ヤマレコ

記録ID: 1198776 全員に公開 ハイキング大峰山脈

釈迦ヶ岳 太尾登山口からピストン 雲で真っ白……

日程 2017年07月17日(月) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
太尾登山口に、10台程度の駐車スペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間1分
合計
7時間29分
S太尾登山口07:5809:09P146810:08古田の森10:1011:32釈迦ヶ岳11:5612:20千丈平12:5013:32古田の森13:3414:27P146814:3015:27太尾登山口15:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に登山ポストあります。
下りでは、娘を抱き下ろす場所がいくつかありました。
危険箇所は、山頂周辺ですね。崖がスパッと切れ落ちています。普通にしていれば危険はないですが。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

登山開始。ここまで来るのが大変……
2017年07月17日 07:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始。ここまで来るのが大変……
3
序盤が、わりと急な登りが多いです。
2017年07月17日 08:05撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤が、わりと急な登りが多いです。
3
娘、ハシゴ登り初体験
2017年07月17日 08:18撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
娘、ハシゴ登り初体験
6
直後に2つ目のハシゴです。
2017年07月17日 08:19撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直後に2つ目のハシゴです。
2
一列縦隊
2017年07月17日 08:27撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一列縦隊
2
バイケイソウの群落が何か所もありました
2017年07月17日 08:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウの群落が何か所もありました
2
倒木の根から、なぜかアジサイが
2017年07月17日 08:51撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の根から、なぜかアジサイが
2
大日岳が見えるはずなのに、真っ白です。
2017年07月17日 08:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳が見えるはずなのに、真っ白です。
1
晴れると信じて進みます
2017年07月17日 09:19撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れると信じて進みます
3
雲が切れて、大日岳が見えました!
2017年07月17日 09:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れて、大日岳が見えました!
3
また曇ってきました
2017年07月17日 09:33撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また曇ってきました
2
この辺は広い稜線なので、安心して歩けます。
2017年07月17日 09:36撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は広い稜線なので、安心して歩けます。
1
釈迦ヶ岳、山頂だけがどうしても雲が切れません。
2017年07月17日 10:09撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳、山頂だけがどうしても雲が切れません。
2
結局、雲の中に入りました。
2017年07月17日 10:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、雲の中に入りました。
1
これはこれで幻想的
2017年07月17日 10:50撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはこれで幻想的
3
千丈平の少し上にある、行者様の隠し水
2017年07月17日 11:05撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈平の少し上にある、行者様の隠し水
4
最後の直登
2017年07月17日 11:13撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の直登
2
山頂は目の前。息子は我慢できず先に到着。
2017年07月17日 11:31撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は目の前。息子は我慢できず先に到着。
2
三角点タッチ
2017年07月17日 11:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
7
2年ぶりに釈迦如来像を拝むことができました。
2017年07月17日 11:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年ぶりに釈迦如来像を拝むことができました。
7
千丈平で昼食を摂るために下ります。
2017年07月17日 12:06撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈平で昼食を摂るために下ります。
2
娘はお尻に赤い熊鈴。ドラえもんみたいと喜んでいました。
2017年07月17日 13:38撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
娘はお尻に赤い熊鈴。ドラえもんみたいと喜んでいました。
4
下りは、曇っていると余計に単調なんですよね
2017年07月17日 14:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、曇っていると余計に単調なんですよね
4
無事下山。
どうやら我が家が最後だったようです。
2017年07月17日 15:28撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
どうやら我が家が最後だったようです。
1
撮影機材:

感想/記録

娘の能力からみて、今年はきっと登れると思っていた釈迦ヶ岳へ登ってきました。
急な登りは最初と最後だけで、あとは広い稜線上を歩くコース。難しくはないといっても、標高差500メートルは娘にとって初挑戦でした。

結局、ずっと曇ってくれていたおかげで体力の消耗も少なく、風もかなりあったので涼しく歩くことができました。娘にとっては、雲の中を歩けたことがむしろ楽しかったようで、予想以上に機嫌よく歩いてくれました。登りでは約30分ごとにキャラメル休憩を入れたのも良かったのかもしれません。
山頂からの視界は真っ白で何も見えず。それでも大きな釈迦如来像のある釈迦ヶ岳は登頂したという達成感を味わえるのでよかったです。娘も大喜びしていました。
下りでは娘のペースが少し落ちてきましたが、最後まで自力で歩いてくれました。

息子にとっても久々の標高差の登山でしたが、娘のペースに合わせてゆっくり歩くせいか、ほとんど疲れていない様子でした。
帰りの車中、娘は即寝していましたが、息子はなかなか眠れず、最後に車酔いにぐったりして眠ってしまいました。
この登山口までの車中は、行きも帰りも車酔いに注意です。

出会った方々から、「シカがいる」という話を聞いたのですが、結局我が家はシカとは出会えず。にぎやかに歩きすぎていたせいでしょうか。
訪問者数:317人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/6
投稿数: 111
2017/7/18 21:16
 気になっているお山です。
まだレコはアップできてないのですが、我が家は先日、八経ヶ岳へ行き、釈迦が岳や大普賢岳にも行ってみたい!と思っていたところでした。
あの辺りはどこもアプローチが大変ですよね。
オットは独身のころにバスでアプローチして釈迦が岳から吉野に縦走試みて、途中で断念(靴底がはがれて歩行不可能になって途中下山)したらしいのですが、子連れでそんな縦走は厳しいので、ちょこちょこと行ってみたいな・・・と。
早速、地図を広げて確認してみましたが、北摂から行くとさらに遠くてびっくり。
また、あちら方面の情報、楽しみにしています。
登録日: 2015/1/2
投稿数: 95
2017/7/19 6:26
 うわ〜 すごい!!
娘さんは、もう釈迦ヶ岳に登れちゃうんですか。
すごいですね。涼しそうだし、そんなに高い山にお子様と一緒に楽しめるなんて、憧れてしまします。

朝イチからの登り始めといい、朝何時にお家を出発したのだろうといろいろ気になります。

Naojunさんの八経ヶ岳のレコも楽しみに待っています。
登録日: 2015/4/15
投稿数: 140
2017/7/19 22:59
 Re: 気になっているお山です。
Naojunさん、こんばんは。
そうなんですよ、釈迦ヶ岳、遠いんですよ。
我が家からも、大台ヶ原や八経ヶ岳よりも遠い……
ダムを過ぎたあたりからは、いたるところに落石があって、神経もすり減ります。
あと、「クマ出没注意」の看板も、たくさん見られますよ
釈迦ヶ岳までの登山道自体はとても歩きやすいので、娘の成長を見て、今年は必ず登ろうと思っていました。
釈迦ヶ岳から先の縦走に挑むのは、果たして何年後か……
他の方のレコを読んで怖気づいています。
登録日: 2015/4/15
投稿数: 140
2017/7/19 23:05
 Re: うわ〜 すごい!!
hellonatsumeさん、こんばんは。
実は、釈迦ヶ岳に一緒に登るのを目標にして、この一年少しずつ娘の登山をステップアップさせてきたんです。
登山にかかった時間はともかく、500メートルの標高差と往復8キロの距離を歩けたのは、今後の良い目安になるかなと思います。

当日の朝は5時出発でした。
準備もすべて前日に済ませて、朝は着替えただけで出発。
子どもたちには着替えだけさせて車に乗せ、そのまま現地まで二度寝させていました。
登録日: 2015/1/2
投稿数: 95
2017/7/20 5:06
 Re[2]: うわ〜 すごい!!
朝5時出発の、二度寝ですかー。
歩く体力+αが求められますね。
本当にすごいです。

そして、目指してこられた目標を達成されて、達成感も大きかったでしょうね。(*´∀`)ノ

いつか、チャレンジしてみます。
登録日: 2015/4/15
投稿数: 140
2017/7/20 22:59
 Re[3]: うわ〜 すごい!!
子どもたちは、2度寝させてもわりと元気なんですよね。
現地に着いてから、朝食のパンを食べて出発なので、目も十分覚めますし。
僕も運転があるので、前日は夜10時に寝ましたね。
以前、四国の剣山に登ったとき、片道5時間の運転がさすがに堪えたので、そのへんは万全を期しました。
釈迦ヶ岳は晴れていると素晴らしい景色が楽しめますので、是非登ってみてください。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 1172
2017/7/24 5:31
 早くも!?
kozacktさん、おはようございます。
娘さん、早くも釈迦ヶ岳登頂!?すごい!
釈迦ヶ岳、うちも太尾からだと行けそうかな?とは思うのですが、道程がね〜
ちょっと遠すぎですね
釈迦ヶ岳はいつも千丈平あたりに鹿がいるイメージですが、会えなかったんですね。
鹿がいると子供は一気にテンションアップしますからね
釈迦ヶ岳から先の奥駈道はいきなりキレットですからね。
お兄ちゃんと2人でもちょっと…って感じですね
登録日: 2015/4/15
投稿数: 140
2017/7/24 21:00
 Re: 早くも!?
Hacchyさん、こんばんは。
行ってきました、釈迦ヶ岳
今年ここに登ることを目標に、娘を山に連れて行っていましたから、登れて本当によかったです。鹿には会えませんでしたが……
大峰の中ではとても登りやすい釈迦ヶ岳ですが、ここの登山口までの道のりが本当に遠いですよね
国道にも狭隘区間が残っていますし、県道からダムの奥に進んで、そこから落石だらけの道を30分ほど進みますから、登山口までが辛いですよね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ