また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1191260 全員に公開 沢登り丹沢

瀬戸沢-大礼の頭-森の家

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
魚止め橋手前の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
30分
合計
5時間37分
S魚止橋06:3106:44伝道(伝導)06:5707:06造林小屋(鳥屋財産区造林小屋)07:0809:52太礼ノ頭10:0510:23円山木ノ頭10:2410:37無名ノ頭10:3811:55本間沢12:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン グローブ ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング 渓流シューズ トポ ルート図

写真

魚止橋から
2017年07月09日 06:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止橋から
伝道手前の小さな沢
2017年07月09日 06:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝道手前の小さな沢
一旦河原に降りて伝道沢の様子を確認出来たところで上がる。瀬戸沢の出合いまで早戸川から行こうとしたが、しばらく行くと釣り人が居たので伝道まで戻り山側から行くことに。最初からやれやれである。
2017年07月09日 06:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦河原に降りて伝道沢の様子を確認出来たところで上がる。瀬戸沢の出合いまで早戸川から行こうとしたが、しばらく行くと釣り人が居たので伝道まで戻り山側から行くことに。最初からやれやれである。
造林小屋下の小さな沢を下り早戸川に降りる。先程進んだところからわずか先であるが釣り人はまだ来ていなようだ。
2017年07月09日 07:05撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋下の小さな沢を下り早戸川に降りる。先程進んだところからわずか先であるが釣り人はまだ来ていなようだ。
早戸川は水量豊か。
2017年07月09日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早戸川は水量豊か。
1
左側に大礼の沢と正面に瀬戸沢の出合。本日は右側へ。
2017年07月09日 07:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に大礼の沢と正面に瀬戸沢の出合。本日は右側へ。
最初は樋状の滝。左岸の植林は間伐中のようで看板が出ていた。杉林が間引きされ明るく良い感じ。でも、この先で間伐材が沢に落ちていて横たわっていた。これはいただけない。
2017年07月09日 07:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は樋状の滝。左岸の植林は間伐中のようで看板が出ていた。杉林が間引きされ明るく良い感じ。でも、この先で間伐材が沢に落ちていて横たわっていた。これはいただけない。
中、小程度の滝が連続する
2017年07月09日 07:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中、小程度の滝が連続する
20m程度の多段、ナメ滝
2017年07月09日 07:48撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20m程度の多段、ナメ滝
幾つもの流れが重なり日本庭園のよう
2017年07月09日 08:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾つもの流れが重なり日本庭園のよう
奥にS字の流れが見える
2017年07月09日 08:28撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にS字の流れが見える
S字状のミニゴルジュ
2017年07月09日 08:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字状のミニゴルジュ
チョックストーンで2条クロスの滝
2017年07月09日 08:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーンで2条クロスの滝
分岐。右が本流のようだが水流のある左へ進む
2017年07月09日 09:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。右が本流のようだが水流のある左へ進む
この先、沢にはゴーロがぎっしりと詰まっていて、分岐から僅かで伏流する
2017年07月09日 09:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、沢にはゴーロがぎっしりと詰まっていて、分岐から僅かで伏流する
ゴーロとザレのミックス急斜面
2017年07月09日 09:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロとザレのミックス急斜面
大きく露出した根。元の地面の位置がわかる
2017年07月09日 09:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく露出した根。元の地面の位置がわかる
ザクザクの奥に涸れ棚が見える
2017年07月09日 09:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザクザクの奥に涸れ棚が見える
20m程度の涸れ棚。手掛かりは沢山ある。剥がれやすい石に注意しながら登る
2017年07月09日 09:36撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20m程度の涸れ棚。手掛かりは沢山ある。剥がれやすい石に注意しながら登る
蟻地獄のような最後のつめ。4つ足でなんとか這い上がる
2017年07月09日 09:41撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻地獄のような最後のつめ。4つ足でなんとか這い上がる
つめ上げて振り返る。すぐそこには稜線の登山道があり沢装備を解く。ヒルはたかっていなかった。
2017年07月09日 09:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つめ上げて振り返る。すぐそこには稜線の登山道があり沢装備を解く。ヒルはたかっていなかった。
大礼ノ頭
2017年07月09日 10:05撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大礼ノ頭
美しい稜線のブナ林
2017年07月09日 10:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい稜線のブナ林
円山木ノ頭。この先の無名ノ頭から北西尾根を下る。
2017年07月09日 10:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
円山木ノ頭。この先の無名ノ頭から北西尾根を下る。
榛ノ木丸、袖平山の稜線
2017年07月09日 10:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛ノ木丸、袖平山の稜線
広場。この尾根には時々不明瞭になるが古い小径があり。急なところを回避していて歩きやすい。
2017年07月09日 11:10撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場。この尾根には時々不明瞭になるが古い小径があり。急なところを回避していて歩きやすい。
森の家脇に無事着地。ここのスギ林にはヒル多数生息中。
2017年07月09日 11:56撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の家脇に無事着地。ここのスギ林にはヒル多数生息中。

感想/記録

瀬戸沢は堰堤もなく、中小の滝が次々と現れ、ほとんど巻かずに登れる。やばい高巻きや怖いヘツリも無く楽しく歩けた。
訪問者数:113人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ