また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1197355 全員に公開 沢登り丹沢

小川谷廊下〜東沢〜檜洞沢

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉バス停横の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間36分
休憩
0分
合計
9時間36分
S玄倉駐車場06:5407:22小川谷出合(白井平)08:39小川谷廊下08:45中ノ沢10:15ヒエ畑沢10:53石棚20m11:57半壊堰提手前の滝12:20東沢分岐13:13東沢乗越(東沢打越)14:28同角山稜15:45ユーシンロッジ16:30玄倉発電所奥の堰提
2日目
山行
9時間1分
休憩
0分
合計
9時間1分
玄倉発電所奥の堰提06:5207:15石小屋沢07:26檜洞沢09:18ザンザ洞10:55金山谷乗越11:40檜洞丸12:37ツツジ新道・石棚山稜分岐12:46石棚・同角分岐点13:25石棚山(デシチノ頭)14:44穴の平橋15:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真をとったり、釣りしたり、バテて長く休憩取ったりで、遡行時間はゆっくりめです。
コース状況/
危険箇所等
東沢乗越〜同角山稜がキツイ、バイルを使いました
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング ディッセンダー ハンマーバイル 渓流シューズ トポ ルート図
備考 ニーパッド、浄水器

写真

石壁から降ります
2017年07月15日 08:29撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石壁から降ります
入渓点、右手が小川谷
2017年07月15日 08:39撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓点、右手が小川谷
幻想的なCS2条4mがお出迎え
2017年07月15日 08:52撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的なCS2条4mがお出迎え
3
ゴルジュ
2017年07月15日 09:49撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ
ヒョングリ、左壁を登る
2017年07月15日 09:58撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒョングリ、左壁を登る
2
右壁から登るもドボン、空身でスリング設置
2017年07月15日 10:35撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁から登るもドボン、空身でスリング設置
1
圧巻の20m大棚、右岸の岩壁を直上
2017年07月15日 10:53撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧巻の20m大棚、右岸の岩壁を直上
1
釜が青い
2017年07月15日 11:21撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜が青い
2
半壊堰提の滝、右岸を巻く
2017年07月15日 11:57撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半壊堰提の滝、右岸を巻く
1
東沢はナメが続く
2017年07月15日 12:20撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢はナメが続く
カモシカ、落石を誘発
2017年07月15日 13:01撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ、落石を誘発
東沢乗越
2017年07月15日 13:13撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越
同角山稜の登山道にでる
2017年07月15日 14:29撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同角山稜の登山道にでる
相棒のミゾー君
2017年07月15日 14:29撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒のミゾー君
檜洞沢も美しい渓相
2017年07月16日 07:27撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞沢も美しい渓相
4
癒される
2017年07月16日 07:39撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒される
テーブル岩
2017年07月16日 07:49撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブル岩
ヒョングリ滝
2017年07月16日 09:33撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒョングリ滝
2
金山谷への分岐
2017年07月16日 10:20撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷への分岐
CS15m大滝、っぽいCS150cm小滝(・∀・)
2017年07月16日 10:38撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CS15m大滝、っぽいCS150cm小滝(・∀・)
1
金山谷乗越にでた
2017年07月16日 10:55撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷乗越にでた
2
青ヶ岳山荘で昼メシ、コーラうんまー
2017年07月16日 12:04撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘で昼メシ、コーラうんまー
今回の強い味方、塩と簡易浄水器、どこでも生きてけます
2017年07月16日 13:38撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の強い味方、塩と簡易浄水器、どこでも生きてけます
1
やっと林道
2017年07月16日 14:44撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと林道
ユーシンブルー的な
2017年07月16日 15:41撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンブルー的な
1
無事到着、お疲れ沢でした
2017年07月16日 15:53撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事到着、お疲れ沢でした
撮影機材:

感想/記録

今回は日帰りの沢を無理矢理つなげて沢泊を楽しんできました。
檜洞丸の超遠回りピークハントです。

小川谷廊下は水量も少なく全般的に安全、青く美しい水流に大興奮
しかし出だしっから難儀、CS2条4mでエイドしても乗り越せない!
荷物を残置に固定して空身でクリアするも、今度は荷物を回収できない笑!
手持ちのスリング総動員で事なきを得たが、登った後の回収のイメージが足りなかったと反省

その後も、空身で登りお助けスリングを設置、登り返すといった場面があったので
クライミングを鍛えないと2級の沢は厳しいなぁ〜と実感(ToT)

20m大棚の巻きで右岸の尾根壁直登すべきだったが左に巻いてく踏み後を辿ってしまい土壁で詰んでしまった笑
ビビりながらのクライムダウン、この沢一番の緊張でした。

半壊の堰提を越えて明るい河原を進めば右手に東沢の出合いにあたる。
東沢は綺麗なナメ沢で癒される。ナメに次ぐナメといった感じ。
途中カモシカに遭遇、小草平のカモシカと違って警戒心が高い。
ギャーギャーと鳴きながら浮き石を落とす。
なるほど、近づきすぎるとこういう危険もあるのかと勉強になった。

東沢乗越から同角沢におりて尾根の踏み後をたどる。
不明瞭で急登なのでバイルを出しつつ慎重に登る。
痩せ尾根をたどり最後は斜面をトラバース、正規?の道より手前にトラバース跡があるがそこに入るとザレで行き詰まるので注意が必要

同角山稜は痩せてるとこもあるが歩きやすい。

ユーシンロッジまで降りて建物裏の朽ちた鳥居をくぐり檜洞沢への踏み後を辿る。
発電所奥の堰提を越えて開けた河原で一泊、焚火で服を乾かしまったり夜を過ごす。

翌日は癒し系の檜洞沢を遊びながらゆっくり遡行(疲れも残ってるし)
金山谷までのルートは沢を間違わないよう頻繁に読図し慎重に辿る。
沢の読図は難しくも面白い!読図訓練の為だけに入っても良いくらいですね。

金山谷乗越からは登山道を使い中ノ沢林道まで戻って無事終了!!

以下今沢旅でキツかったところ
○同角沢〜同角山稜の尾根登り
○金山谷乗越〜檜洞丸までの登り
○石棚山〜中ノ沢林道までの下り

そして今回は後藤先生の「丹沢の谷200ルート」を全般に渡り参考にさせてもらいました。情報収集に費やす時間が大幅に短縮できるし、滝のグレードや踏み跡情報もあるので単独遡行者にとっては強い味方です。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ