また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1178417 全員に公開 ハイキング奥秩父

【瑞牆山】みずがき山自然公園から周回

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■みずがき山自然公園駐車場へマイカー駐車
 中央道須玉ICより約26KM
7時45分頃到着時、駐車台数は4割程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
41分
合計
5時間26分
Sスタート地点08:0308:39林道終点09:20不動滝09:2910:53瑞牆山11:1112:29富士見平小屋12:4313:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中ログが飛んだりズレたり。
その他周辺情報■登山後の温泉
 増富の湯 入浴料820円
 https://www.masutominoyu.com/
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

みずがき山自然公園から瑞牆山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山自然公園から瑞牆山を望む。
1
みずがき山自然公園の上部をウロウロしていたが、登山道に続く道がわからず、下に下りて林道沿いを歩く事にした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山自然公園の上部をウロウロしていたが、登山道に続く道がわからず、下に下りて林道沿いを歩く事にした。
林道をテクテク歩いてゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をテクテク歩いてゆく。
舗装路が終わり未舗装路になる。荒れ具合や車幅などが八ヶ岳の美濃戸口〜美濃戸へ至る道と似ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路が終わり未舗装路になる。荒れ具合や車幅などが八ヶ岳の美濃戸口〜美濃戸へ至る道と似ている。
みずがき山自然公園からの道と合流点。まぁ林道でも公園からの道でもさほど変わらないでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山自然公園からの道と合流点。まぁ林道でも公園からの道でもさほど変わらないでしょうね。
林道終点。駐車スペースあり。黒森ピストンならここへ駐車でもいいと思うが、ここまでくるなら車高の高い4WD推奨。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。駐車スペースあり。黒森ピストンならここへ駐車でもいいと思うが、ここまでくるなら車高の高い4WD推奨。
不動滝までは比較的緩やかな道。時折開けた箇所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝までは比較的緩やかな道。時折開けた箇所もある。
沢が出てきた。水の透明度が際立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が出てきた。水の透明度が際立つ。
いい雰囲気である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気である。
1
不動滝到着。この写真だと水の流れがわかりにくい…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝到着。この写真だと水の流れがわかりにくい…。
1
シャクナゲ。ピークは過ぎたかもしれないが十分鮮やかである。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。ピークは過ぎたかもしれないが十分鮮やかである。
2
颯爽と登攀するbreezing氏。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
颯爽と登攀するbreezing氏。
迷子になった場所。微妙に踏み跡があり釣られて登ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷子になった場所。微妙に踏み跡があり釣られて登ってしまった。
breezing氏、山頂直下の梯子を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezing氏、山頂直下の梯子を登る。
山頂。暫し休息。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。暫し休息。
1
向こうに金峰山を見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに金峰山を見る。
2
金峰山方面を見て佇むbreezing氏。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山方面を見て佇むbreezing氏。
2
山頂が賑わってきたので我々は下山することに。帰りはみずがき山荘コースをゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が賑わってきたので我々は下山することに。帰りはみずがき山荘コースをゆく。
とりあえず定番の桃太郎岩。この日は他の岩も撮影したが、撮り手の腕が悪いせいが写真映りが今一つで他の写真は不採用…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず定番の桃太郎岩。この日は他の岩も撮影したが、撮り手の腕が悪いせいが写真映りが今一つで他の写真は不採用…
富士見平小屋到着。小休止する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋到着。小休止する。
1
富士見平小屋下の水。相変わらずクオリティが高い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋下の水。相変わらずクオリティが高い。
自然公園方面へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然公園方面へ向かう。
breezingより
瑞牆山はさすが岩山。ロッククライミングの方も多いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより
瑞牆山はさすが岩山。ロッククライミングの方も多いですね。
breezingより「不動滝」
近くまで来てもで滝の音が聞こえてこないと思ったら、ナメ滝なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより「不動滝」
近くまで来てもで滝の音が聞こえてこないと思ったら、ナメ滝なんですね。
breezingより「道迷い」
途中で道に迷いました。山と高原地図で”荒れている”という表現があったので道迷いに気づかず。さすがにこの辺で間違いに気づきました(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより「道迷い」
途中で道に迷いました。山と高原地図で”荒れている”という表現があったので道迷いに気づかず。さすがにこの辺で間違いに気づきました(汗)
breezingより「山頂の花」
花の名前は詳しくないのでわかりませんが、道中にも小さな黄色い花も咲いていました。花の時期になりましたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより「山頂の花」
花の名前は詳しくないのでわかりませんが、道中にも小さな黄色い花も咲いていました。花の時期になりましたね。
breezingより「山頂からの景色」
山頂は片側がはすっぱりと切れ落ちておりなかなかスリリングな場所でした。午後から曇りの予報にもかかわらず良い天気が継続し、とても良い天気で楽しい登山が楽しめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより「山頂からの景色」
山頂は片側がはすっぱりと切れ落ちておりなかなかスリリングな場所でした。午後から曇りの予報にもかかわらず良い天気が継続し、とても良い天気で楽しい登山が楽しめました。
1
breezingより「桃太郎岩」
ちょっと引いて撮らないと全体が収まりきらないほど大きな岩でした。確かに桃が割れた雰囲気で桃太郎が飛び出しそうですね。支えている木は役に立っているのかな??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
breezingより「桃太郎岩」
ちょっと引いて撮らないと全体が収まりきらないほど大きな岩でした。確かに桃が割れた雰囲気で桃太郎が飛び出しそうですね。支えている木は役に立っているのかな??

感想/記録

梅雨真最中、山行計画でいつも以上に天気予報とにらめっこする時期である。
そんな中、山仲間breezing氏と久しぶりに都合があったので山行を画策。
検討の結果、瑞牆山をみずがき山自然公園を起点とし、
黒森コースからみずがき山荘コースへ周回する事に決まった。
この日は、道中時折吹きぬける風は爽やかで天候も青空も見えまずまず。
沢沿いを歩き滝を巡り岩が時々現れ静かな雰囲気の黒森コース、
岩の登り下りが続き賑やかな雰囲気のみずがき山荘コース、
端的にはこんな様相だった。総じて満足度の高い山行となったと言える。

今回も成功。

感想/記録

自身はGWの至仏山より1ヶ月のブランクがあり、mutsuki氏と協議の結果、瑞牆山への登山となった。以前より巻機山へ行きたいと思っていたが、標高差を考慮すると一度体を慣らしておいたほうが良いとの提案であった。
結果は大正解。黒森コースは森・沢・岩とバリエーションに富んでおり、それぞれ雰囲気も異なりとても楽しめた。何よりブランクがあったこともあり、あまり体のキレも良くなかったので巻機山では辛かったと思われる。
天気も良く、気持ちの良い登山を楽しめた。次回は巻機山か、はたまた帰路で協議した唐松岳か。どちらであっても楽しみである。
この感想は翌日に書いているが久しぶりに結構な筋肉痛。やっぱり2週間に1回くらいは山に登らないと衰えますね…(汗)
訪問者数:423人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ