ヤマレコ

記録ID: 1195590 全員に公開 トレイルラン谷川・武尊

苗場山(みつまた温泉〜苗場山〜赤湯コース〜元橋)

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間35分
休憩
25分
合計
10時間0分
Sスタート地点05:4007:30祓川登山口駐車場07:50和田小屋登山口08:0008:30下ノ芝09:20神楽ヶ峰09:30雷清水09:3510:10苗場山10:2010:30昌次新道下降点11:40フクベノ平12:40桂ノ沢六合目12:40赤倉山分岐12:50赤湯温泉山口館13:20見返りの松13:50棒沢橋14:20赤湯林道ゲート14:30小日橋14:50火打峠15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
まとめ
- 道間違いを繰り返したのが大失敗。
- こちらの方が長いけど、想像していたほど体力的には大変ではない。体力的には馬蹄形の方がきつかった。
- 赤湯コースは花はないけれど静かで良い道だった。

道間違い
一番まずかったのは赤湯林道から元橋への分岐を見逃して林道をかなり進んでしまった。確かに地図には分岐注意と書いてありましたが、走っていてつい見逃してしまい、だんだん登りがきつくなるのでおかしいと思って気付きました。山地図で見ると太い線になっているので、まさか林道からまた普通の山道になるなんて想像もしていませんでした。ここまでくればさっさと林道を下りるのだろうときちんと調べていなかったため、想定外の急な尾根を2回も登らされて、かなり滅入りました。(その他でも細かい道間違い2回)

苗場山周回 vs. 馬蹄形
総距離も登高もこちらの方が大きいのに、体感では馬蹄形の方がきつかったです。ランニング用の時計の計測する消費カロリーも馬蹄形の方が大きかった。かかった時間も馬蹄形の方が長い。ちょっと不思議でした。多分、急登+細かいアップダウン+急下降の馬蹄形の方が淡々と登り降りする苗場山よりきついということだと思います。お天気も多少関係していたかもしれません。今回は行動食もアミノバイタルゼリー2つとスポーツ羊羹1つ、キャンディ8個、塩熱タブレット4つですみました。水は3L消費。

赤湯コース
こちらは祓川に比べてはるかに人が少ないです。花がないからですね。でも下りならシラビソ廊下やフクベ平は短いけれど気持ち良く走れる場所があります。途中にある釜段の滝は見えにくいだけに見たくなる。林道に出ると緩い下りで楽に走れる。でも前述の通り元橋分岐には注意。

その他
苗場山頂上近くで逆回りを(同じコースの時計周り)をしている(考えている?)方に会いました。ちょっと情報交換して「みつまたから元橋まで10kmほどだから走れますよ、ただし300m登りますけど」と言いました。みつまたへの帰りに二居トンネルの中でその方とすれ違ったのではないかと思います。熊鈴を鳴らして、黄色いシャツの方でした。あれだけ走って、歩いて締めに10kmの登りのロードですか。結構なスピードで走っていました。スゴイ。

コース状況/
危険箇所等
赤湯コースの下りは路肩が悪いところもあるので、スリップしたりすると沢への転落の危険があります。登りは問題ないと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト

写真

今日はここからスタート
2017年07月15日 05:43撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここからスタート
みつまたのサマースキーがこんなに大きいとは知らなかった
2017年07月15日 06:18撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みつまたのサマースキーがこんなに大きいとは知らなかった
駐車場到着
2017年07月15日 07:29撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着
チングルマとニッコウキスゲくらいしか名前がわかりません
2017年07月15日 09:02撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマとニッコウキスゲくらいしか名前がわかりません
神楽ヶ峰では苗場山の視界なし、でも暑くなくて助かる。
2017年07月15日 09:19撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰では苗場山の視界なし、でも暑くなくて助かる。
花もピークは過ぎているがまだ見ることができる。
2017年07月15日 09:40撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花もピークは過ぎているがまだ見ることができる。
鞍部から苗場山はガスの中
2017年07月15日 09:44撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から苗場山はガスの中
でも頂上はそれほど視界が悪いわけでもなかった
2017年07月15日 10:08撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも頂上はそれほど視界が悪いわけでもなかった
かろうじて頭を出している道標
2017年07月15日 10:27撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて頭を出している道標
頂上付近にはまだ雪が少し残っているので、木道が見えず視界が悪いと方向を間違える恐れがある
2017年07月15日 10:27撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近にはまだ雪が少し残っているので、木道が見えず視界が悪いと方向を間違える恐れがある
視界がない時は幻想的な美しさということにしている
2017年07月15日 10:38撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界がない時は幻想的な美しさということにしている
シラビソ廊下。この辺意外と走れる。
2017年07月15日 10:59撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソ廊下。この辺意外と走れる。
フクベ平はこんな感じで短いけれどいい雰囲気で走れる。人がいないので気兼ねしなくていい。
2017年07月15日 11:42撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクベ平はこんな感じで短いけれどいい雰囲気で走れる。人がいないので気兼ねしなくていい。
トチノキ?の立派な老木(違っていたらすみません)
2017年07月15日 12:09撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トチノキ?の立派な老木(違っていたらすみません)
同じ木
2017年07月15日 12:10撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ木
赤倉山分岐
2017年07月15日 12:37撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山分岐
分岐の道標
2017年07月15日 12:37撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の道標
赤湯の玉子湯、今回はパス、ここでのんびりしたらこの後が辛くなるので
2017年07月15日 12:55撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤湯の玉子湯、今回はパス、ここでのんびりしたらこの後が辛くなるので
山頂近くで会った、赤湯コースを登ってきた方から動物の気配が多いから熊鈴鳴らした方がいいですよ、と言われたものの、熊鈴は持ってきていなかった。一番ドッキリさせられた動物はこれ、足元から突然出てきた。でかっ。
2017年07月15日 13:29撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くで会った、赤湯コースを登ってきた方から動物の気配が多いから熊鈴鳴らした方がいいですよ、と言われたものの、熊鈴は持ってきていなかった。一番ドッキリさせられた動物はこれ、足元から突然出てきた。でかっ。
2
棒沢橋を渡るときに、あれっ、この下滝じゃないの?と思い調べてみると釜段の滝という滝があった。2段の滝だが、登山道からは見えない。ちょっとリスクをとる必要がある
2017年07月15日 13:55撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒沢橋を渡るときに、あれっ、この下滝じゃないの?と思い調べてみると釜段の滝という滝があった。2段の滝だが、登山道からは見えない。ちょっとリスクをとる必要がある
林道に入ると快適に走れる
2017年07月15日 14:11撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に入ると快適に走れる
車は現在小日橋まで
2017年07月15日 14:22撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車は現在小日橋まで
これが元橋への分岐。まさかまたこんな山道になるとは思ってもいなかった
2017年07月15日 14:51撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが元橋への分岐。まさかまたこんな山道になるとは思ってもいなかった
またこんな山道を登らされる。結構急です。林道を幾つも横切りながら続きます
2017年07月15日 14:58撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またこんな山道を登らされる。結構急です。林道を幾つも横切りながら続きます
一旦下り、運動場の脇を通り、川を渡りもう一つ急な尾根を越えると松手山が目の前に
2017年07月15日 15:39撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下り、運動場の脇を通り、川を渡りもう一つ急な尾根を越えると松手山が目の前に
デポしておいた自転車を回収し下山完了。松手山が見えた場所のすぐ近くだった
2017年07月15日 15:46撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポしておいた自転車を回収し下山完了。松手山が見えた場所のすぐ近くだった
みつまたまでは22分で到着。殆どペダルを踏む必要はなかったが、二居トンネルでは踏んだ。二居トンネルは狭く、暗く、長いのでヘッドライト、テールライトがないと危険
2017年07月15日 16:08撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みつまたまでは22分で到着。殆どペダルを踏む必要はなかったが、二居トンネルでは踏んだ。二居トンネルは狭く、暗く、長いのでヘッドライト、テールライトがないと危険

感想/記録

なんだかんだ言っても楽しかったです。
訪問者数:331人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ