また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1128203 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

貫ヶ岳〜高ドッキョウ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年05月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
奥山グリーンロッジ近くに駐車スペース有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
49分
合計
8時間51分
Sスタート地点06:0707:58貫ヶ岳08:0208:31晴海展望台08:44十国展望台09:12樽峠09:1710:05清水方面展望所10:36高ドッキョウ10:4611:25徳間峠11:3312:17赤岳12:2312:32深田尾峠12:3913:07砂子山13:1313:39田代峠13:4214:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【上皐月橋〜799m】
根熊園入口から送電線巡視路を辿れば799m地点へ向かう稜線へ取り付けられる。植林帯を抜けると笹藪が濃いが、地形は分かりやすい。

【799m〜貫ヶ岳】
笹藪が濃いところもあるが、地形は分かりやすい。

【貫ヶ岳〜平治の段】
一般登山道で歩きやすい。

【平治の段〜樽峠】
一般登山道で歩きやすい。樽峠手前は階段状に整備されている。

【樽峠〜高ドッキョウ】
一般登山道だが、高ドッキョウ山頂手前はかなりの急登。

【高ドッキョウ〜徳間峠】
一般登山道だが、樽峠側に比べると地形が険しい。

【徳間峠〜赤岳】
一般登山道では無いが踏跡は明瞭。難所にはロープも設置されている。一部笹藪が濃いところ有り。

【赤岳〜深田尾峠】
一般登山道では無いが分かりやすい地形。

【深田尾峠〜砂子山】
送電線鉄塔下を通過する。樹木が刈り払われており眺めが良い。一般登山道ではないが地形は明瞭。

【砂子山〜田代峠】
稜線が一部不明瞭だが、ルートにはテープが設置されている。

【田代峠〜奥山温泉】
東海自然歩道に指定されている。後半は廃道に近い林道を歩く。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

奥山グリーンロッジ近くの駐車スペースに車をデポ。ここから上皐月橋まで折りたたみ自転車で移動。距離は約9km、30分ほどで下れる。
2017年05月05日 05:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥山グリーンロッジ近くの駐車スペースに車をデポ。ここから上皐月橋まで折りたたみ自転車で移動。距離は約9km、30分ほどで下れる。
上皐月橋近くの道路標識に折りたたみ自転車をデポ。
2017年05月05日 06:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上皐月橋近くの道路標識に折りたたみ自転車をデポ。
送電線鉄塔を目印に稜線に取り付く。
2017年05月05日 06:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔を目印に稜線に取り付く。
根熊園入口。
2017年05月05日 06:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根熊園入口。
用水路の蓋の上を進むと送電線巡視路に取り付ける。
2017年05月05日 06:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用水路の蓋の上を進むと送電線巡視路に取り付ける。
トレースはここまで。
2017年05月05日 06:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはここまで。
一般ルートではありませんが、稜線の地形は明瞭でした。
2017年05月05日 06:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般ルートではありませんが、稜線の地形は明瞭でした。
林道を横切る。テレビの受信施設が設置されている。
2017年05月05日 06:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切る。テレビの受信施設が設置されている。
この祠を過ぎると笹藪が濃い。
2017年05月05日 07:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この祠を過ぎると笹藪が濃い。
稜線のけもの道はしっかりしている。かき分けるように進む。
2017年05月05日 07:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線のけもの道はしっかりしている。かき分けるように進む。
貫ヶ岳山頂はもうすぐ。
2017年05月05日 07:52撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫ヶ岳山頂はもうすぐ。
笹藪を抜けるとひょっこり貫ヶ岳山頂に出る。
2017年05月05日 08:01撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪を抜けるとひょっこり貫ヶ岳山頂に出る。
貫ヶ岳から先の稜線は一般ルートで歩きやすい。
2017年05月05日 08:13撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫ヶ岳から先の稜線は一般ルートで歩きやすい。
晴海展望台から。この日は空気が澄んでいた。
2017年05月05日 08:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴海展望台から。この日は空気が澄んでいた。
1
平治の段方面への分岐。
2017年05月05日 08:50撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平治の段方面への分岐。
篠井山の先には北岳がくっきり見えた。
2017年05月05日 09:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篠井山の先には北岳がくっきり見えた。
1
樽峠に向かって階段状の木道を下る。
2017年05月05日 09:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽峠に向かって階段状の木道を下る。
樽峠で休憩。
2017年05月05日 09:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽峠で休憩。
白いイワカガミが群生していた。
2017年05月05日 09:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いイワカガミが群生していた。
1
高ドッキョウに向かって最後の急登。
2017年05月05日 10:21撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高ドッキョウに向かって最後の急登。
高ドッキョウ山頂。富士山方面の眺望がよい。
2017年05月05日 10:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高ドッキョウ山頂。富士山方面の眺望がよい。
2
徳間峠に向かって下る。樽峠側に比べると地形が険しい。
2017年05月05日 11:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳間峠に向かって下る。樽峠側に比べると地形が険しい。
徳間峠を通過。この先は一般登山道ではない。
2017年05月05日 11:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳間峠を通過。この先は一般登山道ではない。
赤岳に向かう途中から。
2017年05月05日 11:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳に向かう途中から。
1
一般登山道ではないが、難所にはロープが設置されている。
2017年05月05日 11:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道ではないが、難所にはロープが設置されている。
一時的に笹藪が濃い。
2017年05月05日 11:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時的に笹藪が濃い。
赤岳山頂。眺望は無い。
2017年05月05日 12:21撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。眺望は無い。
深田尾峠。
2017年05月05日 12:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深田尾峠。
砂子山に向かう途中、送電線の鉄塔付近は眺望がよい。歩いてきた稜線を振り返ると赤岳の先に高ドッキョウ。
2017年05月05日 12:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂子山に向かう途中、送電線の鉄塔付近は眺望がよい。歩いてきた稜線を振り返ると赤岳の先に高ドッキョウ。
1
午前中に歩いた貫ヶ岳の稜線がよく見えた。
2017年05月05日 12:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に歩いた貫ヶ岳の稜線がよく見えた。
砂子山山頂。本日の最高点。
2017年05月05日 13:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂子山山頂。本日の最高点。
砂子山から田代峠に向かう。やや地形が不明瞭。
2017年05月05日 13:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂子山から田代峠に向かう。やや地形が不明瞭。
田代峠。この先の稜線は次回にお預け。
2017年05月05日 13:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代峠。この先の稜線は次回にお預け。
赤テープを追って奥山温泉へと下る。
2017年05月05日 13:46撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープを追って奥山温泉へと下る。
渓流沿いの木道を下る。
2017年05月05日 13:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓流沿いの木道を下る。
この先は廃道に近い林道を歩く。
2017年05月05日 14:10撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は廃道に近い林道を歩く。
新緑が美しい。
2017年05月05日 14:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
細島峠方面への分岐を通過。
2017年05月05日 14:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細島峠方面への分岐を通過。
林道終点のゲートが見えてきた。
2017年05月05日 14:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点のゲートが見えてきた。
無事に駐車スペースへ帰還。
2017年05月05日 15:00撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に駐車スペースへ帰還。
撮影機材:

感想/記録
by teri

未だ歩いたことのない山梨県最南端付近の稜線を効率よく歩くために、折りたたみ自転車を併用して歩いてみました。

一部バリエーションルートも使用しましたが、笹藪が濃い点を除けば全体を通して明瞭なルートで、さしたる危険はありませんでした。

近いうちに青笹山、十枚山方面の稜線も歩いてみたいと思っています。

teri
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:739人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ