また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192191 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ヶ岳

日程 2017年07月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:バス 甲府〜広河原〜北沢峠
※甲府発広河原行きのバスは座れるように増便してくれますので、あまり早くから並ぶ必要はありません(平日は未確認)
※広河原発北沢峠行は甲府発のバスの到着に合わせて臨時便を出してくれることが多いようです。

復路:バス 北沢峠〜広河原〜甲府
※広河原発のバスは、北沢峠発のバスの接続を待ってくれます。
※広河原からは、人数が揃えば甲府までの乗り合いタクシーが利用できる場合もあります。バスよりかなり速く、快適です。タクシーの運転手さんに聞いてみると良いでしょう。

全体的にバス、タクシーの運行は柔軟に対応してくれていて助かります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
1時間41分
合計
7時間17分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)03:4703:53仙丈ヶ岳二合目登山口04:0105:16薮沢大滝ノ頭06:10小仙丈ヶ岳06:2807:33仙丈ヶ岳08:2509:06小仙丈ヶ岳09:2911:04北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※一部区間のGPS感度が悪く、正確なルートが取れてません。通過時刻は実際に合わせて修整。
コース状況/
危険箇所等
・北沢峠〜二合目 ゆるやかな樹林帯
・二合目〜馬の背分岐 このへんから本格的な登り。
・馬の背分岐〜6合目 ここは急登でいちばんしんどい。森林限界を超えると六合目で、甲斐駒、鳳凰、北岳などの展望が広がります。
 ※分岐から藪沢小屋へのトラバース、まだかなり雪が残っているようです。軽アイゼンまで必要か分かりませんが、完全に夏道になるのはもう少し先のようです。
・6合目〜小仙丈ケ岳〜仙丈小屋分岐〜仙丈ケ岳
 傾斜も緩くなり、大展望を楽しみながらの稜線歩き。
 小仙丈ケ岳の先に簡単な岩場があります。 両手が必要なのでストックはしまっといた方が良いかも。
その他周辺情報芦安市営駐車場に入浴施設あり。
広河原周辺、仙丈ケ岳頂上付近はDocomo携帯使えます。北沢峠周辺はダメでした。
夜叉神峠の甲府側は普通に入ります。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

ヘッデン付けてスタートです
2017年07月10日 03:57撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデン付けてスタートです
空が白んできます。木の間から北岳。
2017年07月10日 04:48撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が白んできます。木の間から北岳。
樹林帯の中で日の出
2017年07月10日 05:00撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中で日の出
6合目で森林限界を越え、展望が一気に開けます
2017年07月10日 05:43撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目で森林限界を越え、展望が一気に開けます
小仙丈ケ岳への登り
2017年07月10日 05:44撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳への登り
このあたりコイワカガミがあちこちに咲いてました。
2017年07月10日 06:00撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりコイワカガミがあちこちに咲いてました。
3
小仙丈ケ岳への登りの途中で、振り返って甲斐駒
2017年07月10日 06:00撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳への登りの途中で、振り返って甲斐駒
1
その横には鳳凰三山、富士山、北岳
2017年07月10日 06:02撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その横には鳳凰三山、富士山、北岳
1
鳳凰三山アップ
2017年07月10日 06:21撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山アップ
小仙丈ケ岳で朝食休憩にします
常温保存できる野菜ジュースが定番です
2017年07月10日 06:20撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳で朝食休憩にします
常温保存できる野菜ジュースが定番です
富士山、北岳、間ノ岳の3TOP
まだ小仙丈ケ岳ですが、もうここまででも十分すぎる展望ですね。
2017年07月10日 06:20撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、北岳、間ノ岳の3TOP
まだ小仙丈ケ岳ですが、もうここまででも十分すぎる展望ですね。
北岳アップ
2017年07月10日 06:22撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳アップ
馬の背ヒュッテを見下ろします
仙丈小屋へ荷揚げのヘリが何度も往復してました
2017年07月10日 06:21撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテを見下ろします
仙丈小屋へ荷揚げのヘリが何度も往復してました
大仙丈沢カール、かっこいいな
仙丈ケ岳の山頂は中央のいちばん奥です
2017年07月10日 06:36撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈沢カール、かっこいいな
仙丈ケ岳の山頂は中央のいちばん奥です
5
誰もいないので自撮りして遊んでしまいました
今からいくからね
2017年07月10日 06:28撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいないので自撮りして遊んでしまいました
今からいくからね
5
仙丈小屋への分岐を超えると小仙丈カールが見えてきます
山頂は中央奥です
ここまでくればあとちょっと
2017年07月10日 07:17撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋への分岐を超えると小仙丈カールが見えてきます
山頂は中央奥です
ここまでくればあとちょっと
1
仙丈小屋の分岐から先、お花畑です
白いのはイワウメかな
2017年07月10日 07:19撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋の分岐から先、お花畑です
白いのはイワウメかな
1
これはオヤマノエンドウでしょう
2017年07月10日 07:21撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはオヤマノエンドウでしょう
1
これは何だろか
(追記:ミヤマシオガマのようです)
2017年07月10日 07:21撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何だろか
(追記:ミヤマシオガマのようです)
1
ハクサンシャクナゲ
2017年07月10日 07:26撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
小仙丈カールの底にあるのが仙丈小屋
2017年07月10日 07:32撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈カールの底にあるのが仙丈小屋
誰もいない山頂を一人占めです。
文字通り360度の大展望。
このあと一時間近く山頂に居座ってしまいました。
2017年07月10日 07:40撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂を一人占めです。
文字通り360度の大展望。
このあと一時間近く山頂に居座ってしまいました。
5
イケメンの甲斐駒、ギザギザの稜線が印象的な鋸岳、その後方に八ヶ岳
2017年07月10日 07:46撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イケメンの甲斐駒、ギザギザの稜線が印象的な鋸岳、その後方に八ヶ岳
2
八ヶ岳アップ
2017年07月10日 08:02撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳アップ
1
北アルプスはかなりかすんじゃってますが、乗鞍から槍穂高あたりまでは確認できました。
2017年07月10日 07:46撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスはかなりかすんじゃってますが、乗鞍から槍穂高あたりまでは確認できました。
1
槍穂高アップ
2017年07月10日 08:26撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高アップ
1
中央アルプス全景が見渡せます
2017年07月10日 08:04撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス全景が見渡せます
木曽駒アップ
後方は御嶽山
2017年07月10日 08:03撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒アップ
後方は御嶽山
いい加減下ります
最後に山頂から富士山と北岳をアップで
2017年07月10日 08:27撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい加減下ります
最後に山頂から富士山と北岳をアップで
1
天空の散歩道を下っていきます
2017年07月10日 08:33撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の散歩道を下っていきます
1
帰路は甲斐駒を正面に見ながらです
うーん最高
2017年07月10日 08:33撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は甲斐駒を正面に見ながらです
うーん最高
3
横を見れば鳳凰山、富士山、北岳
2017年07月10日 08:45撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を見れば鳳凰山、富士山、北岳
1
正面奥のピークが小仙丈ケ岳
いったん下って登り返します
2017年07月10日 08:46撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面奥のピークが小仙丈ケ岳
いったん下って登り返します
1
唯一の岩場
高度感もなく、手掛かり足場は十分なので簡単です
2017年07月10日 08:54撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の岩場
高度感もなく、手掛かり足場は十分なので簡単です
小仙丈ケ岳まで下ってきました
で、正面にはやはり甲斐駒
2017年07月10日 09:25撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳まで下ってきました
で、正面にはやはり甲斐駒
3
まだ時間があるので、しばらく立ち止まって景色を堪能します。
北岳〜間ノ岳の稜線歩きは、いずれ行かねば♪
2017年07月10日 09:27撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ時間があるので、しばらく立ち止まって景色を堪能します。
北岳〜間ノ岳の稜線歩きは、いずれ行かねば♪
1
ちょっと雲が沸いてきましたね
甲斐駒は雲に入っちゃうかな?
2017年07月10日 09:25撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲が沸いてきましたね
甲斐駒は雲に入っちゃうかな?
1
ここから先は仙丈ケ岳の頂上は見えないので、もう一度振り返りました。
いつかまた来る日まで。
2017年07月10日 09:29撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は仙丈ケ岳の頂上は見えないので、もう一度振り返りました。
いつかまた来る日まで。
4
あとはひたすら樹林帯を下って行きます
2017年07月10日 09:55撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはひたすら樹林帯を下って行きます
樹林帯を下っている途中で、北岳に最後のご挨拶。
朝とは違って、夏山らしい爽やかな表情です。
2017年07月10日 10:26撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を下っている途中で、北岳に最後のご挨拶。
朝とは違って、夏山らしい爽やかな表情です。
二合目からこもれび山荘までの森もいい雰囲気で、最後まで気持ち良いです
2017年07月10日 10:44撮影 by NEX-5R, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目からこもれび山荘までの森もいい雰囲気で、最後まで気持ち良いです
1
撮影機材:

感想/記録

休日出勤の代休を利用して平日に仙丈ケ岳へ行ってきました。

東京発で北沢峠を朝イチで出発するには夜行電車で移動して甲府4:30のバスか、北沢峠で前泊するしかないのですが、夜間の移動はやはり疲れますからね。
ここは北沢峠で前泊します。

1日目が完全に移動日なので午後遅めの到着でもいいのですが、暑い東京でグズグズしていてもしょうがないので、いちおう7時には家を出ます。
甲府駅10:00発の広河原行きのバスに乗車したのですが、車内はガラガラ。
最初バス停に誰もいなかったので。もしかして時間間違えたかと心配になってしまった(笑)
長衛小屋のテント場もガラガラでした。
平日前とはいえもう少し人がいるかな、と思ったのですが夏休み前だとこんなもんなんですかね。
山小屋の混雑が苦手でなるべくテント泊派なんですが、これなら小屋泊まりでも良かったかな。

当日はなるべく涼しいうちにということで、暗いうちから出発。
本格的な登山は久しぶりだったので、無理せず一定のペースで上ることを心掛けます。
3000m峰では初心者向けといわれる仙丈ケ岳ですが、小仙丈ケ岳への登りはそれなりにきつかったですよ。あんまり舐めすぎてルンルン気分で山頂だ〜♪とは思わない方がいいかもしれませんね。
とはいえ下山した後もそんなには疲れていなかったので、やはり楽なコースなのでしょう。
仙丈小屋分岐〜頂上のあたりはお花もたくさん咲いていました。

あと、二年前に甲斐駒に登ったとき暑くてたいへんだったので、今回は冷凍ペットや魔法瓶の氷水を含め2.5Lも準備して登ったのですが、あまり気温が上がらず快適すぎました。さほど汗もかかず結局800ml程度しか消費しませんでした。まあ歩いてみないと分からないのでこれはしょうがないですけどねー。

梅雨の合間でしたが、素晴らしい快晴に恵まれ非常にラッキーでしたし、やはり平日だと人が少なくて静かで良かったです。これでもうちょっとアクセスがいいと最高なんですけどね。
訪問者数:509人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ