また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1119852 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 赤城・榛名・荒船

鹿岳・四ツ又山(南牧村大久保より周回コース)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年04月30日(日) [日帰り]
メンバー
天候☀晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◎鹿岳駐車場(南牧ハーブガーデン跡地)利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
2時間15分
合計
7時間22分
S鹿岳駐車場08:0208:16四つ又山登山口08:1708:22駐車場08:2408:35分岐08:58天狗峠09:0509:33四ッ又山09:5310:00P210:0410:08P310:1010:14P410:1610:43マメガタ峠10:4811:12休憩11:1511:43鹿岳のコル11:53鹿岳(一ノ岳)12:2012:29鹿岳のコル12:46鹿岳13:4814:15高原降下点14:48木々岩峠分岐15:03木々岩峠登山口15:19鹿岳登山口15:24鹿岳駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

鹿岳駐車場。四ツ又山登山口へ、まず車道を下っていきます。
2017年04月30日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳駐車場。四ツ又山登山口へ、まず車道を下っていきます。
大久保の登山道入り口。ここを右に入ります。
2017年04月30日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保の登山道入り口。ここを右に入ります。
四ツ又山登山口。車道はここまで。
2017年04月30日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ツ又山登山口。車道はここまで。
滝を見ながら沢沿いに登ります。
2017年04月30日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を見ながら沢沿いに登ります。
マメガタ峠への分岐。右の道へ進みます。
2017年04月30日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マメガタ峠への分岐。右の道へ進みます。
天狗峠が見えました。
2017年04月30日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗峠が見えました。
大天狗の石碑。天狗の石像が可愛らしかったです。
2017年04月30日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗の石碑。天狗の石像が可愛らしかったです。
新緑が気持ちいいです。
2017年04月30日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が気持ちいいです。
この石像が見えたらすぐ分岐があります。
2017年04月30日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石像が見えたらすぐ分岐があります。
分岐。四ツ又山(P1)は、縦走路から外れていました。
2017年04月30日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。四ツ又山(P1)は、縦走路から外れていました。
四ツ又山(P1)に登頂。
2017年04月30日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ツ又山(P1)に登頂。
P1より鹿岳と遠く浅間山。
2017年04月30日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1より鹿岳と遠く浅間山。
ミツバツツジは花盛り。
2017年04月30日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジは花盛り。
1
P2も縦走路から外れていますが、入口には道標がありません。山頂の石像です。
2017年04月30日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2も縦走路から外れていますが、入口には道標がありません。山頂の石像です。
2
P2の烏天狗像。
2017年04月30日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2の烏天狗像。
1
P3へはロープ伝いにちょっと怖い登り。
2017年04月30日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3へはロープ伝いにちょっと怖い登り。
P4からの鹿岳と浅間山。
2017年04月30日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4からの鹿岳と浅間山。
1
同じく赤岳、横岳、硫黄岳。
2017年04月30日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく赤岳、横岳、硫黄岳。
2
急な坂を下りマメガタ峠に到着。
ここで休憩中にチョコレートを下さった方、ありがとうございました。
2017年04月30日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な坂を下りマメガタ峠に到着。
ここで休憩中にチョコレートを下さった方、ありがとうございました。
急な坂を登り返して鹿岳へ。
2017年04月30日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な坂を登り返して鹿岳へ。
ミツバツツジやヤマザクラの咲く明るい登山道。
2017年04月30日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジやヤマザクラの咲く明るい登山道。
木の間からは目前に迫った鹿岳が見えてきました。
2017年04月30日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間からは目前に迫った鹿岳が見えてきました。
鹿岳のコル直前のロープ。キツイ段差もありました。
2017年04月30日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳のコル直前のロープ。キツイ段差もありました。
鹿岳のコル。まず一ノ岳へ。
2017年04月30日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳のコル。まず一ノ岳へ。
短いハシゴの先、山頂まで急な坂が続きます。
2017年04月30日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短いハシゴの先、山頂まで急な坂が続きます。
鹿岳(一ノ岳)山頂。
2017年04月30日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳(一ノ岳)山頂。
1
山頂標識の裏に回ると展望が開けていました。下仁田から富岡方面でしょうか?
2017年04月30日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識の裏に回ると展望が開けていました。下仁田から富岡方面でしょうか?
一ノ岳山頂の少し下からは二ノ岳がよく見えました。
2017年04月30日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ岳山頂の少し下からは二ノ岳がよく見えました。
1
鹿岳のコルから今度は二ノ岳を目指しました。
2017年04月30日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳のコルから今度は二ノ岳を目指しました。
長い木のハシゴ。これは怖さを感じず登れました。
2017年04月30日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い木のハシゴ。これは怖さを感じず登れました。
ハシゴに続く鎖。こちらは谷側の高度感があって、ちょっと怖かったです。
2017年04月30日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴに続く鎖。こちらは谷側の高度感があって、ちょっと怖かったです。
フイリフモトスミレ。山頂のすぐ手前にて。
2017年04月30日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フイリフモトスミレ。山頂のすぐ手前にて。
鹿岳(二ノ岳)登頂です。妙義山をバックに。
2017年04月30日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳(二ノ岳)登頂です。妙義山をバックに。
1
浅間山方面。
2017年04月30日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山方面。
歩いてきた一ノ岳と四ツ又山。
2017年04月30日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた一ノ岳と四ツ又山。
アカヤシオは盛りを過ぎていましたが、二ノ岳周辺の花にはまだ元気がありました。
2017年04月30日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオは盛りを過ぎていましたが、二ノ岳周辺の花にはまだ元気がありました。
3
アカヤシオ。
2017年04月30日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオ。
1
アカヤシオと浅間山。
2017年04月30日 13:44撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオと浅間山。
1
さらに先へ進みます。ロープがかかっていますが、ほぼ垂直な感じで難儀しました。
2017年04月30日 13:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに先へ進みます。ロープがかかっていますが、ほぼ垂直な感じで難儀しました。
三ノ岳とも呼ばれる岩稜の上から見たニノ岳。
2017年04月30日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ岳とも呼ばれる岩稜の上から見たニノ岳。
さっき降りてきた坂を下る人が見えます。やっぱり相当急です。
2017年04月30日 13:52撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき降りてきた坂を下る人が見えます。やっぱり相当急です。
滑りやすい坂が続きました。
2017年04月30日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい坂が続きました。
雑木林に入り、稜線上の小さなピークをいくつか越えていきます。
2017年04月30日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林に入り、稜線上の小さなピークをいくつか越えていきます。
高原下降点です。道標はありませんが、倒木で尾根には通せんぼしてあります。
2017年04月30日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原下降点です。道標はありませんが、倒木で尾根には通せんぼしてあります。
急で滑りやすいです。
2017年04月30日 14:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急で滑りやすいです。
短い岩場ですが、下が見えにくいので大変でした。
2017年04月30日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い岩場ですが、下が見えにくいので大変でした。
伐採地に出ました。
2017年04月30日 14:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に出ました。
伐採地の作業道がありますが、右側の尾根上に登山道があります。
2017年04月30日 14:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地の作業道がありますが、右側の尾根上に登山道があります。
伐採地を下から見たところです。右上の岩場から落ちた岩が、かろうじて途中で引っかかっています。尾根上に登山道があったのは、危険防止のためかなと思いました。
2017年04月30日 14:41撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地を下から見たところです。右上の岩場から落ちた岩が、かろうじて途中で引っかかっています。尾根上に登山道があったのは、危険防止のためかなと思いました。
木々岩峠からの道と合流します。合流後は車も通れるほどの道になります。
2017年04月30日 14:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々岩峠からの道と合流します。合流後は車も通れるほどの道になります。
木々岩峠登山口に下山。
2017年04月30日 15:00撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々岩峠登山口に下山。
あとは舗装道路を歩いて駐車場まで戻ります。
2017年04月30日 15:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは舗装道路を歩いて駐車場まで戻ります。
鹿岳登山口。
車を停めた駐車場までは5分弱です。おつかれさまでした。
2017年04月30日 15:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳登山口。
車を停めた駐車場までは5分弱です。おつかれさまでした。
帰りに上高原から鹿岳を眺めて帰りました。
2017年04月30日 15:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに上高原から鹿岳を眺めて帰りました。

感想/記録

 アカヤシオが見たくて、鹿岳と四ツ又山に行ってきました。
 一見どこからどう登るのかと考えてしまうほど険しい鹿岳ですが、実際に行ってみるとやっぱり平坦な所がほとんどなくて、急登・急下降の連続にロープや鎖場も多く、ヘタヘタになりながら登ってきました。でもその甲斐あって山頂からは、素晴らしい展望を眺めることが出来ました。
 惜しくもアカヤシオの盛りは過ぎていましたが、まだまだきれいに花が咲いているものもあり、新緑の木々に囲まれながら楽しい山歩きが出来ました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:502人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ