ヤマレコ

記録ID: 1196618 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

瑞牆山/秘密の展望台

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
駐車場が満車だったため道幅の広い道路の路肩に停めました。バスも通るので邪魔にならないように注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
1時間7分
合計
6時間3分
S瑞牆山荘09:3910:33富士見平小屋10:3610:55瑞牆山・八丁平分岐11:03桃太郎岩12:05大ヤスリ岩12:0612:38瑞牆山13:3013:42大ヤスリ岩14:27桃太郎岩14:3314:40瑞牆山・八丁平分岐14:58富士見平小屋15:32瑞牆山荘15:3715:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■危険箇所
山頂はいつも人が溢れんばかりになっています。溢れた先は崖下数十メートルですので溢れないようにしましょう。
その他周辺情報■温泉
定番、増富ラジウム温泉「増富の湯」へ。
https://www.masutominoyu.com/
筋肉の疲労回復には35〜40度のお湯と25度のお湯に交互に浸かると良いそうです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
予備電池 1
1/25,000地形図
ガイド地図 1
コンパス 1
1
筆記具
保険証 1
飲料 1.6L 飲みきった
ティッシュ 1
三角巾 1
バンドエイド 5 靴ずれ用
タオル 1
携帯電話 1
計画書
個人装備品
数量
備考
雨具 1
防寒着 1
ストック 1
水筒 1
時計 1
非常食 2 行動食、おやつ
カメラ 2
虫よけ 1
日焼け止め 1
ガスバーナー
クッカー
折り畳み椅子 1
ナイフ(十徳) 1
昼飯 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
サバイバルシート 1
ファーストエイドキット 1
医薬品
共同装備品
数量
備考
1
GPS 1

写真

駐車場は満車でした。
既に路肩に停めた車が20台くらいありました。
2017年07月16日 09:31撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は満車でした。
既に路肩に停めた車が20台くらいありました。
瑞牆山荘前の登山口からスタートです。
2017年07月16日 09:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘前の登山口からスタートです。
今日は何だか身体が重い。
富士見平小屋へ到着。
2017年07月16日 10:32撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は何だか身体が重い。
富士見平小屋へ到着。
樹林の隙間から瑞牆山。
2017年07月16日 10:52撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の隙間から瑞牆山。
1
涸れ沢を渡ってから岩だらけの急登やら鎖場を1時間程登って大ヤスリ岩の根元に出ます。
2017年07月16日 12:03撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸れ沢を渡ってから岩だらけの急登やら鎖場を1時間程登って大ヤスリ岩の根元に出ます。
山頂は登ってきた方面からは一度後ろに廻り込むようにして登ります。この鎖場は正面から登るより、奥に進んで水平の鎖を伝うようにした方が易しい。
2017年07月16日 12:34撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は登ってきた方面からは一度後ろに廻り込むようにして登ります。この鎖場は正面から登るより、奥に進んで水平の鎖を伝うようにした方が易しい。
花もほとんど無かったので、いつもは撮らないゴゼンタチバナでも撮っておこう。
2017年07月16日 12:37撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花もほとんど無かったので、いつもは撮らないゴゼンタチバナでも撮っておこう。
2
そして山頂へ到着。
いつも大賑わい。
2017年07月16日 12:39撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂へ到着。
いつも大賑わい。
1
山頂からのパノラマ(4000x810)
小川山、金峰山など見えます。
さて、富士山はどこでしょう?
薄っすら写ってますよ。
2017年07月16日 12:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ(4000x810)
小川山、金峰山など見えます。
さて、富士山はどこでしょう?
薄っすら写ってますよ。
1
金峰山
2017年07月16日 12:40撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山
もやっと浮かぶ遠くの台形物体が美しい。
2017年07月16日 12:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もやっと浮かぶ遠くの台形物体が美しい。
3
大ヤスリ岩を見下ろす定番の写真。
2017年07月16日 12:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩を見下ろす定番の写真。
1
八ヶ岳も雲の中。
手前の岩頭は登ってきた登山道を挟んで向かいにあります。
以前登ったときに左肩の土の所に人が居たのを見ていたので行ってみることに・・・
2017年07月16日 12:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も雲の中。
手前の岩頭は登ってきた登山道を挟んで向かいにあります。
以前登ったときに左肩の土の所に人が居たのを見ていたので行ってみることに・・・
・・・とくに難所は無く隣の岩頭に到着。
さっきまでいた山頂を見上げます。
ここでのんびり昼飯&休憩します。
山頂のような混雑は無く(というより貸切でした)八ヶ岳方面の展望が良い。
2017年07月16日 13:24撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・とくに難所は無く隣の岩頭に到着。
さっきまでいた山頂を見上げます。
ここでのんびり昼飯&休憩します。
山頂のような混雑は無く(というより貸切でした)八ヶ岳方面の展望が良い。
2
大ヤスリ岩みたいな直立岩の向こうに瑞牆公園が見えます・・・と家に帰って写真を見たらちょっとした驚きが・・・
2017年07月16日 12:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩みたいな直立岩の向こうに瑞牆公園が見えます・・・と家に帰って写真を見たらちょっとした驚きが・・・
・・・前の写真を拡大すると、天辺に人が佇んでいました!
2017年07月16日 12:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・前の写真を拡大すると、天辺に人が佇んでいました!
5
山頂にシャクナゲが少し。
山頂以外は既に散っていました。
2017年07月16日 13:26撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にシャクナゲが少し。
山頂以外は既に散っていました。
適当に飛び込んだ韮崎のサイトーのハンバーグ
やわらかく肉汁豊富でおいしかった。
2017年07月16日 19:00撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当に飛び込んだ韮崎のサイトーのハンバーグ
やわらかく肉汁豊富でおいしかった。
1

感想/記録
by sako59

 日光白根山へ行く予定でしたが、同行者である塩ちゃんの要望もあり瑞牆山へ行って来ました。私は瑞牆山は5年ぶり2度目。
 正直天気は曇りなので展望は期待していなかったのですが、思いの外高曇りで富士山まで見えました。八ヶ岳は雲の中でしたけど。
 体調が悪く、息も絶え絶え休み休み登り最後は足が痙攣気味になりつつも無事降りて来れました。前々日に3時まで飲み明かすという不摂生が祟ったようです。

 山頂は相変わらずのおしくらまんじゅうで押し出されてしまいそうでしたので、となりの岩頭へ移動して休憩しました。
 5年前登ったときに山頂から人が休憩しているのが見えてどこかに道があるのだろうと記憶していたのを思い出して道を探しつつ行ってみたのですが、道は明瞭で難しい箇所もありませんでした。良く踏まれているので別に秘密というほどの場所では無いと思いますが、山頂から押し出されてしまいそうな時は試しに行ってみてはどうでしょう。

 帰りは小仏トンネルで30kmの渋滞に遭遇。大月から八王子JCTまで2時間半かかりました。道志道を使って渋滞を回避しよう!と提案すると皆一様に嫌な顔をするので試したことが無いのですが、実際どうなのでしょうか?
■(2012/10/13のもの) 360度パノラマ ぐるぐる操作できます

mt.mizugaki
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ