また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1160034 全員に公開 ハイキング京都・北摂

やっと登れた自宅の裏山。(唐櫃越〜沓掛山〜明智越〜嵐山)

日程 2017年06月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴、最高気温25℃
アクセス
利用交通機関
電車
【スタート地点】 自宅のすぐ裏山から登山開始。
【ゴール地点】  阪急嵐山駅から阪急電車で帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
25分
合計
7時間50分
S山田分かれ08:1508:45丁塚09:20日の出展望台09:30あたご参拝所09:45沓掛山11:35南篠橋11:50JR馬堀駅12:30文覚寺13:05峯の堂跡13:30土用の霊泉13:4515:00落合橋15:15六丁峠15:30化野念仏時15:4015:45二尊院16:05阪急嵐山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【危険箇所】
 無いと思います。

【その他】
 設置されている看板標識は様々で、統一性が有りません。
 『山と高原地図』を参考に歩いたのですが、送電網の巡視路や、
 マタギ道と思われるものが所々で交錯しており、この地図には
 すべては記載されていません。思い込みで歩いてしまうと、
 低山特有の道迷いを起こし、とんでもない方向に行ってしまう
 可能性もあるかと思います。
その他周辺情報【上桂】 サークルK、セブンイレブン(いずれも山田口)
【馬堀】 ローソン(駅前)
【嵐山】 嵐山温泉、その他土産屋や食事処色々
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ランニング用スニーカー 帽子 デオドランド類 財布 携帯電話 三角巾 ガーゼ 絆創膏 テーピング マキロン ムヒ 日焼け止め 虫よけスプレー 冷却シート サバイバルシート ナイフ・マルチツール 耐風ライター ガムテープ 電池(単4) 時計(コンパス・ 高度計付き) ヘッドランプ カメラ トイレットペーパー ゴミ袋 地図

写真

前回に引き続き、今回のスタート地点も自宅のすぐ裏山。阪急上桂駅から西に向かう道の先が、唐櫃越(からとごえ)の登り口になっています。上桂駅から登り口に向かう途中のサークルKで、昼食とお菓子を購入。
2017年06月04日 08:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回に引き続き、今回のスタート地点も自宅のすぐ裏山。阪急上桂駅から西に向かう道の先が、唐櫃越(からとごえ)の登り口になっています。上桂駅から登り口に向かう途中のサークルKで、昼食とお菓子を購入。
しばらくは住宅街の中を抜けます。この少し先から上り坂になっています。
2017年06月04日 08:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは住宅街の中を抜けます。この少し先から上り坂になっています。
道の脇には、これから向かう先の案内板もありました。
2017年06月04日 08:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の脇には、これから向かう先の案内板もありました。
住宅街を抜けると、まずは竹林の中を行きます。余談ですが京都市のこの辺り一帯は竹林をセールスポイントとしています。西京区のゆるキャラも竹をモチーフにしています。
2017年06月04日 08:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街を抜けると、まずは竹林の中を行きます。余談ですが京都市のこの辺り一帯は竹林をセールスポイントとしています。西京区のゆるキャラも竹をモチーフにしています。
1
竹林の出口で、お地蔵様に遭遇。
2017年06月04日 08:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林の出口で、お地蔵様に遭遇。
その先が開けており、墓地となっていました。
2017年06月04日 08:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先が開けており、墓地となっていました。
墓地内の坂を登りきったところから、本格的なトレッキングコースとなっていました。
2017年06月04日 08:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓地内の坂を登りきったところから、本格的なトレッキングコースとなっていました。
以外にも竹林ではなく、普通の雑木林でした。
2017年06月04日 08:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以外にも竹林ではなく、普通の雑木林でした。
コンビニで購入したグミでエネルギー補給しながら歩きます。
2017年06月04日 08:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンビニで購入したグミでエネルギー補給しながら歩きます。
1
しばらく行くと、道の脇に害獣除けのネットが設置されていました。そして信じられないことに、そのネットには、ヘビの人形がくくりつけられていました。
2017年06月04日 08:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、道の脇に害獣除けのネットが設置されていました。そして信じられないことに、そのネットには、ヘビの人形がくくりつけられていました。
害獣除けネットに侵入していないにもかかわらず、警報機が作動。一体なんなんだ。
2017年06月04日 08:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
害獣除けネットに侵入していないにもかかわらず、警報機が作動。一体なんなんだ。
1
『山と高原地図』を参考に歩いたのですが、この地図には記載されていない分岐に遭遇。ここは寄り道せず、野鳥遊園方面に直進しました。
2017年06月04日 08:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『山と高原地図』を参考に歩いたのですが、この地図には記載されていない分岐に遭遇。ここは寄り道せず、野鳥遊園方面に直進しました。
基本的には雑木林なんですが、時折、竹林の中を行くこともありました。
2017年06月04日 08:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本的には雑木林なんですが、時折、竹林の中を行くこともありました。
1
またも地図に記載されていない分岐に遭遇。標識が設置してくれるのはいいんだけど、統一性がないので少々混乱します。
2017年06月04日 08:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またも地図に記載されていない分岐に遭遇。標識が設置してくれるのはいいんだけど、統一性がないので少々混乱します。
野鳥の観察施設もあるようです。道の途中に、施設全体の見取り図を示した看板が設置されていました。
2017年06月04日 09:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥の観察施設もあるようです。道の途中に、施設全体の見取り図を示した看板が設置されていました。
実際のところ、野鳥もしばしば見かけました。撮影にトライ、成功写真がこちら。何という鳥なんだろう?
2017年06月04日 09:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実際のところ、野鳥もしばしば見かけました。撮影にトライ、成功写真がこちら。何という鳥なんだろう?
所々に展望台がありました。この日は快晴なこともあり、眺めが非常によかった。
2017年06月04日 09:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に展望台がありました。この日は快晴なこともあり、眺めが非常によかった。
1
京都タワーもこの通り。くっきりと見えました。
2017年06月04日 09:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都タワーもこの通り。くっきりと見えました。
1
ここにも展望台が。『日の出展望台』という愛称だそうです。
2017年06月04日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも展望台が。『日の出展望台』という愛称だそうです。
桂坂から伏見、向日市、長岡京一帯が一望できました。自宅の裏山で、こんな景色が広がっているとは思いもしませんでした。
2017年06月04日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂坂から伏見、向日市、長岡京一帯が一望できました。自宅の裏山で、こんな景色が広がっているとは思いもしませんでした。
南の方面をズームアップ。遠くうっすらと山が見えました。これは生駒が見えているはず。
2017年06月04日 09:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の方面をズームアップ。遠くうっすらと山が見えました。これは生駒が見えているはず。
しばし歩くと、このような看板がつるされていました。つまり、この巻き道の上が、沓掛山だということなんでしょうね。ボーっとしていたら、通り過ぎてしまうところだった・・
2017年06月04日 09:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし歩くと、このような看板がつるされていました。つまり、この巻き道の上が、沓掛山だということなんでしょうね。ボーっとしていたら、通り過ぎてしまうところだった・・
巻き道の脇を登る。踏み跡もありました。
2017年06月04日 09:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道の脇を登る。踏み跡もありました。
沓掛山登頂おめでとう。自宅のすぐ裏手にある高い山なんで、長らく気になっていたんですが、やっとこさ登る機会を作ることができました。
2017年06月04日 09:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山登頂おめでとう。自宅のすぐ裏手にある高い山なんで、長らく気になっていたんですが、やっとこさ登る機会を作ることができました。
1
三角点もありました。
2017年06月04日 09:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もありました。
先を行くと、いったん林道に降ろされます。
2017年06月04日 10:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行くと、いったん林道に降ろされます。
ここはきちんとした舗装路でした。
2017年06月04日 10:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはきちんとした舗装路でした。
舗装路の終わりからは、砂利道の林道となっていました。
2017年06月04日 10:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路の終わりからは、砂利道の林道となっていました。
大会が開催されていたのか、ゼッケンを付けたトレランナーたちに遭遇しました。
2017年06月04日 10:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大会が開催されていたのか、ゼッケンを付けたトレランナーたちに遭遇しました。
開けたところからは、裏愛宕が見渡せました。また眼下には保津峡も見渡せました。
2017年06月04日 10:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところからは、裏愛宕が見渡せました。また眼下には保津峡も見渡せました。
ズームアップ。川下り楽しそう。
2017年06月04日 10:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップ。川下り楽しそう。
1
西の方面の山々もズームアップ。これは蓬莱山、だと思う。
2017年06月04日 10:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方面の山々もズームアップ。これは蓬莱山、だと思う。
案内板に従い、登山道に復帰します。
2017年06月04日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板に従い、登山道に復帰します。
地図によると、この辺りが『みずき山』のはず。しかし道なりに行ったところ、どうやらピークを外してしまったようです。思い返してみると、途中に分岐らしいものもあったような・・・残念!
2017年06月04日 11:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図によると、この辺りが『みずき山』のはず。しかし道なりに行ったところ、どうやらピークを外してしまったようです。思い返してみると、途中に分岐らしいものもあったような・・・残念!
亀岡方面に向かって下ります。
2017年06月04日 11:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀岡方面に向かって下ります。
害獣除けのゲートを通りました。ちゃんと閉めたよ。ちなみにこの辺りで野猿に遭遇。距離が離れていたからよかった。
2017年06月04日 11:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
害獣除けのゲートを通りました。ちゃんと閉めたよ。ちなみにこの辺りで野猿に遭遇。距離が離れていたからよかった。
ゲートを抜けると、馬堀の住宅街が広がっていました。
2017年06月04日 11:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けると、馬堀の住宅街が広がっていました。
川を渡って、JR馬堀駅に向かいます。
2017年06月04日 11:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡って、JR馬堀駅に向かいます。
汽笛の音が聞こえたので、何かと思えばトロッコ列車でした。終点の『トロッコかめおか駅』のはず。大学院生の時に、会社見学のついでの観光で乗りました・・・かれこれもう10年近く前のことですが。
2017年06月04日 11:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汽笛の音が聞こえたので、何かと思えばトロッコ列車でした。終点の『トロッコかめおか駅』のはず。大学院生の時に、会社見学のついでの観光で乗りました・・・かれこれもう10年近く前のことですが。
JR馬堀駅です。10年前と変わらず、小さい駅だった。
2017年06月04日 11:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR馬堀駅です。10年前と変わらず、小さい駅だった。
馬堀駅から、さらに西に向かって歩きます。
2017年06月04日 11:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬堀駅から、さらに西に向かって歩きます。
この辺りで・・・
2017年06月04日 12:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで・・・
『山と高原地図』の赤線に沿って、右折して路地に入ります。ただし初見では絶対にわかりません。実際のところ、通り過ぎてしまいました。
2017年06月04日 12:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『山と高原地図』の赤線に沿って、右折して路地に入ります。ただし初見では絶対にわかりません。実際のところ、通り過ぎてしまいました。
1
山陰本線の高架をくぐります。
2017年06月04日 12:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山陰本線の高架をくぐります。
電車をパチリ。
2017年06月04日 12:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車をパチリ。
農道をひたすら真っ直ぐ歩きます。
2017年06月04日 12:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道をひたすら真っ直ぐ歩きます。
一番目の橋。これは普通の橋でした。
2017年06月04日 12:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番目の橋。これは普通の橋でした。
二番目の橋には欄干がありませんでした。増水時の対策か?
2017年06月04日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二番目の橋には欄干がありませんでした。増水時の対策か?
清流がきれいだった。川遊びをしている人もいました。
2017年06月04日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清流がきれいだった。川遊びをしている人もいました。
橋を渡ってまっすぐ行ったところの坂道を上ります。
2017年06月04日 12:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ってまっすぐ行ったところの坂道を上ります。
坂道を登り切り、しばらく歩いた先にお寺があります。この裏手が、明智越えの入り口でした。途中案内板などはありませんでしたが、素直に歩くだけで辿り着けました。
2017年06月04日 12:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂道を登り切り、しばらく歩いた先にお寺があります。この裏手が、明智越えの入り口でした。途中案内板などはありませんでしたが、素直に歩くだけで辿り着けました。
トレッキングコースに入ると、いきなり地図に記載が無い分岐がありました。ここは左を選択。
2017年06月04日 12:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレッキングコースに入ると、いきなり地図に記載が無い分岐がありました。ここは左を選択。
坂を20分ぐらい登ったところで、尾根を縦走します。
2017年06月04日 13:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂を20分ぐらい登ったところで、尾根を縦走します。
『土用の霊泉』に到着。『ここからの京都の景色は最高』とあります。
2017年06月04日 13:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『土用の霊泉』に到着。『ここからの京都の景色は最高』とあります。
看板の案内のとおり、なかなかの景色でした。
2017年06月04日 13:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板の案内のとおり、なかなかの景色でした。
午前中に歩いた、みずき山の林道も見えました。
2017年06月04日 13:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に歩いた、みずき山の林道も見えました。
京都の風景をおかずに、おにぎりを食べる。
2017年06月04日 13:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都の風景をおかずに、おにぎりを食べる。
今回は保津峡の方面に下りました。『電波塔』の方面に行くと、愛宕山の水尾分かれと合流するらしい。いつか行ってみたい。
2017年06月04日 13:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は保津峡の方面に下りました。『電波塔』の方面に行くと、愛宕山の水尾分かれと合流するらしい。いつか行ってみたい。
下る途中、開けた地点からは、愛宕山の中腹の集落が見えました。
2017年06月04日 14:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る途中、開けた地点からは、愛宕山の中腹の集落が見えました。
舗装路に合流。
2017年06月04日 14:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に合流。
この橋は渡らず、左側の坂を上ります。
2017年06月04日 14:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋は渡らず、左側の坂を上ります。
清滝川に架かる、落合橋。これを渡ると、つづら折りの長い上り坂です。
2017年06月04日 14:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝川に架かる、落合橋。これを渡ると、つづら折りの長い上り坂です。
つづら折りを登り切った峠です。時間にすると15分も登っていないんですが、体感時間としてはそれ以上。
2017年06月04日 15:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りを登り切った峠です。時間にすると15分も登っていないんですが、体感時間としてはそれ以上。
坂を下ると、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)の鳥居のちょうど正面に出ます。
2017年06月04日 15:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂を下ると、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)の鳥居のちょうど正面に出ます。
鳥居本の街並みを歩いて、嵐山に向かいます。
2017年06月04日 15:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居本の街並みを歩いて、嵐山に向かいます。
嵐山に到着。家族へのお土産を購入してから、阪急電車で帰宅しました。
2017年06月04日 15:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嵐山に到着。家族へのお土産を購入してから、阪急電車で帰宅しました。

感想/記録
by mogeru

京都市の上桂に移り住んで早1年、
その間ずっと気になっていた自宅の裏山の、
唐櫃越〜沓掛山を歩いてきました。

この日は快晴なこともありましたが、
途中、雑木林が開けた場所からの展望は、
西は比良山地、南は生駒山地など、
まさか自宅の裏山から見れるとは、
思ってもいなかった山々が望めました。

今回は、沓掛山の西の麓の馬堀に一旦降り、
そこから桂川の対岸に渡ってから、
明智越を経由して嵐山まで歩きました。

この道が、かの明智光秀も歩き、
歴史の大きな転換点に結びついたと思うと、
一歩一歩踏みしめる感覚も、
普段とは違ったものになりました。
訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ