また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1159828 全員に公開 沢登り丹沢

塩水川水系 弁天沢〜弁天尾根(円山木ノ頭南東尾根)

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■弁天沢
  塩水川林道を歩き、塩水川標高600mで合わさる沢。詰めは無名ノ頭である。
  下流部は堰堤が続くが一本上流のワサビ沢ほど数は多くなく荒涼感もない。
  唯一の核心は760mに出てくる12m棚。水無川モミソ沢の大棚を少し立た
  せた感じ。この手前で今日は水涸れ。あとは所々涸棚も出てくるが直登可。
  遡行グレード:1級(12m棚直登なら1級上。ただしクライミング力足りない
   人は巻くべし)
  ̄水橋周辺は朝7時頃には適所に駐車できないほど。登山ブームや渓流釣り
  ブームの昨今、何とか行政に動いてもらいらいものだ。
  林道を少し入り右の瀬戸橋を渡って塩水川林道を歩く。微妙に登り勾配。
  南に折れるヘアピンカーブを越し、西から南西向きにカーブするところで
  ガードレールが一旦切れる。ここから容易に弁天沢出合に下りられる。
  出合二俣は水量比3:2。弁天沢出合には2条2段2m小滝と左側に5m岩。

 △垢阿鵬捨部の堰堤が連続している。5基目の堰堤だけ両コーナー崩れていて
  左コーナーをちょっとクライミングっぽく越す。(卦蕁次
  660mで右から僅かな水量の急なガレルンゼが合わさり、その後の堰堤を右から
  越すと水量比5:1の明瞭な二俣。左へ進む。

 750mで沢は北西から北へ向き、少しだけゴルジュになる。
  何か出てきそうだな〜と感じたら乾いた花崗岩の5×10m(教蕁棔法
  そして12m棚がデーンと登場する。今日はこの手前で水は涸れた。
  テイクオフさえうまくやれれば左壁の方がホールドはある。右壁も行けそうだが
  ホールドが一部脆そうだ。検銑元蕁椶箸い辰燭箸海蹐世、残置も見当らず、
  ハーケン打てるリスも少なそう。おまけにガバホールドは少なく、どちらかと
  いえばパーミング系ホールドなので、確実なクライミング力がないなら
  取付かない方がよい。高巻きは少し戻り左側の折れて基部だけ残った大木へ登り
  砂利混じりのザレをトラバースして落ち口少し上に巻く。トラバースは数mだが
  木などのホールドはなく、指を突っ込みながら確実なキックステップでスタンス
  を切る。なお右も巻けそうだが、脆い岩帯なので止めた方がよいかもしれない。

 790〜800mで2×4mと7mの涸れ棚。中間部には釜というか水溜りがある。
  この釜を左から重心移動しながらトラバースし中央を登る。(卦蕁棔
  巻くなら左側。

 840mで両岸が切通しのような短いゴルジュがある。ちょっと奇勝。
  870m、880mと二俣が続く。いずれも左へ進む。

 970m二俣はどちらも同じサイズ。右は1050mと1140m辺りの等高線がかなり
  混んでいて棚が出てきそうなので、今回は下山のことも考慮して左俣へ進む。

 1155m二俣状を右へ進めば涸棚が連続する。特に1080m辺りの5m棚はやや
  クライミングチック。やや右寄りから取り付き中央を登る。(卦蕁棔
  1200m(正面方向はザレ)で右手に出てくる1.5m小CSを攀じると次第に
  沢は狭くなってくる。1230m辺りで左手の尾根に上がり、主尾根に乗って
  登り続ければ、丹沢主脈/無名ノ頭南西部の1320mで登山道に飛び出し遡行終了。

■弁天尾根(円山木ノ頭南東尾根)

  円山木ノ頭から南東方向にコンパス使って登山道を離れ下りていく。
  少し下りれば炭窯跡らしき石積みとブルーシートがある平地に出る。
  これらの遺物から真っ直ぐには下りず、右手に移動し南南東へ進む。
  尾根の形状は太っている草原状で地形図をしっかり読み込めないと迷うだろう。
  この1260m辺りから東南東に下る。
  1110mで下りたい尾根は一旦南へ進まねばならない。ここも下りると二重山稜
  のような地形になっていて、低い左側をもし下りたなら、すぐに右手の高い
  尾根状に乗らないといけない。よく見るとピンクテープがついていた。
  1055m尾根の分派点は南西に行かず南南東尾根に乗る。
  しかしそのすぐ下も尾根状は判然とせず迷いやすいであろう。
  東南東方向にコンパスを使って下りる。少しで南東方向となり、930m辺りから
  植林帯に入る。古い所々倒れた植生保護柵を右に見ながら植林尾根を下ると
  割と明瞭な植林作業径路となる。この径路は一旦左手北側へと折れてしまい
  進みたい尾根から離れているので、それは無視して南東方向へ尾根を下ると
  780mで再び径路が左手から合わさってくる。先ほどの径路を使えばUターン
  して戻ってくるかもしれないが未確認。
  すぐに径路は植生保護柵の開いた扉を右手に潜っていく。あとはジグザグと
  径路を下るとワサビ沢3番目の堰堤の上に出る。沢を徒渉(飛べるほどの幅)
  して堰堤横の踏み跡を行けばコンクリのワサビ沢右岸径路。
  下流に向かってあるけば古い木橋で塩水川を渡り塩水川林道に出る。

★沢登り、読図、クライミング講習は随時実施しております。
 http://mt-farm.info/
★拙著『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)2017/5/26から発売中です。
 よろしくお願いいたします。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

塩水橋、早朝から混雑していますね
2017年06月04日 07:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水橋、早朝から混雑していますね
塩水川林道を歩く
2017年06月04日 07:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水川林道を歩く
このガードレールが切れたところから沢へ下ります
2017年06月04日 07:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガードレールが切れたところから沢へ下ります
弁天沢出合
2017年06月04日 07:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天沢出合
最初の堰堤
2017年06月04日 08:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤
1
2、3番目の堰堤
2017年06月04日 08:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2、3番目の堰堤
4番目の堰堤
2017年06月04日 08:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目の堰堤
奥に5番目の堰堤
2017年06月04日 08:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に5番目の堰堤
5番目だけこの左コーナーを登る
2017年06月04日 08:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5番目だけこの左コーナーを登る
お、やっと楽しくなってきた
2017年06月04日 09:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、やっと楽しくなってきた
1
高巻きは左側のこの朽木の左から
2017年06月04日 09:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きは左側のこの朽木の左から
1
ザレのトラバース
2017年06月04日 09:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレのトラバース
棚の落ち口から
乾いてクライミングにはいいけれどホールドはパーミング系だ
2017年06月04日 09:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚の落ち口から
乾いてクライミングにはいいけれどホールドはパーミング系だ
2×4mと7m棚
2017年06月04日 09:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2×4mと7m棚
1
釜というか水溜りになっている
2017年06月04日 09:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜というか水溜りになっている
これ何かの化石??
2017年06月04日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ何かの化石??
岳紫陽花も見頃
2017年06月04日 09:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳紫陽花も見頃
1
ちょっと奇勝な切通しゴルジュ
2017年06月04日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと奇勝な切通しゴルジュ
1
ガレゴーロ続く
2017年06月04日 10:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレゴーロ続く
1
上流部は棚が続く
2017年06月04日 11:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流部は棚が続く
狭くなってきた
2017年06月04日 12:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭くなってきた
1230m辺りで沢を離れ右岸へ
2017年06月04日 12:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1230m辺りで沢を離れ右岸へ
ここを登ってきた
2017年06月04日 12:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ってきた
北北西に進路を取れ
2017年06月04日 12:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北北西に進路を取れ
登山道に出た
2017年06月04日 12:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出た
円山木ノ頭
2017年06月04日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
円山木ノ頭
1
弁天尾根へ(登りでは昔使ったことがあるけどね)
2017年06月04日 13:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天尾根へ(登りでは昔使ったことがあるけどね)
1
ブルーシートの平地は右にトラバース
2017年06月04日 13:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルーシートの平地は右にトラバース
太った尾根でわかりづらい
2017年06月04日 13:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太った尾根でわかりづらい
1
植林に入る
2017年06月04日 13:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林に入る
明瞭な作業径路
2017年06月04日 14:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭な作業径路
ワサビ沢堰堤上に出た
2017年06月04日 14:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ沢堰堤上に出た
ワサビ沢右岸径路はコンクリ
2017年06月04日 14:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ沢右岸径路はコンクリ
古い木橋を渡る
2017年06月04日 14:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い木橋を渡る
塩水川林道に出た
2017年06月04日 14:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水川林道に出た
弁天尾根を見る
中央に一部では有名な弁天杉が見える
2017年06月04日 14:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天尾根を見る
中央に一部では有名な弁天杉が見える
1
弁天杉アップ
明らかに他の杉と比べても突出した大きさ
2017年06月04日 14:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天杉アップ
明らかに他の杉と比べても突出した大きさ
2

感想/記録
by kamog

前著『丹沢の谷110ルート』に掲載されているルートで
今回の自著『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)に掲載できなかった
数少ない沢のうち弁天沢を遡行してきました。
核心は12m棚くらいで、隣のワサビ沢に比べれば少々楽な印象でした。
弁天尾根はもうだいぶん昔に登った経験はあるけれど記憶に残っていないので
読図下降に使ってきました。
今年に入って執筆活動に追われ、土日は講習が入るケースが多く
自分の山行としては1月の地獄崩以来。
久々に自分との対話、沢や山との対話ができた。
訪問者数:598人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ