ヤマレコ

記録ID: 1202210 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走十勝連峰

富良野岳ピストン。花、花、花、花〜♪

日程 2017年07月20日(木) [日帰り]
メンバー
天候早朝スコール、日中曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
凌雲閣となり駐車場利用。公衆トイレあり。水場なし。
売店は上富良野のコンビニが最後。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
1時間1分
合計
7時間17分
S十勝岳温泉凌雲閣05:5206:28新Z06:2906:47新D06:58上富良野岳分岐07:0608:59縦走路分岐09:0509:41富良野岳10:2010:52縦走路分岐10:5312:06上富良野岳分岐12:1012:22新D12:38新Z12:4013:09十勝岳温泉凌雲閣G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【開花状況】ミヤマアキノキリンソウ、コウリンタンポポ、エゾシモツケ、ヨツバシオガマ、エゾコザクラ、オオバタケシマラン、オガラバナ、チングルマ、チングルマ果穂、エゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、エゾヒメクワガタ、エゾウサギギク、アラシグサ、ホソバノキソチドリ(たぶん)、エゾコザクラ、チシマキンバイソウ、ヒメイワショウブ、ハクサンイチゲ、ウズラバハクサンチドリ、トカチフウロ、ミヤマカラマツ、ヤマブキショウマ、ハクセンナズナ、エゾノヨツバムグラ、オオバミゾホオヅキ(群生)、モミジカラマツ、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、コマクサ、メアカンキンバイ、イワブクロ、コメバツガザクラ、ハクサンイチゲ、キバナノコマノツメ(たぶん)、エゾツツジ、コイワカガミ、イワヒゲ(大群落)、ジョウシュウアズマギク、エゾルリソウ、ホソバイワベンケイ、リンネソウ、ウスユキトウヒレン(咲き始め)、ツマトリソウ、ミツバオウレン、オオバスノキ、ミヤマリンドウ、チシマギキョウ(たぶん。ひとつだけ。)。
【つぼみ】アザミの一種、ハイオトギリ、ミミコウモリ。
【実】エンレイソウ。
コース状況/
危険箇所等
登山口に登山ポストあり。途中雪渓ありアイゼン必要なし。
その他周辺情報凌雲閣日帰り入浴800円。鉄の成分の強い温泉。あまり綺麗ではなかった。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 【行動食】クリームパン(四個入り)、コーンマヨパン、ウインナー、チョコレート、塩せんべい
【水分】レモンウォーター1L、水500ml

写真

凌雲閣のとなりの駐車場。50とか70とか停められるらしい。公衆トイレあり。水場なし。車中泊の車チラホラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲閣のとなりの駐車場。50とか70とか停められるらしい。公衆トイレあり。水場なし。車中泊の車チラホラ。
1
三段山方面は登山道崩落のため通行禁止。ここまで山と高原地図で30分の記載だが、ゆっくり歩いて20分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段山方面は登山道崩落のため通行禁止。ここまで山と高原地図で30分の記載だが、ゆっくり歩いて20分。
ヨツバシオガマ。たくさん咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ。たくさん咲いていた。
エゾウサギギク。まぁまぁたくさん咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾウサギギク。まぁまぁたくさん咲いていた。
ホソバノキソチドリ。今回見つけたのはこの一輪だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバノキソチドリ。今回見つけたのはこの一輪だけ。
エゾコザクラと雪渓。エゾコザクラは見頃!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラと雪渓。エゾコザクラは見頃!
エゾノツガザクラ整列。エゾノツガザクラも見頃!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾノツガザクラ整列。エゾノツガザクラも見頃!
1
アオノツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
チシマノキンバイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマノキンバイソウ
エゾノヨツバムグラ。いつもオオバノヨツバムグラかエゾノヨツバムグラか悩むのですが、これは明らかにエゾノヨツバムグラ。まるっこくて、可愛らしさ倍増。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾノヨツバムグラ。いつもオオバノヨツバムグラかエゾノヨツバムグラか悩むのですが、これは明らかにエゾノヨツバムグラ。まるっこくて、可愛らしさ倍増。
アラシグサ。目立たない花ですが、かなりたくさん咲いてた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラシグサ。目立たない花ですが、かなりたくさん咲いてた。
モミジカラマツ。咲いていたのはこの一箇所だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ。咲いていたのはこの一箇所だけ。
オオバミゾホオヅキ群生。群生、群生、群生。これでもかというくらい咲き乱れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバミゾホオヅキ群生。群生、群生、群生。これでもかというくらい咲き乱れていた。
トカチフウロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トカチフウロ。
こんなところにも木の階段を作ってくださった方に感謝。階段というには砂が流れてしまっているけど、何もないよりだいぶ歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところにも木の階段を作ってくださった方に感謝。階段というには砂が流れてしまっているけど、何もないよりだいぶ歩きやすい。
コマクサ。本州のものより大ぶりな気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。本州のものより大ぶりな気がする。
山頂への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への最後の登り。
コメバツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメバツガザクラ
キバナノコマノツメ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
エゾツツジ。初めて見た。ムラサキヤシオのちっちゃいのかと思った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾツツジ。初めて見た。ムラサキヤシオのちっちゃいのかと思った。
ミヤマアズマギクかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギクかな
イワギキョウ。ひとつだけ見つけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ。ひとつだけ見つけた。
エゾルリソウ。エゾルリソウを見に毎年来てるのよ〜というおねえさまのオススメの一株をパチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾルリソウ。エゾルリソウを見に毎年来てるのよ〜というおねえさまのオススメの一株をパチリ。
3
イワヒゲ大群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒゲ大群落
山頂の標柱。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標柱。
3
メアカンキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイ
ホソバイワベンケイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイ
1
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
3
ヒメイワショウブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイワショウブ
2
ハクサンイチゲ。見ごろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。見ごろ。
リンネソウ。一箇所だけで見つけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンネソウ。一箇所だけで見つけた。
1
ヒメクワガタ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメクワガタ
ハクセンナズナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクセンナズナ
ミヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
1
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン

感想/記録
by Roll

六花亭のCMで高山植物が次々出てくる映像を見てぷらっとやって来た。登り続け、降り続けが好きではないので、トラバースの多い富良野岳を選んだ。

十勝連山は生まれて初めて登る。
北海道に移住してから、ヒグマが怖くてなかなか登山できないでいたが、山関連の仕事に就き、少なくとも週イチは一人で山歩きをしているし、また北海道全域で藪漕ぎしまくったし、ヒグマにも唸られた。ヒグマに出会ったときに冷静でいられる自信はついた。冷静でいられたからといって、助かるとは限らないことも理解した。

そろそろ一人十勝連山デビューしてもいいかな、と思った。

ビビりすぎなのかもしれないけれど。

人気ルートだから平日でもまぁまぁ人がいるだろうな、と予想。おそらく一人で地元の山を歩くよりは賑やかだろう。

いつも通り、初めて登る山へ行く時は、花のことは調べない。
知らない花に出会うのが楽しみで仕方ない。
実際にはもうどこかの誰かが見つけて名前もつけていろいろ研究されてる花ばかりだけど、それをあえて調べずに行くことで、自分で発見することができる。そうすることで花の名前よりも大事な、花のキャラクターを見つけやすい気がする。この方法のがリスクは、誰もが知っている花を見逃す可能性があるということ。どこにどんな花があるか狙っていないので、それは仕方ない。また行けばいいだけだ、と楽しみを増やし、ニヤニヤする。
ちなみに今回はウスユキトウヒレンの写真がブレブレで使えなかったし、山頂手前の花畑でガスが濃く花畑感のある写真が撮れなかったし、リンネソウは興奮しすぎてピントがあまい。ウズラバハクサンチドリは、面白いと思いつつ、ハクサンチドリを見飽きていたので、写真におさめなかった。ちょっと後悔している。花はまぁ結構よく見つけたんじゃないかなあ。

朝5時頃スコールのように激しい雨。行くのやめようかなぁと思ったが、青空も見えてきたので登り始める。

予想どおり、まぁまぁ人がいる。

写真を撮りながら登った。ヒグマの気配はなかった。

最後の一時間の登りが、両脇に花畑が広がって素晴らしかった。
見たことのない高山植物に大興奮した。

もともとヒメクワガタが好きだが、群生するエゾヒメクワガタにはメロメロになった。
また、リンネソウを見つけたときには、その不思議な可愛さにびっくりした。アラシグサの多さにもまた驚いた。イワヒゲの大群落は思わず近くにいた方と語ってしまうほどの迫力だった。エゾツツジも初めて見た。他の登山者に「アオノツガザクラよ」と言われ「可愛いですね〜」と答えながら一人こっそりヒメイワショウブを見つけた。エゾコザクラ、エゾノツガザクラの群生はもう可愛くて仕方ない。

雲の流れが速く心配していたが、時々晴れた。いつも思うが、山を降りてくる雲は龍としか思えない。

また日にちをとって他の山も歩きたい。特にニングルの森林から湿原へのルートが気になっている。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ