また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1099218 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳 (鞍掛橋から残雪豊富な真白き台地へ)

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・滋賀県側R306ゲート前鞍掛橋付近の路肩に駐車。
 鞍掛橋までの道路上には残雪無し。
 トイレは多賀SAで。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
1時間32分
合計
7時間37分
S鞍掛橋08:3709:40乙1鉄塔09:5011:01鈴北岳11:0611:22ヒルコバ11:3611:49鈴ヶ岳11:5111:58ヒルコバ12:3212:53お花池12:5513:10元池13:1613:49御池岳14:0214:13ボタンブチ14:1514:27御池岳14:3114:58鈴北岳16:14鞍掛橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・R306は三重県側、滋賀県側共通行止め。
 三重県側は残雪のため冬期通行止め期間をしばらく延長のこと。
 滋賀県側は、道路法面一部崩落のため通行止め。
・鞍掛尾根、デーブルランド、鈴ヶ岳には、残雪がたっぷりあり。
・残雪上の歩行は、一部踏み抜きはあるが、ほぼツボ足でOK。
・テーブルランド上には、至る所に踏み跡あり。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

【御池岳への入口】
この林道から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【御池岳への入口】
この林道から。
【着地予定池点】
ここに下ってくる予定。登りは別尾根ルートで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【着地予定池点】
ここに下ってくる予定。登りは別尾根ルートで。
【尾根取り付き】
堰堤が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【尾根取り付き】
堰堤が目印。
【案内標識】
「クラカケ」と読める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【案内標識】
「クラカケ」と読める。
【甲2鉄塔から】
鈴ヶ岳から桜峠への雪の稜線がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【甲2鉄塔から】
鈴ヶ岳から桜峠への雪の稜線がきれい。
1
【巡視路標識】
よく見ると両端に火が着いていて、薄く鉄塔番号が書いてある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【巡視路標識】
よく見ると両端に火が着いていて、薄く鉄塔番号が書いてある。
【甲1鉄塔】
夏道の鉄塔に出てしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【甲1鉄塔】
夏道の鉄塔に出てしまった。
【乙1鉄塔に到着】
霊仙がくっきり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【乙1鉄塔に到着】
霊仙がくっきり。
【鞍掛尾根の雪庇】
もうここから雪たっぷり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鞍掛尾根の雪庇】
もうここから雪たっぷり。
【頭陀の鉄塔】
双子の鉄塔がよく分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【頭陀の鉄塔】
双子の鉄塔がよく分かる。
【雪の台地】
あそこで一息。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪の台地】
あそこで一息。
2
【霊仙と伊吹山】
白倉・金糞岳と能郷白山も見える。白山はぼんやり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【霊仙と伊吹山】
白倉・金糞岳と能郷白山も見える。白山はぼんやり。
【鈴北岳目指して】
後続者にあっさり抜かれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴北岳目指して】
後続者にあっさり抜かれる。
1
【鈴ヶ岳】
まだ全身雪化粧。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴ヶ岳】
まだ全身雪化粧。
1
【雪のドーナツ】
パームクーヘンもあるよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪のドーナツ】
パームクーヘンもあるよ。
3
【鈴北岳に到着】
雪山をバックに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴北岳に到着】
雪山をバックに。
1
【開かずのR306】
開通はいつになるのやら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【開かずのR306】
開通はいつになるのやら。
【鈴ヶ岳と琵琶湖】
鈴ヶ岳に行ってみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴ヶ岳と琵琶湖】
鈴ヶ岳に行ってみよう。
1
【ヒルコバ】
雪にアップアップの道標。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒルコバ】
雪にアップアップの道標。
1
【鈴ヶ岳】
黄色いのはテープだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴ヶ岳】
黄色いのはテープだけ。
【下りはシリセードで】
雪が弛んでいて滑りはよくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下りはシリセードで】
雪が弛んでいて滑りはよくない。
【木のベンチ】
ここで昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木のベンチ】
ここで昼食。
【カレーメシ】
微妙。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【カレーメシ】
微妙。
1
【お花池】
3週間前と殆ど変わっていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【お花池】
3週間前と殆ど変わっていない。
【鈴ヶ岳】
焦げた焼きおにぎり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴ヶ岳】
焦げた焼きおにぎり。
【空には夏雲】
雪煙じゃないよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【空には夏雲】
雪煙じゃないよ。
2
【元池】
まだ雪の下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【元池】
まだ雪の下。
【雪原と丸山】
雲がモクモク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪原と丸山】
雲がモクモク。
【大雪原】
真っ白な雪原の真ん中で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大雪原】
真っ白な雪原の真ん中で。
【鈴北岳方面】
どこを向いても青い空と白い雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴北岳方面】
どこを向いても青い空と白い雪。
【真の池】
雪の下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【真の池】
雪の下。
【雪庇と雪原】
雄大な斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪庇と雪原】
雄大な斜面。
【怪獣雲】
怪しげな雲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【怪獣雲】
怪しげな雲。
【影絵の世界】
雪庇と木の影が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【影絵の世界】
雪庇と木の影が美しい。
1
【御池岳山頂】
シリセードで遊ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【御池岳山頂】
シリセードで遊ぶ。
2
【奥ノ平の斜面】
足跡が縦横無尽に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥ノ平の斜面】
足跡が縦横無尽に。
【丸山方面】
雪の斜面がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸山方面】
雪の斜面がきれい。
【ボタンブチ】
縁だけ雪が解けてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ボタンブチ】
縁だけ雪が解けてる。
2
【T字尾根と天狗堂】
腕を広げた天狗様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【T字尾根と天狗堂】
腕を広げた天狗様。
【竜ヶ岳】
まだら竜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【竜ヶ岳】
まだら竜。
【キノコ雲】
今日は変な形の雲が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【キノコ雲】
今日は変な形の雲が多い。
1
【奥ノ平】
空が真っ青。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥ノ平】
空が真っ青。
1
【帰りはこっちへ】
もう誰もいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【帰りはこっちへ】
もう誰もいない。
2
【奥ノ平はパス】
雪の奥ノ平は、もう見納めかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥ノ平はパス】
雪の奥ノ平は、もう見納めかな。
1
【ここを登ろう】
真っさらな雪面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ここを登ろう】
真っさらな雪面。
1
【気持ちいい】
一歩一歩踏みしめながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【気持ちいい】
一歩一歩踏みしめながら。
【影絵芝居】
投影された木の影が何とも言えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【影絵芝居】
投影された木の影が何とも言えない。
【山頂再び】
積雪量は、以前来た時とほとんど変わっていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【山頂再び】
積雪量は、以前来た時とほとんど変わっていない。
2
【鈴北岳へ】
丸見えだから迷わない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴北岳へ】
丸見えだから迷わない。
【陶器の絵付け】
うっとり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【陶器の絵付け】
うっとり。
【影絵物語】
光と影の芸術だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【影絵物語】
光と影の芸術だ。
1
【真の谷源頭部】
足跡は鈴北岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【真の谷源頭部】
足跡は鈴北岳へ。
【丸山遠望】
雲が取れて青空が広がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸山遠望】
雲が取れて青空が広がってきた。
【射影】
北斜面に映った木の影が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【射影】
北斜面に映った木の影が美しい。
【鞍掛尾根の雪庇】
ずっと続いてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鞍掛尾根の雪庇】
ずっと続いてる。
【雪庇まつり】
雪庇が雪像のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪庇まつり】
雪庇が雪像のよう。
1
【乙3鉄塔より】
右隣には、登りに使った尾根が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【乙3鉄塔より】
右隣には、登りに使った尾根が見えた。
【甲3鉄塔より】
R306の崩落池が見えた。崩落地はもう一箇所見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【甲3鉄塔より】
R306の崩落池が見えた。崩落地はもう一箇所見えた。
【林道着地】
登りで使った尾根の取り付きは、ここを更に進んだ所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【林道着地】
登りで使った尾根の取り付きは、ここを更に進んだ所。
【帰りに見た伊吹山】
賞味期限ぎりぎりか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【帰りに見た伊吹山】
賞味期限ぎりぎりか。
1

感想/記録

4月になっても三重県側のR306のゲートは開かなかった。
それならばと、滋賀県側の鞍掛橋から登ることにした。
あれからもう三週間、雪はかなり解けただろうと、花狙いだった。
ところが、まだ雪はたっぷり。
山頂の棒の字は、三週間前と変わっていなかった。
一応鈴ヶ岳にも登ってみた。
お花池にも行ってみた。
しかし、地面は白いままで、黄色いものは皆無だった。
元池も、まだ完全に雪の下。
花モードは完全に裏切られた。
雪モードにも完全には戻れないまま、シリセードでお茶を濁した。
真っ白な御池の雪原は、相変わらず美しかった。
でも、もうそろそろ花が咲いてくれないかな。
残雪の中に咲くフクジュソウ、いつになったら見られるのだろうか。
 
訪問者数:535人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 2386
2017/4/4 18:05
 ニアミスでしたね。
whitewaterさん 今晩は。

同じ日に同じお山でしたね。
御池岳山頂に居られた頃は、奥の平からの下山途中でした。
雪のテーブルランドは初めてでしたが、素晴らしい景色に出会えて
最高の気分でした。
雪融けが進んだら今度は鈴ヶ岳の福寿草が楽しみです。
登録日: 2012/6/28
投稿数: 85
2017/4/5 12:13
 Re: ニアミスでしたね。
onetotaniさん、こんにちは。

レコを見てビックリしました。
同じ御池だったんですね。
奥ノ平方面の雪原は最高だったようですね。

私は、鈴ヶ岳に立ち寄ったせいで山頂到着が遅くなってしまいました。
もう少し時間があれば青のドリーネまで行きたかったんですが。
そうしたらお会いできたかも知れませんね。

鈴ヶ岳はまだ真っ白でした。
雪が解けたら、ぜひ福寿草の咲く鈴ヶ岳にも足を運んでみてください。
その時、またお会いできたらいいですね。
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ