ヤマレコ

記録ID: 1189402 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

堂倉山〜地池高〜その先はどこまで行けるか?

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大台ヶ原ビジターセンターの無料駐車場(約200台)に駐車しました。
トイレあります(100円ですが、お金を入れる箱がありませんでした)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間10分
合計
6時間37分
S大台ケ原駐車場08:1608:51尾鷲辻08:5209:25尾鷲道(堂倉山分岐)09:3709:44堂倉山11:03地池高11:1211:30P134411:4011:58地池高12:1813:19堂倉山13:2914:12尾鷲辻14:2014:53大台ケ原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは大台ケ原ビジターセンターにあります。

【駐車場〜尾鷲辻】
整備された登山道です。

【尾鷲辻〜堂倉山〜地池高】
山頂手前以外は、基本下りで標高を下げていきます。
稜線歩きで赤テープもあります。

【地池高〜P1344】
地池高から鞍部に向かってまっすぐ下るとすぐに鹿除けネットが
あり、ロープで縛っている出入り口があります。
ここからは赤テープを見かけませんでした。
稜線部は広いですが中心部を外さずに歩きました。
倒木多数あります。

出会った人は、カメラマン3人、登山者4人で駐車場〜尾鷲辻の間です。
出会ったにょろは、2にょろで尾鷲道です。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

駐車場を出発して尾鷲辻に到着。25℃
2017年07月08日 08:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場を出発して尾鷲辻に到着。25℃
6
今日も尾鷲辻から尾鷲道へ
2017年07月08日 08:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も尾鷲辻から尾鷲道へ
3
シラビソ(おそらく)の新芽
2017年07月08日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソ(おそらく)の新芽
4
尾鷲道を歩いていると、下の方から川の流れる音が聞こえる。どこから流れているのだろうと思ったら、道のすぐ脇から湧き出ていた。ここが源流だ
2017年07月08日 09:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲道を歩いていると、下の方から川の流れる音が聞こえる。どこから流れているのだろうと思ったら、道のすぐ脇から湧き出ていた。ここが源流だ
4
いつ歩いても尾鷲道は気持ちが良い
2017年07月08日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ歩いても尾鷲道は気持ちが良い
2
コナスビ
2017年07月08日 09:17撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コナスビ
3
堂倉山への分岐に到着。ここで小休憩
2017年07月08日 09:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山への分岐に到着。ここで小休憩
2
分岐から10分もかからずに堂倉山に到着。展望もないしさっき休憩したのでここはスルー。21.8℃
2017年07月08日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から10分もかからずに堂倉山に到着。展望もないしさっき休憩したのでここはスルー。21.8℃
9
岩の上に木の根。ここから急坂を下っていく
2017年07月08日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上に木の根。ここから急坂を下っていく
3
迫力がある岩山
2017年07月08日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力がある岩山
5
下から見上げて正木嶺。山頂部の緑色が目立つ
2017年07月08日 10:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げて正木嶺。山頂部の緑色が目立つ
6
倒木の間をすり抜けていくと、
2017年07月08日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の間をすり抜けていくと、
1
絶景ポイントに到着。一番奥のピークが正木嶺。堂倉山から170mほど標高を下げてきた
2017年07月08日 10:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景ポイントに到着。一番奥のピークが正木嶺。堂倉山から170mほど標高を下げてきた
6
東に目を向けると、左のピークが地池高、右の鞍部は土砂崩れの跡だろうか、土が剥き出しになっている
2017年07月08日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に目を向けると、左のピークが地池高、右の鞍部は土砂崩れの跡だろうか、土が剥き出しになっている
1
ここから地池高まで100mほど標高を上げていく
2017年07月08日 10:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから地池高まで100mほど標高を上げていく
3
???
2017年07月08日 10:40撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???
2
唐松草
2017年07月08日 10:49撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松草
6
ニホンジカ調査中のカメラ。これがあると山頂はもう目の先だ
2017年07月08日 11:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニホンジカ調査中のカメラ。これがあると山頂はもう目の先だ
6
地池高に到着。21.5℃。相方はここで暑いからとギブアップ
2017年07月08日 11:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高に到着。21.5℃。相方はここで暑いからとギブアップ
9
ここから一人で南の斜面を下っていく。鹿除けネットがあって、左に赤テープが見えたのでそっちに進んでみると、
2017年07月08日 11:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一人で南の斜面を下っていく。鹿除けネットがあって、左に赤テープが見えたのでそっちに進んでみると、
1
出入り口があった。開けたら必ず閉めるように。このままネット沿いに歩いて行くと、山頂直下のところにも出入り口があった。帰りはここを使おう
2017年07月08日 11:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出入り口があった。開けたら必ず閉めるように。このままネット沿いに歩いて行くと、山頂直下のところにも出入り口があった。帰りはここを使おう
4
鞍部まで下ってきた。ん?これは採伐の跡だな
2017年07月08日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部まで下ってきた。ん?これは採伐の跡だな
1
さっき向こうからこっちを見ていた場所。向こうも山肌が剥き出しになっている
2017年07月08日 11:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき向こうからこっちを見ていた場所。向こうも山肌が剥き出しになっている
4
東に伸びる稜線上のあのピークまで行ってみたい
2017年07月08日 11:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に伸びる稜線上のあのピークまで行ってみたい
3
出た!加茂助谷ノ頭だ。三角の山容が綺麗
2017年07月08日 11:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た!加茂助谷ノ頭だ。三角の山容が綺麗
6
これは北東に続く地池高の斜面。黄色の鹿除けネットが一面に設置されている
2017年07月08日 11:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは北東に続く地池高の斜面。黄色の鹿除けネットが一面に設置されている
2
なんとか熊野灘が見えたが、海の青さは認識できず
2017年07月08日 11:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか熊野灘が見えたが、海の青さは認識できず
4
1344のピークまで歩いてきた。先のあのピークまで行きたかったが、雲行きが怪しくなってきたし、相方を置き去りにしているので、今日はここまで
2017年07月08日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1344のピークまで歩いてきた。先のあのピークまで行きたかったが、雲行きが怪しくなってきたし、相方を置き去りにしているので、今日はここまで
5
地池谷の奥にそびえる加茂助谷ノ頭。この景色を見ることが出来たので満足だ
2017年07月08日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池谷の奥にそびえる加茂助谷ノ頭。この景色を見ることが出来たので満足だ
7
それではここでUターン
2017年07月08日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それではここでUターン
1
再び鞍部に戻ってきたが、なんとも不思議な光景だ
2017年07月08日 11:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び鞍部に戻ってきたが、なんとも不思議な光景だ
2
切り株から新しい生命の誕生
2017年07月08日 11:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り株から新しい生命の誕生
3
地池高までややキツメの坂。でも距離は短い
2017年07月08日 11:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高までややキツメの坂。でも距離は短い
1
地池高の山頂を目指してまっすぐ登っていくと出入り口
2017年07月08日 11:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高の山頂を目指してまっすぐ登っていくと出入り口
1
地池高まで戻ってきた。坂は短いがハーハーゼーゼー状態だった
2017年07月08日 11:56撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高まで戻ってきた。坂は短いがハーハーゼーゼー状態だった
4
雨が降らないうちに下山したかったので、おにぎり(相方はパン)と冷凍こんにゃくゼリーを速攻で食べて、
2017年07月08日 12:19撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降らないうちに下山したかったので、おにぎり(相方はパン)と冷凍こんにゃくゼリーを速攻で食べて、
3
そそくさと下山開始
2017年07月08日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そそくさと下山開始
2
絶景ポイントまで戻ってくると、
2017年07月08日 12:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景ポイントまで戻ってくると、
4
やっぱり足が止まってしまう。手前の山容は、ぱっと見、大普賢ファミリーっぽい
2017年07月08日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり足が止まってしまう。手前の山容は、ぱっと見、大普賢ファミリーっぽい
3
紅葉?じゃないと思うけど
2017年07月08日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉?じゃないと思うけど
2
少し平らなところ。ここも良い雰囲気の場所だ
2017年07月08日 13:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し平らなところ。ここも良い雰囲気の場所だ
3
堂倉山へ最後の急坂。やっぱり下山時に登りがあると疲れる
2017年07月08日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山へ最後の急坂。やっぱり下山時に登りがあると疲れる
3
急坂を登りきった。ここまで来るとゴールの駐車場まで急坂はない
2017年07月08日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登りきった。ここまで来るとゴールの駐車場まで急坂はない
2
堂倉山まで戻ってきた。ここで一休み。20℃
2017年07月08日 13:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山まで戻ってきた。ここで一休み。20℃
4
尾鷲道に合流。相方は念のためにザックカバーをしていたが、結局雨は降らなかった
2017年07月08日 13:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲道に合流。相方は念のためにザックカバーをしていたが、結局雨は降らなかった
1
急坂は無いが、これくらいの上り坂が尾鷲辻まで続く
2017年07月08日 13:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂は無いが、これくらいの上り坂が尾鷲辻まで続く
1
尾鷲辻に到着。ここで最後の休憩をとった。21.2℃
2017年07月08日 14:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲辻に到着。ここで最後の休憩をとった。21.2℃
4
尾鷲辻から中道を通って駐車場に到着。お疲れ様でした
2017年07月08日 14:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲辻から中道を通って駐車場に到着。お疲れ様でした
4

感想/記録

沢登りに行こうと思ってましたが、相方が久しぶりに土曜が休みだったので、少し長めに歩こうかとダメ元で今回のコースを提案してみたらOKの返事。私は2週間前に地池高まで歩きましたが、その先を歩きたかったので俄然ヤル気が湧いてきました。

午前中は晴れの予報だったのに、地池高に到着した時点でいつ雨が降ってもおかしくない空模様。結局、地池高から20分ほど歩いたP1344までしか歩けませんでした。それでも私は大満足でしたが、相方が満足したかどうかは、まだ聞けてません。

あ、初「◯◯高」だとはしゃいでいたので満足したと思います(笑)。
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 329
2017/7/9 18:37
 やっぱり
chotobiさん、mechabi惨 こんばんは

こちら方面は知りませんでしたが、やっぱり大杉谷に近づくので非常に良い処と感じますね
大台駐車場までで100キロ在りますので、なかなか簡単には「行こうという気になれない」のがネックの場所なんですね
しかし、ココへは必ず行きます
大峯奥駈道の完歩計画がとん挫した以上、他の歩きで満足したいので
やはり初めてのお山へは俄然やる気は充分です
しかし、本当に最近の体力の低下は心配ですが行く気満々!!
登録日: 2013/11/20
投稿数: 856
2017/7/9 19:45
 Re: やっぱり
ta_chanmさん、こんばんは。

とん挫? したんですか(笑)?
さっきレコ見てきました。体力の低下はあるかもしれませんが、
違うルートではなく、とりあえず弥山まででも実際に歩いてシミュレーション
してみたらどうです?
たーさんなら、奥駈道を歩くと体力より気力の方が勝って案外楽勝かも
しれませんよ

残りの奥駈道は1日ではなく、2日3日と分けてもいいのではないかと?

1.トン西〜五鈷嶺のピストン(私、昨年歩いて休憩込みで8時間44分でした)
2.湯ノ又の奥の林道ゲート〜神仙平〜五鈷嶺のピストン
3.湯ノ又の奥の林道ゲート〜神仙平〜楊枝ノ森のピストン

2と3は合わせて1日でも行けると思いますが、どうですか?
登録日: 2013/11/13
投稿数: 394
2017/7/9 20:06
 Re: やっぱり
たーさん、こんばんは

急登が長く続くこともなく私にはとても歩きやすいところでした。
地池高からその先へ行こう!とmechabiに言われましたが
「うーん、やめとく。」と返事
それでも最後はバテバテで足が上がらずヨタヨタしてました。
登録日: 2013/12/2
投稿数: 515
2017/7/9 20:15
 ジャンプ!
去年の7月下旬ごろ、駐車場でおふたりにお逢いしたのを思い出しました
ちょうどその日、リトライすべく竜口尾根を歩いていたんです
去年同様、そちらに移動していればお逢いできたかもしれないですね♪
そう思うと凄く残念…!!
登録日: 2013/11/20
投稿数: 856
2017/7/9 20:49
 Re: ジャンプ!
sunaoさん、こんばんは。

そう言えば、駐車場でバッタリしたのは、もう1年前ですか。
ハッピーハンバーグでしたね♪

尾鷲道からチラッと竜口尾根は見えていたんですが、
さすがにsunaoさんを見つけることが出来ませんでした。
あ、ハッピーハンバーグのTシャツを着てらしたら見つけられたかも。。。
と言いながら実は着ていたりなんかして…(笑)。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 394
2017/7/9 21:05
 Re: ジャンプ!
sunaoさん、こんばんは🌟

去年はびっくりしましたね〜。
帰り支度をしている時に隣の車からsunaoさん
2度めの大遭遇でしたね。
曇り空でしたがそちらからの展望は???

この暑さ、「私の歩けるところは大台ヶ原しかないよ」
とmechabiに言ってますが、毎週というわけにもいかないので・・・。
登録日: 2014/9/12
投稿数: 1987
2017/7/10 14:50
 雨の降らない大台
ごきげんよう(^o^)丿

(すべての地域の人にいえることですが)
行きたくても行けない大台に
常連客のように行けるのはほんとうらやましいです(>_<)
一年366日?雨が降るって
間違いなく盛ってますね(´艸`*)

カメラ・・・
「ここにカメラあります」
と大きな字で看板作っといてください。
それ知らないで
あんなことこんなとこ写ってたら・・・(>_<)
登録日: 2013/11/20
投稿数: 856
2017/7/10 21:01
 Re: 雨の降らない大台
ちゃめごんくん、こんばんは。

うむ、常連客と言えなくもないが、それでも片道90kmはあるからのう。
ちょっと気合を入れれば、ちゃめごんくんちからも十分移動可能な
距離なんで、ちょっと気合を入れて一度来てみたらどうじゃ?
涼しいぞ。ちょとびはバテておったが。。。

366日は確かに盛っておるが、それでも360日は降っているんじゃないか?
雨の降らない日を選んでいるから大台ではまだカッパを着たことがないのお。
と、ちょとびが言っていたぞ。

カメラの裏側にはちゃんと看板があるぞ。
大体、山ん中で、あんなことこんなことするんじゃない!
登録日: 2013/11/13
投稿数: 394
2017/7/10 21:04
 Re: 雨の降らない大台
ちゃめごん、こんばんは

まるですぐそこにあるように大台ヶ原へ行ってますが
90km、2時間半、mechabi君、がんばっています
感謝感謝

カメラ・・・。
街の中はいたるところにあるけれど
山ん中はノーマークやった
登録日: 2014/5/11
投稿数: 814
2017/7/12 8:28
 未知の…
メチャ・クチャさん!?
いやいや失礼…
メチャ・チョトさん、おはようございます。
朝一から、失礼いたしました。(謝るなら書かなければいいのにね)

で、地池高の先に行かれたんですね!
私は、地池高までしか行ったことが無いのですが、加茂助谷ノ頭が
とても気になっています。
時々レコに出てくる、地池高〜加茂助谷ノ頭〜林道〜堂倉避難小屋〜
日出ヶ岳の周回をしたいと思ってるのですが、距離と最後の登りが
難点でなかなか思い切れないですわ!
今度、このコースを行こう!って思われたら、よろしければ誘って
下さいね!
堂倉(または粟谷)小屋泊の一泊二日の方がいいかもですが…

ところで…
“ じゅるり ” がわかりませ〜ん!!
登録日: 2013/11/13
投稿数: 394
2017/7/12 21:15
 Re: 未知の…
sukanpoさん、こんばんは〜✩

クチャです。
いつもの大台ヶ原とはまたちょっと違う景色を楽しんできました
私も地池高止まりでその先は未踏!
加茂助はちょっと無理なのでお任せします
でも、小屋泊なら私でも・・・、無理か・・・
登録日: 2013/11/20
投稿数: 856
2017/7/12 21:20
 Re: 未知の…
sukanpoさん、こんばんは。

クチャじゃない方です(笑)。
加茂助谷ノ頭、sukanpoさんなら楽勝だと思いますが。。。
私も最近レコを見てたんですが、加茂助谷ノ頭のちょい南の尾根を
西側の林道に向かって下れるようですね。
長い距離を歩いた後の登りが難点ですが、整備された道なのが救いです。

え、お誘いしていいんですか?
私が今度ここを歩く日は、日曜日が雨の、前日の土曜日になります。
か、仕事をズル休みしての金曜日です(笑)。
でもこんな山奥で私を置いて行かないで下さいよ。確実に迷子になります。。。

”じゅるり”
スイマセン。ヨダレです。
ベタな表現してしまったなと後悔していたんですが…(笑)。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 814
2017/7/12 22:39
 Re[2]: 大杉谷も未知の…
ペチャ・クチャさん、こんばんは
あぁ〜、どんどん変わっていく〜
朝な夕なに たび重なる失礼をお許しください <(_ _)>

実は、加茂助谷ノ頭を小屋泊で周回するなら、私 大杉谷は歩いたこと
ないもんで桃ノ木山の家に泊って大杉谷を上がってみたいんです
大杉谷の素晴らしさにじゅるり!?
まあそうでなくても、行かれるならぜひお誘いを
で、クチャさん!?やなくてチョトさんもぜひご一緒しましょうよ〜
できればちょっと涼しくなってからで…
登録日: 2013/11/20
投稿数: 856
2017/7/12 23:47
 Re[3]: 大杉谷も未知の…
ペチャです(笑)。

私も大杉谷はニコニコ滝までしか歩いたことがありません。
地図を見ると加茂助谷ノ頭から桃ノ木山の家までルートがありますね。
小屋泊するなら面白いルートだと思います。
ただ、小屋泊も私は未経験なんです。
宿泊客が多い時にぎゅうぎゅう詰めで寝るというのが避けている理由です

小屋泊をする、しないにしても、このコースはクチャには無理かと。。。
sukanpoさんに迷惑がかかるかと思いまする。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 814
2017/7/13 8:01
 Re[4]: 大杉谷も未知の…
メチャさん、おはようございます!
(もうネタ切れ…!?)

紅葉前やったら小屋もそんなに混まないのでは?
行くか(行けるか)どうかわかりませんが、ぜひ前向きに
考えてみたいですね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ