ヤマレコ

記録ID: 1204738 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

御嶽山(摩利支天〜継子岳) 黒沢登山口より

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候AM:曇り〜晴れ PM曇り時々雨 
スタート時気温約19℃ ランチタイム(四の池)で約16℃ 風はほとんどなし
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道19号より林道経由で黒沢登山口まで約1時間(御嶽ロープェイ方面)。
黒沢登山口(中の湯)に50台以上駐車可。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは登山口にあります。新しいトイレも設置してありました。

黒沢登山口〜女人堂〜石室山荘〜二の池
登山道はよく整備されており特に危険なところはないと思います。
9合目覚明堂より上、二の池より剣ヶ峰方面は火口1km圏内で立ちり禁止となってます。また、女人堂より三の池へのトラバースルートは危険のため通行止めとなってます。

二の池〜摩利支天峰〜五の池小屋〜継子岳
ここも登山道は整備されており特に危険なところはないと思います。
摩利支天峰は剣ヶ峰が入山できない現在、以前より登山者が増えてるようですが、山頂は狭いです。2〜3人程のキャパしかありません。ご注意を。

継子岳〜継子曲〜四の池渡渉点〜三の池(開田山頂)〜摩利支天乗越下合流点
上記コースと比べれば踏み跡は薄いですがペンキマークとロープで誘導してます。ガスの時にはルートミス注意。
その他周辺情報御嶽山の登山規制については下呂市HP参照ください。
http://www.city.gero.lg.jp/node_117/node_583/node_7743/node_7747/node_32161
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツェルト+レスキューシート

写真

黒沢登山口
登山ポストとトイレあります。
おんたけ交通のバスが木曽福島駅まで行ってます。
2017年07月22日 05:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒沢登山口
登山ポストとトイレあります。
おんたけ交通のバスが木曽福島駅まで行ってます。
1
信仰登山の山です。
木の階段がずっと続きます。
2017年07月22日 05:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信仰登山の山です。
木の階段がずっと続きます。
7合目 行場山荘
下山の時、ここで祈祷の声が響いてました。
2017年07月22日 05:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目 行場山荘
下山の時、ここで祈祷の声が響いてました。
八合目 女人堂 営業されてます。
献花台に花が置いてありました。合掌。
2017年07月22日 06:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 女人堂 営業されてます。
献花台に花が置いてありました。合掌。
女人堂上の行場
ここにイワギキョウたくさん咲いてました。
2017年07月22日 06:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂上の行場
ここにイワギキョウたくさん咲いてました。
1
オトギリソウもここで多く見ました。
2017年07月22日 07:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウもここで多く見ました。
午前中に晴れ間があった。
乗鞍岳〜穂高連峰が見えた。
2017年07月22日 07:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中に晴れ間があった。
乗鞍岳〜穂高連峰が見えた。
1
九合目 石室山荘、営業されてます。
ここにも献花台があります。合掌。
2017年07月22日 08:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目 石室山荘、営業されてます。
ここにも献花台があります。合掌。
覚明堂 小屋は営業してません。
御嶽山開祖の覚明行者が安置された場所とか。
2017年07月22日 08:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚明堂 小屋は営業してません。
御嶽山開祖の覚明行者が安置された場所とか。
二の池付近
ここから火口まで約1km圏内で入山規制されてます。
剣ヶ峰の下は火山灰の大地になってます。
2017年07月22日 08:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池付近
ここから火口まで約1km圏内で入山規制されてます。
剣ヶ峰の下は火山灰の大地になってます。
1
二の池本館は作業現場になってます。
基礎工事からやってますね。
2017年07月22日 08:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池本館は作業現場になってます。
基礎工事からやってますね。
二の池、奥に剣ヶ峰。
みどりの水、火山灰のグレーが底を覆っている。美しいが悲しい色だ。
2017年07月22日 08:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池、奥に剣ヶ峰。
みどりの水、火山灰のグレーが底を覆っている。美しいが悲しい色だ。
3
黄色い花はほとんどミヤマダイコンソウのようです。
二の池新館下で。
2017年07月22日 08:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花はほとんどミヤマダイコンソウのようです。
二の池新館下で。
1
チングルマ変身中。
サイの河原で。
2017年07月22日 08:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ変身中。
サイの河原で。
1
サイの河原を振り返る。
奥に剣ヶ峰。
2017年07月22日 08:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイの河原を振り返る。
奥に剣ヶ峰。
摩利支天峰の登山道。主に左側を巻く。
奥に継母岳が姿を見せた。
2017年07月22日 09:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天峰の登山道。主に左側を巻く。
奥に継母岳が姿を見せた。
摩利支天の登山道にはハクサンイチゲが多かったです。
2017年07月22日 09:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天の登山道にはハクサンイチゲが多かったです。
山頂。狭いです。
剣ヶ峰に合掌。
2017年07月22日 09:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。狭いです。
剣ヶ峰に合掌。
ライチョウのお母さん。
奥に継子岳。
2017年07月22日 09:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウのお母さん。
奥に継子岳。
2
チビちゃんと一緒です。
4羽のヒナを守ってました。
2017年07月22日 09:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チビちゃんと一緒です。
4羽のヒナを守ってました。
1
継子岳へ向かいます。
2017年07月22日 10:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳へ向かいます。
五の池小屋と摩利支天峰。
一昨年は摩利支天の入り口は入山規制されてた。
2017年07月22日 10:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋と摩利支天峰。
一昨年は摩利支天の入り口は入山規制されてた。
1
四の池を見下ろす。ピークは継子曲。
不思議な池だ。出口付近で滝となって落ちてるようだが見えない。
2017年07月22日 10:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四の池を見下ろす。ピークは継子曲。
不思議な池だ。出口付近で滝となって落ちてるようだが見えない。
コマクサの斜面と摩利支天峰。
2017年07月22日 10:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの斜面と摩利支天峰。
継子岳山頂付近、コマクサの群生あります。
2017年07月22日 11:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳山頂付近、コマクサの群生あります。
2
継子岳山頂はガスガスでした。
2017年07月22日 11:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳山頂はガスガスでした。
1
継子岳〜継子曲間の群生はロープで保護されてます。
2017年07月22日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳〜継子曲間の群生はロープで保護されてます。
1
四の池出口(渡渉点)へ下ります。
幻の滝はガスの中。
2017年07月22日 11:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四の池出口(渡渉点)へ下ります。
幻の滝はガスの中。
渡渉点は小川になってます。
両岸はお花畑です(ロープで入れません)。あいにくガスってますが天空の楽園の雰囲気。ここでランチタイム。
2017年07月22日 11:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点は小川になってます。
両岸はお花畑です(ロープで入れません)。あいにくガスってますが天空の楽園の雰囲気。ここでランチタイム。
三の池を周遊します。
ここもコマクサ多いです。
2017年07月22日 12:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の池を周遊します。
ここもコマクサ多いです。
1
三の池。青い空がほしかった。
ここが開田登山口の山頂となってます。
2017年07月22日 13:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の池。青い空がほしかった。
ここが開田登山口の山頂となってます。
登り返します。
三の池がきれいだ。
2017年07月22日 13:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返します。
三の池がきれいだ。
3
サイの河原へ戻った。
五の池小屋へ向かう登山者と何人かすれ違った。
多くの登山者に来てほしいと思う。
2017年07月22日 14:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイの河原へ戻った。
五の池小屋へ向かう登山者と何人かすれ違った。
多くの登山者に来てほしいと思う。
覚明堂へ戻った。
行者の方が信仰の方を案内されてます。
2017年07月22日 14:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚明堂へ戻った。
行者の方が信仰の方を案内されてます。
1
信仰登山の方とは何組かお会いしました。
この行者の方は裸足で登られてました。修行でしょうか。
2017年07月22日 15:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信仰登山の方とは何組かお会いしました。
この行者の方は裸足で登られてました。修行でしょうか。

感想/記録
by funa84

鎮魂登山です。
58名の亡くなられた方と未だ不明の5名の方、そしてその方々を想う家族の方々の魂の平安をお祈り申し上げます。祈ることしかできませんが、忘れないためにもこの山に登ります。

御嶽山は現在、噴火警戒レベル2で火口より1Km圏内は入山規制されてます。二の池がその境界ラインとなります。二の池周辺は火山灰の平原となってますが、固まっており海岸を歩くようでした。二の池も以前通り美しいですが、火山灰のグレーが入り悲しい色に見えます。

サイの河原より摩利支天〜継子岳〜四の池〜三の池は噴火以前と変わらず美しいままです。コマクサをはじめ高山植物も豊かです。ライチョウの姿も見られます。五の池小屋のようなとても雰囲気の良い営業小屋もあります。もっと多くの登山者にこの山の魅力を知ってほしいと願います。

レコには写真乗せてませんが、火山監視設備が登山道近く以外にもいくつか設置してありました。女人堂や石室山荘にも(おそらく登山者向けの)スピーカーが設置してありました。いずれも噴火以前には見なかったものです。多くの方の想いを無駄にはしたくないと思います。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ