また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1186649 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白神山地・岩木山

岩木山

日程 2017年07月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩木山神社の近く、百沢駐車場に車を停めました。広い駐車場なので満車は無さそう。公共交通機関の場合、弘前駅から枯木沢線のバスに乗り岩木山神社前で下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
2時間33分
合計
8時間31分
Sスタート地点04:2704:49岩木山神社04:5105:20七曲05:2305:44カラスの休場05:4505:53鼻コクリ06:05姥石06:0806:53焼止り避難小屋07:1408:05錫杖清水08:23種蒔苗代08:4808:54鳳鳴ヒュッテ09:0909:12長平登山道分岐09:1509:21岩木山10:1710:25長平登山道分岐10:2710:33鳳鳴ヒュッテ10:3910:42種蒔苗代10:51錫杖清水11:21焼止り避難小屋11:3311:54姥石12:00鼻コクリ12:05カラスの休場12:19七曲12:44岩木山神社12:4812:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
焼止ヒュッテまでは長い登り道だが危険箇所はなし。その先、登山道が沢に入ると状況は一変。溶けかけた雪渓が500mほども続き、状況によっては危険を伴う。通常、7月に入れば安全に通行できるはずだったのだが、今年は10日ほど雪解けが遅れているそうで、一番やっかいな状態だったらしい…。
その他周辺情報登山口周辺に百沢温泉。数軒の日帰り入浴可能施設あり。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 念のためと思って持っていったポールと軽アイゼンが役にたった。

写真

今回は下から登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は下から登ります。
2
岩木山神社の鳥居を潜っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山神社の鳥居を潜っていきます。
2
早朝のため拝殿は閉まっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝のため拝殿は閉まっていました。
1
拝殿前広場の左側に「奥宮参拝口」があります。すなわち、岩木山の登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿前広場の左側に「奥宮参拝口」があります。すなわち、岩木山の登山口です。
2
神秘的な杉の木立の中を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な杉の木立の中を行きます。
1
…と思ったら途中でキャンプ場に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…と思ったら途中でキャンプ場に出ました。
2
さらに進むと登山道がスキー場の建物の下に…。歴史有る参道をなんだと思っているのか…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと登山道がスキー場の建物の下に…。歴史有る参道をなんだと思っているのか…。
1
そのままゲレンデに出ます。晴れていれば岩木山がよく見えることでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのままゲレンデに出ます。晴れていれば岩木山がよく見えることでしょう。
1
ゲレンデの隅から山の中へ。ようやく登山道っぽくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデの隅から山の中へ。ようやく登山道っぽくなります。
2
しばらく進むと穴ぼこがあいた橋が登場。怖くて板の部分を踏めません(笑
慎重に梁の部分を選んで通過。
この橋を渡ったところから「七曲」の急坂が始まりますが、橋の穴ぼこに気をとられ標柱に気がつきませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと穴ぼこがあいた橋が登場。怖くて板の部分を踏めません(笑
慎重に梁の部分を選んで通過。
この橋を渡ったところから「七曲」の急坂が始まりますが、橋の穴ぼこに気をとられ標柱に気がつきませんでした。
2
で、七曲を登りきってしまった後で標柱を発見。この先が七曲なのかと勘違い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、七曲を登りきってしまった後で標柱を発見。この先が七曲なのかと勘違い。
1
別に難所でもないよねぇ?と勘違いしたままカラスの休み場へ。
登り一辺倒の登山道ですが、ここだけテラス状に平らになってます。一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別に難所でもないよねぇ?と勘違いしたままカラスの休み場へ。
登り一辺倒の登山道ですが、ここだけテラス状に平らになってます。一休み。
2
鼻コクリとかかれた標柱が。鼻擦りの意でしょうか。
事実、この先かなりの急傾斜となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻コクリとかかれた標柱が。鼻擦りの意でしょうか。
事実、この先かなりの急傾斜となります。
1
なかなか厳しい登山道ですが、ツートンは花の撮影に余念がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか厳しい登山道ですが、ツートンは花の撮影に余念がありません。
3
よく登るだけでなく…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく登るだけでなく…
3
なんどもしゃがみこんで写真を撮れるもんだと、毎回関心します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんどもしゃがみこんで写真を撮れるもんだと、毎回関心します。
2
姥石まで登ってきました。昔、岩木山が女人禁制だった頃、女性はここまでしか登れませんでした。
ここから先は厳しい修行の場だったということですな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石まで登ってきました。昔、岩木山が女人禁制だった頃、女性はここまでしか登れませんでした。
ここから先は厳しい修行の場だったということですな。
2
焼止ヒュッテも近くなった頃、ようやく展望が開けてきました。とはいえ、曇り空であまり景色は見られません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼止ヒュッテも近くなった頃、ようやく展望が開けてきました。とはいえ、曇り空であまり景色は見られません。
1
小沢を一本渡ります。上部の錫杖清水が使えない場合、ここが最終の水場に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢を一本渡ります。上部の錫杖清水が使えない場合、ここが最終の水場に。
2
焼止ヒュッテ着。
天気はあまりよくないのですが、この日はネットリと蒸し暑く、このあたりですでに全身汗みずくになってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼止ヒュッテ着。
天気はあまりよくないのですが、この日はネットリと蒸し暑く、このあたりですでに全身汗みずくになってました。
2
ガサガサ…。
いや、無理無理、道なんてないです。
でも絶対に我々意外にもだまされている人大勢いるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガサガサ…。
いや、無理無理、道なんてないです。
でも絶対に我々意外にもだまされている人大勢いるはず。
3
こっちが正解。
でも…ここ行くのかぁ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが正解。
でも…ここ行くのかぁ…。
5
今回の道中最大の核心部はここ。
滝がクレバスに注ぎ込んでいますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の道中最大の核心部はここ。
滝がクレバスに注ぎ込んでいますが…
4
その上部にかかる、いかにもあと少しで落ちますというようなスノーブリッジ。ここしか通れる場所がありません。
なんとか落ちずに渡れましたが、ここは本当に怖かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上部にかかる、いかにもあと少しで落ちますというようなスノーブリッジ。ここしか通れる場所がありません。
なんとか落ちずに渡れましたが、ここは本当に怖かった。
5
まだまだ気は抜けません。登るにつれクレバスは減っていきますが、傾斜がきつくなっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ気は抜けません。登るにつれクレバスは減っていきますが、傾斜がきつくなっていきます。
2
いよいよおっかなくなってきたのでアイゼンとポールを出しました。念のためくらいの気持ちで持ってきたのですが、いやはや、持ってきて良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよおっかなくなってきたのでアイゼンとポールを出しました。念のためくらいの気持ちで持ってきたのですが、いやはや、持ってきて良かったです。
6
さらに雪渓上部へ。傾斜は緩んできますが、幅が広くなりガスのせいで先の様子がわかりません。
気持ち左寄りに登っていくのが正解っぽいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに雪渓上部へ。傾斜は緩んできますが、幅が広くなりガスのせいで先の様子がわかりません。
気持ち左寄りに登っていくのが正解っぽいです。
2
種蒔苗代の少し手前でようやく雪渓が切れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種蒔苗代の少し手前でようやく雪渓が切れます。
2
雪渓が途切れる付近で現れるのがコレ。本日のツートンのお目当て、ミチノクコザクラです。
ユキワリコザクラの亜種だそうですが、本家より色が濃く花が大きいような気がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が途切れる付近で現れるのがコレ。本日のツートンのお目当て、ミチノクコザクラです。
ユキワリコザクラの亜種だそうですが、本家より色が濃く花が大きいような気がします。
8
ここでちょっと道を見失いました。四方に踏み跡が延びているのですが、そのどれもが行き止まり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでちょっと道を見失いました。四方に踏み跡が延びているのですが、そのどれもが行き止まり。
1
最終的に雪渓上に踏み跡を見つけ、ここを行くんだと確信できました。晴れていればなんでもないんでしょうけど、ちょっと焦りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終的に雪渓上に踏み跡を見つけ、ここを行くんだと確信できました。晴れていればなんでもないんでしょうけど、ちょっと焦りました。
1
鳳鳴ヒュッテ。ここで8号目からの道と合流です。なんか見たこと有る景色になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳鳴ヒュッテ。ここで8号目からの道と合流です。なんか見たこと有る景色になりました。
2
車→リフト→山頂のお手軽コースとはいえ、山頂直下は普通に岩場の登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車→リフト→山頂のお手軽コースとはいえ、山頂直下は普通に岩場の登山道です。
1
山頂〜。真っ白デーす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂〜。真っ白デーす。
4
岩木山神社奥宮に参拝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山神社奥宮に参拝。
1
山頂で昼食を食べながらガスが晴れないか待ちましたが…。少し明るくはなるものの晴れる気配なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で昼食を食べながらガスが晴れないか待ちましたが…。少し明るくはなるものの晴れる気配なし。
そんなことをしているうちに一気に人が増えてきました。バスの第一便が到着したのかな? 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなことをしているうちに一気に人が増えてきました。バスの第一便が到着したのかな? 
雪渓の状態が怖かったので、我々も8合目か岳に逃げようかとも思ったのですが、結局同じ道を帰ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の状態が怖かったので、我々も8合目か岳に逃げようかとも思ったのですが、結局同じ道を帰ることにしました。
1
地元の山岳会の方?に下りの注意点を教えてもらい、慎重に下りました。アイゼン持ってなければ登れても下れなかったことでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元の山岳会の方?に下りの注意点を教えてもらい、慎重に下りました。アイゼン持ってなければ登れても下れなかったことでしょう。
7
雪渓下部の沢は午前中より水量が増えていてシャワークライミングするハメに…。下半身だけでしたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓下部の沢は午前中より水量が増えていてシャワークライミングするハメに…。下半身だけでしたが。
3
なんとか核心部を通過。
あとは一気に下山し、この景色が見えたときはほっとしたもんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか核心部を通過。
あとは一気に下山し、この景色が見えたときはほっとしたもんです。
2

感想/記録

以前、8合目から登ったことはあったのですが、今回改めて岩木山神社から登ってみました。高低差は大きいものの、それほど難所は無いコース…のはずだったんですが、今年は雪解けが遅く、一番危険な状態に突入してしまいました。まいったまいった。
あいにくのガスで景色は楽しめませんでしたが、ミチノクコザクラも見ることができたし、昔の参詣路を体験できて満足しています。

こちらでもう少し詳しく書いてます↓
https://blogs.yahoo.co.jp/gtz_leviso/56001434.html
訪問者数:258人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/12/23
投稿数: 107
2017/7/5 7:24
 はじめまして
cha-teaさん、はじめまして。
岩木山、神社から歩かれたんですね、うらやましい〜。
2日後に歩いて、途中で断念した組です。雪渓が結構急で、やっぱりちゃんと装備を持っていかないといけなかった。ミチノコザクラには少しだけ会えましたが、またいつか登りに行かないとと思っています。今回写真を撮る余裕がなかったので、cha-teaさんのレコで楽しませていただきました。
雪渓に入る前の「山頂→」標識はちょっと悩みますよね。
登録日: 2011/4/11
投稿数: 42
2017/7/5 23:20
 Re: はじめまして
komameさん、はじめまして。メッセージありがとうございます。
二日後となると雪渓の様子もまた変化していたのではないでしょうか。雪解けが一段落するまではあそこはおっかないですね(汗
あの標識はちょっとどうかと思います(笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ