵にも駒ヶ岳があったとは!
1
少し感慨深い
2013年01月01日 04:25撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し感慨深い
ここから横吹峠へ進めるようですが、「急坂」と書いてあります
2013年01月01日 04:30撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから横吹峠へ進めるようですが、「急坂」と書いてあります
少し偵察に行き、無理せずに引き返すことにしました
2013年01月01日 04:28撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し偵察に行き、無理せずに引き返すことにしました
熊の爪痕?
2013年01月01日 04:30撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の爪痕?
あとは直進するのみ
2013年01月01日 04:41撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは直進するのみ
横吹峠
これにて四寸道は終了
2013年01月01日 04:51撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横吹峠
これにて四寸道は終了
古道だったのですね
2013年01月01日 04:51撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古道だったのですね
民家の間を通り抜けて
2013年01月01日 04:57撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の間を通り抜けて
越生町町営駐車場に到着
お疲れさまでした!
車がやけに多いのは、付近で開催していた越生梅林の梅祭りの影響のようでした
2013年01月01日 05:15撮影 by HERO3+Silver Edition, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越生町町営駐車場に到着
お疲れさまでした!
車がやけに多いのは、付近で開催していた越生梅林の梅祭りの影響のようでした

感想/記録
by kazuru

以前、関八州見晴台から七曲り峠を通った時に「四寸道」の小さな木の看板があり、気になって調べるとレコがいくつか上がっていました。
その中でも「山と高原地図」には記載されていない道から通じる、「蟻の戸渡り」という岩が短いけれどスリリングらしい…
この話をすると、今年こそジャンダルムに挑戦したいkenboさんが乗ってきたので、今回は破線ルートの四寸道と地図に載っていない蟻の戸渡り岩を歩くことになりました。

越生町営駐車場から、まずは顔振峠を目指します。
歩きやすい道を登って、1時間ほどで茶屋の裏側へ出ました。

関八州見晴台までは何度か通ったことのある道。
見晴台に着くと大勢の人で賑わっていました。
お昼にはまだ早いですが、フライパンで料理をしているグループもあり。
私も最初のころは、ガス持って行って料理していたな…
最近はもっぱらお手軽な菓子パンですが、たまには山で料理もしたいな〜
そんな楽し気な人々をしり目に、私たちは地図にない道へ進みます。

飯盛峠方面に向かうとアンテナのある小屋があり、その脇から細い踏み跡が続いています。(木の幹にビニールテープで「蟻」と書いてある場所が入口です)
まずは落ち葉の積もった、かなり傾斜のある場所を下っていきます。
転ばないように気を付けながらしばらく下ると、平坦な道に出ました。
そのまま進むと目の前に大きな岩が…これが蟻の戸渡り岩かな?
レコのとおりロープや鎖はありませんが、登りならそこまで難易度は高くありませんでした。
ただ、岩の頂上を数メートル進むところは短いナイフリッジのようになっており、四つん這いで進みました。
私が読んだレコの中ではここを立って通った方もいましたが、私にはとても無理!
岩の両側は切れ落ちているので、落ちたら怪我では済まないかもしれません。
短い距離ですが非常にスリリングな場所でした。

蟻の戸渡り岩を過ぎて少し進むと武巌琴宮の石碑があり、さらに下ると林道に出ました。
この林道に降りるところが急な斜面になっていて、ロープが垂れ下がっています。
ロープを使わないと中々厳しいですが、ロープの長さが足りていなくて最後苦労しました。

猿岩林道を横断して山道に入ると歩きやすくなりますが、作業道が多くなるので正しい道が分かりづらくなります。
景色が開けた伐採地を抜けると、再び猿岩林道に合流。
林道を右に少し進むと、左側にカーブミラーがあるのでそこから山道に入りました。
ここから先も作業道やよくわからない踏み跡があったりと、分かりにくい道が続きます。
小さなピークがいくつかあったようで、kenboさんが道を逸れて進みたがりましたが、ただでさえ分かりづらい道だしもちろん標識もないので、「迷うと面倒だから」と却下しました。

作業道に迷い込まないように気を付けて進み、左側を気にしながら歩いていると御嶽山と御嶽神社の分岐がありました。
分岐をしばらく歩くと御嶽神社に到着。
道に戻り再び左側を気にしながらあるいていると、「越生駒ヶ岳」の分岐を見つけたので行ってみました。
山頂には小さな標識があっただけでしたが、「奥武蔵にも駒ヶ岳があったとは!」とkenboさんはご満悦でした。

その後は、横吹峠まで下って林道に合流。
駐車場まで迷わず帰ることが出来ました。

今回は破線ルートと「山と高原地図」に載っていない道を歩きましたが、奥武蔵登山詳細図には「蟻の戸渡りルート」として記載されています。
その後、奥武蔵がお気に入りのkenboさんは奥武蔵登山詳細図を購入しました。
知らない道がたくさん載っていて、これは見ているだけでも楽しい地図ですね!

奥武蔵、まだまだ奥が深いです。

感想/記録
by kenbo

昨年の12月に関八州見晴台から黒山三滝へ抜けた際に、七曲り峠で「最近、四寸道のレコがあがっているよ」とkazuruさん。それ以降、破線ルートである四寸道が気になっていました。

さらに、関八州見晴台から四寸道まで、「山と高原地図」には記載されていない道が存在し、「蟻ノ戸渡り」と呼ばれるアスレチックポイントがあるとかで、いつか行ってみようと思っていました。

最近疲労が取れないことと、先週末から既に花粉症がスタートしたこともあり、何だかヤル気がありません。奥武蔵方面ならそんなに早起きする必要もなく、今回は短めのルートなので、気乗りしないままスタートしました。

越生町町営駐車場からまずは顔振峠へ。しばらくの間舗装路を歩いて、渋沢平九郎自刃の地碑を過ぎて民家が出てきたら右折し、登山道に入ります。歩きやすく、身体が温まってきた頃に顔振峠に到着しました。ここにある平九郎茶屋は、先ほどの渋沢平九郎から名前をとったのでしょうか。ついつい休憩したくなりますが、まだ1時間ほどしか動いていないので先に進みます。

関八州見晴台までは、何度か歩いた道です。七曲り峠で「四寸道」の文字を見て、道迷いせずに無事に辿り着くことができるのかな?と少し心配になりました。レコちらほらアップされているし、何とかなるでしょう。

関八州見晴台に到着すると、まだお昼前でしたが多くの方が昼食休憩をしていました。ここは、まるでお花見のようにBBQセットを担ぎ上げてくる方が多いようで、この日も宴会をしながら野菜炒めのようなものを調理しているグループが楽しそうでした。

しかし、私たちはここからが本番です。飯盛峠方面に向かうすぐの所に建っている小屋の脇に、うっすらとした入口がありました。黄色いビニールテープに「蟻」と書かれていたので、ここから下ります。

かなりの傾斜で、しかも落ち葉が積もっているため、薄い踏み跡を頼りに転倒に注意しながら下ります。こんなに下るの?と思うくらい下り、平坦な道になってそのまま進むと、なんだか岩岩した場所に出ました。

これが蟻ノ戸渡りかな?鎖やロープが設置されていてもおかしくない岩を登り終えると、両側が切れ落ちている部分を数メートル進む必要があり、ここは四つん這いで進みました。kazuruさんも無事にクリア。今回は登りだったので楽にクリアすることができましたが、逆ルートだったらかなり厄介な感じがしました。

練習に下ってみようと思い、また四つん這いで戻り体勢を整えたところで、さてどのように下ろうか?と迷っていると、kazuruさんに「危ないから無理するな!」と制止されてしまいました。これでは、ジャンダルムには行けないな…。昨年は諸事情で挑戦する余裕がなく、今年こそはと…考えていましたが、まだ実力不足なのかもしれません。

ともかく、今回のメインイベントは終了。少し進むと、武巌琴宮の大きくて立派な石碑がありました。どのようにしてここまで運んだのだろう?ここから、どんどん下って猿岩林道に出ました。林道に出る箇所は崩落していて、それなりに注意が必要でした。

猿岩林道を横断して真正面から入ると、平坦に道が続きますが作業道が出てきて道がわかりにくくなってきます。木の伐採跡地など開けた場所を通過すると、再び猿岩林道とぶつかります。ここで、少し右方面に進むと、目の前に2本の道がありました。他の方のレコで下調べをしてあったkazuruさんが「カーブミラーが目印らしい」と仰るので、その通りに進んでみました。

すぐに右方面の登りに進む分岐がありました。何かあるのかな?と思って進もうとすると「面倒だから行きたくない」とkazuruさんが渋り出しました。最近はヤル気がないようです。(猿岩山と峰山があったことを後日知りました)

その後は、作業道に間違えて入らないことさえ気を付ければ歩きやすい道でした。地図通りに左方面に進む道を探しながら進み、御嶽山と御嶽神社、越生駒ヶ岳は無事に辿り着くことができました。越生駒ヶ岳からそのまま直進して下ると四寸道にぶつかるようですが、この先はほとんど歩かれていないようなので、戻ることにしました。あとはまた歩きやすい道を下って、横吹峠で林道に合流。駐車場まで戻って、越生梅林梅まつりを少し見物してから帰路に着きました。

かつて、越生から高山不動尊への参道だったとされる四寸道。入り組んだ林道に迷わなければ、越生から七曲り峠までは比較的安全に歩くことができると思います。ここを外れて今回挑戦した蟻ノ戸渡りは、同じ奥武蔵で例えるなら、人気の伊豆ヶ岳の男坂の登り下りを少しでも怖いと思うのであれば、控えた方が無難です。

久しぶりに経験したスリリングな岩場に満足した一方で、もっと岩場の練習をしなければならないことを痛感しました。また、今回は他の方のレコを参考にして歩きましたが、奥武蔵登山詳細図を持参すべきであったと反省しました。
訪問者数:141人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ