また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 118376 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

朝日岳

日程 2000年10月07日(土) 〜 2000年10月10日(火)
メンバー , その他メンバー7人
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10/6 深夜郡山発
10/7泡滝ダム5:30-5:50 大鳥池8:10-9:20 以東岳13:00
10/8
以東小屋7:00 水場9:00-20 寒河江山10:20-30 竜門小屋11:30
10/9 
竜門小屋6:00 水場7:15 中岳8:00-15 大朝日岳8:40-9:00 二股11:30 朝日鉱泉13:20(宿泊)
10/10 郡山

写真

どこか雰囲気のやさしい高家が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこか雰囲気のやさしい高家が広がる。
今回の参加者のメンバーです。大鳥小屋によりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の参加者のメンバーです。大鳥小屋によりました。
オツボ峰経由で以東岳に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボ峰経由で以東岳に向かいます。
わたしは寝不足と靴がなじまないせいかピッチが上がらず、女性陣の後輩を歩くはめに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わたしは寝不足と靴がなじまないせいかピッチが上がらず、女性陣の後輩を歩くはめに。
やまはすでに紅葉になっていて秋色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまはすでに紅葉になっていて秋色。
高さはないのに樹林がないので、高山のように展望が開けて気持ちがいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さはないのに樹林がないので、高山のように展望が開けて気持ちがいい。
私を誘ってくれたYさん。かなりの山女です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私を誘ってくれたYさん。かなりの山女です。
以東岳山頂の私。まだ若い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳山頂の私。まだ若い。

感想/記録



2000年という年は、記念すべき年で私がサラリーマンをやめて自営を始めた時期なのだ。この年の5月に九州の百名山の山を歩き、夏には薬師岳から針ノ木まで縦走し、9月に仙丈岳・甲斐駒駒ケ岳を登っている。
しかし、1994年から1999年までは14回しか登山をしていなくて、1999年は8月に1度だけで、その間第二の休止期間見たな様子であった。でもその後2002年と2003年は一度も山を登らず、2005年まで再びお休み期間になる。つまりちょっと復活した年なのだ。

この山は思い出深い山だ。自分が初めて知らない人たちのグループで歩いたからだ。私が40代のときに郡山に2年単身赴任で会社勤めをしていた時期があり、その時に私の秘書役的に事務を担当してくれた女性、Yさんがとても山が好きだということが後日わかり、2000年の秋に彼女のグループで朝日連峰を縦走するということを聞かされた。めったなチャンスはないということで同行をお願いした。メンバーがどういう人であるかは知らなかったが、ともかく郡山の山のクラブであった。
10月6日の夜9時に郡山の集合場所(国道沿いのお店の駐車場)に出向いた。
このとき大失態をおこした。登山靴を車に積んでいなかったのだ。なんということであったか。玄関に置き忘れていた。Yさんの御酒人とサイズが同じと言うことで、彼女が靴をとりにいってくれた。まあ、なんとかなるだろうということで午後11時30分に郡山をでた。このときはマイクロバスをチャーターしていて、送り迎えつきという豪華な登山であった。メンバーは男性が私いれて3人、女性6人の中高年登山隊であった。

10月7日
早朝に泡滝ダムに到着。10月の東北はすで肌寒い朝であった。
なんといっても私にとって東北の山は福島県の大和蔵王を除けば初めてで、朝日は言いでと並んで憧れの山であったが、その雰囲気は知るよしもない。
ダムで身支度を整えてスタートする。大鳥池まで登り道。寝ぼけた体にはきつい。
ダムから大鳥皮にそって登っていく。
大鳥小屋まで2時間20分、かなりハイペースで歩いたようだ。コースタイムは3時間とある。小屋で朝食休憩で1時間。

正直、この山の登山の道中の状態は記憶が薄い。それほど難儀した道に思えなかったからだろう。体調が悪かっただけが印象にある。
そんなわけで、オツボ峰あたりが具合のわるさでしんどかったように思える。みんなから「だめじゃん」見たいな目線を受けてるように感じて困った。Yさんが心配してくれたが、とりあえず以東岳までがんばった。山は難しいとは感じることなく、楽しい穏やかな山だなという印象を受けていた。
昼飯は小屋でにぎやかだった。リーダーのIさんが山での食事にこだわる人のようで、ザッククには大きな鍋があった。
日没を山頂から眺める。日本海に落ちる太陽がきれいだった。
この日の夕食の献立も覚えていない。
10月8日稜線歩き。天気はいい。ゆっくり休んだ性で体調も戻った。
出だしからみんあとおしゃべりしながら軽快である。






訪問者数:775人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック 紅葉 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ