また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1097561 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

武尊山 【蒼と白の素晴らしき一日】

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
 関越道沼田ICから川場スキー場へ。途中雪も凍結もなく、スムーズに到着しました。

 川場スキー場の駐車場7階はスキーセンターになっていて、ここで登山届を書いてリフト券を購入します(登山届がないとリフト券を売ってもらえません)。リフト券はICカードで、4回券+デポジット料金で2,300円、帰りにカードを返すと500円戻ってきます。カードを返す行為が下山届けになっていますので、忘れないように。
 リフトは桜川エクスプレス→クリスタルエクスプレスを乗り継ぎます。この日のリフト券販売開始は8時、運行開始は8時半でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
39分
合計
3時間52分
S川場スキー場ゲレンデトップ09:2910:03剣ヶ峰山10:0511:22武尊山11:5913:05剣ヶ峰山13:21川場スキー場ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 とても写真が多いので、コースタイムは参考程度で。
コース状況/
危険箇所等
・この日はゲレンデトップから山頂まで、ほぼしっかりしたトレースがあり、12本爪
 アイゼンで快適に歩けました。ワカンやスノーシューの方も見かけませんでした。
・剣ヶ峰山の沖武尊寄りのルンゼはステップが切られていて下りやすくなっていました。
・1975mピークと沖武尊の鞍部の川場谷側(東側)に大きなクラックがあります。
 「今にも」という感じではありませんでしたが、そのうち崩落しそうです。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

クリスタルエクスプレスから
目標の沖武尊が良く見えてます
2017年04月02日 09:15撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスタルエクスプレスから
目標の沖武尊が良く見えてます
尾根筋に出ました
トレースバッチリ
2017年04月02日 09:33撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に出ました
トレースバッチリ
2
谷川岳と朝日岳
あちらも山日和のようです
2017年04月02日 09:35撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳と朝日岳
あちらも山日和のようです
2
霞んでますが、浅間も大きく見えてます
2017年04月02日 09:36撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでますが、浅間も大きく見えてます
4
台地に出て剣ヶ峰山を目指します
2017年04月02日 09:49撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地に出て剣ヶ峰山を目指します
4
剣ヶ峰山直前の急登
蒼空に向かって
2017年04月02日 09:57撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山直前の急登
蒼空に向かって
2
剣ヶ峰山山頂は細いスノーリッジ
アイゼンの爪を引っ掛けないよう慎重に
2017年04月02日 10:00撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山山頂は細いスノーリッジ
アイゼンの爪を引っ掛けないよう慎重に
10
剣ヶ峰山頂から目指す沖武尊(中央)と中ノ岳(右)
2017年04月02日 10:03撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山頂から目指す沖武尊(中央)と中ノ岳(右)
2
雪庇を避けながら続くトレース
奥は家ノ串(左)と川場剣ヶ峰(右)
2017年04月02日 10:11撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇を避けながら続くトレース
奥は家ノ串(左)と川場剣ヶ峰(右)
2
剣ヶ峰山を振り返る
蒼と白の世界
2017年04月02日 10:13撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を振り返る
蒼と白の世界
15
最低鞍部付近から
沖武尊が高い
2017年04月02日 10:25撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低鞍部付近から
沖武尊が高い
同じく剣ヶ峰
帰りの登り返しを考えると気が重い(笑)
2017年04月02日 10:23撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく剣ヶ峰
帰りの登り返しを考えると気が重い(笑)
1
流石にこの季節、モンスターはいません
2017年04月02日 10:36撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石にこの季節、モンスターはいません
1
1975mピークから
近くて遠い沖武尊
2017年04月02日 10:38撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1975mピークから
近くて遠い沖武尊
1975m下にあったクラック
2017年04月02日 10:42撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1975m下にあったクラック
4
覗き込むとこんな感じ
見た目の深さは3mくらい
2017年04月02日 12:16撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覗き込むとこんな感じ
見た目の深さは3mくらい
4
剣ヶ峰山
とても絵になります
2017年04月02日 10:49撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山
とても絵になります
8
沖武尊への最後の登り
ここでも蒼空に向かって
2017年04月02日 10:57撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊への最後の登り
ここでも蒼空に向かって
山頂まであと少し
剣ヶ峰山が低くなりました
2017年04月02日 11:11撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し
剣ヶ峰山が低くなりました
山頂直下で
風と雪の芸術〜その1
2017年04月02日 11:19撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下で
風と雪の芸術〜その1
3
沖武尊山頂から
家ノ串(左)と川場剣ヶ峰(右)
奥は皇海山と袈裟丸山
2017年04月02日 11:49撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
家ノ串(左)と川場剣ヶ峰(右)
奥は皇海山と袈裟丸山
沖武尊山頂から
中ノ岳への尾根と奥に日光白根山
2017年04月02日 11:49撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
中ノ岳への尾根と奥に日光白根山
沖武尊山頂から
至仏と綺麗な双耳の燧
燧の向こうは会津駒の方かなぁ
2017年04月02日 11:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
至仏と綺麗な双耳の燧
燧の向こうは会津駒の方かなぁ
4
沖武尊山頂から
至仏と奥に平ケ岳から越後駒への稜線
2017年04月02日 11:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
至仏と奥に平ケ岳から越後駒への稜線
4
沖武尊山頂から
中央右寄りに巻機
2017年04月02日 11:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
中央右寄りに巻機
3
沖武尊山頂から
谷川(左)と朝日(右)
一ノ倉沢は雪が付かないので良く判ります
2017年04月02日 11:52撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
谷川(左)と朝日(右)
一ノ倉沢は雪が付かないので良く判ります
1
沖武尊山頂から
谷川主脈
左遠くは、志賀から草津の山々かな?
2017年04月02日 11:52撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
谷川主脈
左遠くは、志賀から草津の山々かな?
沖武尊山頂から
川場谷と赤城
2017年04月02日 11:51撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊山頂から
川場谷と赤城
1
さて、来た道を戻ります
2017年04月02日 12:10撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、来た道を戻ります
6
風と雪の芸術〜その2
2017年04月02日 12:23撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風と雪の芸術〜その2
1
最低鞍部の前後は気持ち良い雪原歩き
2017年04月02日 12:28撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低鞍部の前後は気持ち良い雪原歩き
1
艶を感じる雪の造形
2017年04月02日 12:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艶を感じる雪の造形
2
風と雪の芸術〜その3
2017年04月02日 12:38撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風と雪の芸術〜その3
3
これもかな?
風と雪の芸術〜その4
2017年04月02日 12:43撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもかな?
風と雪の芸術〜その4
1
剣ヶ峰山へ登り返しもあと一息
2017年04月02日 12:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山へ登り返しもあと一息
5
直下から山頂を仰ぐ
かなりの急斜ですが、ステップがあって歩き易くなってます
2017年04月02日 12:58撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下から山頂を仰ぐ
かなりの急斜ですが、ステップがあって歩き易くなってます
14
ここで沖武尊にお別れ
2017年04月02日 13:01撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで沖武尊にお別れ
1
最後の下りは赤城を正面に
2017年04月02日 13:04撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の下りは赤城を正面に
剣ヶ峰山を振り返って
最後まで蒼と白の一日でした
2017年04月02日 13:06撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山を振り返って
最後まで蒼と白の一日でした
10

感想/記録

 先々週の北横岳で一旦雪山ハイクを〆たつもりでしたが、再びの寒波で赤城も白くなったので、片付けたアイゼンをもう一度ザックに入れて大沼を目指しますが、道中谷川や武尊がくっきり見えているのを見て、折角ならと急遽行先を変更、関越道に乗って北に向かいます。運転しながら谷川にするか武尊にするか迷いに迷いましたが、急な変更ということもあって積雪期に登ったことのある武尊山にしました。

 リフトを2本乗り継いでゲレンデトップに降り立ち、アイゼンを履いて先ずは剣ヶ峰山目指して歩き始めます。前回よりも雪が多く、ゲレンデトップから最初の急斜はプチラッセルですが、尾根に出るとしっかりしたトレースになって快適に歩け、急登をふたつこなして30分程で剣ヶ峰山山頂に到着です。昨年は見掛けた山頂標識は雪に埋もれており、そのせいかスノーリッジも尖っていて若干緊張を強いられますが、沖武尊を始め周りの山々が手に取るようで素晴らしい眺めです。ここで暫し眺めを楽しんだあと急なルンゼを下って行きますが、ここはステップが出来ていて案外楽に下ることが出来ました。このあと二度ほど急斜を下り、緩いアップダウンを繰り返して最低鞍部に降り立ちます。ここから見上げる沖武尊は結構な高度差に見えますが、雪も締まってトレースもしっかりしていて、何より絶好の天気で眺めを楽しみながら歩けたので、意外に楽に山頂に登り着きました。

 沖武尊山頂は360°の眺めです。前回は高曇り気味だったのですが、今回は蒼い空に白い峰々が浮かぶ絶景を楽しめました。いつものように山頂で一緒になった方々と山座同定を楽しんだり、珈琲を淹れてノンビリ過ごしたりして、暫し至福の時間を過ごしました。
 山頂を辞して来た道を戻りますが、相変わらず天気は良く、蒼空を突く剣ヶ峰山を目標に雪の感触を楽しみながら歩きます。復路も往路同様写真に時間を使い過ぎてかなりスローペースになってしまいましたが、それでも山頂から1時間半弱でゲレンデトップに戻り、装備を解いてリフトでスキーセンターに下り着きました。

 この日は下界も天気が良く気温も高かったので、流石に八ヶ岳以南の遠望は利きませんでしたが、写真の通り武尊山を囲む山々が蒼空に映え、素晴らしい眺めを楽しめました。また、昨年と違って雪もタップリで、真っ白な剣ヶ峰山を始め被写体には事欠かず、満足のいく写真も撮れました。
 今回の山行で雪山を思いっ切り堪能できたので、今シーズンの雪山ハイクはこれで〆たいと思います。 ・・・あ、GWの残雪山行は除きます。

訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ