また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1195004 全員に公開 ハイキング大雪山

トムラウシ山・フェリーで北海道の2座目

日程 2017年07月11日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り 下山後に雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
1時間4分
合計
9時間6分
S登山口03:1903:32温泉コース分岐04:09カムイ天上04:1205:29コマドリ沢出合05:4006:27前トム平06:3407:03トムラウシ公園07:0607:39南沼キャンプ指定地07:4008:00トムラウシ山08:2508:44南沼キャンプ指定地09:15トムラウシ公園09:45前トム平10:17コマドリ沢出合10:2311:34カムイ天上12:02温泉コース分岐12:1012:20登山口12:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

前日から短縮コース登山口に車中泊し、東大雪荘のレストランの昼の営業(〜13:45)までに下りてこれるよう、日の出前に出発。
2017年07月11日 03:14撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日から短縮コース登山口に車中泊し、東大雪荘のレストランの昼の営業(〜13:45)までに下りてこれるよう、日の出前に出発。
登山道は良く整備されていて、全般に歩きやすいコースです。
2017年07月11日 04:01撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は良く整備されていて、全般に歩きやすいコースです。
カムイ天上を通過。
この標柱以外、特に何もありません。
2017年07月11日 04:10撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイ天上を通過。
この標柱以外、特に何もありません。
1
一部青空も見えていますが、上も下も雲です。
2017年07月11日 04:27撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部青空も見えていますが、上も下も雲です。
コマドリ沢のスタート地点。
距離約360m/高低差約120mの雪渓歩きです。
2017年07月11日 05:41撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマドリ沢のスタート地点。
距離約360m/高低差約120mの雪渓歩きです。
1
スプーンカットになっていてアイゼン無しでも登れますが、安全のため(楽をするため)アイゼンを装着。
2017年07月11日 05:41撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スプーンカットになっていてアイゼン無しでも登れますが、安全のため(楽をするため)アイゼンを装着。
コース上には黄色や赤のペイントが多数ありますが、所々「あれっ?どっちに進むの?」というところがありました。
2017年07月11日 06:10撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース上には黄色や赤のペイントが多数ありますが、所々「あれっ?どっちに進むの?」というところがありました。
イソツツジ。
2017年07月11日 06:12撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツツジ。
エゾツツジ。
2017年07月11日 06:14撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾツツジ。
ゴゼンタチバナ。
2017年07月11日 06:17撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
シラネニンジン?
2017年07月11日 06:17撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネニンジン?
タカネオミナエシ?
2017年07月11日 06:17撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネオミナエシ?
山頂(写真右手)は雲の中・・・
2017年07月11日 06:21撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(写真右手)は雲の中・・・
コケモモ。
2017年07月11日 06:26撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモ。
前トム平でエネルギー補給。
風は弱く気温が高いので、長袖Tシャツ1枚で休憩しても寒くない。
2017年07月11日 06:30撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トム平でエネルギー補給。
風は弱く気温が高いので、長袖Tシャツ1枚で休憩しても寒くない。
イワブクロ。
2017年07月11日 06:39撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワブクロ。
エゾノツガザクラ。
2017年07月11日 06:40撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾノツガザクラ。
チングルマ。
2017年07月11日 06:40撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。
1
トムラウシ公園を通過。
自然にこんな庭園風になっているのか? 人の手で造られた物なのか?
2017年07月11日 07:01撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ公園を通過。
自然にこんな庭園風になっているのか? 人の手で造られた物なのか?
キバナシャクナゲ。
2017年07月11日 07:11撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ。
コマクサ。
2017年07月11日 07:29撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ。
1
エゾコザクラ?
2017年07月11日 07:36撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾコザクラ?
山頂直下もお花畑。
最後の登りがキツイ!
2017年07月11日 08:00撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下もお花畑。
最後の登りがキツイ!
1
無事、トムラウシ山頂に到着。(疲れ切った表情が・・・)
残念ながら山頂は雲の中で眺望無し。
2017年07月11日 08:05撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、トムラウシ山頂に到着。(疲れ切った表情が・・・)
残念ながら山頂は雲の中で眺望無し。
2
毎度の三角点をパシャリ。
2017年07月11日 08:05撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度の三角点をパシャリ。
ウコンウツギ?
2017年07月11日 09:41撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウコンウツギ?

感想/記録

(自分的に)北海道最難関の幌尻岳と、去年の夏の台風で登れなかったトムラウシが北海道で未踏。
本州が梅雨のこの時期に梅雨のない北海道のこの二座を歩こうと計画し、車中泊装備の終わったマイカー(サクシード)で、フェリー利用で北海道へ挑みました。
 7/05 北関東道で自宅から大洗港へ
 7/06-01:45発のフェリーで苫小牧へ 新冠町レ・コード館道の駅に車中泊
 7/07 道の駅 ―車→ インドナップ山荘 ―徒歩→ 新冠ポロシリ山荘 泊
 7/08 新冠ポロシリ山荘 ⇔ 幌尻岳 山荘泊
 7/09 新冠ポロシリ山荘 ―徒歩→ インドナップ山荘 ―車→ 幌尻市内
    温泉入浴・汚れ物洗濯等の後、再びレ・コード館道の駅に車中泊
 7/10 道の駅 ―車→ トムラウシ短縮登山道登山口で車中泊
 7/11 短縮登山道でトムラウシ山ピストン後、東大雪荘で入浴 ―車→ 鹿追町
    大阪屋で煮込みジンギスカンを堪能した後、道の駅しかおいで車中泊
 7/12-18:45発のフェーリーで大洗へ
 7/13-14:00大洗港着 北関東道で自宅へ

第二座目はトムラウシ山。

往復20Km弱のロングコース、下山後に東大雪荘で食事&温泉のため、日の出前にスタートです。
(食事前に温泉に入りたかったが間に合わず食後に温泉となりました。)

ロングコースも大変でしたが、今回のコースの最大の敵は大量の蚊!(登山口からコマドリ沢分岐あたりまで)
防虫ネットは持っておらず虫除けスプレーも忘れたため、きつい登りでも口を開けて呼吸することができず、ペースを上げられません。

とりあえず、これで北海道にある日本百名山をコンプリート!
山頂での眺望はありませんでしたが、それなりに満足できたハイキングでした。
訪問者数:241人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ