また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1101795 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白山

猿ヶ馬場山

日程 2017年04月05日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路
4日、昼食後に自宅を出て、軽井沢〜新和田トンネル経由でずっと一般道を走り、国道158号線の道の駅『風穴の里』で車中泊。午前2時過ぎに起き、高山西IC〜白川郷IC間を高速走行。
午前5時頃、せせらぎ公園駐車場着。

復路
白川郷IC〜高山ICと松本IC〜本庄児玉IC間を高速走行。
20時40分頃 帰宅、往復走行約730辧
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
1時間13分
合計
9時間30分
Sせせらぎ公園駐車場05:2007:02宮谷林道出合09:20大シラビソノ平09:2209:48猿ヶ馬場山10:3011:05大シラビソノ平11:32帰雲山11:4012:05・152812:1513:17宮谷林道出合13:2814:50せせらぎ公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口(せせらぎ公園駐車場)の標高は約490m。
猿ヶ馬場山頂上までの標高差は1385mほどありますが、登り返しの高低差はとても小さく、帰雲山経由でも累積標高差は1500m未満と思われます。
特に私が登りで歩いた沢ルートは登り返しは皆無でした。
その他周辺情報白川郷ICから せせらぎ公園までにコンビニは1軒ありますが、
早朝はやってなく、8時からの営業らしいです。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

猿ヶ馬場山頂上
山頂表示板は雪に埋もれているようでした。
白山から北、野谷荘司山〜大笠山は頂上から西側へ
少し下った所の方が、針葉樹が被写体に入りません。
2017年04月05日 10:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿ヶ馬場山頂上
山頂表示板は雪に埋もれているようでした。
白山から北、野谷荘司山〜大笠山は頂上から西側へ
少し下った所の方が、針葉樹が被写体に入りません。
2
三方崩山、奥三方岳 〜 御前峰、剣ヶ峰、大汝峰
2017年04月05日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方崩山、奥三方岳 〜 御前峰、剣ヶ峰、大汝峰
4
妙法山(△)〜野谷荘司山〜馬狩荘司山
2017年04月05日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法山(△)〜野谷荘司山〜馬狩荘司山
1
人形山〜三ヶ辻山〜金剛堂山
2017年04月05日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形山〜三ヶ辻山〜金剛堂山
2
人形山〜三ヶ辻山(ズーム)
2017年04月05日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形山〜三ヶ辻山(ズーム)
1
金剛堂山〜白木峰
2017年04月05日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛堂山〜白木峰
1
粟ヶ岳〜御前岳(奥の中央左右)
2017年04月05日 10:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳〜御前岳(奥の中央左右)
3
立山〜薬師〜水晶
肉眼では黒々とした剱岳の岩壁が見えていました。
2017年04月05日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山〜薬師〜水晶
肉眼では黒々とした剱岳の岩壁が見えていました。
薬師〜水晶〜黒部五郎〜槍〜穂高
槍と北穂は雪が付かず、黒い部分が多かった。
2017年04月05日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師〜水晶〜黒部五郎〜槍〜穂高
槍と北穂は雪が付かず、黒い部分が多かった。
中央奥は乗鞍
手前は猪臥山か?
2017年04月05日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥は乗鞍
手前は猪臥山か?
肉眼ではこの写真の中央奥に御嶽山が見えていました。
2017年04月05日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼ではこの写真の中央奥に御嶽山が見えていました。
別山〜三方崩〜白山
2017年04月05日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山〜三方崩〜白山
1
頂上で居合わせた方に撮って頂きました。
2017年04月05日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上で居合わせた方に撮って頂きました。
7
白山から北へ延びる頂稜
2017年04月05日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山から北へ延びる頂稜
2
野谷荘司山〜三方岩岳〜笈ヶ岳〜大笠山〜奈良岳〜大門山?
2017年04月05日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野谷荘司山〜三方岩岳〜笈ヶ岳〜大笠山〜奈良岳〜大門山?
大門山方面?
2017年04月05日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門山方面?
大笠山から北側の山々
2017年04月05日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山から北側の山々
2
野谷荘司山〜笈ヶ岳
2017年04月05日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野谷荘司山〜笈ヶ岳
帰雲山の小屋とアンテナ
2017年04月05日 11:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰雲山の小屋とアンテナ
1
帰雲山からの下りで振り返る猿ヶ馬場山
広範囲に木がない右側が最高点です。
2017年04月05日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰雲山からの下りで振り返る猿ヶ馬場山
広範囲に木がない右側が最高点です。
1528mピークの下りで見下ろす1472.2mピーク
2017年04月05日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1528mピークの下りで見下ろす1472.2mピーク
1528mピークのアンテナ
2017年04月05日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1528mピークのアンテナ
撮影機材:

感想/記録

関東地方から白山周辺の山へ行くには気が重い。
でも、日本300名山の一峰であり、飛騨高地の最高峰である猿ヶ馬場山へは いつかは行きたいと思っていた。
事前の天気予報は、4月4〜5日は晴れだが、3日は悪天候の予報だった。
山では新雪が降り積もったことが予想され、ワカンを携行する。

せせらぎ公園駐車場へは丁度良い時刻に着く。
広い駐車場に車は一台もないが、身支度している時に関西ナンバーの車が来る。
「猿ヶ馬場ですか?」と聞くと、そうですとのこと。
ライト不要となった5時20分にスタート。

明善寺を左に見て、車道から杉林へ入る。以後、ここに下山するまで雪が消えて地面が見える所は全くなく、明瞭なトレースがある。
作業小屋風の大きな建屋の所から林道を外れ、上方で再び林道に出てヘアピンカーブを上がり、林道終点みたいな地点から凹地状地形を、宮谷林道が右後方から伸びる地形図1070m付近まで上がる。
この凹地状地形はほぼ真っすぐで、とても分かりやすい。
宮谷林道を7〜8分、トレースは1178mピークの南側鞍部へ上がる尾根ルートと、林道をそのまま奥へ辿る沢ルートに分かれる。
雪上の足跡は6:4の割合で、尾根ルートの方が濃いように見受けられる。
山頂までの距離は沢ルートの方が短いように思い、尾根ルートは下りに歩くことにして林道を進む。

沢ルートは帰雲山の東側か、1662mピークの南側まで、ずっと沢筋を辿るのだろうと思っていたが、トレースは1350m付近で左側の尾根へ上がっている。
この尾根は幅が広く、トレースは広がっていて薄い。沢から1時間余り上がった頃、もしもの時のために持参したGPSの電源を入れて見ると、1662m西側のべろ状ピークへ向かっていることが分かって一安心。
べろ状ピークから明瞭なトレースを辿り、尾根ルートと合流して登頂する。

関西ナンバーの車の単独行男性には凹地状地形の上りで、凄い勢いで追い抜かれる。
その方が下りでも行き会い、頂上まであと何分ぐらいか聞くと、3〜4分とのこと。
沢ルートの途中では、どこからも頂上は見えなかった代わりに、頂上がはるか遠くに見えてウンザリすることもなかった。

猿ヶ馬場山頂上は予想以上の素晴らしいパーフェクトなパノラマだった。
北アルプスは剱岳から乗鞍まで、肉眼では御嶽山も見えていた。
惜しむらくは気温が高くて霞んでいたこと。大気の澄み切った晴天に登れば、御嶽山の左奥には中央アルプス北部が見えただろう。
今日、この山に登ったのは私を含め、中高年の単独ばかり4人だった。
訪問者数:818人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 GPS 累積標高 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ