また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1097849 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

玄岳 3年振りなので今回は氷ヶ池にも【伊豆半島】

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
往路はJR熱海駅から東海バスで登山口付近まで移動。
復路はほぼ下り基調なので歩いてJR熱海駅まで戻りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
1時間33分
合計
4時間46分
S玄岳ハイクコース入口バス停09:4610:40海が見える小さな展望地10:4310:47氷ヶ池と山頂の分岐10:55玄岳12:0812:40氷ヶ池12:5713:13氷ヶ池と山頂の分岐13:53玄岳ハイクコース入口バス停14:29平和通り名店街14:32熱海駅14:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

JR熱海駅からひばりヶ丘行きのバスに乗車しました。ハイカーさんいっぱいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR熱海駅からひばりヶ丘行きのバスに乗車しました。ハイカーさんいっぱいでした。
1
とても分かりやすい名前のバス停(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても分かりやすい名前のバス停(^^)
2
バス停近くには指導標も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停近くには指導標も。
しばらくは舗装路歩きですが急勾配・・・なのでこの区間が今回のコースの核心部でした(;´Д`A ``` 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装路歩きですが急勾配・・・なのでこの区間が今回のコースの核心部でした(;´Д`A ``` 
やっと舗装路が終わり登山口に到着(^0^ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと舗装路が終わり登山口に到着(^0^ゞ
コース序盤は竹林だったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース序盤は竹林だったり
コース名物の応援を受けたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース名物の応援を受けたり
1
橋で道路を越えたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋で道路を越えたり
1
思わず頷いたりして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず頷いたりして
自然林のコースを進んだりしていると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林のコースを進んだりしていると
小さな広場の展望地に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな広場の展望地に到着。
熱海市街の展望を楽しめました。雪が出始めてきたのでスパッツを装着して再出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱海市街の展望を楽しめました。雪が出始めてきたのでスパッツを装着して再出発。
3
氷ヶ池への分岐ではまずは山頂を目指し通過して進むと予想以上の雪に驚いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ヶ池への分岐ではまずは山頂を目指し通過して進むと予想以上の雪に驚いて
玄岳の山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄岳の山頂に到着。
5
残念ながら富士山は雲の中だったので海&伊豆半島の展望を楽しんだりしてからのんびりと昼食していると続々とハイカーさんが到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら富士山は雲の中だったので海&伊豆半島の展望を楽しんだりしてからのんびりと昼食していると続々とハイカーさんが到着。
3
食事を終えて氷ヶ池を経由するコースで下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事を終えて氷ヶ池を経由するコースで下山開始。
少し進み伊豆スカイラインや目指す氷ヶ池が見えて位置を確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進み伊豆スカイラインや目指す氷ヶ池が見えて位置を確認。
7
お助けロープがあったりするコースを進んでいると先発されたソロさんが伊豆スカに驚いて戻ってこられたので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助けロープがあったりするコースを進んでいると先発されたソロさんが伊豆スカに驚いて戻ってこられたので
1
ご一緒して氷ヶ池に到着。再びソロさんは先発されたのでのんびりと池を眺めたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご一緒して氷ヶ池に到着。再びソロさんは先発されたのでのんびりと池を眺めたり
3
馬酔木が咲いていたので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木が咲いていたので
眺めたりして池を半周して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めたりして池を半周して
5
こちらから再び再出発すると伊豆スカ周辺で再び先ほどのソロさんに遭遇。どうやら伊豆スカからの取り付きが分からなかったようで再びご一緒して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから再び再出発すると伊豆スカ周辺で再び先ほどのソロさんに遭遇。どうやら伊豆スカからの取り付きが分からなかったようで再びご一緒して
1
往路で通過した分岐点に到着。ここまでくれば安心(^^)なので今度はお先に行かせて貰いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で通過した分岐点に到着。ここまでくれば安心(^^)なので今度はお先に行かせて貰いました。
1
登山口に到着。バス停に戻り時刻表を確認すると15分ほどあったのでそのまま歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。バス停に戻り時刻表を確認すると15分ほどあったのでそのまま歩き
観光客で賑わう名店街を抜けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客で賑わう名店街を抜けて
熱海駅に到着。こちらはちょうど発車に間に合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱海駅に到着。こちらはちょうど発車に間に合いました。
2

感想/記録

金・土曜日の雪でノーマルタイヤに戻しちゃっていた車での登山は無理と判断。
近場&富士見&電車&バス&雪無しという条件にぴったりだった伊豆の玄岳へ3年振りの再訪をしてきました。
前回は子供と一緒で強風だったこともあり玄岳近くの氷ヶ池へ寄らなかったので今回は登頂後に巡るようにコースを組んでみました。
途中から思いがけず雪があったりして驚きながら登頂してみると残念ながら富士山は雲の中とダブルパンチ(T_T)
それならばとせめて氷ヶ池を見学しようと目指し再出発すると先発されたソロさんが登り返してきます(゜∇゜ ;)エッ!?
聞くと伊豆スカに出てしまい驚いて戻ってこられたそうなのでご一緒して進むと確かに伊豆スカに到着。
しかし反対側に取り付きがあったのでご案内して無事氷ヶ池に到着。
3年越しの池なのでじっかり見学してから再出発すると伊豆スカで再び先ほどのソロさんに再遭遇。
どうやら伊豆スカからの取り付きを発見できなかったようなので再びご一緒して無事取り付きを発見。
こちらもお助けロープがある急斜面を少し登るとコースの分岐点に到着。
ここからは往路にも歩いたコースなので一安心して先行させてもらいました。
バス停に到着すると15分ほどあり下り基調なので観光がてら歩いて駅まで戻りました。
訪問者数:476人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/29
投稿数: 320
2017/4/3 7:24
 標高798mの展望台
Quechuaさん、おはようございます。

玄岳から富士山の絶景・・・のはずが、富士山が雲の向こうで残念でしたね。
私も三年前に玄岳に登りましたが、その時は晴れていたのに富士山に傘がかかっていました。
次に玄岳へ行くときは、山頂で雲一つない富士山を眺めたいと思ってますが、空気が乾いた真冬以外は難しそうですね。

[2014年に玄岳へ登った時のレコ]
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-567507.html
登録日: 2015/2/10
投稿数: 63
2017/4/3 23:34
 まさかの雪でした
ardisiaさん、こんばんは。

偶然ですがardisiaさんも三年前に登られていたのですね。
レコ見させて貰い富士山の姿を確認できました

今回は雪が無さそうな富士見の山という事で再訪したのですが、まさかの残雪登場と富士山はまったく見えずとダブルで残念でした
三年越しとなった氷ヶ池を見えたのがせめてもの救いでした。
次登るとしたら真冬ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スパッツ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ