また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103962 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

十八丁尾根〜瑞宝寺谷西尾根

日程 2017年04月13日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
48分
合計
4時間51分
Sスタート地点10:0511:49十八丁山11:5212:38一軒茶屋12:4912:54六甲山13:1814:13展望台14:2214:41瑞宝寺公園14:4214:56神戸電鉄有馬温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道路から十八丁尾根に入る門周辺ですが、工事しており通行できませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

JRさくら夙川駅よりさくらやまなみバスに乗り、白水峡墓園前で下車。ここから西に進み、十八丁尾根の入口に向かいます。
2017年04月13日 10:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JRさくら夙川駅よりさくらやまなみバスに乗り、白水峡墓園前で下車。ここから西に進み、十八丁尾根の入口に向かいます。
2
入口である門周辺が、何と工事中。工事されている方に通り抜けられるか聞いてみたが、NGでした。仕方ないので、白水尾根経由で十八丁尾根に乗ることに。
2017年04月13日 10:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口である門周辺が、何と工事中。工事されている方に通り抜けられるか聞いてみたが、NGでした。仕方ないので、白水尾根経由で十八丁尾根に乗ることに。
2
この景色が見えた少し先より、右に下る道に入ります。
2017年04月13日 10:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が見えた少し先より、右に下る道に入ります。
2
道は結構明瞭です。
2017年04月13日 10:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は結構明瞭です。
1
思ったよりすぐに十八丁川に到着。上流方向に道があるので少し進んでみましたが、どうも違うっぽい。ここから少し下流へ進むことに。
2017年04月13日 10:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったよりすぐに十八丁川に到着。上流方向に道があるので少し進んでみましたが、どうも違うっぽい。ここから少し下流へ進むことに。
予定外だったので、どこから尾根に取り付くか分からない。この堰堤が見えた周辺から、強引に登りました。
2017年04月13日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定外だったので、どこから尾根に取り付くか分からない。この堰堤が見えた周辺から、強引に登りました。
3
途中で、炭焼窯跡を発見。
2017年04月13日 11:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で、炭焼窯跡を発見。
踏み跡ないですが、尾根に登れば道があるはず。
2017年04月13日 11:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡ないですが、尾根に登れば道があるはず。
ようやく尾根に乗り、踏み跡発見。ここからは最後まで明瞭な道でした。
2017年04月13日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく尾根に乗り、踏み跡発見。ここからは最後まで明瞭な道でした。
2
十八丁尾根は単調な尾根道かと思いましたが、意外に変化に富んでました。尾根には岩が乗っている場所が多数あります。
2017年04月13日 11:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁尾根は単調な尾根道かと思いましたが、意外に変化に富んでました。尾根には岩が乗っている場所が多数あります。
3
岩場も多い。ちょうど南側にある、黒岩谷西尾根に様子が似てる。
2017年04月13日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場も多い。ちょうど南側にある、黒岩谷西尾根に様子が似てる。
2
中盤では、こんな岩場が結構出てくる。
2017年04月13日 11:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤では、こんな岩場が結構出てくる。
1
これ登るのか?と思ったけど、右に道ありました。
2017年04月13日 11:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ登るのか?と思ったけど、右に道ありました。
自然の造形美が堪能できます。
2017年04月13日 11:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の造形美が堪能できます。
2
笹が出てきたので、山頂近いか。
2017年04月13日 11:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が出てきたので、山頂近いか。
左下方に芦有道路が見えます。この位置はちょうど、トンネルの真上。
2017年04月13日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下方に芦有道路が見えます。この位置はちょうど、トンネルの真上。
1
右下方にも道路が見えます。
2017年04月13日 11:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下方にも道路が見えます。
この辺りは、北東方向の視界が開けてます。
2017年04月13日 11:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、北東方向の視界が開けてます。
2
分岐ですが、どっち進んだか忘れました。分岐では地図とコンパス使い、方向確認して進みます。
2017年04月13日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐ですが、どっち進んだか忘れました。分岐では地図とコンパス使い、方向確認して進みます。
しっかりした尾根が出てきました。天気いいので、歩いていて気持ちがいい。
2017年04月13日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりした尾根が出てきました。天気いいので、歩いていて気持ちがいい。
1
少しだけ、芦有道路の横を通ります。
2017年04月13日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ、芦有道路の横を通ります。
3
十八丁尾根は、面白みに欠けるかと思ってましたが、多様な自然の美しさを楽しめる、いい登山道です。
2017年04月13日 12:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁尾根は、面白みに欠けるかと思ってましたが、多様な自然の美しさを楽しめる、いい登山道です。
1
谷が始まる箇所ですが、日陰でスペースが広く、休憩に良さそう。
2017年04月13日 12:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷が始まる箇所ですが、日陰でスペースが広く、休憩に良さそう。
朽ちた階段が出てきました。「あと少しかな」って思ってから結構距離があり、最後は疲れました。
2017年04月13日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた階段が出てきました。「あと少しかな」って思ってから結構距離があり、最後は疲れました。
ようやく旧道路に出ました。
2017年04月13日 12:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく旧道路に出ました。
3
道路側から見ると、ペンキで印がついてます。
2017年04月13日 12:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路側から見ると、ペンキで印がついてます。
1
六甲最高峰にも寄りましたが、何と最高峰左側の藪がきれいに刈り取られており、めちゃ広くなってる!
2017年04月13日 12:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲最高峰にも寄りましたが、何と最高峰左側の藪がきれいに刈り取られており、めちゃ広くなってる!
3
展望の良くなった西側に向き、昼食タイム。
2017年04月13日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良くなった西側に向き、昼食タイム。
3
さて下りは瑞宝寺谷西尾根を進みます。一軒茶屋から道路を進み、縦走路が道路から離れるこのポイントから左に入ります。
2017年04月13日 13:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下りは瑞宝寺谷西尾根を進みます。一軒茶屋から道路を進み、縦走路が道路から離れるこのポイントから左に入ります。
標識ありませんが、踏み跡しっかりしてます。
2017年04月13日 13:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識ありませんが、踏み跡しっかりしてます。
マイナーな道と思ってましたが、笹が刈り取られており、道は明瞭です。
2017年04月13日 13:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナーな道と思ってましたが、笹が刈り取られており、道は明瞭です。
こんな標識が。
2017年04月13日 13:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識が。
6
ここは左です。右は通れないよう、ロープで遮られてます。
2017年04月13日 13:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左です。右は通れないよう、ロープで遮られてます。
ここは迷いましたが、右に進みました。
2017年04月13日 13:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは迷いましたが、右に進みました。
2
後鉢巻山方向を望みます。
2017年04月13日 13:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後鉢巻山方向を望みます。
道を間違えないよう、随所にこのような通せんぼがあります。道が分かるか心配してましたが、思った以上に明瞭な道です。
2017年04月13日 13:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を間違えないよう、随所にこのような通せんぼがあります。道が分かるか心配してましたが、思った以上に明瞭な道です。
2
十八丁尾根ほどではありませんが、自然の造形美を楽しめます。
2017年04月13日 13:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁尾根ほどではありませんが、自然の造形美を楽しめます。
2
岩場も多少あります。
2017年04月13日 13:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場も多少あります。
1
筆屋道に出る手前の、最後の道はちょっと迷いました。結局、みんなが通っているだろう道の、ちょっと東側を進んだようです。
2017年04月13日 14:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆屋道に出る手前の、最後の道はちょっと迷いました。結局、みんなが通っているだろう道の、ちょっと東側を進んだようです。
3
何と、展望台に直接出ました。
2017年04月13日 14:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と、展望台に直接出ました。
2
振り返ると、下ってきた道が標識の後ろに見えます。ここから登っても、全然大丈夫ですよ。
2017年04月13日 14:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、下ってきた道が標識の後ろに見えます。ここから登っても、全然大丈夫ですよ。
3
太鼓滝。思ったよりも見応えありました。
2017年04月13日 14:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太鼓滝。思ったよりも見応えありました。
3
有馬温泉の桜は、ちょうど満開。
2017年04月13日 14:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉の桜は、ちょうど満開。
天気が良いせいか、平日なのに結構な人です。有馬温泉で終了。
2017年04月13日 14:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良いせいか、平日なのに結構な人です。有馬温泉で終了。
2

感想/記録

涼しげですが天気は良く、尾根を登るのにはちょうどいい気候です。
まずは十八丁尾根ですが、入口がまさかの工事通行止めで、仕方なく白水尾根経由で入りました。十八丁尾根は展望こそ良くありませんが、多様な自然の造形美を楽しめる、思ったよりもいいコースでした。
瑞宝寺谷西尾根もマイナーコースのイメージでしたが、筆屋道近くを除けばメジャーの登山道くらいの明瞭な道でした。ただし、一部斜面が急な所もあるので、注意が必要です。
訪問者数:998人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

トンネル 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ