また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107442 全員に公開 山滑走白山

白山 (白峰〜湯の谷〜丸岡谷) ※釈迦林道は通行困難で渡渉!

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間59分
休憩
34分
合計
9時間33分
S風嵐ゲート04:0404:59市ノ瀬ビジターセンター06:39別当出合08:16甚之助避難小屋09:26白山室堂09:2810:08大汝峰南・中宮道分岐10:2811:39白山釈迦岳11:4512:13釈迦岳登山口12:1913:12市ノ瀬13:37風嵐ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白峰ゲート=市ノ瀬〜別当出合〜湯の谷〜釈迦岳〜丸岡谷〜市ノ瀬=白峰ゲート
(白峰ゲート=市ノ瀬・六万橋は自転車を使用)

※釈迦林道は一部通行困難で渡渉しました。当面、行かない方が良いと思いました!


今季2回目の白山に行って来ました☆
前半は期待以上の青空で、景色を楽しみながら気分良く登行〜♪
御前峰をパスして大汝峰に向かいましたが、ガスが湧いて来て展望を期待出来ず登路も凍結
していたので断念。青空のうちに御前峰に登っておけば良かった・・・
でも湯の谷〜丸岡谷は凍結〜重雪ながらも充分楽しめたので満足です☆

しかし、釈迦林道はいつもの片斜面区間が例年以上に厳しく、危険と判断、渡渉しました。
今回は両岸の雪がほぼつながり、水流も問題無かったのでスムーズに迂回できましたが、
今後、林道も危険、渡渉も難儀となる可能性もあるかもしれず、行かない方が無難と思いました。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

早朝4時に白峰ゲートをチャリで出発!
六万橋まで除雪され、雪切れはすぐ先の1ヶ所のみでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝4時に白峰ゲートをチャリで出発!
六万橋まで除雪され、雪切れはすぐ先の1ヶ所のみでした
1
山麓〜中腹は2週間前より1m前後雪が融けていましたが、それでも例年より多め?!
吊橋のワイヤーは左側が少し弛んでいました・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓〜中腹は2週間前より1m前後雪が融けていましたが、それでも例年より多め?!
吊橋のワイヤーは左側が少し弛んでいました・・・
4
鳥居が少し見えて来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が少し見えて来ました
4
御前峰をパスして大汝峰に向かいましたが、青空のうちに御前峰に登っておけば良かった・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰をパスして大汝峰に向かいましたが、青空のうちに御前峰に登っておけば良かった・・・
大汝峰の取り付きに着くとガスが湧いて来て登路も凍結していたので断念・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰の取り付きに着くとガスが湧いて来て登路も凍結していたので断念・・・
1
大斜面は凍結していましたが吹き溜まりを辿って湯の谷に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斜面は凍結していましたが吹き溜まりを辿って湯の谷に向かいます
1
湯の谷は上部は凍結、中間からは重雪でしたが、楽しめました☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の谷は上部は凍結、中間からは重雪でしたが、楽しめました☆
2
白山釈迦岳へ登り返します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山釈迦岳へ登り返します
2
白山釈迦岳に到着♪
が、好展望はお預け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山釈迦岳に到着♪
が、好展望はお預け
1
滝場も無事通過〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝場も無事通過〜
3
谷を離れて台地に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を離れて台地に向かいます
林道まで雪がつながっていて無事着地〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道まで雪がつながっていて無事着地〜
しかし悲しいお知らせが・・・
恐怖の片斜面区間が、雪と土砂マシマシで例年以上に厳しく通行不能と思いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし悲しいお知らせが・・・
恐怖の片斜面区間が、雪と土砂マシマシで例年以上に厳しく通行不能と思いました
4
写真では緩く見える?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では緩く見える?!
2
以前から頭の片隅にはあった渡渉を実際にすることに・・・
前日?のトレースも渡渉していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前から頭の片隅にはあった渡渉を実際にすることに・・・
前日?のトレースも渡渉していました
3
左の堰堤上を渡渉しました。
今回は両岸の雪がほぼつながり、水流も問題無かったのでスムーズに迂回できましたが、今後、林道も危険、渡渉も難儀となる可能性もあるかもしれず、行かない方が無難と思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の堰堤上を渡渉しました。
今回は両岸の雪がほぼつながり、水流も問題無かったのでスムーズに迂回できましたが、今後、林道も危険、渡渉も難儀となる可能性もあるかもしれず、行かない方が無難と思います。
6
雪が多かったので途中で林道を離れて釈迦新道登山口に無事着地〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多かったので途中で林道を離れて釈迦新道登山口に無事着地〜
1
白峰ゲートにゴ〜ル♪
山中でお会いしたのは3名でしたが、市ノ瀬にはチャリが10台ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰ゲートにゴ〜ル♪
山中でお会いしたのは3名でしたが、市ノ瀬にはチャリが10台ありました
3
訪問者数:598人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 渡渉 堰堤 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ