また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1176840 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

二ッ岳、相馬山、水沢山〜周回のつもりが

日程 2017年06月19日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊香保森林公園管理棟駐車場 7〜8台
手前100mほどの右に広い駐車場がある
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
1時間50分
合計
7時間33分
Sスタート地点07:4508:35雌岳08:4509:09雄岳09:1910:21臥牛山10:3110:45黒髪山神社の鳥居11:00相馬山の鳥居11:18相馬山12:2812:41相馬山の鳥居12:53黒髪山神社の鳥居13:56水沢山登山口14:19水沢山14:2914:50水沢山登山口15:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二ッ岳の下りでは、路面が乾いていても、苔生した石は滑りやすい。
臥牛山へは漫然と歩いていると、取り付きを見逃してしまう。
相馬山へは登山口から尾根まではハイキングライクの歩きやすい道が続くが、相馬山の鳥居からは一転クサリやハシゴの付けられた岩場が連続する。
オンマ谷は前半はフラットな歩きやすい道で、橋を過ぎると岩場の通過や階段状の石の急登がある。その後分岐が何度か出てくるが、道標がしっかりしているため迷うことはない。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

管理棟前のもみじの広場入口を入る。案内図もある。
2017年06月19日 07:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理棟前のもみじの広場入口を入る。案内図もある。
階段を上がり、大岩を右に回り込むと案内板と道標がある。
2017年06月19日 07:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上がり、大岩を右に回り込むと案内板と道標がある。
風穴との分岐を左に上がる。
2017年06月19日 07:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴との分岐を左に上がる。
雄岳と雌岳の分岐。まずは左の雌岳へ。
2017年06月19日 08:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳と雌岳の分岐。まずは左の雌岳へ。
すぐにオンマ谷への分岐を左に上がる。
2017年06月19日 08:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにオンマ谷への分岐を左に上がる。
木段や丸太の階段が断続する。一部避けて踏跡がある。
2017年06月19日 08:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段や丸太の階段が断続する。一部避けて踏跡がある。
雌岳山頂。狭いが展望は良い。
2017年06月19日 08:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂。狭いが展望は良い。
とんがった水沢山とその奥に赤城山。
2017年06月19日 08:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんがった水沢山とその奥に赤城山。
1
十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山、子持山。
子持山の奥に見えるのは武尊山。
2017年06月19日 08:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山、子持山。
子持山の奥に見えるのは武尊山。
1
雄岳山頂に立つデジタル送信所が見えると、山頂はすぐそこ。
2017年06月19日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳山頂に立つデジタル送信所が見えると、山頂はすぐそこ。
山頂は極く狭いが、岩の上からの展望は良い。
2017年06月19日 09:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は極く狭いが、岩の上からの展望は良い。
二ッ岳、相馬山、榛名富士など榛名山を一望する。
2017年06月19日 09:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ッ岳、相馬山、榛名富士など榛名山を一望する。
途中で右のオンマ谷駐車場へ下る。
2017年06月19日 09:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で右のオンマ谷駐車場へ下る。
路面は乾いているが、苔生した岩が滑りやすい。
2017年06月19日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面は乾いているが、苔生した岩が滑りやすい。
オンマ谷駐車場に出た。
2017年06月19日 09:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンマ谷駐車場に出た。
林道途中にある鉄塔手前を右に入る。
2017年06月19日 10:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中にある鉄塔手前を右に入る。
道は途切れるが、かまわず直進すれば。。。
2017年06月19日 10:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は途切れるが、かまわず直進すれば。。。
県道に出て左へ。
2017年06月19日 10:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に出て左へ。
駐車場入口から延びる林道に入る。
2017年06月19日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場入口から延びる林道に入る。
5分ほどで臥牛山取り付き。小さな矢印と目印のテープがある。
2017年06月19日 10:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで臥牛山取り付き。小さな矢印と目印のテープがある。
大岩に行き当たり左へ回り込む。
2017年06月19日 10:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩に行き当たり左へ回り込む。
見晴しの良い北見岩を過ぎれば。。。
2017年06月19日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴しの良い北見岩を過ぎれば。。。
臥牛山山頂に着く。狭い岩場。
2017年06月19日 10:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臥牛山山頂に着く。狭い岩場。
黒髪山神社の鳥居。ここから相馬山登山道が始まる。
2017年06月19日 10:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒髪山神社の鳥居。ここから相馬山登山道が始まる。
相馬山の鳥居。ここからクサリやハシゴの岩場が連続する。
2017年06月19日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山の鳥居。ここからクサリやハシゴの岩場が連続する。
クサリ場。
2017年06月19日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場。
ハシゴ。
2017年06月19日 11:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ。
相馬山山頂。
2017年06月19日 11:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山山頂。
黒髪山神社。
2017年06月19日 11:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒髪山神社。
通行禁止の南側の下山口(?)。
2017年06月19日 12:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行禁止の南側の下山口(?)。
ロープでバリケードされた東側の下山口。
2017年06月19日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープでバリケードされた東側の下山口。
駐車場からオンマ谷に入る。
2017年06月19日 13:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からオンマ谷に入る。
三角点とあずまや。
2017年06月19日 13:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点とあずまや。
水沢山へは右に行く。
2017年06月19日 13:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢山へは右に行く。
すぐに林道に出て、水沢山登山口に入る。
2017年06月19日 13:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに林道に出て、水沢山登山口に入る。
中間点にある電波塔。
2017年06月19日 14:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間点にある電波塔。
痩せ尾根が続く。
2017年06月19日 14:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が続く。
水沢山山頂。狭いが展望抜群。
2017年06月19日 14:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢山山頂。狭いが展望抜群。
1
三角点。
2017年06月19日 14:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点。
方位盤。
2017年06月19日 14:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方位盤。
山頂標柱。
2017年06月19日 14:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標柱。
西に榛名山を一望。
2017年06月19日 14:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に榛名山を一望。
1
北から東にかけて、十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山、子持山、赤城山、奥に谷川岳、武尊山、燧ヶ岳など。
2017年06月19日 14:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北から東にかけて、十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山、子持山、赤城山、奥に谷川岳、武尊山、燧ヶ岳など。
十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山。奥に平標山、仙ノ倉山、万太郎山、谷川岳、朝日岳。
2017年06月19日 14:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山。奥に平標山、仙ノ倉山、万太郎山、谷川岳、朝日岳。
1
子持山。奥は武尊山。
2017年06月19日 14:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子持山。奥は武尊山。
群馬県庁方面。
2017年06月19日 14:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群馬県庁方面。
ねつむし湯跡。ここを右に行く。
2017年06月19日 15:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねつむし湯跡。ここを右に行く。
朝の大岩手前を右に行けば往路に出る。
2017年06月19日 15:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の大岩手前を右に行けば往路に出る。

感想/記録
by ka_zu1

周回のつもりが、結局はオンマ谷まで戻り水沢山に向かった。
相馬山からの東と南の下山口は2ヵ所とも通行禁止。東側の厳重に張られたロープを強引に突破し、数メートルで再びロープに阻まれ、やや北寄りに進むが、すぐに断崖に阻まれる。北寄りではなく、そのまま東に行くのが正解だったようだ。さらに南側の鳥居からも下って見るが、こっちはクサリや踏跡があるものの、明らかに方向が違うためすぐに引き返す。

360度とはいかないが、どのピークも展望は良い。ただ、どこも狭く、登山者が多い場合はあまりノンビリできそうにない。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 踏跡 道標 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ